« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

20年間無戸籍って・・・

もろに映画「誰も知らない」の世界だ。

鳩ヶ谷市で20年間無戸籍で学校にも行ったことのない男性が少女に悪さして捕まった。

「学校に行かせるお金がなかったから」という理由で病院にも行かずに産んで出生届もしていなかったそうだ。6畳3畳の二間の借家に両親と32歳の娘(これは学校に行った)と20歳の息子の4人暮らしで収入は母親のパート収入だけだったとか。父親と32歳の娘は何していたのだろうか?男性が捕まった去年の11月まで、生活保護も受けていなかったという。20歳男性はほとんど家から出ないでいたそうだ。

浅はかだと思う。出生届を出さなかったために 当然受け取れる児童手当などももらえていなかったわけで 生活保護申請をして通れば(たぶん通るだろう)学校の費用などは全額支給されるはずだ。

「誰も知らない」(巣鴨子供置き去り事件ね)の子供たちが全員 無戸籍だったのにも驚いたが他にも そういう子供は きっといるんだろうと思う。そういう子供たち(家の中に隠されていて世間に見せたことのない子供)をあぶり出すには どういう手を使えば有効なのだろうと考えてしまった。

2007年1月30日 (火)

ダラダラ

今日は午後3時までの仕事が休みだった。

Vistaの発売日だし アキバに遊びに行こうと思っていたのだが、寝巻きのまま子供たちを学校に出し、寝巻きのままワイドショーを見ていたら あっという間に10時過ぎていた。

急いで不動産屋に行き、駐車場の更新手続きをして来月分を払い、本屋に行ってVista特集号の中から1冊選んで帰ったら12時。

パン屋で買ってきたパンを食べながらVistaのお勉強をしていたら あっという間に3時になり、息子が帰って来てしまった。なんだかなあ。

夕飯のしたくをして5時から仕事。終わったら9時過ぎ。貴重な休日をダラダラと過ごしてしまった。失敗。。。。。

2007年1月29日 (月)

ユンケル

今日の韓国人家庭のお土産はユンケルA。

以前に息子がセブンイレブンでクジに当たってもらってきたユンケルD2 というのも まだ冷蔵庫に入っている。

風邪ひいたら飲もうと思っている

2007年1月28日 (日)

暖冬

さっき 那須から帰って来た。

今日の那須は暖かかった のひとこと。

霜柱も立たず、外水道のバケツの水も凍らず、以前に霜柱で持ち上げられた地面が乾いてパフパフしている。何よりコートを着ずに外に出ても かなり長時間平気でいられる。9度くらいあった。

雪は去年の11月に何回か降ったきり。本当に暖冬なんだな、と思う。

2月に入って雪は降るだろうか?こんなに雪が降らないとワンワンと降り続く雪が懐かしいような気になる。

2007年1月27日 (土)

丸投げされても。。。

午前中ピアノのレッスン、午後HPの試作版を見てもらって手直しの打ち合わせ。

そのHPが困るのだな。丸投げされて「全部まかせるから作って」というのはナシだと口をすっぱくして言っても「わからないから」と言われる。そのくせ私が頭をしぼってページタイトルを食いつきの良さそうなものにしたのを ものすごくつまらない(例えば『~の設備』みたいなもの)にしろ とか言う。趣味のHPなのに それはないだろうと思う。丸投げと言っても、つまらない方向に変更があるのだったら 次回は決定版をアップしてしまってから見てもらって それを編集していく方がいいのか、とも思う。

「なんか恥ずかしいよ」ということで アピールするようなタイトルを否定されてしまうと『HPなんか作らなきゃいいのに』と思ってしまう。

いけない いけない お客さんは大事にしなきゃ ね。

2007年1月26日 (金)

43億!

連続お金の話題。

ヨンさまとやらの去年の所得が43億で その9割が日本から稼いだものだそうだ。

「ふざけるな!」と思った。反日政策、反日教育、反日デモ、日本語禁止などなど 日本を目の敵にして竹島だって不法に占拠して「韓国の領土だ」と主張してはばからない国から 何で敵の日本に出稼ぎに来るのだ。

以前から思っていたが、ヨンさまとやらの追っかけをしているおばさんたちもわからない存在だ。あんなおばさん顔した男のどこがいいのか。反日政策をとっている国にお金をくれてやるようなマネをしていることをどう思っているのだろう?そのお金を使って ますます反日運動をするのだぞ。わかってるのか?

私は絶対に中国と韓国には旅行に行かない と固く決心している。あんな反日感情バリバリの国に行って何が楽しいのか と思う。韓国旅行に誘われても「辛いものは苦手なの」と逃げることにしているのだ。かたくな過ぎるか?

ところでヨンさまってフルネームは何ていうんだったっけ?

2007年1月25日 (木)

カネ!

今日の家庭教師の生徒(中2女子)が足首にミサンガをつけているのに以前から気がついていた。

今日「それはお風呂の時はどうするの?」と聞いてみたら「そのまま」。そうだね、願い事がかなうまではずしちゃいけないらしいし お風呂で体と一緒に洗っていれば不潔にもならないだろう。

ついでに「何を願い事しているの?」と聞いたら 一言「カネ!」。聞いた私が絶句してしまった。気を取り直して「大金持ちになりたいわけ?」と聞いたら『違う、今ほしい』という顔をしていたが とりあえず「うん」と言った。

「お金が欲しくてもまちがっても援交なんてしないでね」と追い討ちをかけても良かったのだが あまりにも生々しい感じで言えなかった。

何にイヤな感じを受けたのかと考えたが「カネ」という言葉の卑しげな響きがイヤだったのだな。「お金」ならひらがなと漢字で表記するのがふさわしいように思うが彼女の「カネ」は断じて「金」でも「かね」でもなかった。実に無機質な響きがお金の価値とは別のところに意味を持たせているようで。。。。。

きっと欲しい物があるのだろうけど 彼女にとってお金は単にその「欲しいモノと交換するためのツール」のような位置にあるものなんだろうと思えた。「お金」と言うと少しは価値を認めて大事に思っているような印象があるが「カネ」とむき出しに言われたことに卑しさのようなものを感じたのだと思う。

なんだか援交をする少女たちの思考回路が垣間見えたような気がする。援交少女たちは自分の性とツール(お金)を等価交換しているつもりなのではないだろうか。ハッキリ言って自分の性にもお金にも本当の意味での価値を見出していないのだと思う。

バブルで価値観の狂ってしまった大人に育てられた影響か?おそろしい。

2007年1月24日 (水)

ゆるナビと林家一門 全然関係ないけれど

今日は少し余裕。仕事が終わったらゆるナビの時間になった。ひとことで言ってへんな番組だ。私としてはリニューアルする前のゆるナビの方がヘンさ加減が際立っていて好きだった。

ゆるナビが始まる前にちょっとだけ林家正蔵の写真が出た。お昼の番組に出るらしいが いまだに正蔵と言うより「こぶちゃん」と言いたいような顔をしている。東京人独特の軽みはいいとしても、裏に潜むすごみがないから 小さんのような深みに欠けるな。いっ平はいまだにいっ平の顔をしているし正蔵はこぶちゃんだし、こん平はどうなっちゃったのか まだ治らないくて復帰できないようだし、ペーもパー子もピンク一色でカメラ小僧しているだけだし林家一門はいったいどこへ行こうとしているのか。着地点が見えない一門だと思う。たい平 がんばらなきゃだめだぞ。

それにしても しばらく寄席に行っていない。

2007年1月23日 (火)

14時間労働

本日は目一杯の14時間労働。

朝8:30に家を出て3:00に終わって帰りに生徒を拾って帰ってすぐにお勉強1時間半(途中でお米とがせてもらったけど)。その生徒を送ってそのまま次の家庭教師先に行き、終わって30分後には自宅でピアノのレッスンと聴音のレッスンをして10:00に終わってすぐに深夜スーパーに買出しに行き、ついでに本屋で本と教材を買って帰ったら11時過ぎていた。

実質仕事をしていなかったのは移動時間の30分×4だけ。今はアドレナリン出まくり状態で とうてい寝たりできるもんじゃない。ビール飲んでクールダウンをはかっているところ。夕飯も食べずにビールって胃に悪そうだけど。

今日はこの勢いでHP作成の続きをやって2時半就寝予定。7時起床予定だから4時間半寝られる。ヨ~~~ッシャ!!

2007年1月22日 (月)

ドナドナド~ナ

ニュースで「セリに出すために運んでいた子牛が一頭飛び降りて逃げた」というのをやっていた。

「4頭乗せたのに着いたら3頭しかいなかったから これは逃げたなと」飼い主が言っているのを見て笑った。

警察が捜して警官4人で捕まえたのだそうだ。学校に常備してあるサスマタのバージョンアップ版みたいなのを持っている人がいた。あれは役に立ったのだろうか?

「ドナドナ」という歌を知っていますか?市場に荷馬車で連れて行かれる子牛を歌った歌なんだけど 映った子牛の目が悲しそうに見えたので思い出してしまった。

いまどきの子牛は荷馬車じゃなくトラックの荷台から逃げるのだな と思ったら「がんばれ!」みたいな気持ちになった。

メスだけど黒毛だったからお肉になるのだろうか、と思ったら「おかげさまで」という気持ちにもなった。ヘン?

2007年1月21日 (日)

ビーズの腕輪

息子がビーズで「腕輪を作りたい」と言うので100円ショップに連れて行き、オモチャのビーズセットとビーズ手芸コーナーでオーロラビーズなどを買ってやった。

夜 ふたりでビーズの『腕輪』作り。担任の先生にプレゼントしたかったらしい。いや もらっても困るような代物なのだが。「ブレスレットって言って あげるのよ」と言ったのだが、どうしても『腕輪』と言ってしまうのだな これが。

私がビーズの指輪を作ったりしているのを見てやってみたくなって、クリスマス会にブレスレットを作らせてやったので「これならできる!」と思ったようだ。

明日 担任の先生は あの『腕輪』をもらってどんな顔をするのだろうか。

2007年1月20日 (土)

気力が。。。

平日忙しすぎるせいか土曜も3時まで仕事があるせいか那須に行く気力がなくて今日も夫と娘だけで那須に行ってもらった。

実際 平日朝8:30から夜10時まで仕事で土日は那須、という生活を続けていると家事(主に掃除ね)ができなくて困るのだ。平日は掃除機をかけている時間もない。合間に夕飯のしたくをするだけで精一杯。那須に行かないことにしたので今日は久しぶりに掃除機を念入りにかけてダスキンモップで壁の上の方のホコリも取って角や隅まできれいにした。掃除しなかった報いでダスキンを2枚使った。

明日は また掃除機かけてカーテンを洗ったりしようかな。

2007年1月19日 (金)

やればできるじゃん!

何のことか というと先週カミナリを落とした生徒のこと。

12月の後半から始めて まだ何回かしか家庭教師をやっていないのだが ひとを斜に見る、やる気のない態度と顔、揚げ足取り、憎まれ口、無駄なツッコミ、に先週とうとう切れた。

怒ったら「だって授業は楽しくやりたいって言ったじゃないか」と言い返したので爆発した。「楽しいのはお前だけだ。憎まれ口や揚げ足取りに使う頭があったら勉強に使え。真剣に一生懸命教えているのがわからないほど頭が悪いのか。そんなこともわからないほど頭が悪いんだったら いつまでもそうやってふざけていろ。先行き困るのはお前であって私ではない。」などなど目一杯怒鳴りまくって帰って来た。お母さんがオロオロしてしまってかわいそうだったけど お父さんとも話をして本人の考えを確認して欲しい、と頼んで帰って来た。

二日後に本人から電話があって「これからちゃんとやるから また来てください」と。それで「この電話は親に言われて仕方なくしているのか。」「何が悪かったのか何を反省しているのか具体的に言え。」「これからちゃんとやるというのは具体的にどうするつもりなのか」とキッチリ締め上げて「次回はとりあえず行ってやる。次回の態度を見て続けるかどうか判断する」と言ってけりをつけた。

今日の態度は別人28号だったね。ドアを開けてやる気のない顔していたらそのまま帰ってこようと思っていたが、スイッチの入った顔をしていた。態度の悪さの反省を再確認して失礼(無礼?)な態度を取ったらそれでおしまいだと申し渡してから始めた。真面目にやったら頭の回転も悪くない。なんなんだろうね まったく。

帰りにお母さんに聞いたら「父と祖母と私とみんなに怒られて お父さんには『それだけ真剣に怒るほど一生懸命に教えてくれる先生についていけないのか』と言われた」そうだ。ふむ、親はまともなようだから大丈夫だろう。

今日なんか行ってピンポン押したらお母さんに「ありがとうございます」と言われてしまった。来るかどうか心配していたんだろうな、と思ったら申し訳ないような気分になったが許してもらおう。

お母さんによると「学校の先生にも今まで行っていた塾のせんせいからも態度の悪さはいろいろ言われていたけど本人を直接怒ってくれた先生は始めて」だそうだ。よそ様の大事な息子を怒鳴り倒したりしたら悪いとは思うけど料金をいただいている以上それなりの責任はあるわけで、怒るのも仕事のうちだと思うのだけど公教育の先生も怒らないってのはどうかと思う。

性根はなかなか変わらないだろうが、親に免じて続けて行く上で締めに締めまくっていれば少しずつでも意識が変わることを期待しよう。

2007年1月18日 (木)

仕事運はいいのか?

やっとこ舌下腺の炎症もおさまり、腫れは残っているが痛みはなくなった。年末年始から続いた体の不調も一段落か?

体の不調と反比例するように仕事がゴンゴン入って来る。今日もHP作成依頼が一件入った。寝る時間が また少なくなるがHPの作り方を教えるよりは作っちゃった方が楽だし ま いいか。

体調面では悪くても仕事運はいい年なのかもしれない。そういえば舌下腺を腫らしている間に誕生日が過ぎてしまったよ。ひとつ年取った分 体も傷んでくるのかな?

2007年1月17日 (水)

おしめり

久々の雨。今日は寒かった。

抗生剤と消炎剤を真面目に飲んでいるのだが なかなかすっきり治らないものだ。まだのどをさわるとゴロゴロ腫れたのが触れるし 飲み込む時の痛みも少しひいただけ。扁桃腺が腫れたわけではないから せっかくのおしめりもあまり関係ないようだ。

明日は3月上旬の陽気になるとか。センター試験まで もう少し。毎年雪が降るが今年は予報では雨だがどうなるかなあ。

2007年1月16日 (火)

お休み

先週の木曜からノドが痛くなった。扁桃腺ではなく舌下腺が腫れてゴロゴロになって、ものを飲み込むと痛かったのだ。熱はない。

4日たっても治らないので今日は仕事を休んで病院に行った。抗生剤と消炎剤を処方してくれたが 1、2回飲んだだけでは治らないようだ。

具合が悪いと気力が萎えるのだな。夕方からのレッスンも休みにして、のどに冷えピタを貼っている。早寝しよう。

2007年1月15日 (月)

スルメ

本日の韓国人家庭からのお土産はスルメ3枚であった。毎回のように何かしらお土産を持たされるので かえって悪い気がしてしまう。

スルメはうちではめったに食べないが、実家の母が昔スルメをもらった時にショウユと酒とミソを混ぜたものに一晩つけて柔らかくなったものを網であぶってくれたことがあった。といっても2回くらいしか食べたおぼえがないが。

生徒に聞いたら「そのまま箸ではさんでガスの火の上であぶる」と言うのだ。「網は?」と聞いたら「そんなものは使わない。そのまま火で焼く」と。何という大胆なことをするのだ。ちょっと そのまねをする気にはなれない。

さて どうやって食べるのが一番おいしいのだろうか。

2007年1月14日 (日)

おつかい

那須に行っていた夫と息子。お昼を食べた後、息子に近所の別荘の人に頼まれていた買い物をお届けに行かせたらしい。近所と言っても道なりに歩いて行けば500mくらいある。

人っ子ひとり通らない別荘地内の道を歌を歌いながら行ったのだそうだ。そうしたらお代金の他にお駄賃に50円もらって来たと夫から電話があった。「携帯の番号知らないから電話掛けて御礼言っておいて」とのことで、自宅から電話してお礼を言った。

帰って来て宿題を入れた袋から息子が真っ先に探したのはお駄賃。お駄賃をもらうことなんて家ではないからうれしかったのね~。Mさんありがとう。気を使わせてしまってすみません。おかげさまで とても喜んでいます。

2007年1月13日 (土)

爆汗湯

風邪をひいてノドが痛いので那須には行かずに娘とお留守番。

薬を買いに行ったら“爆汗湯(バッカントウ)”という恐ろしげなものが目に付いたのでつらつら眺めるに汗を大量に出して脂肪を燃焼させるものだった。大汗かいて体が温まって薬を大量に飲んでコロっと寝てしまえば明日はスッキリするであろう、と買ってきた。215円也。

娘はいやだと言うので娘が入った後で入り爆汗湯を入れた。たちまちお湯がまっかっかになりパチパチとはじける。普段カラスの行水でお湯に浸かっている時間など合計しても1分くらいなのにガマンして2.3分浸かった。

髪を洗って また浸かり、体を洗ってまた浸かりしたが実感はない。トウガラシエキスやらショウガエキスやらゲルマニウムがどうたらと書いてあったが別に皮膚に刺激があるわけでもなく とめどもなく汗が出始めるわけでもない。

年取って新陳代謝が悪くなっているということか?出て「どうってことなかった」と言ったら娘が袋を読んで「体質により効果には差があります」と。毎日入っているとどうにかなるものなのだろうか?なぞである。

2007年1月12日 (金)

Shall we dance

仕事から帰って来たら リチャード ギアの『Shall we dance』をやっていたので途中から見た。

さすがリメイクだけあって後発の強みか うまくできていた。竹中の怪演も うまく薄められていたようで。日本版以上に売れたというのもうなづける。アメリカ版だと草刈民代風 憂いを秘めたはかなげな風情は支持されないのかポリーナの猛々しいのはちょっとね。でも基本路線はしっかり踏襲していたので安心して見られた。

2/2は『千と千尋の神隠し』だそうだ。DVDもうちにあるけど見るんだろうな きっと。思えば劇場公開時は息子もまだちいさくて「セントチチロノカミタクシ~」と言っていたのを思い出す。もう ああいう面白いことは言わなくなってしまったから残念だ。

2007年1月11日 (木)

おもち!!!!

今日 夫が会社に届いたお歳暮を持って帰って来た。

洗剤やサラダオイル、ボディソープ、タオル、ビールはいいけど びっくりしたのはお餅の1キロ袋が3つもあったこと。これでも会社のみんなに分けた残りだそうだ。

そんなに大量のお餅をどうすればいいのだ。おまけに一個ずつパックになっていなくて大袋の中に生身のお餅が入っているタイプだから日持ちがしない。

明日の夕飯はお雑煮だな。毎日お米の代わりにお雑煮にしないと消費しきれない。どうしよう。

2007年1月10日 (水)

妙なCM

いや 普通に見て、別に“妙”じゃないかもしれないが私は一回見て“ヘン ブラックジョークのつもりか?”と思った。

車のMiraのCMなんだけどね。『かあさん』をやっているのがYouって言ったっけ?『息子』をやっているのが柳樂くんとか言う子なのだ。何が”ヘン”で“ブラック”なのかというと そのふたりは映画『誰も知らない』で子供を置き去りにして男と暮らすいい加減な母親役とひとりで弟妹のめんどうを見る中学生の息子役をやった人たちなのだな。もちろん映画の時より息子は育っているけど。

その母親がMiraに乗って「じゃ ちょっと遊んでくるね」と出かけて行き、息子のモノローグで「母の子離れのはじまり」(だったと思う)とか言うのだ。

思わず「大丈夫か。もう帰ってこないぞ」とツッコミを入れたくなる。映画を見たことのない人たちには何と言うこともないシーンだろうけど あのCMを作った人たちは映画の配役を知っていてコンバートしたのだろうから“ブラックジョーク”だと思うのだ。たかがCMに目くじら立てるほどのこともないのだけれどトゲが刺さったような感じになり「いやなものを見てしまった」という気持ちになった。というだけの話。

2007年1月 9日 (火)

寒くなって

心配なのは受験生の生徒の健康。風邪をひかさないように、試験日のコンディションを最高に持っていけるように考えなければならない。

今年うちは元日からノロウィルスみたいなことになったのだがウィルスが家の中に残っていないかという心配もある。那須の家で起こった事だからウィルスがあっても那須に残っているだけ、と思いたい。

2007年1月 8日 (月)

ラスト

明日から学校。持ち物の準備も滞りなく終わっている(はず)。

夫は午前中 西新井大師に行って護摩法要をしてきた。ものすごく混んでいたそうだ。お札をいただいて帰って来た。厄年に初めて行ってから何故だか毎年恒例になってしまっている。何回か付き合って、あまりの混雑に子供たちがいやがって私たちは行かなくなっている。

のったりと一日を過ごして 明日起きたら仕事と学校か~~と思うと。。。。。。子供みたいだね。

2007年1月 7日 (日)

娘と美容院

あさってから学校が始まるので娘とふたりで美容院に行ってきた。今まで美容師の友達に夜彼女の自宅でやってもらっていたのだがお店が忙しくなったのでやってもらえなくなって、彼女が中浦和駅近くで経営するお店まで電車で行ってきた。カットの腕がめっぽういいのだ。彼女のようにカットしてくれるお店を探すのは大変だと思う。

「どういうふうにする?」に「似合う頭にして」だけで済むのはうれしい。娘も今までと違うカットにしてもらってかわいくなった。

帰ろうと駅に着いたら券売機が止まっていて「エー???」。そこへアナウンスが埼京線の運休のお知らせ。強風で電車が止まったのだ。駅だからバス停があるだろう、と出てみたら浦和行きバス停があったのでバスで浦和に出て京浜東北線で帰って来た。

前回は車で行って、夕方の渋滞で時間がかかったので今回は電車にしたのだが 電車だとこういうこともあるのだね。

夫と息子も私たちとは別にふたりで床屋さんに行って来てスッキリしたし これで新学期も新たな気持ちで迎えられる かな?

2007年1月 6日 (土)

家族そろっての夕飯

今日は冷たい雨。雪にはならなかったね。せっかく冬タイヤ履いているのだからいつでも来なさい!なんだけど。

夫と子供たちと犬が夕方帰って来た。
夕飯は家族そろって食べた。
普通なら何も珍しいことではないのだが、うちでは平日の夕飯の時間帯は私がレッスン中だから いつも夫と子供たちだけで食べる。一緒に食べられるのは土日とお盆と正月のレッスンがない時だけ。年間で1/3くらいしか一緒に夕飯は食べられない。

なので今日は春巻きにした。揚げ立てを食べさせられないので こういう時しか揚げ物はできないのだ。昼過ぎから下準備して揚げる直前に巻いて即揚げる。やっぱり揚げ立てパリパリがいいね。

リンゴも7コむいて煮ておいたので 夕飯後はリンゴのケーキとアップルパイを娘と一緒に作った。これで明日のおやつも万全。いや 2.3日大丈夫だろう。

こんな生活が楽しめるのも あと2日だけ。

2007年1月 5日 (金)

仕事はじめ

お昼を食べて後片付けをしてから那須を出発。私だけ先に今日帰って来た。

コインランドリーに寄って大量を洗濯物をぶちこんでから帰宅。まず暖房を入れて年賀状の整理をして またコインランドリーに行って乾燥機に入れ替えて本屋に行き本を仕入れて出来上がった洗濯物を出して帰宅してホッと一息。7:30から家庭教師一軒。

来週からいつも通りの生活が始まるからリハビリしなきゃ復帰できなそうで困るね。

2007年1月 4日 (木)

温度差

今日は寒かった!!なにしろ寒かった!!

よく晴れていたのに北風がものすごくて顔が痛い!犬散歩で重装備して出ても耳カバーを忘れてちぎれそうに冷えた。

その風の中、近所の別荘の人が業者さんに立ち木の伐採を頼んだというので どういう風に木を切るのかプロの技を見たい夫と一緒に見に行った。けっこうなお年寄りふたりで一人が木に登り、もう一人がロープを引っ張り てっぺんから順々に枝を切っていた。めちゃくちゃ良く切れるチェーンソーであった。下で震えながら見ていて木の上はもっと風当たりが強いだろうと思った。貼るホッカイロなどを使っているのだろうか?ずーっと休まずに作業していて実に頑丈なお年寄り達だと思った。

家に帰ればログの中は27度、温度差ありすぎ。外は実に寒い一日であった。

2007年1月 3日 (水)

ちょっとゴロゴロ

正月3日目。まだ普通に食事はできない。唯一元気な息子は あまりまともなものを食べさせてもらえなくて(要はお肉ね)欲求不満気味。今日の夕飯なんておそば(年越しそば食べられなかったから)だけだったもんね。かわいそうに。

今『エジプトの謎』の番組を見ている。子供たちも夢中になって見ている。それにしてもみのもんたはジャマだ 見たくない。たまにしか出てこないからガマンして見ているが、日本のTV界はそんなに人材不足なのか?

2007年1月 2日 (火)

もう2日

元日は家族全員で断食して寝込んでいるだけで終わった。

今日も半日ゴロゴロしていたが回復してきたので昼過ぎに今年の初お雑煮を作り、お父さんの年頭の訓示と各自の抱負披露も滞りなく済ませ、お年玉贈呈式も無事済んだ。息子は元日にもらえなかったから今年はもらえないのかと思っていたらしい。よかったね。

あっと言う間に今年も もう2日終わってしまった。なんだかすごく時間を無駄にしたような感じ。いや 元気でもたいがい何もしないでお正月なんて過ぎてしまうものなんだけどさ。具合が悪くて寝て過ごすというのは また違うんだな。

おやつにたこ焼きを作ろう、とかピザの準備とか山ほど用意していたのに ほんの少ししか用意しなかったおせちすらも減っていない。

「明日の朝ごはんはベーコンとスクランブルエッグとトーストにして」などと言われると ちょっとガッカリだね。

2007年1月 1日 (月)

一家全滅

元日なのに尾籠な話が続きます。今年はどういう一年になるのやら。

娘の急性胃腸炎で明けた今年の元日。明け方私が吐き、午前中に息子が吐き、夫は無事だったが家族全員下痢。元日は一日中家族全員でゴロゴロ寝て過ごした。消化不良には食べないのが一番、なので お雑煮もおせちも食べずに家族全員で断食。水だけ飲んでいた。

起きていられないって本当にあるのだな。15分も起きていると腰が痛くて耐えられずゴロっと横になり、トロトロと寝てしまう。一日中その繰り返しでほとんど一日眠っていた。しかし 眠っても眠ってもまだ眠れる。人間の体って不思議なものだと思う。

「元日なのにすごいね」と娘が言うので「健康が一番」という話をした。ふだん健康な時には気が付かないが 本当に「健康であること」って大事だと思った。今年の目標の1番は「健康」にしよう。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »