« 中学生 | トップページ | 明日は運動会 »

2006年6月15日 (木)

眉村卓は

娘の気に入ったらしい。「おかあさん!眉村卓先生の小説ってすごい!」と言いに来た。作家に“先生”がついてしまったり(これはマンガ雑誌の流儀ですな)“小説”ではあるがジュブナイルだし、と言いたいのをグッとがまんして「よろしゅうございましたね。気に入っていただけて何よりでございますよ」などと言ってみた(-^〇^-) ハハハハ。

「SFってお母さんが中学生の頃 そんなにはやっていたの?」と言うので「星新一のショートショートとかすごくいっぱいSFを書く人がいた。SF作家がみんな30代とか若かったからね。」という話になり「何で今はSFがブームじゃないの?」と言われてwww~~~m。「科学が急激に進歩してしまって携帯なんか今じゃ普通に小学生が持っているけど 昔はドラえもんの道具みたいに『あったらいいな』っていうものが多かったからでしょ」ということにしておいた。でも考えたら まだタイムマシンもどこでもドアもないわけだし、宇宙人ものとかSFのカテゴリーで言ったら まだまだ書く余地は残ってはいるのだが(いや 私は書けないけど)。『アミ小さな宇宙人』とか探せばあるのだけど一時期のようにSFコーナーができるほどはないようだ。

以前GEOの安売りで300円で買ってきた「時空の旅人」のアニメがうちにはあるので(キャラが萩尾望都、「11人いる!」はフィルムが切れていて返品 残念!)「あれも原作も眉村卓(先生?)なのよ」と教えてやったら「へえ~~」とうれしそうな顔をしていた。「時空の旅人」も買ってやろうかな?

HIMEZIONのしおんさんみたいにヤングアダルトに与えるに値するような質の高い作品を買ってやった方がいいとは思うのだが、自分の嗜好がそっち方面なのだからしょうがないね。自分が中学生の時に読んでいたもの と言っても安吾や太宰は まだどうかな?って思う。

« 中学生 | トップページ | 明日は運動会 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

しおんさん コメントありがとうございます。いや~質の高い作品よりエンタテインメント方面に行ってしまうのは どうかな?と思うのですよ。思っちゃいるけど。。。。。。思いついてクオレなどを探してみたら 絶版で今現在出版されているものがない!などということもあったのですけどね。自分でも眉村卓の学園物を読み直してみて「学校って基本的には40年前と変ってないんだな~」と思いました。そりゃ週休2日になったりはしているけど。
いまどきのティーンエイジャーには乙一 でしょうか?恩田陸だとちょっと哲学的な命題とかノスタルジックなところとかが現役ティーンにはわからないかも。それにしても十二国記の続きが待ち遠しいです。

こんばんは。気がついたら、Macでも書き込めるようになっていました。
私だって、教育的な本ばっかり買ってるわけじゃありませんよ。それに、長男は私が「これ、おもしろいよ。」と声をかけた本はたいがい読んでくれましたが、自分では電撃文庫なんかをバカ買いしたりしてます。
「タイム・トラベラー」や「まぼろしのペンフレンド」、まさに青春って感じですねえ。星新一も、初めて読んだときは、目からうろこっていう感じでしたものね。
現代のティーンエイジャーにとって、どんな本がこういう感じなんでしょう。「七番目の小夜子」とか?やっぱり、電撃文庫?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55371/2234415

この記事へのトラックバック一覧です: 眉村卓は:

« 中学生 | トップページ | 明日は運動会 »