« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

クレヨンしんちゃんで・・・

ゆうべ“おさきにNet”でチケットを買っておいて今日娘と息子は「クレヨンしんちゃん」の映画を見にシネコンに行った。って夫婦で送って行ったんだけどね。11:10からの回で 遅い朝食を食べさせてから劇場に送り込み夫と私は車を置きっぱなしにしてちょっと離れた大型書店と大型100円ショップまでお散歩で時間つぶし。

終わる予定の12:50に迎えに行ったが待てど暮らせど出てこない。13:10くらいに携帯に電話したが電源が切れている。オモチャ売り場にムシキングをしに行ってしまったかもしれないとか下のフードコートか と探し回ったら携帯に連絡が入った。「今終わった」と。???

3階の映画館に行って やっと落ち合えた。
聞いてビックリ!ボヤ騒ぎがあって映画が一時中断して避難するかもしれなかったのだそうだ。ブチっと映画が切れて「1階専門店街で火事が発生しました。避難してください」とアナウンスがあって観客が避難しようと立ち上がっていたらお兄さんが入って来て「大人数がいっぺんに動くと危ないのでしばらく待ってください」と言われて また腰掛けて待っていたらお姉さんが来て「誤報でした。すみません」と。それでまた続きから映画が始まったので終了時間が遅れたということらしい。

出口で招待券を配っていたとかで(お詫びのしるしだろう)「2人」と言って2枚もらってきたが「言っただけの枚数をくれてたみたいだから4枚って言えばよかったかなあ」と娘に言われて「正直でよろしい。そういうまねをするのは火事場泥棒と言うのだよ(ちょっとちがうかな? 笑)」という話をした。いやいやいや~~得がたい体験をしてしまったわけだが こういうことがあると近いからといって子供たちだけで映画に行かせるのも考えものかとも思った。招待券を2枚ゲットしたことだし次回は一緒に行ってやろう。

お昼はみんなで外食して帰って来て カブトムシの幼虫の引越しをした。その話はまた明日。

2006年4月29日 (土)

連休だけど

娘の学校は毎年4/29(祝)に一回目の授業参観と懇談会、父親の会があると決まっている。なので今日も世間は連休だけど学校に行った。毎週土曜日も普通に授業があるので帰って来ると2時過ぎになる。土曜はダイニングルームでランチが2種類だけあるので気が向くと食べてくるらしい(300円と350円)。行事や集まりは全部土曜日。当然授業日なので振り替え休日は皆無。絶対に授業をつぶさない。言っちゃ何だが公立の先生と比べて私立の先生たちはよく働いていると思う。期末試験の後 お呼び出し日で何日か休みが続くがそれでも公立よりかなり授業日数は多いのだ。成績は親がもらいに行ってその時に個別面談をする。そうやって考えるとたまの懇談会に連休だからって欠席して那須の家に行くわけにもいかない。5/3~7までいられると思えば今回は行かないことにしてもいいかな と。月火は学校が普通にあるしね。

帰ってきたらお昼をはるかに過ぎていたので昼食は外食。それから足を伸ばしてテンポスに行ってみた。業務用備品の新品やリサイクル品を売っている。興味がある方はこちらからどうぞhttp://www.tenpos.com/。一言で言ったらカッパ橋の各種道具屋さんをいくつもの倉庫にまとめたお店?
中古品はどうでも良かったんだけどステンレス一体成型の包丁を去年から買いたいと思っていたので見に行ったのだ。カッパ橋の刃物屋さんよりかなり安くゲットしてきた。これでうちの包丁は何丁になっただろう 牛刀 小出刃 菜切 肉切 三徳 ペティ パン切り 冷凍用・・・・・・複数あるものもあるから数え切れない。シルバーストーン加工してある大きな中華鍋(金属ヘラOK)もスーパーのみたいに赤や黄色のきれいな色は付いていないが1000円くらい安かった。でもそれはまた今度にした。いつも思うのだが道具屋さんて何の分野のであっても本当に見ているだけで面白い。プロ用道具のきれいさって機能美の極地なんだろう。ある意味で兵器や軍服に通じるような美しさがある。娘は銅製の超特大卵焼き器を見て感動していた。ほしがるのは10年早いぞ。そんなものを買ってしまったら卵焼き屋さんを開業しなければならなくなるから買わないよ(^^)。

今日の夕飯はフードプロセッサーを使わず、新しく買った包丁で山ほどみじん切りをして餃子を作った。もう少し研ぎたいなとは思ったがおおむね良好な切り心地であった。ちなみにうちの包丁は全部研ぎまくっているので どれもおそろしく良く切れる。力を入れずに切れなきゃ刃物じゃないよね。

2006年4月28日 (金)

ハリーポッターと炎のゴブレット

買ってしまった。ついに。劇場で見たし今回はアマゾンでDVDの予約もしなかったが発売になって隣のセブンイレブンで見てしまった息子が「売ってるよ お母さん!」とぷっちょを買いに行ったはずなのにハリポタを買いに行くというのを押しとどめていたのに。。。。。買ってしまった。。。。。。

「借りてやるから」とTSUTAYAに行ったら20枚くらいあるのに全部貸し出されていたんだもん。で つい買ってしまった。。。。。2980円。6色カラーボールペンが付いてきたけどあまりうれしくないかも。ついでに借りようと思っていた“パイレーツ オブ カリビアン 呪われた海賊たち”もDVDは出払っていてビデオを借りなければならなかった。

子供たちは日曜に「クレヨンしんちゃん 踊れ!アミーゴ」にしようか「小さな勇者たち GAMERA」にしようかと けっこう真剣に悩んでいる。娘と息子では意見が合わないようで。先日シネコンの前を通った時「クレヨンしんちゃん」を見終わって出てきた子供たちは全員ピーピーと笛を鳴らしていたっけ。見ればそれはサンバホイッスルではないか。娘はうるさいと言っていたがおばさんは元吹奏楽部顧問だから正しいサンバホイッスルの吹き方を教えてやろうかと思ってしまった。「クレヨンしんちゃん」を見てサンバホイッスルをもらうのもいいかな?ピッピッピピッピッピッピピッピピピピピッピュ~~!なんて鳴らすのも楽しそう。GAMERAも面白そうだし さて日曜はどうしようか。

全く関係ないけどついでに一言。夫はユンボの事故の時に助けに駆けつけるわけにはいかなかったのだ。夫の車を急いで出さないと別の大型ユンボが入れられないから急遽50mバックして出さなければならなかったから。ということを夫の名誉のために付け加えておきたい。

2006年4月27日 (木)

雨が多い

今日も雨。今年は雪も雨も多い年なのだろうか。気圧が変わると人が死ぬというのは本当なのだろうと思う。

今日は夜 夫は取引先のお通夜で出かけ、同じ時間帯に私も仕事で出かけなければならなかったので約1時間半は子供たちだけで留守番になった。夕飯は用意して食べるだけにして出かけたが ちょっと心配だった。

それとは別に先日事故を起こしたユンボのオペレーターはやはりその日にお亡くなりになったのだそうだ。最期に周りに事故を知らせるためのクラクションを鳴らしてから死んだのかと思うと本当に気の毒でやりきれない。「木口小平は死んでもラッパを放しませんでした」という話を思い出してしまった。決して不謹慎な意味で持ち出したのではない。日本人の真面目さをつくづく感じたということを言いたかったのだ。謹んでご冥福をお祈りいたします。

2006年4月26日 (水)

ベルト

少し前から息子が「ベルトがほしい」と言っていた。「今度100円ショップに行ったら買ってあげる」と言っていて昨日とうとう買ってやった。今日は大喜びで学校にして行った。実は昨日のうちからズボンにベルトを通して用意していたのだった。今日脱いだズボンを食卓の背にかけてあるので言ったら「明日もそのズボンをはいて行くから用意してあるんだ」と言う。「別のズボンにベルトをつければ?」と言ったら「めんどうだから」と。さすがO型息子。大雑把にできているようだ。まあ いいけどね。ずっと同じズボンにはしないでほしい。いくら100円でもズボン毎にベルトを買ってやるつもりはないよ。

娘の修学旅行の写真を今日PCに取り込んだので一枚ご披露。この間メンテした時にネットワークを解除してしまってそのままになっていたのでプリンタの共有ができなくて私のPCに入れた。また時間に余裕がある時にネットワーク構築しておかないと。写真をクリックすると大きくなります。_010

2006年4月25日 (火)

本当に大荒れだったんだ・・・・

昨日朝9時ごろ 夫が仕事で行った現場(川の土手)で大型ユンボが約4m下の川原に土手から落ちるという事故があったそうだ。10mくらい離れて見ていたそうで「一瞬キャタピラが50cmくらい浮いたと思ったらグルッと頭から横に一回転して横倒しに落ちた。オペレーターが投げ出されて下敷きになったらしい」と言う。落ちる瞬間はさすがに目を背けてしまって見ていないし、投げ出されたオペレーターは向こう側に落ちたのでどうなったか見てないと言う。しかしその後すぐにユンボをどかすために別の大型ユンボを回して来なければならなかったのだから「やっぱり無事ではないだろう」ということだ。

昨日は午前中ずっと気持ちがワサワサしていて落ち着かなかったらしい。「自分も交通事故を起こしそうでこわかった」と言っていた。道理で夕方山手線が動き出した後なのにオタオタしていたはずだ。

今日聞いた話。事故を起こしそうになるとオペレーターは周りに知らせるためにクラクションを思いっきり鳴らすのだそうだ。昨日の事故の時もキャタピラが浮いて「あっ!」と思った次の瞬間クラクションが鳴らされ、それと同時に落ちていったという。「オペレーターがどうなったかわからないけどやっぱりプロだよなあ」と言っていた。

そのオペレーターさんがケガされたとしても命だけはご無事であることを祈りたい。工事は中断されたままで再開の目途は全くたっていないそうだ。

2006年4月24日 (月)

今日は荒れ模様・・・・大荒れ?

天気も何もかも荒れ模様で終わった一日だった。

山手線が止まっていたのも 知ったのは家庭教師に出る15分前。夫から電話があってTVをつけたらやっていた。オタオタしている夫には「もう電車が動いているんだから普通に帰って来るだろう」と言って出ようとしたらポツポツ・・・バラバラバラ・・・・ザンザン降りの夕立が。。。。。。いや私は車だからどうってことないけど娘が駅から自転車だからそりゃ心配はしましたさ。家庭教師先に着いたら生徒が帰っていない。友達の家に遊びに行って帰ろうと思ったら降られて少し遅れると。しかし待てど暮らせど帰って来ない。携帯も連絡がつかない。1時間待ってあきらめて帰ろうとしたらずぶぬれで帰って来た。やんだ時に出たら運悪く学校の不良集団に囲まれて自転車のカギを取られ、携帯はバッテリー切れ、やっとカギを見つけた時にはまた本降りになっていたということらしかった。結局シャワーに直行で勉強はキャンセル。なんなんだろうね いったい。今回の分は全額払うと母親が言っていたがそういう問題でもないような。。。。。。

次の家庭教師の時間までいったん自宅に戻ったらカミナリが。あわててモデムの電源を抜く。TVによるとうちの辺りだけ局地的大雨だったらしい。山手線のことは娘に聞いたら学校にいる時間帯だけ止まっていたわけで何の不都合もなく普通に帰って来て雨がやんでいる間に自転車で帰って来られたということだった。そんなもんでしょ。2番目の家庭教師先では勉強している間はガンガン降っていたが帰るときには小雨になっていた。落ち着いて勉強させられたし、終わりよければすべてよしと思うべき?

2006年4月23日 (日)

「散るぞ悲しき」

硫黄島守備の指揮官だった栗林忠道中将のノンフィクションです。
硫黄島の戦闘が激戦だったのは知っていましたがこれを読むまでその意味を知りませんでした。ひとえに「東京に空爆をさせないために長い期間持ちこたえる」だけの戦闘だったのですね。完全に死ぬとわかっていて なおかつただ「バンザイ突撃」をして華々しく散るだけでは許されない戦場。なんという過酷な戦いをしたことでしょう。

局地戦において唯一日本がアメリカに「勝った」戦場だったのです。結果的には負けたのですが戦死者の数においてアメリカの戦死者の方が多かったと言う意味で。栗林中将の予想では戦死者の数に嫌気がさしたアメリカが講和に応じて戦争が終わる はずだったようです。しかし逆に「早く戦争を終わらそう」としたアメリカが原子爆弾を使うことになってしまった皮肉。

泣きながら読みました。まだセブンアンドワイの読者書店には出せません。
考えることが多すぎて書評が書けないのです。

今の日本の脆弱な中学生たちを考えると「誰かどうにかして!」と叫びたくなります。右翼と呼ばれようともうちの子供たちだけは真っ当な日本人として育てたい。中3の娘にも読ませようと思っています。

2006年4月22日 (土)

お肌が。。。。。

このごろお化粧をしている時間が長いせいか冬の間お手入れにかまわなかったせいか お肌の状態が最悪。。。。。。カピカピに乾いている感じ。。。。。

『ファンデーションが浮く。ノリが悪い』という状態を初めて経験した。本当にあれは浮くのだね~。知らなかった。

この2,3日は なるべく短時間でお化粧を落とすように心がけ、化粧落しも念入りにして保湿のための美容液なども湯水のごとく使うようにしたらだいぶ良くなってきた。やはり乾燥はお肌の大敵のようだ。

今週末は那須には行かないが、連休中はどっぷり那須なので日がなお肌のお手入れにいそしもう。連休明けにはバッグに化粧水スプレーを入れて仕事に行くことにしようと思う。手が空いたら保湿。これでいかないとダメだろう。年取るってイヤね~。

それにしてもドラッグストアのお肌用化粧品の棚ってすごい。どれを選べばいいか本当に迷う。でも とてもうれしいことに安いのに“Q10”とか“ヒアルロン酸”とか“コラーゲン”なんてのがいっぱいあるから いろいろ買っても大変なことにならないからうれしい。マ○クスファ○ターとかド○ホ○ンリン○ルとか銀座ス○ファ○ーとかだといいのはわかるけど高いもの。そういうのはたまに買うだけにしよう。

2006年4月21日 (金)

帰って来た

娘が修学旅行から帰って来た。飛行機の到着時間から考えて夫が駅まで迎えに行った。駅に着いたらメールしなさいとメール打っておいたがなしのつぶて。電源切ってて連絡つかないし。「ひとりで家まで帰ってびっくりさせようと思っていた」のだそうだ。

いろいろ話したいこともあるだろうし久しぶりのうちのご飯だからおいしいものを用意してやろうと夜の家庭教師はキャンセルしてもらって明日に振り替えておいた。モリモリ食べて「うちのごはんはやっぱりおいしい」と言われるとうれしかった。

彼女の自分へのおみやげはなんと『かんからさんしん』と弾き方の教習本。大きな箱を抱えて帰って来た。体験学習で『三線体験』を選んで気に入ってしまったらしい。『かんからさんしん』を買った子はもうひとりいたらしい。家族へのおみやは『紅芋たると』。1000円以上買うとつけてくれるシーサーのキーホルダーとか三線用ピックやお財布に入れておくとお金が増えるヘビの皮(約3センチ四方)などもサービスしてくれたそうだ。「お店屋さんに入ると『めんそーれ』とか言ってくれるかと思ってたら『いらっしゃいませ』だった」などと言っていた。心残りは飛行機の席が真ん中の列だったので窓から外が見られなかったこと なのだそうだ。お昼にお店で『沖縄そば』を頼んだらお肉が小さくてひとつしかなくて『ソーキそば』には大きなお肉が二つも入っていた とかいろいろ学習してきたらしい(^^)。

二日間泊まった読谷村の『豪華リゾートホテル』では都立高校の修学旅行と一緒だったそうで先生から「あの高校生たちはガラが悪いから よく気を付けるように」とのご注意があったとか(^.^)。二日目はコース料理で三日目は中華円卓だったそうだ。朝食は三日間バイキングビュッフェだったとか。「ゴーヤチャンプルーとかじゃなくて食べられるものでよかった」そうだ。

何はともあれ無事に行って帰って来れて「すごく楽しかった」と興奮冷めやらぬ様子。明日の土曜日は特別に休みになっていて良かったね。月曜からまた平常の生活にすんなり戻れるかな?心配になるくらいハイテンションの娘である。

2万円のお小遣いは4000円残ったそうだ。それはお小遣いの先渡しにしてやった。早速ヘビ皮のご利益があったね。

2006年4月20日 (木)

帰って来る

明日は娘の修学旅行 最終日。
どんな顔をして帰って来るか楽しみだ。

今日メールが来て大バッグは もう送ってしまったから着いたら自分が帰るまで部屋に置いておいて開けないでほしいとのこと。フムフム 本人より先にバッグだけ帰って来るか。

お土産話がいっぱいあるかな?

2006年4月19日 (水)

すごい人

息子の同級生の母ですごい人がいる。毎朝登校班の集合場所での見送りを欠かさない。しっかりお化粧もしている。4月から班に1年生が2人増えて、そのお母さんたちも毎朝見送りに来ている。そうして毎朝子供たちが行ってしまった後30分以上3人で立ち話をしている。すごい。。。。。とうてい真似できないぞ。今日もやっていた。息子が「お母さんお見送りに来てちょうだい」と言うのだが、あの集団と一緒になるのかと思うと出て行きたくない。毎日何を話すことがあるのだろう?

その同級生の母はPTAの達人で幼稚園の時から副会長などをやっていたそうだがずっとPTAをやっていて今年も小学校の幹事長をやっている。ものすごい情報通で誰がどこの幼稚園の出身でその家族構成はどうで上の子が何年生でどこの学校に行っているか、おじいちゃんが心臓が悪くてどこの病院に通っているか などなど全部おぼえているらしい。以前立ち話に巻き込まれた時にズラズラズラズラ止めどなく出てくるわ出てくるわでものすごく驚いたことがある。あの分だとうちのことも全部知ってて(なんで?)よその人に開陳してくれているのだろうな~と思った。井戸端会議が得意な方らしいからそういう場で情報を仕入れているのだろうか。私が夕方のレッスン始まる前から立ち話していて4人終わってもまだやっているということがよくある。

他人のことをそんなにおぼえていてどうするのだろう?そんなものをおぼえるヒマがあったら私は別のことをおぼえたい。
しかし そういう人だからPTAの達人になれる(なりたい?)という側面もあるわけで働く母としたら そういう人もいてくれないと困るのだなあ。

2006年4月18日 (火)

今日から修学旅行

なので羽田に7:00前集合だから4時に起きた。2時に寝て4時に起きるってほとんど寝てないのといっしょ。だから今日は一日調子が出なかった。いくら普段睡眠時間が少ないっていっても4時間半は寝るようにしている。2時間しか寝ないでよく起きられたものだと思う。

今日は忙しい日で夕飯を作っている時間が取れないから夜中にカレーを作っていたのだ。娘は朝食にそのカレーを食べた(朝からカレー・・・・・)。余裕をもって着けるように5:41の電車に間に合うように駅まで車で送って行った。
「4日間楽しんでくるね~~」とルンルン笑顔で出て行った。
明日の沖縄は雨らしいのがちょっと心配だが 楽しんできてほしいものだ。

昨日お小遣いの2万円を学校の指示通りに全部1000円札で渡した時は「うひょ~~」と言っていた。娘は今まで自分で自由に使えるお金は5000円くらいしか持ったことがない。毎月のお小遣いは1000円。使わないから貯めておいて時々欲しいものを買ったりしているらしい。服などは欲しいと思わないらしいので自分で買いたいと言ったことはない。親が買ってやったものを着ている。そういう子供が1000円札の束で2万円もらったらそりゃあ「うひょ~~」だろう。「使いきれるかしら?」などとアホなことをほざいておった。いいのよ~余ったら返してくれて。修学旅行に持っていく私服やスポーツバッグで3万円近くかかったのよ~。

ともあれ出発した。今頃何をしているだろう。戦争体験者のお話も聞き終わってもう就寝かな?天気予報でも思わず那覇の天気をチェックしている母である。三線体験やサトウキビの刈り取り、しぼってできるキビジュース、煮詰めて黒砂糖作りなどの体験学習も楽しいだろうけど琉球村や国際通りの自由行動も楽しんでチビチリガマやひめゆりの塔などもしっかり見て来ていっぱいお話を聞かせてもらうのを楽しみにしているよ。お土産も自分の旅の思い出になるものだけでいいからね。お小遣いの残りも月々のお小遣いの先渡しにしてやるから。なんて今言ったって届きませんて。それにしてもメールも送って来ないなんて フン!

2006年4月17日 (月)

北斗晶

昨日の「いつみても波瀾万丈」を途中から見てギョエー!の話。
北斗晶は実は宇野久子だったのだ。
といっても知らない人は知らないね。

あれはかれこれ今から20年ほど前のことであった。その当時私は中学校教員で吹奏楽部顧問であった。ある日トランペットの女子が「従兄弟のお姉ちゃんが女子プロレスのオーディションに受かって女子プロレスラーになるの」と言ったのだった。「へ~何と言う名前?リングネームは?」などという会話があってその時に「宇野久子」という名前がインプットされたのであった。その時は「そんなにもプロレスをやりたい女の子がいるもんなんだなあ」くらいにしか思わなかったが、それからしばらく経って本屋で偶然目にしたプロレス雑誌の表紙に「宇野久子 首の骨を骨折、再起不能か?」と。その時には転勤してしまっていてトランペットの女子に聞くわけにもいかず『首の骨折れたら普通なら死んじゃうんじゃないか?』と思い気になってはいたがそれっきりになっていた。

それが8ヵ月後には復帰していてリングネームを『北斗晶』に変えて悪役街道まっしぐら。MVPもらったりデンジャラスクイーンと呼ばれたりしていたとは知らなかった!実を言うと「宇野久子」の顔もしらなかったのだ。TVで見て「ホホ~これがあの○○の従兄弟の宇野久子なのか~」と改めてマジマジと見てしまった。そう言われればどことなく顔が似ている ような気がする。

ピアノの生徒のおじさんのボクシングの徳山といい、元生徒の従兄弟の北斗晶といい、私の知り合いの親類縁者に格闘技の人がいる割合が高いと思った。いや 私が直接格闘技の人を知っているわけではないのだが。案外思っていたよりも格闘技のプロ人口って多いのかもしれない。

2006年4月16日 (日)

予行演習

あさってから娘が修学旅行なので今日は子供たちを連れて、羽田空港まで当日ひとりで行かせるための予行演習をしてきた。夫は一人で昨日山の家に行った。

JRの最寄駅から浜松町まで乗り換えなしの一直線。行きも帰りも快速に当たったのでとても早く着いた。精算機で定期の乗り越し精算をする方法を練習し東京モノレールの切符を買い羽田空港第一ビル駅で使う階段を確認。沖縄行き南ゲートに行き集合場所を確認。帰りは田端までの切符を買い最寄り駅で定期で出る方法を教えて予行演習終了。これで当日は間違いなく着けるだろう。帰りは流れ解散だし。

久しぶりに行った羽田空港はものすごくきれいになっていた。面白いのであっちこっち探検して回ってあっと言う間に2時間くらい経っていた。おやつ用に”東京土産 東京ばななのしっとりバウムクーヘン”なども買ってしまった(^.^)。

帰りはモノレール駅で土日限定セット切符500円という乗り換え切符を宣伝していて山手線内なら500円で行けるというので迷わずそれを買った。モノレールで浜松町→羽田空港第一ビル間だけで470円かかるのだ。とってもお得だった。

帰り着いたらクタクタになっていた。そうだよね~ずっと歩き回っていたのだから。息子も今日は寝つきがいいようだ。夜は明日送ってしまう荷物の点検。行き帰り以外は全部私服なので荷物が多い。しおりを見て驚いた。ホテルの部屋は全部2人部屋でお風呂は各部屋のを使う。もちろんシャンプー、タオル類は備え付け。携帯は自室内でだけ使用可。あんまり修学旅行でワイワイという感じではない。思えば中学に入ってすぐの校外宿泊研修の時からそうだった。大浴場のある研修センターでの入浴も2時間の間の好きな時間に勝手に入りに行けばいいとか夕食はフレンチコースでマナー学習だとか。

ところで 出かける前に見ていたTVの「いつみても波瀾万丈」に北斗晶が出ていて途中からなにげに見ていて思わずギョエ~~と言ってしまったのだが その話はまた明日。

2006年4月15日 (土)

ドレス

生徒の母から電話があり「3歳児(100センチ)くらいのドレスあったら借りたい」と言われた。明日親戚がお宮参りで上の女の子にもおしゃれさせたいとのことだった。あるんだな これが。ピアノの発表会用に買ったものや発表会で生徒が着たのをもらったものなど発表会用ドレスの在庫はいっぱいあるのだ。発表会のたびに生徒に無料貸し出ししている。靴も各種サイズ取り揃えて(いや 別にそのために買ったわけじゃないんだけどいつの間にか貯まった)いる。

9時までレッスンだったので そのあと来るということでレッスンが終わってから探したら100センチは半袖白(外国製)と長袖ピンク(メゾピアノ)が1着ずつしかなかった。どちらもペチコート付きでスカートはフワフワでかわいい。実際にその子が着てみて気に入ったピンクの方を持って行った。

もう何年も誰も着ていないので あまり小さいサイズのは処分しようかと思っていたのだが置いておくと思わぬ時に役にたつものだ。

2006年4月14日 (金)

最後のケーキ クッキー焼き

今 喫茶店におさめる最後のクッキーを焼いている。もちろん自家用にはこれからもいっぱい焼くだろうけど。ちょっと感慨無量。。。。。。しかし これからは夜10時過ぎに仕事から帰ってきてから夜中中ケーキやクッキーを焼かないで済むかと思うとちょっとうれしい。10年の間に確実に年取ったということか。

ケーキやクッキーを卸していて 何が一番大変かというと冷めるのを待つ時間は短縮できない ということなのだった。オーブン2段焼きで焼いている間に次のケーキを時間をみて準備して次々入れて焼きあがるまでは3時間程度だが冷めないと冷蔵庫に入れられない。だから全部焼きあがって夜2時過ぎにできたとしても冷めるまではPCの勉強をしたり本を読んだりして待たなくてはならなかった。その間台所はケーキとクッキーの野原と化していた。冷めた順に冷蔵庫に収めてクッキーは乾燥材入りの缶にまとめて入れて一晩おいてから袋詰め。

今日でそれも最後。最後にオーブンから出したクッキーが冷めるのをゆっくり本を読みながら待とう。

2006年4月13日 (木)

ケーキ屋さん終了

今まで10年間ケーキ クッキーを納めてきた那須の喫茶店が4/18で閉店することになったと今日連絡が来た。5月からは居抜きで貸してコーヒーを出すブティックになるのだそうだ。

カッパ橋で大量仕入れしている関係上「辞める時は早めに言ってね」と言ってあったのだけれど(もう辞めたい 早く辞めたいと言っていたから)決まったのが先週だったとかで これはもう致し方ありますまい。

買い込んである大量のバターやクリームチーズやアーモンドプードルなどなどは冷凍してあるのでチビチビとバターケーキやアマンディーヌやパイ生地、シュクレ生地にして使おう。ココアはチョコレートババロアかな?まだ2キロは残っているからどれだけできるだろう。クイックメルトのクーベルチュールチョコレートなどは放っておいても子供たちが食べてしまうだろうけど。ケーキ材料用の冷凍庫がいらなくなるなあ。

2006年4月12日 (水)

修学旅行

来週火曜日から娘が修学旅行で沖縄に行く。去年から戦争についての事前学習を続けていた。3泊4日しっかり戦争の傷跡を見てきてほしい。

先にホテルに送ってしまうバッグはトランクなのかスポーツバッグなのかも今日までわからなかった。今日もらってきたお知らせで持ち物等がやっとわかった。バッグは「キャスターのついていないソフトバッグ」ということなのでスポーツバッグでいいのだろう。お小遣いが2万円(!)ということもわかった。制服は夏服ということもわかった。飛行機の中に持ち込むのは通学バッグで、ということもわかった。朝7:10羽田第一ターミナル集合ということもわかった。でも そういう諸々のことがわかるのが5日前ってどうよ!まだ班決めもしていないそうだ。

朝7:10に羽田に着くには最寄り駅で何時の電車に乗ればいいのか娘にネットの路線案内で調べさせた。6:00発で7:00に着くが、モノレールの乗り換え時間が5分しかない。6:45に着くようにするには5:39のに乗らなければならない。朝一緒に私が行ってやるとしたら帰って来るのは8:00過ぎる。8:30には家を出ないと仕事に間に合わない。すごく慌しい日になりそうだ。7:50には息子を学校に出さなければならないしどうしよう。日曜日に予行演習しておいて当日はひとりで行ってもらおうか などと考えている。車で送って行ったら時間が読めないし。

修学旅行の準備で買い物があるので今週も那須の家に行けなくなった。那須のジャスコで買い物するのでもいいのだけれど、やはりこっちのジャスコやヨーカ堂より品薄だから選べない。夫いわく「那須で買った田舎っぽいのを持って行くのは恥ずかしくないかい?」特別田舎っぽいわけでもないとは思うけどね。。。。。パジャマなどは毎年の校外宿泊学習の時に買ったので間に合うと思うし。私服を少しいいのを買ってやらなければ。

2006年4月11日 (火)

時間割表

去年まで娘の時間割はもらってくると私がカラーでオシャレに作り直してあげていた。今年も持ってきたが仕事が立て込んでいて「あとで」と言っていたら自分でいつの間にか作っていた。「ちょっと来て」と呼ばれて行ったらWordで罫線を引いて作ったが色の塗りつぶしができないと。Excelで作ればよかったのにね。

で オートシェイプで四角を重ねて背面にして塗りつぶしをできるようにしてやった。ついでにCtrl+ドラッグでコピーを教えてやったら大喜びでコピーしては塗りつぶし色を変えていたので もう一言。「グラデーションつけるともっときれいじゃない?」。で 3色使って一日分ずつタテグラデーションにした。罫線は白に変えてちょっとおしゃれ。

「明日学校に持って行ってお友達に『自分で作ったの』って自慢できる」とホクホクしていた。いや その熱心さをお勉強に使ってくれたら母は言うことないんだけどね。

2006年4月10日 (月)

カタクリ

Pa0_0000 カタクリが咲きました。携帯写真なのでよくわからないですね。初めて植えてから8年くらい経ってずいぶん増えました。

夫によると 桜は家を出発して小山近辺で満開が過ぎて散っていて、宇都宮で満開、氏家で5分咲き、矢板で3分咲き、那須はまだ開きかけたかな?って具合だったそうです。来週行けば那須でお花見ができそうです。

2006年4月 9日 (日)

ナルニア国物語 第1章

とうとう見てきました。
ナルニア国物語。
娘とふたりで。
朝起きてから おさきにNetでチケットと席予約して。

やっぱりロケ地はニュージーランドでした。
本当に違和感のないCG。
「ロード オブ ザ リングス」以上でした。
子供だからでしょうか?警戒心も疑問も抱くことなく入って行ってしまう別世界。
書き割りの前で芝居しているのが見え見えの場面もありましたが。

いや~それにしても“白い魔女”の強いこと。
楽しめました。娘のたっての要望で帰りに全7巻セットで本を買って帰りました。

予告編で見た「小さな勇者たち GAMERA」も「パイレーツ オブ カリビアン/デッドマンズ チェスト」も面白そうだったので 楽しみです。

2006年4月 8日 (土)

ミニたい焼き

3:30過ぎに仕事が終わって、夫と息子は那須の家に行ってしまったので美容院に行ってカットしてもらい 床屋に行って顔剃りをしてもらったら7:30過ぎになってしまった。

夕飯は娘と2人だけなので買ってきて済まそうと思い、大型スーパーに出かけた。おなかがすいていたのでお弁当以外にもあれこれいらないものまで買ってしまった。しかし ミニたい焼きを見つけてしまったのだった。フードコートの端にあるカフェで。以前息子がジョイフル本田のジャパンミート内で屋台を出しているミニたい焼きやさんで夫に買ってもらって以来「ミニたい焼き~~」と言っていたのだ。たまたま出ていた屋台で5種類を3コずつ買ってもらったのが気に入ってしまったらしい。たまに思い出したように「おやつはミニたい焼きがいい」などとほざいていた。約半年ぶりでミニたい焼きを発見したら これはもう買うしかないでしょ。カスタードとチョコを5個ずつ買った。

今 ミニたい焼きは冷蔵庫の中で息子の帰りを待っている。

2006年4月 7日 (金)

いよいよ始まりました

今日から娘は新年度が始まり、来週から息子も始まる。娘は山ほどのプリントを持ち帰って来た。書くことの多いこと。。。。。中学生になって初めて女性の担任になったので とても喜んでいる。特進コースから落ちずに済んだし今年も良い一年が過ごせるといいな。

今まで地下鉄で通っていたのをJRに変える事にしたので「通学区間変更届」を持たせた。「理由」のところには考えた末、正直に“埼玉高速鉄道はJRの3倍以上かかるため”と書いた。10日まで地下鉄の定期があるから来週火曜日からJRに変えることになっている。明日帰りに途中でJRに乗り換えて定期を3ヶ月分買って来るようにと定期代と乗り換え運賃代を渡した。「11000円入っているからこれで定期買って乗り換え運賃を払っておつりを持ってきなさい」と言ったら「これで何ヶ月買えるの?」と聞かれ、「3ヶ月」と言ったらものすごくびっくりしていた。今まで3ヶ月だと34200円(中学生なのに!)かかっていたからいつも40000円持たせていたのだ。それが今度から3ヶ月でも10190円になる!うれしい!駅前の市営駐輪場は1ヶ月2100円だから駐輪場を使っても3ヶ月で16490円。ということは半分以下になるということで年間にしたらすごい違いだと思う。JR駅前の歯列矯正歯科に通うにも学校帰りに寄れて便利だし 雨の日も風の日も台風や雪の日もがんばって自転車で通ってほしい。あんまり朝からひどい日は車で送って行ってやらないでもないからね ということになっている。

月曜は息子がまたプリントの山を持って帰るんだろうな~。

2006年4月 6日 (木)

お花見

Pa0_0003遅いお花見しに行きました。雨や風の日が多かったにもかかわらず まだまだ大丈夫でした。日曜日まで持ちそうですね。花びらが降って来るのも風情があっていいものでした。自転車で軽いポタリングも楽しめました。
町をゆっくり自転車で走っていると 思った以上に桜の木が多かったことに気付きました。学校 幼稚園には必ず何本もあるのが当たり前ですが、それ以外でも至るところにあるもPa0_0004んですね。何の木か、なんて普段意識もしていないわけで 花が咲いて初めて気付くのだなあと改めてわかりました。

作家の渡辺淳一さんによれば「梅は正妻、桜は愛人」だそうです。確かに梅は固そうで堅実な感じだし桜は爛漫に着飾っている様子だし むべなるかなって思いますね。

 

2006年4月 5日 (水)

イナバウアー!

今頃 イナバウアー!は遅れてると思われるかもしれませんが うちの犬がなついて来てのけぞりポーズを取ったので娘が「イナバウアーしてる~」と言ったら夫が「それはイヌバウアーと言うんだ」と言ったので大笑いになりました。

犬がのけぞったらイヌバウアー ですかね やっぱり。
お後がよろしいようで
テケテンテンテン・・・・・

2006年4月 4日 (火)

まぐろ人

カッパ橋までケーキ材料の買出しに行ったついでに”まぐろ人”に寄って子供たちとお昼にしました。

”まぐろ人”は浅草オレンジ通りにある回転すし屋さんです。まぐろが売りで中トロも大トロも格安で食べられます。大トロ1カン420円、中トロ2カン490円です。赤身は2カン200円だったかな?巻物は全部サビ抜きで160円。もちろん100円のお皿もあります。イカ タコ エビなどは”活”がついているのとついていないのとあって”活”がついていると倍も値段が違います。メロン パインなどフルーツ類はだいたい320円です。プリン ケーキ類はありません。職人さんがたくさんいるのでサビ抜きを頼んでもすぐできて待たされることはありません。カツオやシャコもおいしかったけど マグロを堪能できました。

息子は赤身まぐろ 鉄火巻き カッパ巻き たまご エビ タコ イクラしか食べないのですが 食べ盛りの娘に大トロ中トロを食べまくられたので けっこう高くついてしまいました。普通のおすし屋さんで上寿司3人前くらいになりました。一口サイズなのでけっこう食べてしまいます。普通のおすし屋さんでお好みで食べるとこの倍はいくでしょうね。

今日は娘には気の済むまで大トロ中トロを食べさせたので しばらくはカッパ寿司でがまんしてもらいましょう。

2006年4月 3日 (月)

春なのに

娘がきのうから喉が痛いと言っている。食べ物の味がわからないと言い 今日の昼ごはんはおかゆを食べた。熱は微熱。

昨日映画を見に行くのに「風が冷たいからコートを着ていけ」と言ったのに薄いTシャツにジージャンで行ったから冷えて風邪をひいたのだろう。
「だからコートを着ていけって言ったでしょ」と言う私に「だって春だから」と口答えをするので「春だって夏だって寒けりゃ暖かい格好をするもんだ。寒いも暑いもわからないやつはバカだ」と言い返してしまった。ちょっとかわいそうだったかもしれない。以前に風邪で医者にかかった時にもらった薬の残りを飲ませたらだいぶ良くなったようだ。

春とはいっても 天候不順だから油断はできないようだ。

2006年4月 2日 (日)

ナルニア国物語

子供たちは今日2人で「子ぎつねヘレン」を見てきて「感動した!ないちゃった!」と言っていた。座席はものすごくすいていてガラガラだったそうだ。それで「春休み中にもう一回映画見に行こう。今度はナルニア国物語」と言ったら「いやだ」と言われてしまった。

なぜかというと「ライオンがしゃべるんだもん。なんか怖そうだし」ですと。
映像的には「ロードオブザリングス」と似てるっぽいし戦いの場面は「ロードオブザリングス」の方がすごそうなんだけどな。

“別世界に入ってしまった子供たち”ってそそられる主題じゃないですか?子供の頃はワクワクしながら読んだものだから是非見たいんだけどな。むりやり引っ張ってって見せてしまおう。

2006年4月 1日 (土)

おさきにNET

明日子供たちがMOVIXで「こぎつねヘレン」を見たいというのでMOVIXのおさきにNETで座席指定でチケットを買った。MOVIXができたときに携帯でMOVIXカード会員になっておいたがチケット予約などをするにはやはりPCの方が自由がきいて面倒でない。明日は予約表とカードを持たせればお金を持たせなくても映画を見て来られる。チケット売り場で長蛇の列に並ぶ必要もなく、自動発券機でチケットを出せるから便利だ。ネット予約をするとポイントが12ポイント付く(窓口だと10ポイント)。60ポイントでポップコーンがもらえるし貯めておいてもOK。かなり気軽に映画を見られるようになった。息子は今まで通り池袋などの映画館に行きたいと言うけど。

4月の終わりには車でちょっと行かなければならないけど埼玉スタジアムのそばに巨大なジャスコがオープンする。そこにもシネプレックスが入るようで そちらはワーナー系らしいから別の映画が見たい時はそちらに行くのもいいかもしれない。子供たちだけで行かせるわけにはいかないが。

「こぎつねヘレン」は私は別に見たくないので行かないが「ナルニア国物語」は見たいので春休み中に何回も映画館に行くことになりそうだ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »