« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

具合悪ッ・・・・・・

なんだか“具合悪い”としか言いようのない状態。食欲なし。動き出しで腰が痛くて曲がってしまう。なんとなくポッポする。ノドがイガイガっぽい。風邪か?
ゆうべ窓を開けたまま 寒いと思いつつ4時までパソパソのお勉強していたから風邪引いたのだと思う。幸いなことに今日は午前中の仕事が早帰りで明日はお休みにしておいたから夕方4時まで寝てようと思えば寝ていられる。
今夜は9:30にレッスンが終わったら 即寝よう。

2006年5月30日 (火)

乗らない一日

朝は張り切って窓を開けてクイックルワイパーかけたりしたけど ちょっと気落ちすることがあって やる気が速やかに失せてしまったようだ。ダラダラと一日を過ごしてしまった。自分でも実に投げやりな態度をとってしまったと思う。上の空でずっとスパイダソリティアをやっていた。何というヤツだ!

夕飯も考えるのがイヤだったのでカレーになった。子供たちは何も知らずに喜んでモリモリ食べた。

明日は気合入れて仕事しよう。

2006年5月29日 (月)

オセロ

今日は息子が学校公開の振休で休みなので私も仕事を休みにした。ゆうべは「明日休みだから」とルンルンしている息子の相手をして100円ショップで買ってきた小さな小さなオセロ盤でオセロの相手をした。やりにくくてしょうがないのでもっと大きなオセロを買ってやろうと思ってはいたのだが先日おもちゃ屋で見たら3000円近くしたので買わなかったのだ。どこか安そうなところは?と考えてドンキホーテを思いついた。今日は休みなのでドンキに行ってみたら999円でオセロと同じだけど名前が「逆転リバーシ」というのを売っていたので買ってきた。大きいしマグネット付きでやりやすい。

実は私はオセロはかなり得意だ。昼食のあと息子の相手をしてやったがかなり手加減しても6個残すくらいで勝ってしまう。手加減しなかったら一個も残らないだろう。何回やっても勝てないのでベソをかきはじめた息子に「手加減してやろうか?」と言ったら「手加減しないでいい!」と意地を張る。ホホホなんにも知らないで意地張ってるな~と 内心笑ってしまった。で その次にはビシバシ行って打てるところがない状態にして連続パスさせている間に全部ひっくり返してしまった。さすがに大人気ないとは思ったが勝負は勝たなきゃ意味がない。くやしかったら勝てるまでがんばるんだね。

夜 私が仕事をしている間に夫に相手してもらったらしい。上機嫌であった。夫に「勝たせてどうする」と言ったら「勝てなきゃオセロ嫌いになっちゃうぞ」と言われた。フムそれも一理ある。が 負けるのは夫の役割にしてもらおう。私はあくまで「かかってきなさい!」のスタンスでいよう。親を乗り越えられない子供に未来はない。

2006年5月28日 (日)

成分献血

今日は生まれて初めて成分献血なるものをして来た。JR駅前に献血ルームがオープンして4日目なのだ。すごく混んでいた。世の中には善男善女が多いのだな と思った。もちろん私も含めて(^.^)。2月に仕事で大宮に行った時に献血ルームに寄ったら献血できる期限がまだ、ということで その後献血車にも出会わなかったのでずっと献血できないままだった。成分献血は2週間に一回できるということだ。今日は なにやらわからないが「成分献血にすごくいい条件がそろっている」そうで(どういう条件だ?)成分献血を勧められた。通常の血圧だけでなく心電図まで取られたが正常だそうで めでたく初成分献血になった。

30分くらい待つと言うので子供たちを連れてデッキでつながっている複合商業ビルの本屋に行って本を買ってやる。娘はTVドラマの「富豪刑事」が好きなので文庫で出ている筒井の原作と「家族八景」。眉村卓の「ねらわれた学園」を探したがなかった。絶版になっているのだろうか?息子にはデュエルマスターズの傑作集(カード+カードケースの付録付き)を買わされた。

成分献血は時間がかかるが本と無料のジュースとお菓子のおかげでおとなしく待ってられた。初めてゆっくり駅前の再開発されたところを見て回れたが広場ができてゆったりした感じになり、けっこう大きなスーパーもあるしカフェやマッサージ屋さんや手軽な食べ物やさんが山ほどあって楽しい。いずれ市営図書館も移って来ることだし2週間に1回ずつ成分献血に行くのも楽しみになった。驚いたことに駅前地下の市営駐車場の料金も全部献血ルームが肩代わりしてくれるのだ。駐車した時間から終わるまでの時間 3時間分のの200円券をくれた。せいぜい一枚くれるくらいだろうと思っていたのでびっくりした。こんなにサービスしてまで血を集める必要があるのなら なるべくたくさん行くことにしようと思った。

2006年5月27日 (土)

忙しい一日

ゆうべはPCのお勉強で寝たのが朝4時過ぎになってしまったのに6:30には起きてお弁当作り。寝た気がしない、というより寝てないんだね これは。

12時までレッスンしてから小学校に夫と行き(私が行けないから夫が午後休んでくれた)お弁当に少しだけ付き合ってやって 夫を残して次の仕事に飛んで帰った。5時過ぎまでレッスン。夫は3:30ごろ那須の家に出発した。夜8時になって近所の友達がPCのことを教えてもらいに来た。簡単なことだったがビール6缶パックをゲット。友達だと仕事料金をもらいにくい。20分で終わったからいいけどさ。その後2人で飲みながら11:30過ぎまでおしゃべり大会。いや~よくしゃべった。やはり悩みはお肌の老化らしい。わたしより10歳近く若いのだから気にすることないと思うのだが。10年前の私はお肌のことなんか全然意識になかったような気がする。

今夜は早寝 はもう無理だから明日は思う存分寝坊したい。

2006年5月26日 (金)

お弁当

今日 家庭教師に行った韓国人家庭ではず~~~っとお母さんが明日のお弁当を作っていた。行く前から作っていて終わっても作っていた。3時間以上?と聞いたら生徒によると「お弁当を作るのに いつも5.6時間かかる」と言う。すごい!明日は小学生の妹が運動会なのだそうだ。おみやげに『チャプチェ』というのを大きなタッパー一杯に入れたのをくれた。もちろん喜んでいただいて来て帰ってすぐにビールと一緒にいただいて夕飯代わりにした。美味なり。まだ3/4くらい残っている。明日のおかずにしよう。

私もひとしきり「プハ~~」とやってから息子の明日のお弁当の下ごしらえをした。うちは運動会ではなく今日と明日が学校公開日なのだ。学区がなくて自由選択制なので一日中学校を公開して知ってもらった上で選んでもらおうという意図で行っている行事だ。なので明日はお弁当。それはいいが、昼食が“ふれあい昼食会”というイベントになっている。「親子で一緒にお弁当を食べよう」という催しである。仕事があるので正直言って「お弁当作りはいいけど それは困る」という感じだ。別に学校で親子一緒にお弁当食べんでも良かろうが(方言てこういう時すごく心情にマッチするね)。土曜日は朝からレッスンがある。おまけに学校内のコンクールに出る生徒がいて、その本番が明日で、行く前に最後のレッスンということで無理やり押し込んでいるから午後のレッスンとの間が45分しか空いていない。もしもひどい雨で歩いて行くようなことがあったら片道10分、往復20分かかるから滞在時間は最大で25分だ。www 苦しい。。。。。。うちの小学校は参加率がすごく高いからがんばって行ってやらないと息子がかわいそうだし。。。。。がんばるぞ~~!!なんでお弁当ごときでがんばらなきゃいけないのかと思うが。

2006年5月25日 (木)

プチ大掃除

ヘンだね。プチ大掃除って。え~と わかりやすく言うと部分ごとに分けて大掃除していくという方式なのだった。まだわかりにくい?

先週から始めている。手始めは溜まりまくった通販カタログ(封も開けていないのがほとんど)を午前中の仕事が休みの日に全部トランクに積んで環境センター(ゴミ焼却場のこと)に持ち込み投棄してきた。1日100キロまでは無料。
次に冷凍庫の掃除。中身を全部出して点検して(するまでもなく)ほとんどを捨てて濡らしたきれいな台布巾でお掃除。製氷皿の氷も全部入れ替えた。スッカラカンになった。いらないものを電気代かけて凍らせていたのだね~。その次はチルド室。同様にきれいになった。それから野菜室。という具合に一日一箇所ずつ大掃除していくのだ。

ある時はマイペットスプレー片手に家電品を拭きまくりガラス掃除に勤しむ、またある時はトイレをなめるように掃除する。ただし 必ず夜中なので掃除機をかけるわけにはいかないのがつらいところ。だけど電気の笠も蛍光灯もきれいになって光量が増したようだ。

本当は土日でまとめて全部できればいいのだけれど 土日は那須でグタ~~としているからできないのだ。なのでチョコマカと部分的にマイナーチェンジしつつそのうち全部きれいになる予定。終わった頃には最初にやったところがきれいじゃなくなっているだろうなあ。。。。。。

2006年5月24日 (水)

理数コース

今日娘が「理数コース」の申込書というか受諾書のようなものを持ってきた。先日やった試験(中間ではない)で100点だったとかで上位29人に星印が付いていて「星印が付いている人は放課後来てください」ということで行ったら放課後特別授業の対象者にされていた ということらしい。

「補習授業ではありません。授業でできない難易度の高い学習を通して応用力をつけます」ということで娘は「特に得意なわけじゃないのに どうしよう。やりたくない」と言っていたが「月謝内で鍛えてくれようっていうのだから是非がんばりなさい」と申込書を書いて押し付けた。娘は「8時間授業になって帰りが遅くなる」などとブツクサ言っていたが おおいにやってもらおうと思う。これでがんばれれば高校で「国公立 難関校コース」に入れるのは確実。

息子も「私立に入れてやって」と言うお姉ちゃん がんばってね。何しろうちは息子の中学受験とあなたの大学受験が一緒なんだから弟を私立に入れてやれるかどうかはあなたのがんばりにかかっているのだ。

2006年5月23日 (火)

梅ジュース

クッキングと言えないかもしれないが、今うちでは梅ジュースを造っている。というほどたいしたことはしていない。青梅と同量の白砂糖を重ねて置いてあるだけ。

日曜に那須で青梅を出来心で買ってしまったので帰って来てその日のうちに砂糖に漬け込んだ。まだ3日目だが もう水が出てきている。よしよしおいしくなるんだよ~と言いながら一日一回ビンをひっくり返したりして水が回るようにしているだけ。

梅酒では子供が飲めないし でも梅は夏場の胃腸を整えるのにいいという話も聞くので作っている。出来上がったら5.6倍に薄めて飲む。正直言って売っているジュースよりおいしい。

以前友達の家にペットボトルで分けてあげたら「子供たちが麦茶を飲まずにこればっかり飲みたがるから」と流しの下に隠してしまったのだそうだ。そうしたら夏場の暑さで醗酵してしまって蓋を飛ばして流れ出し床がベトベトになったとさ。飲んでしまえばなくなるのだから飲ませてしまえばいいのに と思った。それ以来よその家に分けてやるのはやめている。

1ヶ月くらいで飲み頃になる予定。うちではペットボトルに移して冷蔵庫で保存している。今年はグミも焼酎ではなく(私しか飲まないし~)ハチミツにでも漬けてみようかな?ブルーベリーはジャムにしようか。wwwwデブ一直線?

2006年5月22日 (月)

ホテル ミラコスタ

知り合いが2泊3日でDisneyリゾートに遊びに行って来たのでおみやげにホテルミラコスタのチョコレートをもらった。金色のハリガネ細工で飾りに真珠を模したビーズ3こでミッキーが散りばめられている。キラキラ光ってものすごくゴージャス。中身は白ピンク空色レモン色のチョコレートコーティングされたピーナツだけど。子供たちに見せたらうばい合いになるのは見えているので さっき娘に「息子には絶対に見せない」のを条件にあげた。ひと目見た途端に「ウワ~~!」てなもんで目がキラキラ~~~。すごく喜んでいた。良かったね。中身はみんなで食べようね。ということで中身だけポリ袋に入ったままで食堂のテーブルに置いてある。

2006年5月21日 (日)

カードの取り忘れに注意しましょう

って そんなマヌケは私だけ?

今日の那須はよく晴れて気持ちよいさわやかな風があって気持ちよくお昼寝できた。ブルーベリーも花が咲いてグミは実を着け始めた。夫と息子は外で穴掘り。雨水が溜まらないように傾斜を削ったり水平を測ったり で結構たいへんだったようだ。近所の別荘の人が遊びに来たり、別の別荘に人に大工仕事のやりかたを教えてほしいと頼まれて行ったりもしていたから忙しかったみたい。

帰りにセルフのガソリンスタンドで満タンにして来たのだが その時にカードを取り忘れたことに3キロくらい行ってから気付いた。あわててUターンしたらそこにはバイクの人がいて「店の人に渡してきた」とのこと。事務所に行って免許証を見せて返してもらって来た。いい人で良かった~~。セルフのスタンドでは気を付けなければ。。。。。。たぶん そのバイクの人が私のすぐ後の人だと思うけど もしかしたらその間にもうひとりいて私のカードでガソリンを入れられていないともかぎらない。パスワードもサインも何も必要ないって かなりコワいことなのね。

2006年5月20日 (土)

久々の那須

連休以来の那須。涼しい。よく晴れていて星がきれい。北斗七星が大きく見える。

今日は暑かった。今年3回目くらいの半袖の日になった。娘は制服がまだ冬服なので「ものすごく暑かった」と帰ってきた。午前中下駄屋に行って「穴が小さすぎてダメです」と言われて帰ってきた。なので もちろん穴を大きくするために那須に持ってきた。午後はPC教えに行って帰ってからレッスンして6:30過ぎに出た。ちょうどひどい夕立がやんだばかりで涼しくなっていて大きな大きな虹が出ていたので子供たちが喜んでキャーキャー言った。虹ってなんだか幸せな気分にさせてくれるものみたいだ。水撒き以外で虹を見るのも久しぶりだと思う。本当に大きな虹を見られた。

那須に着いたら虫がブンブン飛んでいる。フロントグラスにも当たるし もう虫の季節になったんだなあ、と確認させてくれた。道路も全く乾いているので夕立はなかったみたい。明日も予報では晴れだし暑くなりそうだ。

2006年5月19日 (金)

下駄

娘の愛用のサンダルは去年 隅田川花火大会に浴衣で行くために買ってやった下駄である。底にゴムが張ってある安いものだが気に入って履いている。鼻緒を指で挟むのは健康にいいという話も聞いているし好きにさせておいたら「磨り減ったから新しいのを買って」と言われて先日買ってやった。

すると息子が「ぼくも下駄ほしい」と言い出したが男物の下駄は大人用の大きいのしか売ってなくて買ってやらなかったら うるさいうるさい。ず~~っと欲しいほしいと言い続けていた。それで夫が那須で端材から下駄の形に彫り出して足に合うのを作ってやった。しかし!鼻緒がない!ちゃんとした下駄を売っている下駄屋に行けばすげてくれるのだろうが うちの近所には下駄屋がない。なので息子は それからはず~~っと「鼻緒 鼻緒」と言い続けてもう2週間経ってしまった。

赤羽の商店街に確か下駄屋があったはずだと思い出したので明日持って行ってみてやってくれるようならすげてもらって来ようと思っている。しかし「何ですかこれは」と言われそうでこわいぞ。

2006年5月18日 (木)

食品成分表示

娘が加工食品に付いている食品成分表示を3つ学校に持っていかなければならないとゆうべ夜11時過ぎになってから言ったのだった。家庭科の授業で必要だと。冷蔵庫をあさってベーコンの業務用パックのをはがして持っていくと言うがはがれるものではない。それでしかたなくパウチを開けてその部分を切り取った(早いうちに消費しないとベーコンがダメになってしまうがしかたない)。残りの二つは困った。うちには加工食品というものがない。いろいろ探してようやくソースのラベルに見つけ残りのひとつは冷凍うどんのを切り取った。

やれやれ「これで明日の授業に持っていけるね」と言ったら「来週の火曜日にもって行く」と言うので 思わず角が生えてしまった。そんなに余裕があるのならこれから成分表示のある食材を買ってきたって間に合うじゃないか!ねえ。でもまあ「これだけでいい」と言うので それでよしにした。難儀な娘である。

2006年5月17日 (水)

ハリーポッターの新刊

本日発売で~す。って週刊新潮のTVCMみたいになってしまった(古い!)
朝5時からの販売って普通じゃないね。
朝のニュースで5時の開店を待って並んでいる人たちが映ったが三角帽子をかぶったりおでこに稲妻型のシールを貼ったりコスプレしていて ほとんど朝5時のノリじゃないと思った。小学生が映っていたが そりゃ朝5時なら学校に行く前に買いに行けるよね。でもそれって普通じゃないと思う。

ハリポタの本は上下セット販売だし売れ残りは5%を除いて全部買い取りだという話で うちの近所の本屋には未だに5巻が山積になっている。今回は本屋も買い控えしているらしいが初日の朝行かないと買えないほど入荷が少ないとも思えない。夜レッスンが全部終わってから買いに行こうかとも思ったが、明日は午前中の仕事を休んだのでゆっくり買い物に行ける。なので明日本屋をのぞいてみようと思っている(なかったらどうしよう?まあいいけど)

ハリポタは巻を追うごとにくどくなっていると思う。あれだけの話をここまで引き伸ばして上下巻にする必要があるのか と思うくらいくどい。サイドストーリーが充実しているわけでもないのになんでここまで長くなるかなあ と思った。伏線の長い小説は確かにある。例えば小野不由美の『屍鬼』。上巻は全部伏線でストーリーが走っていかないが下巻に入って四分の一過ぎたあたりから一気呵成にガンガン走って行くから読むのを止められずに徹夜してしまった(しまった!と思ったね)。しかしハリポタ5巻はそうではなかった。せいぜい下巻のラスト四分の一くらいか。だから『なくっても まあいいけど』になっている。

7巻完結の予定で書き始めて一番書きたいのが7巻だったそうだから全部終わってから評価は通してすることにしよう。ということで明日買うことになると思う。

余談だが「ナルニア国物語」7巻を読了した娘が怒っていた。
「最後の1ページで『まだ気がつかないのかね。君たちはずっと前に列車事故で死んでいるのだよ』ってひどくない?あれだけひっぱっといて そりゃないよって感じ。おまけに『このあとの物語の方が今までよりもとても書けないほど数倍すばらしい』って何よ!」って。そりゃそうだな と思った。ナルニア国物語の評価が高いのは最後まで読んだ人が少ないせいなのだろうかと思った。私も結末はおぼえていないから読んでないかもしれない。あるいは読者層の年齢が低いから「卑怯だ」と思うほど熟していないってことか?ハリポタの終わり方にますます期待がかかる。くれぐれもこういうドンデン返しはナシにしてほしいものだ。

2006年5月16日 (火)

俳優

映画俳優って思っていたよりたくさんの作品に出ているようだ。
「パイレーツ オブ カリビアン 呪われた海賊たち」にはジョニーデップだけでなく「ロード オブザ リングス」でレゴラスをやっていたオーランド ブルームも主役で出ていたしスターウォーズのお姫様も出ていた。「天使にラブソングを」の修道院長役をやっているのは「ハリーポッター」シリーズでマクゴナガル先生役をやっている マギースミス(だったかな?)だし。

このごろ前に見たことのある古いDVDを借りてくると必ずと言っていいほど「あら この人が」という俳優さんたちが出ているので面白い。

昨日GyaOに登録してみたけど 見ている時間はないかもしれないと思った。

2006年5月15日 (月)

自転車テスト

息子の小学校は3年生で交通安全教室をやるまでは ひとりで自転車で遊びに行くのは禁止になっている。早く自転車で遊びに行きたくて手ぐすねひいてこの日を待っていた。今日は待ちかねた自転車テストの日。朝から大変だった。

朝登校班で行くのに3年生だけ自転車を押して登校。帰りも乗るのはご法度。点検を受ける紙を前カゴに止めるための洗濯ばさみ2コも必要だった。

結果は全員合格。「みんな半分しかできてないけど気をつけて乗ってねって言われた」そうだ。いいのか それで。うわさによると許可証をもらうのはもう少し先になるとかで それをもらってからでないと自転車で遊びに行ってはいけない、ということだったのだが「今日から乗っていいって言われた」と言って早速自転車で遊びに行った息子であった。いいのか それで。

2006年5月14日 (日)

新しい超大型店

今日は浦和美園にできた超大型スーパーに行ってみた。
4月末にオープンしたのでもうすいているかと思ったら甘かった。駐車場に入るのに時間がかかりそうだったので遠いところの駐車場に入れてかなり歩いた。ディズニーランドの一番遠い駐車場から歩くのと同じかそれ以上の距離だった。でもスロープ上の車が動いていないのを見たらしょうがないね。

ワーナーマイカルのシネコンが入っている以外は他の系列店やMOVIXが入っている大型店と同じ作りだから迷うこともないが なにしろ広い!けっこう歩いた。醤油を買いたかったが品揃えが少なくてほしい銘柄のが置いてなかったのは予想外だった。息子が「今日は母の日だから母の日バージョンのカレーをぼくが作ってあげる」と言うのでカレーの材料も買った。何か食べさせようと思ってもレストランはどこも並んでいるし、マックやケンタもパン屋も並んでいるし、ゲームセンターの中のスタンドでスペインのホットドッグというのを食べさせて(子供たちには不評)すませた。

3時間も歩き回ったら疲れてしまった。今日は寝たきりで一日過ごす予定だったのだけど どこで間違ったかなあ。

2006年5月13日 (土)

花まりー2

新作の花まりです。
作った人が「バラしていい」と言ってくれたので一枚はがして折り方を知りました。組み合わせは思いの外わかりやすく(見た目の複雑さに比べて)その割にとても見栄えが良いのでかなり満足です。前回の本を見て作った花まりは手数の割にできばえがイマイチだったから満足できなかったのか それとも実際に見たものとは違うものしか載っていなかったせいで満足できなかったのか。たぶん後者でしょう。きっと私が作りたかった花まりは実際に見た花まりで本に載っていた複雑怪奇でメチャクチャ手間のかかるものではなかったのですね。
Kということで できたのがこれです。
6センチ角の千羽鶴用1000枚セットの折り紙で作ったので実際の大きさは直径8センチくらいのものです。
短時間でふたつもできてうれしい。気が短いからコツコツと時間をかけてやることには向いていないようです。なので これははまるかも。

2006年5月12日 (金)

DS取り戻された

忘れていたがDS本体は息子のものだったのだ。
息子が“不思議のダンジョン”ができないからと取り戻して行ってしまった。脳トレは確保してあったが私が仕事をしている間に娘が「脳トレやってたよ」と仕事が終わったとたんに息子が言いつけに来た。とりあえず「言いつけ口はよくないことだ」とは言ったが。。。。。その後ろに娘がいるのを見たら怒れないよね(^_^;)。

さてDS本体は取り戻されてしまったが これからもスキを見ては脳トレをやるつもりでいる娘対策を強硬にするべきか?

なんで試験が終わるまでくらいガマンできないかなあ。

2006年5月11日 (木)

大人の脳トレーニング

娘が今日帰りに寄り道して「ニンテンドーDS大人の脳トレーニング」を買ってきた。ナイショで買ったつもりだったらしいがそうは問屋がおろさない。息子に見られて即座にご注進でバレた。娘は先月の修学旅行の小遣いの残りを小遣いの先渡しでもらっているので今ヤツは小金持ち気分なのだろう。使っちゃうとなくなるのにね~。

「『大人の』とある通り大人がやるものであって子供がやっても成績は上がらない。中間まで3週間切ったのだから持ってきなさい」と言ってDSごと取り上げた。で どうするかというと私がやるのさ(^・^)。試験が終わるまで返してやらないもんね。代わりに試験勉強でギューギュー絞ってやるからね~。

一回やってみた。最高点を20歳とするそうだから15歳がやっても意味ないじゃん と思った。あくまでも『大人の』だからね ホホホ。

2006年5月10日 (水)

説明は難しい

息子がTVを見ていて、よく「・・・ってどういう意味?」と聞く。言葉の意味を説明するのは難しいものだ。今日は「『歴史の表舞台』ってどういうこと?」と聞かれた。『表舞台に立つ』というのは目立たないところにいた人(物)が目立つところに出て有名になるというような意味でね などと説明したが“歴史の”と付くとまた説明が難しくなると思った。

連休の時に「トランプを切って」と言われて意味がわからず「こうやってやるんだよ」とやって見せたら「ああ なんだシャッフルすることを切るって言うんだね」と言った息子である。いろいろな言葉をどういう風に理解しているのか頭の中をのぞいてみたい気がした。英単語で理解していることもかなり多いようだ。これで英語が始まって苦手だだのわからないだの言うなよって思う。

学校ではまだやっていないが国語辞典の引き方を早くに覚えさせてしまおうと考えている。わからないことは自分で調べるクセを早くから身に着けていた方があとあとの勉強に役にたつだろう。なんてリクツを言っているけど説明するのが面倒なだけだったりして(^.^)。

2006年5月 9日 (火)

写生会

今日は娘の中学校の写生会の日だった。毎年新宿御苑で写生会をやる。現地集合現地解散で。1.2年の時は信濃町口だったが3年の今年は千駄ヶ谷口だった。

4月からJRで通っているが 中央線に乗り換えるのには地下鉄の方が便利なので今日だけは電車賃を渡して地下鉄で行かせた。四谷まで一直線で30分。乗り換えてすぐだから山手線を回って秋葉原で乗り換えるか新宿で乗り換えるかしているよりも早くてわかりやすい。

娘はお弁当を自分で作って行くので母の手間はないのだが お天気がもってくれて一回で済んでよかった。通学バッグの他に絵の具箱や画板などの大荷物を持って何回も行くのはたいへんだしお弁当もすごいのだ。育ち盛りですごい大食いで女子だけだから色気もへったくれもないので、よく工事のおじさんが持っている大きな保温ジャーのお弁当を持っていくのであった。こんなに食べ切れるのかと思うくらい詰め込んで行く。なのに帰って来て「今日のお弁当は十分お腹いっぱいになったけどおやつにエビフィレオを食べたい」と買いに行った娘だった。おいおい。。。。。。

2006年5月 8日 (月)

カウンター

突然カウンターの数字が進んでいてビックリされた方もいるかもしれません。
ココログが2月に吹っ飛んでしまって作り直した時にカウンターを貼り付けるまでに日にちがかかってしまって実際のアクセス数とカウンターの数字がずっと食い違ったままだったのでした。音符のカウンターが小さくて読みにくかったので大きいカウンターに替えることにした機会に実際のアクセス数にカウンターの数字をあわせたのです。なのでサバ読んでいるわけではありません。

もうすぐ1000番。1000番を踏んだ方コメントだけでもよろしくお願いします。住所等メール送信してくださったらクッキー送ります。

日本の夏

韓国人の生徒に「日本は何月何日から夏になるんですか?」と聞かれた。はっきり言って困った。それで日本には二十四節季というものがあってその他にも啓蟄とかいろいろあるという話をした。驚いたことに2年も日本にいながらひな祭りも子供の日も門松も知らなかった。当然 立春も立夏も春分の日もあれやこれやも何も知らなかった。梅雨も梅雨入り梅雨明けも知らなかったのには驚いた。中学校は制服があるから6月1日と10月1日の更衣くらいは知っているだろうと思ったが意味を何も知らずにただ制服を替えていただけらしい。韓国にも二十四節季のようなものがあって「今日から夏だから今日はアイスクリームを食べましょう」とかするようだ。それで子供の日の菖蒲湯とか冬至の柚子湯とかの話をした。

先週の土曜日は立夏だったという話もした。「天気予報やニュースの最初とかに必ずそういうのを言うんだけど聞いたことないの?」と聞いたら なんと!「日本のTVはほとんど見ない。PCで韓国のTVを見ている」と言うではないか。それじゃあ何にも知らないはずだね。それで「天気予報を見ているだけでも日本全国のをやるから都道府県名も漢字で見られるし県庁所在地も配置もおぼえられるから一日に1回でいいから天気予報を真剣に見ること」というのを宿題にした。やれやれ。

それにしても異文化コミュニケーションは難しい。
“真の文化人と言えるのは日本のことを外国語で説明できる人”という言葉を思い出してしまった。英語で説明したわけじゃなし、ハングルだってわからないから日本語で説明したわけだが「何月何日から夏(あるいは秋とか冬)?」と聞かれて え~~~っとと考えてしまった。季語ではどうだったかとか夏至や冬至は昼間と夜の時間の関係だし立春から春だっけ?夏至って何月何日だっけ?などと頭の中がチリヂリバラバラになった。やれやれ お粗末さまでした。

2006年5月 7日 (日)

最終日

朝から雨。バタバタと荷造りして11時過ぎに出発。途中宇都宮のジョイフル本田に寄って軽いお昼ご飯を済ませ、ジョイフル2でいろいろ見て(結果的に買ってしまったが)楽しく過ごす。ジャパンミートで食材を調達して夕飯用には“広告の品”のお寿司を買って3時過ぎに出た。5時過ぎ家に到着。道路がすいていて早かった。

ジョイフル2で折り紙の本を見ていたら後ろで女子店員が「お客様ちょっとお話させていただいてよろしいでしょうか」と何回も呼びかけているのが聞こえた。振り向いたらすぐうしろにいた女性に話しかけているのだがその女性は返事もしない。店員が手で合図したら本棚の向こう側にいた男性(店員)が来て合流した。遅ればせながら その時になってやっと『あの女性は万引きしたんだ~』と気がついた。鈍いね どうも。店員が2人がかりで話しかけてもその女性は完全無視。知らん顔してさっさと歩いて行ってしまいそのあとをふたりで追いかけて行った。男性の方は追いかけながら携帯で連絡していた。「へ~~~」だった。絶対に体に手をかけたりしないんだな~。普通万引きって店を出たところを捕まえるって聞いていたけど店内で声をかけたってことはよっぽど悪質だったのか それとも他の売り場(1階とかペットタウンとかジャパンミートとか)で万引きしてからジョイフル2に入ったのか?取ったところをあの女店員が見ていた?それともそれともジョイフルでは有名な常習犯?聞いてみたいことがてんこ盛りになった。あの女性の反応を見たら「何もしていない」とは到底思えなかったが まさか追いかけている店員のあとをまた追いかけるわけにもいかないからね~~。結末は知らない 残念!

2006年5月 6日 (土)

4日目

今朝は6時に目が覚めたので そのまま起き出して洗車してワックスがけをしてしまった。明日は雨だっていうから。拭き取りまで全部終わってもまだ8時半。子供たちを起こして一路マックスバリューへ。マックで少し食べさせてゆっくり買い物をして戻ったのが11時前。早起きすると一日が長い。

夕方近所の別荘の人が遊びに来て子供たちは大学生のお姉さんにトランプのマジックを教えてもらった。息子が花火にお誘いしたらお姉さんが「やりたい」と言ってくれたので10時から花火大会になった。去年買ったきりやってない花火がけっこうたまっていたのだ。大人数でやるとけっこう楽しい。吹上花火をまとめてやって〆。

うす曇りだったけど暖かくて 昼間たくさんお散歩できたし車もピカピカになったし(何ヶ月ぶりだ?)トランプマジックも教えてもらって花火も楽しくて いい一日になった。明日は予報では雨だし早くに帰ろうと思う。

2006年5月 5日 (金)

3日目

今日もちょっと雲は多いけど晴。昨日より暖かかったようだ。

折り紙で”花まり”作りは娘がはまってしまった。組むのが難しかったようで最初に作ったのはグチャグチャになってしまった。うまくいかないのがくやしかったらしくて量産している。さすがに2個目からはきれいに組めるようになった。夜になったら息子もやりたがってけっこう上手に6枚組でサイコロなどを作っている。

夫は近所の別荘のお友達のところで在来工法で小さな家を建てているので屋根かけのお手伝いに行った。7時半過ぎに帰って来て夕飯を食べてから明日は仕事なのでひとりで自宅に帰った。

Blog うちのそばの山桜の大木の写真。
葉と花が一緒に出る。もう散り始めているがほぼ満開。
ソメイヨシノよりも色が薄い。

さて 明日は何をしようか。

2006年5月 4日 (木)

2日目

Blog_001_1 今日の那須は快晴。絶好のお散歩日和で風が気持ちよかった。

昨日の夜は折り紙にいそしんだ。すばらしい作品をたくさん目にする機会があってやってみたくなっていろいろ調べた。先日大型書店と100円ショップに行ったのも作り方の本と折り紙を買うためだったのだ。全部かかえて那須に来た。左側のが最初の作品で右側が2番目の作品。12枚組で作ってみた。作ってみてわかったこと。想像していたのより楽しくない。自分でも意外だった。その理由として
1)思っていたよりも簡単だった
2)飾っておくしか使い道がない
3)同じユニットを何枚も組んでいると内職しているような気分になってばかばかしくなってくる
などがあげられるようだ。

簡単なものを選んだのがまちがいだったのか 根っから性に合わないということか。アジアンノットなどはけっこう楽しめたのだが。物を作るのは何でも好きだと思っていたのだがそうではなかったということだね。

娘の反応「おお!」と言った後で「これは何に使うの?」
息子の反応「トゲトゲボールだ~。キャッチボールしよう」。「壊したらどうなると思ってる?」と聞いたら「なんだ見るだけか」
夫いわく「田舎の食堂によく飾ってあるな こういうの。婆さんがタバコの空き箱でつくったりするやつ」
トホホ。。。。。。うちの家族は実用的でないものには価値を見出さないらしい。でも毎年のクリスマスリースやお正月リースには関心を持つんだけどなあ。
あまりにも簡単なものを作ったせいなのか?もっと手間のかかるすごく難しいものを作れば自分でも満足できるのだろうか?いや たぶん時間を無駄にしたと思ってしまうだろうと思うといまいち気が進まなくなっている。

Blog_002_1 え~~気分なおしに種をつけているカタクリ。

他にもタワラグミと普通のグミは山ほど花をつけているしブルーベリーも花芽がものすごい数ついていて今年も大豊作になりそう。うれしい反面 収穫の大変さを思うと農家の方のご苦労やサクランボが高いわけもわかるってもんだ。

Blog_003_1 昨日の夕飯でおいしいテンプラになってくれたタラノメさんたち。

いつまで経っても携帯写真の撮り方が下手で。。。。練習しなくちゃ。

2006年5月 3日 (水)

1日目

ゆうべ遅くに寝たのにドンドコドコドコうるさくて目が覚める。子供たちが太鼓の達人をやっていたのだ。そんなものまで持って来てたのね。

クロッカスはもう終わり 今は水仙が花盛り。クロッカスも水仙もずいぶん増えた。桜は満開を過ぎて葉桜になりかけているところで木によっては散り始めている。昼間 犬の散歩とタラノメ採り。タラノメは伸びすぎているか地元民に既に採られてしまっているかで、ちょうど食べごろのは少なかったが伸びすぎているのも採って来て夕飯はかき揚げのようにしてテンプラにしていただいた。ワラビはまだおひたしにできるほど出ていないようだ。

夕方から町に下りてマックスバリューで3日分の食材の調達。別荘族や貸し別荘族やらですごく混んでいた。夕飯のしたくは娘に手伝わせた。エビの下ごしらえの仕方を教えた。

夕飯後は子供たちは勉強。お風呂にもゆっくり入れたし極楽極楽。

2006年5月 2日 (火)

おお!満天の星!

昼間はクッキー15袋分焼いた。喫茶店のおばちゃんが4月20日でお店をしめて 最後のクッキー焼きが終わったと思っていたのに喫茶店の常連さんから注文が入ったとかで注文が入ったのだ。これで本当に最後のクッキー焼きかな?夜10時にレッスンが終わってすぐに車に飛び乗り 一路那須を目指した。昼間のうちに荷物を作って積んでおいたのでレッスン終了10分後には走っていた。夫と子供たちと犬は6時過ぎに出て もう着いているはずの時間。ひとり4号線を走る。高速は渋滞しているだろうからと思って4号で来たのだが120キロでブンブン走っている車の多いこと。おかげで1時半には那須に着いた。

東京は一日雨が降ったりやんだりでハッキリしなかったが着いて車から降りたら満天の星!☆!☆!。星座がわからないほどいっぱい見えた。那須だなあ。寒くて家に入ったら薪ストーブが燃えていて暖かくてうれしかった。

頭脳労働のあとですぐ何時間も運転して来たので寝ようと思っても寝られない。アドレナリンが駆け巡っている状態。クールダウンのためにビールを飲みながら本を読む。就寝は3時過ぎになった。

2006年5月 1日 (月)

カブトムシの幼虫

昨日は午後カブトムシの幼虫のお引越しをした。
去年那須で捕ってきたカブトムシを15頭ばかり60センチ水槽に那須の土を入れて飼っていた。秋に死に絶えてしまったが卵を産んでいるかもしれないのでそのままにしてあった。冬にコーカサスオオカブトの幼虫を買ってその水槽に移しておいた。先日も書いた通り、幼虫はコーカサス一匹だったはずの水槽に何匹もの幼虫を発見。知らない間に在来種も孵っていたのだね~。ということで本格的に幼虫の救済に動くことになった。

ペット屋で買ってきた『外国産カブトムシ用栄養マット』もコーカサスを入れた辺りにしか入れてやってないから この際全部出して土を全部栄養豊富なマットに替えてやってついでに幼虫が何匹いるのか見てみようという目論見で。

昔何年も夫がグッピーに凝っていたことがあるので60センチ水槽は3個あるし30センチ水槽なんて8個もある。90センチ水槽だってあるぞ。
60センチ水槽をひとつ掃除して栄養マットを何袋も入れて準備完了。
セメント用の舟を出してその上で幼虫のいる水槽を傾けて新品の割り箸(雑菌が付くと死んじゃうからね)で土をほじくったら いるいる。ウジャウジャいる。この世のものとは思われないほどいる。出てきたのを一匹ずつ数えながら用意した水槽に移した。20匹までは数えたが最後にはわからなくなるほどいた。これがきっとコーカサスだと思われる大~~きなのが最初の方で出たが そのあと出たのもずいぶん大きくて並べて比べてないので どれがコーカサスかわからなかった。

予想外の数の多さに栄養マットの量が足りないように思えて急遽ホームセンターで3袋買い足しさなければならなかった。全部で7袋くらい入れたことになる。出てきた幼虫の写真を3枚ほどお付けしましょう。隣に大きさを比べるためのものを置いている余裕がなかったのでわからないだろうけど丸まっているのを伸ばしたら10センチくらいあるんじゃないかと思う。K_001 K_002 K_003

みんな元気で大きくなるんだよ(^.^)。
全部無事に孵化してしまったらそれはそれですごいことになりそうだ。
門柱に「カブトムシあげます」って貼紙しなきゃならなくなるかな?

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »