« 豪華版 | トップページ | うさぎ! »

2006年10月27日 (金)

日本語の壁

2年半前に日本に来たばかりの韓国人中学生にとって 日本語の壁は厚いようだ。日常会話には不自由しなくても 漢字は難物らしい。あさって彼は日本語文章能力検定試験を受ける。

平日5日のうち4日塾に通い 残りの1日は私が家庭教師に行っている。部活もやっていて、強いサッカー部だから今回の中間(なんと10/13と早い上に1日で5教科!)前日まで新人戦に勝ち残っていたので試験勉強なんか本当の一夜漬けだった。毎日何時間も「教わり」には行っているけど「勉強」はしていない。

問題は親子ともども「教わればできるようになる」と思い違いをしていること。部活から帰ってすぐに塾に行き、10時過ぎに帰って来て疲れ果てて寝る。これでは自分でおぼえなければならない漢字や英単語を学習するヒマがない。だから今回の中間の国語は漢字プリントから40点分出たのに2点しか取れなかった。文検の問題集をやらせても漢字が読めなくて意味もわからなくて「これ何ですか?」と聞きまくる。中間前にもプリントの漢字を(書きの方)「漢字書いてください」と当然のように言うので「自分で調べなさい。調べて書かないと頭に入らない」と言ったら「時間がかかる。授業でも先生が黒板に書いて教えてくれる。なんで教えてくれないんですか」と言ったのだ。頭に来て「教えてやれば全部できるんなら教えてやる。教えてやれば漢字は全部点取ってくるのね」と言ったら「それじゃいいですよ」と言われて また腹が立った。

親には以前から「自分で勉強する習慣をつけないと塾に毎日行かせても家庭教師をつけても意味がない。自学自習の時間がなくなるだけ かえって良くない」と言っていた。しか~~~し!今日行ったら「あの塾に行かせてても成績が上がらないからやめさせて別の塾に行かせる」と言うのだよ。完全にわかってない。

常々「韓国の受験は日本よりもすごい」と言っている家族だが、今のあなたよりは日本の中学生は“自分で勉強”していると思うよ。よその国の言葉で勉強しなければならないつらさはわかるけどさ。問題は『日本語の壁』だけではないと思う。

« 豪華版 | トップページ | うさぎ! »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55371/3976713

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の壁:

« 豪華版 | トップページ | うさぎ! »