« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

そうめん

今年の初そうめん(?)だった。

うちでは子供たちが好きではなかったので そうめんを一度も食べない夏は珍しいことではなかった。ここ何年かは そうめんを食べていない。代わりに蕎麦を食べているかな?しかし 今日の夕飯はそうめんにしてみた。

意外なことに すごく良く食べた。なんで?お昼ごはんに“そうめんだけ”というシチュエーションがイヤだったのだろうか?今日はダシ巻卵にローストビーフサラダ メンチカツにそうめん というメニューだった。先日のお蕎麦の夕飯も好評だったし 今年の夏は夕飯に麺類 がクセになりそうな予感。でも普通のごはんより手間がかかるんだな これが。

2006年6月29日 (木)

熱中症?

不登校(この頃は不登校じゃないけど)の生徒の家庭教師の日だったが 夕方早い時間に電話が入った。
「おかあさんが熱中症になって下の部屋で転がってて勉強できる状態じゃないから今日は断れって」
「エ~~!期末前最後の勉強なのに休むの?勉強するのはおかあさんじゃないんだから2階の部屋で転がってろっておかあさんに言ったら?」と言ったら
「具合が悪い時に下手なこと言うと荒れるから恐ろしくて言えない」と。

子供の試験勉強よりも自分の具合が優先 て親としてどうよ!と思った。
確かに今日は暑かった。
私も朝から出かけて昼から別口で そこからまた電車に乗って出かけて歩いて 確かに暑かった。4時のレッスン目がけてあたふたと帰ってこなければならなくて 何一つ食べている暇もなかった。アイスティーのLサイズにたっぷりダイエットガムシロップ入れて飲んだだけ。暑かったよ!確かに!『熱中症』と言うけど実際は暑さにやられて疲れただけだと思うんだけどな。

まあ 月末は休むことが多いのもいつものことだし驚かないけどね。でも 期末前だぞ!信じられない!

2006年6月28日 (水)

蕎麦

暑いので今日の夕飯は お蕎麦にした。お米も少しだけ炊いた。

仕事帰りに買い物して、帰ってレッスンが始まるまでの1時間でエビを解凍して天ぷらの下ごしらえをして 長いもをすりおろして 大根をすりおろして しょうがをすりおろして フードプロセッサーが大活躍。大葉を千切りにしてネギを切って茗荷を切って なべにお湯を沸かして 天ぷら用の油を用意して衣の用意をして。。。。。

2人レッスンしたあとの30分の空き時間に天ぷら揚げて蕎麦をゆでて水洗いしてざるに盛って 出来上がり。もの足りなかったら お米を食べてちょうだいってなもんで。

ちょっと楽したいな、暑いし お蕎麦だったら楽かも と思った私がバカだった。
だってスーパーで売っている天ぷらって 電子レンジで温め直したらまずそうだし エビ天1匹150円もするし、大き目のブラックタイガーは冷凍ものだと12匹入って798円だったし ネギはうちにあったけど 野菜売り場を歩いたら「とろろもいいかも」「大根おろしもいける」「しょうがはやっぱりチューブより生よね」「季節だから茗荷も。大葉もいいね」ってなってしまったんだもん。かくして「うちにあるネギを刻んで おそばをゆでて買って来た天ぷらで簡単な夕飯」の目論見はついえたのであった。

家族の評判は上々だった。ごはんは丸々残ったので塩むすびにして明日の朝ごはんに食べさせよう。

2006年6月27日 (火)

老人ホーム

レッスンが終わると「ガイアの夜明け」のお時間。今日のテーマはいろいろな老人ホームのことだった。ワタミが給食をやっていたり(和民の社長は郁文館の理事長やってたり 忙しいだろう)34歳のカリスマ介護士が出たり ゴージャスな3億円の特別老人ホーム(!)があったり へ~~な世界だ。

しかし!34歳のカリスマが草津節を歌うとお年寄りがたちまち笑うのを見てww~mであった。あのカリスマが55歳になった時は私は71才。『ふるさと』はともかく『草津節』で手拍子とって笑うのは想像だにできん!私たちの年代でいろいろな民謡を正確に歌える都市生活者ってどれだけいるのだろう と思う。地方ならともかく首都圏では「聞いたことはある」って程度じゃないだろうか?『草津節』よりグループサウンズ(古いね どうも)南こうせつ 井上陽水 オフコースにチューリップ 拓郎 アリス ちょっと古いけどクルセイダーズにコータロー じゃないか?新し目のところで「飛んで飛んで飛んで~~」か?カスタネットやマラカスなんか持たされたらブン投げてやる!ピアノよこせ!ってわめいてやる!

と 息巻いて「年寄りをバカにしやがって!年寄りは全員右へならえで民謡回帰か?」と言っていたら 夫に「ああいうところに行かなければいいんだよ」と言われて「絶対行かない!」と答えた私であった。「平城山」とか「砂山」とかの日本歌曲を生で聴くならいいかもしれないが。。。。。

ああいう所にいるお年寄りは満足しているのだろうか?『ふるさと』を歌って『草津節』で手拍子叩きながら「あ~~オペラ見に行きて~」とか「ベームの新世界聞きて~」とか思っている人はいないのだろうか?常々ギモンに思っている。

まあ 私たちが年寄りになる頃には陽水も 拓郎もチンペイさんも小田和正も財津さんも生きていないかヨイヨイになっているだろうけど サザンは同年代だし その頃の老人ホームはどうなっているんだろうね。

2006年6月26日 (月)

息子の誕生日

今日は息子の9回目の誕生日。事故にも遭わず、難病にもかからず、よくぞここまで生き延びた。褒めてつかわそう。このまま天寿を全うして欲しいものだ。

今日はプレゼントを買いに行っている時間が取れないので土曜日に那須に行く途中でトイザラスに寄ってやったのだが ほしかったオモチャ(ビーダマンのなんとやら)がなかった。「誕生日過ぎちゃっても 今度あったら買ってあげるからね」「うん」だったはずが 武者頑駄無のガンプラの持ってないのを見つけて「これでいい」と。479円だぞ 本当にそれでいいのか?いや ビーダマンのなんとやらだって1000円くらいのものだけどさ。どうも その時に欲しいものを買って貰えばいいらしい。年に一回だから普段絶対買ってもらえないような高いもの なんて頭はないようだ。安上がりな子供。目先のことに右往左往するタイプなんだな きっと。「クリスマスには○○○をサンタさんにもらって~~。」などと もう半年先の予定はあるようだが 半年先までおぼえていられるかな?

ケーキは「シャトレーゼのがいい!」と言っていたが夫と娘にブーイングされて 結局次善の策で不二家になった。
うちは子供たち2人が6月生まれで夫が7月の始めだから 6月7月はバースデイケーキをいっぱい食べられる。夫の誕生日には有名店のかホテルのか 少し張り込んでやろうかと思っている。

2006年6月25日 (日)

那須は寒くて湿っぽい

今日の那須の天気は曇り時々薄日、時々霧雨。
うちの近所では大学生のトライアスロン大会をやっていた。寒い中で泳いで濡れた体で自転車乗って、走って、体力かなり消耗したのではないだろうか?うちの夫も那須にログハウスを建て始めるまでは自転車ロードレースをやっていて毎週のように日本全国レースをやりに行っていたので あのレースの雰囲気は嫌いじゃない。買い物に出て、道路が封鎖されていても許せる。一種 懐かしい雰囲気だ。

窓から入って来る空気が寒い。外で犬と散歩してちょっと動くとすぐ汗をかくくらい湿っぽい。だから長袖では暑いし半袖では寒い。梅雨から秋になるまでの那須は難儀だ。

帰りは途中所々で雨に降られながらで 10時過ぎ到着。また明日から仕事が始まる。がんばろう。

2006年6月24日 (土)

那須は涼しくて

11時過ぎに那須の家に着いた。途中でトイザラスに寄ったり 夕飯を食べたりスーパーで買い物したりしながらだったから遅くなった。

涼しい。本当に久しぶりの那須だ。外が真っ暗。音がしない。う~~ん 那須。
今夜は安眠熟睡できるだろう。

2006年6月23日 (金)

日本の夏

高温多湿が日本の夏。まだ高温ではないが多湿ではある。だんだん日本の夏に近づいて来ましたな~。で 今日もエアコンが がんばってくれている。

家庭教師に行っている韓国人家庭のカテキョ用ルームにはエアコンがない。ドアを開けておけば隣の台所の換気扇が回っているので多少は涼しい。しかし 開けておくと家族が通るたびに閉められてしまうのだ。最後の30分はあきらめて閉めっぱなしにしておいたらガマン大会のようになってしまった。窓を開けたくても網戸が付いていないので虫がブンブン入ってくるから開けられないのだ。この先 どうなるのか 考えたくもないぞ。

2006年6月22日 (木)

エアコンのシーズン

今年は今まで あまりエアコンを使っていなかった。レッスンの間だけ と言っていいくらい。しかし今日はレッスンが終わってもエアコンをかけている。2階もエアコンをさっきかけた。窓を閉めると蒸し暑くて寝ていられないらしい。エアコンを使うようになったが 除湿だけで充分な気温だ。

今エアコンを切って窓を開けてみたが気温は低いが雨が降っていて湿度が高い。また何年か前のように冷夏で不作になってお米が買えなくなるのだろうか?ちょっと心配である。

2006年6月21日 (水)

癌!

て 言っても私がじゃない。驚かしてしまったかも ごめんなさい。

息子の同級生の母が癌で手術するので今日から入院したのだそうだ。帰りがいつもより20分以上遅かったので残されたのかと思ったら 帰りの会で その話が出て遅くなったのだということだ。

「先生がクラス全員にそんなこと言っていいのか!」と 思ったら違っていた。
本人が非日常の世界に入り込んでハイになってしまっていたらしく、帰りの会の時に突然「ガン!ガン!ガン!ガン!」と叫び始めてペラペラと話して止まらなくなってしまったらしい。「今日は夜 病院で夕飯を食べるんだ!」ということまで知ってしまった。いいのか それで?肝心の癌が何癌なのか とか死にそうなのか そうでないのか がスッパリ抜け落ちているから いいのか?

担任は その子がしゃべっている間 ずっと黙っていて 終わった時に「おうちに帰ったら『みんなにぼくが しゃべった』ってちゃんと言えるかな?」と言ったそうだが 絶対 それは良くないと思う。

2006年6月20日 (火)

バルトの楽園

午前中の仕事が休みだったので「バルトの楽園」を朝いちで見てきた。先日子供たちがクレヨンしんちゃんを見た時のアクシデントでゲットした招待券で入ったから無料。

映画は やはり大画面の劇場公開を見るのがいいね。
ナレーターが妙にふやけた声だと思ったら林家正蔵(元こぶちゃん)だった。ダメだよ~戦闘シーンにはつきづきしくない。
坂東英二が別の収容所長役で出ていたが やはり元野球選手であって俳優ではないな。徒歩で収容所を移動するシーンで満開の桜の土手を歩く、美しい映像があったが土手下に菜の花も満開で「これってロケ地は幸手(埼玉県です)の権現堤?」などと思った。いや 菜の花と桜が一緒に咲いて美しいと評判の名所なんだけど行ったことはないからわからないが。ロケ協力に出ていなかったし。名曲が至るところで鳴るのだが「絶対にこの編成じゃ この音出ないぞ」ばっかりだった。ラストの第九なんか 音源はカラヤン指揮のベルリンフィルだもん。「あの編成 あの楽器でこの音は絶対に出ないよなあ」と思いながら見た。が すごく感動は した。混声を男声に編曲しなおした合唱もスッキリしていて良かった。ただしソリスト4人の声は誰のものか不明。どこにも出ていなかった。
とても感心してしまったのは松平健の副官役をやっている國村隼(今日まで顔は知っていたが名前は知らなかった ごめんなさい)が同時通訳をする場面で 最初「これは吹き替えだ」と思ったほどドイツ語がうまかったこと。ネイティブが吹き替えているのだと思ったが 特訓の成果だったらしい。実在の高木大尉が語学の天才で特にドイツ語はネイティブに近いくらいに操れた人物だから ということで役作りをしたそうだ。脱帽。

久しぶりにドイツ語を聞いて 単語が聞き取れたり常套句的言い回しが出てきたり そっちの方面でも楽しかった。棟ごとにきれいなカリグラフィー体でバラッケなどと書いてあるのも楽しめた。基本的に昔の素朴な日本人しか出てこない映画だから 安心して楽しめたのだろう。

あと一枚 6月末まで有効の招待券があるのだが 見たい「パイレーツ オブ カリビアン」は7/15公開だから使えなくて悲しい。Death Noteでも見ようか。

「Always 3丁目の夕日」のDVDを 今日やっと借りられた。でも今日は劇場で映画見て来ちゃったから あんまり見たくないな。

2006年6月19日 (月)

コーカサスヨーグルト

生徒の母から「コーカサスヨーグルト」をいただいた。梅ジュースのお返し(^.^)。
牛乳パックの口に固く輪ゴムが留めてあった。新しい牛乳パックを開けた時に200ccくらい減らして→そこにいただいたヨーグルトを入れて→口を固く押さえて上下左右に良く振って混ぜて→常温24時間で出来上がり だそうだ。

甘くないのでハチミツなどを混ぜて飲んでいらっしゃるそうだ。
息子にガムシロップを混ぜて飲ませてみたら「おいしい おいしい」と一気飲みしてしまったので あわてて「全部飲んじゃったら次のヨーグルトが作れないんだから残しておいてね」と言い聞かせなければならなかった。

カスピ海ヨーグルトみたいにトロトロじゃなくて 少しツブツブが残っているタイプだけど本当においしい。バナナと一緒にミキサーにかけてもいいんじゃないかな?”老化防止”の効能があるそうなので 切らさないように作り続け 飲み続けなければならないか?お肌には良さそうだね。

そういえば大昔に流行った「紅茶キノコ」って 今はどうしているのだろう?
うちの実家では そういうのは やらなかったから味を知らないままなのが心残りだなあ。

2006年6月18日 (日)

クロアチア

立教大学グリークラブフェスティバル なるものに行ってきた。現役学生とOB OGの合唱グループの合同発表会みたいなものですな。楽しんで来た。会社の重役みたいな顔したおじさま(おじいさま?)がずらりと並んでいるさまは壮観だった。右手を開いて肩からグルングルン回して まるで壁塗りをしているような指揮者にも笑えた。肩がはずれるんじゃないかと心配になるくらい よく回していた。あれだけ回していれば右肩の肩こりの心配はないだろうと思う。どの人の声が一番出ているかがわかってしまうあたりがご愛嬌だったかな?

14日にクロアチア スロベニアその他のツアーから帰って来た友人からクロアチア土産をいただいた。奇しくも今日はW杯クロアチア戦。まだ結果は出ていないが前半押されてましたな。勝ち点3は厳しそう。

二日続けてほとんど外出していて家にいなかったので ちょっと調子が狂っている。でも 今日は出かける前にバルサンを焚いて出られたので良かった。梅雨時には1回はバルサンしておきたいからね。

2006年6月17日 (土)

疲れた。。。。。

無事に娘の体育祭は開催されて 朝から運動会見物に行き 帰って来てちょっと休憩して7時から息子のクラスの母の飲み会。終わってみたら11時。雨がザンザン降っている中をびしょぬれになりながら自転車で酔っ払い運転して帰って来た。

夫と子供たちは今日は外食してもらった。
今日は作ってる余裕はなかった。

明日は夫と子供たちは第24回次世代ワールドホビーフェアで幕張メッセに行ってもらい、私は午後2時からの立教大学グリークラブフェスティバルに行く。

なんだか明日の夜になったらガックリ疲れが出そうだ。

2006年6月16日 (金)

明日は運動会

なので 娘は今日もお弁当作りに励んだ。
今回のメニューはおいなりさん 卵焼き チンジャオロースー(夕飯の残り) チキンナゲット(買って来たもの)らしい。

明日は中止の場合 朝5:30から緊急連絡網を回す とのこと。
今のところ空は晴れてきているし 大丈夫だとは思うが。
こういう時 私立だと通学範囲が広いからめんどうなのね。千葉は晴れていても東京は雨かもしれないし。

晴れるといいな。

2006年6月15日 (木)

眉村卓は

娘の気に入ったらしい。「おかあさん!眉村卓先生の小説ってすごい!」と言いに来た。作家に“先生”がついてしまったり(これはマンガ雑誌の流儀ですな)“小説”ではあるがジュブナイルだし、と言いたいのをグッとがまんして「よろしゅうございましたね。気に入っていただけて何よりでございますよ」などと言ってみた(-^〇^-) ハハハハ。

「SFってお母さんが中学生の頃 そんなにはやっていたの?」と言うので「星新一のショートショートとかすごくいっぱいSFを書く人がいた。SF作家がみんな30代とか若かったからね。」という話になり「何で今はSFがブームじゃないの?」と言われてwww~~~m。「科学が急激に進歩してしまって携帯なんか今じゃ普通に小学生が持っているけど 昔はドラえもんの道具みたいに『あったらいいな』っていうものが多かったからでしょ」ということにしておいた。でも考えたら まだタイムマシンもどこでもドアもないわけだし、宇宙人ものとかSFのカテゴリーで言ったら まだまだ書く余地は残ってはいるのだが(いや 私は書けないけど)。『アミ小さな宇宙人』とか探せばあるのだけど一時期のようにSFコーナーができるほどはないようだ。

以前GEOの安売りで300円で買ってきた「時空の旅人」のアニメがうちにはあるので(キャラが萩尾望都、「11人いる!」はフィルムが切れていて返品 残念!)「あれも原作も眉村卓(先生?)なのよ」と教えてやったら「へえ~~」とうれしそうな顔をしていた。「時空の旅人」も買ってやろうかな?

HIMEZIONのしおんさんみたいにヤングアダルトに与えるに値するような質の高い作品を買ってやった方がいいとは思うのだが、自分の嗜好がそっち方面なのだからしょうがないね。自分が中学生の時に読んでいたもの と言っても安吾や太宰は まだどうかな?って思う。

2006年6月14日 (水)

中学生

娘の中学校で4時間目が緊急学級会になって紛糾したそうだ。

女子だけの学校なのでかなり遠慮なくひとりの子だけ糾弾されたらしい。
もう何日か前から その子とその子の班の人たちが険悪になっていてクラス長さんたちが先生に「この頃クラスの雰囲気が悪くなっているみたいだから」と学級会の開催を担任にお願いしたのだそうだ。

しかし結果的には「どうしたらいいか」という所まで行かなかったようだ。糾弾された子は最初から泣きそうだったのが 最後には大声で「全部私が悪いんでしょ!」と泣き叫ぶ事態に陥ったらしい。お弁当も食べずに5時間目が始まるまでずっとトイレで泣いていたのだそうだ。

途中で担任にクラス長が意見を聞いたのだが「みなさんの考えの方が大事だから」と言って事態の収拾には動かなかったのだそうだ。なんだかなあ。ひとりひとりの言いたいことの論点を整理して収拾するわけにはいかなかったのだろうか?

みんなから集中砲火を受けまくって泣きやめられなかった生徒は 後でフォロー入れてもらえてるのだろうか?娘は「援護に回ると今度は私がターゲットになったらいやだから黙っていた」と言う。まあ ターゲットにされても受けて立って返り討ちに出来るほど強い子ではないから それも世渡りの方法のひとつではあるが。。。。。。ちょっと情けないぞ。。。。。何日か前からのいざこざの話も聞いているが元はといえば追求している側の生徒たちが掃除をさぼってやり直しをさせられたことが、泣いた生徒の告げ口のせいである、と思われたことにあるらしい。私が担任だったら そんないきさつで一人を責める子供たちに「恥を知れ!他人をどうこう言えるような立場か!」の一言で終わらせるんだけどなあ。

2006年6月13日 (火)

鬼太郎のお靴

というのは下駄のことだ。息子が幼稚園に入ったころも下駄が欲しくて「鬼太郎のはいているお靴買って頂戴」と言っていたのを思い出してしまった。3,4歳の頃って面白いことをいっぱい言う時期だったなあ と改めて笑ってしまった。

というのも今日も息子は学校から帰って遊びに行くのに夫が作った下駄を履いて行ったのだ。「下駄で自転車って危ないくないかい?」と言って止めたのだが「大丈夫~~」と行ってしまった。夕方にも下駄を履いてお買い物に行きたくて「何かお買い物のお手伝いない?」とうるさい。娘が明日はお弁当なので娘と一緒にお弁当のおかずを買いに行かせた。喜び勇んでカコカコと出かけて行った。

レッスンしていて9時過ぎたらいい匂いが。。。。娘がお弁当の用意をしていたのだ(^。^)。10時過ぎにレッスン終わって見てみたら 今回のメニューは卵焼き ジャーマンステーキ ほうれん草のおひたし きゅうりと中華クラゲのサラダ(これは夕飯のお残り) おにぎり らしい。うんうん だいぶ上手になってきたようだね。2年前は塩が足りなくて味のないおにぎりや砂糖が足りなくて味のない卵焼きを作っていたけど 今回はどうかな?海苔も別のポリ袋に入れて持って行くらしいしデザートにパイナップルまで買ってきていた。だんだん芸が細かくなっているようだ。息子が「余った卵焼き食べていい?」「余ったおにぎり食べていい?」と言いながら2階までお姉ちゃんを追いかけて行った。

梅ジュースも出来上がったようなので 密閉ビンにジュースだけ移して冷蔵庫にしまわなければ。なんだか とても平和に夜が更けていく。

2006年6月12日 (月)

日本は涼しいのに

涼しいせいでプールにも入れない日が続いているのに ドイツは暑いらしい。

仕事が終わって 9:30過ぎからゆっくりお風呂に入って「カンブリア宮殿」を見ていたら夫が「1は見ないの?」と言うので思い出した。「そうだ!今日はワールドカップ初戦のオーストラリア戦だったんだ」。

それで10:30過ぎてからNHKに変えた。1点差でリードしている。世界ランキングで格下の相手なのだから ここはぜひ勝って欲しいものだ。
サッカーにも野球にも確たる思い入れはない。オリンピックでもそれは同じ。
追っかけをする人たちの思考回路は全く理解不能。だけど世界に出て戦っている日本人は無条件で応援することにしている。右翼?

サッカーや野球の世界大会はオリンピックよりマシかも と思う。少なくとも勝ちにいってるから。オリンピックの水泳選手のように「楽しんで来ます」と言われてしまったら応援のしようがない。あれを聞くたびに「若いなあ」と思う。せめて「楽しんで来ます」の前に『全力を挙げて』が付いていれば応援のしようもあるのに と思う。誰か教えてやる人はいないのだろうか。

夫が今「あとでサッカーの結果教えてね」と言って寝に行ってしまった。ということは決着が着くまで見ていなければならない ということだ。が しまった!缶ビールがあと1本しかない!着替えて隣のコンビニまで買いに行くのもなんだかなあ。チビチビやるしかないか。

2006年6月11日 (日)

筒井康隆

今日は娘に新しい携帯を買ってやった。外側はピンクメタで開けるとボタンの所の字がストロベリーピンクに光るかわいいのだ。ポイントを使ったので領収書は¥0-のをもらった。

昨日 文庫になった「クライマーズ ハイ」を買う時に ついでに娘に筒井の「時をかける少女」を買ってやった。今夏アニメ映画になるようだ。この間から「富豪刑事」「家族八景」「時をかける少女」と連続で筒井を買ってやったが どうも娘は筒井のブラックなところが好きではない様子。私は一時期夢中になったのだが。

同じく夢中になった作家に眉村卓がいる。中学生の時は太宰、安吾、北杜夫、横溝などと並んですごいSF作家がたくさんいたものだ と今になって思う。小松御大もいたし キラ星のように次々に現れたのをむさぼるように読んだものだ。
「ねらわれた学園」「なぞの転校生」「まぼろしのペンフレンド」・・・・・なんてそそられる題名だろう。普通の文庫では見なくなっているので 今日はAmazonで検索してみた。講談社青い鳥文庫というので復刻しているようだ。筒井でだめなら次は眉村卓を与えてみよう。面白いと思うかな?新潮新書でも眉村卓が癌の奥さんのために5年間毎日1編ずつ書いたショートショートについての本が出ているから それも一緒に買おうと思う。

しかし。。。。。筒井はだめだったか。。。。。。

2006年6月10日 (土)

下駄と携帯電話

夫が息子に作ってやった下駄にめでたく鼻緒が付いた。
今日 受け取りに行って来た。店先に1050円の下駄がいっぱい並んでいるのに鼻緒のすげ代は1500円だった。

すごく喜んで「ぼくは学校にも これを履いて行きたい」などと言う。ダメダメ。遊びに行く時だけにしなさいね。

帰りに下駄屋の2.3軒先にあった携帯ショップを覗いたら娘が「これがいいと思って目をつけていたの」とピンクの薄型携帯を指す。見たら機種変更で800円。13ヶ月以上の条件付だが小学校6年の1月に替えてからずっと同じのを使っているから丸2年以上になる。そろそろ電池パックもへたって来る時期だし替えてやろうということになった。今日は携帯を持っていかなかったので また明日行くことになった。今は充電器は別売りで各機種共通になっているからそれが900円だそうだ。いろいろ変わっているのだね。友達に「ずいぶん古いね」とか「私が前使っていたのと同じだ」とか言われていたようで 替えてもらえることになって喜んでいる。先日 誕生日プレゼントにライトボックスを買ってやったばかりなのに いいのかな~。まあ 年中失くしたり壊したりしているわけじゃなし いいことにしよう。

2006年6月 9日 (金)

練習

夕方のレッスンで4年生の女の子が大泣きした。全く一回も練習しないで(ピアノにさわらなかったってこと)レッスンに来たので 先週新しい曲になって両手で弾けるようにして帰したのに今日は初見同然だったのだ。

弾き始めて 止まり止り必死で読みながら弾いているし すぐそんなことはわかったのだが2段目に移ったところで泣き出した。泣きながら少し弾いたが じきに大泣きになって15分泣いていた。泣き止みそうになったところで「弾ける?」と聞いたら頷いたので片手ずつ音を読みながら弾かせた。それから部分的に弾きにくいところだけ(難しいわけではない)両手で何度か弾かせて「難しくないでしょ?」と聞いたら ちょっと笑いながら頷いたので もうOK。他の部分も両手で何度か弾かせて「来週は少しがんばれれば弾けるね」と言ったら「はい」と返事できたので帰らせた。やれやれ。

泣き止まないうちに帰すわけにはいかないし(ご近所の評判が・・・・・)少しやればできると思い込ませて帰さないと苦手感を持たせてしまって練習しなくなって悪循環に陥るし。。。。。。町のピアノ教師は苦労してます。

私は3歳の時から大学教授にレッスン受けていたから そういう機嫌のとり方をしてもらったおぼえが全く皆無。どんなに練習して行っても(毎日4.5時間)ほめられた経験も皆無。叩かれて手が真っ赤に腫れ上がり、泣けばそのまま放り出されて泣きながら電車に乗って帰って来た。4年生の頃など何をどう弾けばいいのかわからないまま練習していたような気がする。求めるところが違うと言ってしまえばそれまでなのだが 弾けなきゃ楽しくないし弾けるようになることでしか達成感を味わえないし そのためには練習は不可欠なのだなあ。体で覚えなければならないことって どうしたってあるし。ゴールが見えない練習なのだけれどね。スポーツに似ているところがあるけどタイムで見えるものじゃないし。

まあ今日の生徒も来週にはきっと弾けるようになって来るだろう ということで一件落着 になるかな?

2006年6月 8日 (木)

涼しいので

息子の小学校はプール開きしただけで それ以後プールの日でも入れない日が続いている。去年だかおととしだかもほとんど入れなかった。代わりに夏休みのプールが多くなってプール検定も夏休み中にやったのだが 夏休みは寝たいだけ寝る子供なので朝8:30からのプールなんて逆立ちしたって行けないのだ。いや 逆立ちしたらもっと行けないだろうけど。

で 今日も入れなかった。涼しくて過ごしやすいのはいいけど ちょっとかわいそうかな?

今日は朝 ニュースでJRが運転停止になっていることを知った。娘が出る直前だったので呼び止めてお金を持たせて地下鉄で行かせた。こういう時の電車賃て なんか駅に言えば定期が一日長く使えたりしたんじゃなかったっけ?もう昔のことでよく覚えていない。あとで駅に問い合わせてみよう。地下鉄って高いんだもん。

また雨が降っている。いよいよ梅雨入りらしい。梅雨入り宣言が出たら韓国人の生徒に教えてやらねば。

2006年6月 7日 (水)

久しぶりのアキバ

今日は夕方からのレッスンしかなかったので久しぶりにお出かけできた。

朝8:30に出て まずカッパ橋へ。買うものだけ買って駐車時間5分以内で出る。
そのまま秋葉原に直行。9:30開店とほぼ同時にヨドバシアキバに入る。
トラックボールとDVD-Rとライトボックスを買って駐車券を2時間無料にしてもらい、ゆっくりモーニングを楽しむ。子供たちがいないって な~~んてくつろげるんざましょ。満足満足。それから帰りに赤羽のダイエーに寄ってセービング商品を買って帰宅。それでも1時前。夕飯作ったあとレッスンまでの間 昼寝までできてしまった。カッパ橋の店は9時から開いているし おかげさまで午前中の時間を有効に使えた。夜中中開いているスーパーも便利だけど朝早いのも有効だね。

ライトボックスは娘の誕生日プレゼントなのだ。目が悪くなるといけないのでインバータのを買った。予定よりサイズは小さくなってキャビネ程度だけど電池で使えるし薄型で持ち運び用のソフトケースも付いている。最初に欲しがったのはA4サイズだったので 小さいから文句言うかと思ったら予想以上に喜んでくれた。何に使うかというとネガ調べ ではなくてイラストを写し描きしたいだけなのだ。

今日は能率的に一日を過ごせて その割にゆったりできたし大満足だった。

2006年6月 6日 (火)

メーラーがおかしくなって・・・・

昨日からメーラーがメールサーバにつながらなくなった。

で今日 とりあえずOEにアカウント設定してメールを落としてアドレス帳もLDIFでエクスポートしてインポートしたりした。そしたら文字化けしちゃって。。。。。
メーラーをインストールし直すかアカウント設定をし直すか、どうもLiveUpdateしたらNortonに引っかかっているみたいだなあ、とここまで書いてひらめいてNortonのファイアウォール設定を確認したら 何と!『すべて遮断』になっているではないか!『自動』に直してメーラーを起動させたら すんなりつながった。。。

やっぱり おかしくなったら足元から順番に確認していかなきゃダメじゃないか~   
バキ!!( -_-)=○☆( >_<)アウ!カンニンして~。ということで一件落着であった。空騒ぎしてしまったぞ (ё_ё)めっ!!

2006年6月 5日 (月)

キムチ

夫はキムチが好きだ。私は辛いものはカレーとピザのタバスコ以外キライだ。

今日家庭教師先の韓国人家庭の母が帰り際に「先生は韓国のお料理好きですか?」と言うので「キライ」なんて言えないよね~~。「好きです」と言ったら「それじゃキムチを漬けたから持って行ってください」と(半分は子供の通訳で)言うではないか。大きなタッパーから小さな(と言ってもけっこう大きい)のに株を二つも移してくれて漬け汁もおたまですくって上からかけてくれた。ずっしりと重いのをいただいて来た。二株も分けてもらったら自宅の分がなくなってしまうではないか、と言ったらまだ その大きなタッパーが他に5箱もあるのだそうなので心配ないのだそうだ。

帰ったら早速夫がお味見。タッパーを返さなければならないから明日にでも入れ物を探してキムチを刻んで移そう。

2006年6月 4日 (日)

ハチに刺されて

夕方 近所に遊びに行っていた息子が大量の子供たちと帰って来た。何事かと思ったら「頭をハチに刺された~」と泣いているではないか。よく話を聞いたら「5年生が大きなミツバチの巣に石を投げて遊んでいて怒ったハチが襲ってきたので息子の方に逃げて来て何もやっていない息子が刺された」ということだったらしい。原因を作った5年生の子も来ていて一生懸命謝っていた。

頭だから痛いしショックやアレルギーの心配もあったので すぐに救急病院に電話して連れて行った。刺された場所がなかなか発見できず、あやうく丸坊主にされるところだったが看護婦さんの努力のおかげで刺さっていたハリを発見して抜いて消毒してもらえた。絆創膏は貼れないので それで終わり。帰って来たら6時過ぎていた。2時間くらい経ったら痛みもなくなったようだが今でもまだ時々「ピリっとする」そうだ。

今日は朝から夏の花を買って来て植え替えも済んだし家中に掃除機もかけられたし急に入ったPCの生徒さんのレッスンもやったし、アタフタしないでいろいろできてよかったと思っていたのに。。。。夕方からアキバに行く予定だったのが代わりに病院に行くはめになって終わりがよくなかった。

2006年6月 3日 (土)

パーマ

めちゃ忙しい土曜日だった。朝8時半から水道管の漏水で工事の人が見に来て10時からピアノのレッスン。11時から立て続けに2人PCのレッスン。終わったのが4時。4時半から予約していた美容院に行ってパーマをかけて6時に帰って来た。朝も昼も食べているヒマがなくておなかがすいた。

パーマをかけるのは何年ぶりだろうか?髪を伸ばしたくて ストレートのままだとまとまりがつかなくて単なる“かまわないおばさん”になってしまうのでかけに行ったのだが「このままだと格好がつかない」とのことで半分くらいに切られてパーマをかけられてしまった。帰ったら娘曰く「それっておばさんパーマ?」<<o(>-<)o>> ムカー!こんなはずじゃなかったのだけど。。。。。。

夫と一緒に那須に行ってればよかったかなあo( _ _ )o 。
思いついて顔文字辞書をDLしてしまったので顔文字が多用されている。読みにくかったらごめんなさい。

2006年6月 2日 (金)

梅雨間近?

蒸し暑い。だんだん空気に湿り気が混じってきたようで梅雨が近いのを実感。

4月5月も雨が多かったけど こんなにジメジメしてはいなかった。
いよいよパンジーもビオラも終わりになってきたので 夏用の花に植え替えなければならない。いつもの年だと4月中にやることなんだが今年はゴチャゴチャしていて気持ちに余裕がなくてやってられなかった。一部のものだけサフィニアやなんかに替えてはいるのだが。アジサイの「墨田の花火」も咲き始めてしまったしカンパネラやベルフラワーも終わりだし今週末は那須の予定だったが予定変更。ガーデニングと家事雑用の溜まったのを片付けなくては。次回の那須はもうジメジメしているだろうなあ(;´д` ) トホホ。

2006年6月 1日 (木)

プール開き

息子の小学校は今日がプール開き。娘の中学校にはプールがないのでうらやましがっている。

今日はうちでも初エアコンの日だった。今まで暑くてもレッスンの合間に窓を開けると涼しくなるのでガマンしていた。しかし エアコンを付けたら寒い。生徒は暑い屋外から入って来てほどよく冷えた頃帰るからいいが ずっとそこにいる私はたまらない。若い頃は冷蔵庫のような室内にいても全然平気だったのだが やはりそこはかとなく年はとっているようだ。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »