« 衣つきエビフライ | トップページ | マエストロ »

2007年2月27日 (火)

むだ足・・・でもないか

今日の生徒。試験前だから5時からということになってたのだが向かっている途中で母親からTEL「校外学習で何時に終わるかわからないから帰りが6時半くらいになるみたいです。土曜日に替えてほしいと電話してきたんですけど」と。

土曜日だと期末は終わってしまっている。たまたま7時半からの生徒が指を捻挫して欠席だったので「遅い時間でもできますよ」と言ってやって何時からにするか返事待ちでUターン。

しかし待てよ。公営の施設に校外学習に行ってると言っていたが、そこは4時半で終わりで5時には人がいなくなっているはずだ。何が「6時半くらいになる」んだか。

5時5分過ぎに☎「6時半からにしてください」と言うので「今どこにいるの?」と聞いたら「自宅です」。何だよ5時からだってできたんじゃないか!むかっ腹立てつつ家に帰った。

再度6時半に行って「はい数学のワークと教科書を出して」と言ったら「あ!」。学校に置いて来てしまったのだ。教え始めてから8ヶ月、今までに何回「持って帰れ」と言ったことだろう。ましてや木曜から試験なのに。ムッとして口がきけなくなってしまった。約5分。「今日はやめましょう。試験前だからわざわざ時間を取って来てやって それも2往復しなきゃならなくてガソリンと時間の無駄遣いしたと思ってあきらめよう。試験前なのに全部学校に置いてくるなんて『勉強しません』と言っているようなものでしょう。試験に対する姿勢からしてダメだってことだから もういいでしょう。お母さんには自分で言いなさい」ということで5分で終わった。早かったな。他の教科をやっても良かったけど、それじゃ“置いて来ても大丈夫”になってしまうからね。

すぐ近くのおばあちゃんちにいたお母さんが息せき切って帰って来て平謝り。申し訳ないとは思うがわかってくれる親だから ここはショック療法ということで了解してくれた。月末で月謝の日だったが勉強しなかったのに「申し訳ない」と今日のやらなかった分までいいと言ったのに払ってくれた。当然もらって来たよ。

まともに月謝もらっちゃったから『むだ足』でもなかったか?

« 衣つきエビフライ | トップページ | マエストロ »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

66-30で書いた生徒なんですけどね。実は社会科の教科書も資料集も「なくなった」そうで教科書は友達から借りて範囲だけコピーさせたのでした。だからショック療法も効いたのね。今日は積極的にやりました(できるようになったかどうかは別)
本当に何事も素直が一番です。

お疲れ様でした。私も前に日記に書きましたが、「学校に忘れた」という言い訳。本当に多いですね(笑)あー 私もショック療法やってみたい、、、って1回ぐらいありますね、多分。「そんな態度じゃ勉強してもしょうがない。今日は帰る!」その後、態度が改まりました。よかったよかった。思うのですが、子供に限らず、大人もそうですが「素直じゃない」のが一番困るんだな、と思うようになりました。捻くれ者は苦手です、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55371/5510861

この記事へのトラックバック一覧です: むだ足・・・でもないか:

« 衣つきエビフライ | トップページ | マエストロ »