« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

天気予報はずれ

夜 雨になるという天気予報だったが はずれた。風は強くなったがいまだに雨は降ってこない。

今日のPCの生徒の家は桜の名所の公園の真ん前なのだが 寒かったにもかかわらず人出は相当なものだったようだ。駐車場は満車で待っている車が何台もいた。人はひっきりなしにゾロゾロ通っていたし。

明日は飛鳥山公園にお花見に行く予定で那須には行かなかった。

2007年3月30日 (金)

桜満開

午前中 激しい雨が降り やんだら強風になった。

午後 車で出かけたら町中が桜満開になっていた。
いつの間に こんなに咲いたんだろう。

いつも桜が咲くと「街中にこんなにいっぱい桜の木があったんだなあ」と思うのだ。

明日はお花見が賑わうことだろう。

2007年3月29日 (木)

渡る世間は鬼ばかり

いつも親が車で送り迎えしている生徒が今日は自転車で来た。

中2で距離は1キロくらいなんだけど大事な娘だし(茶髪で眉毛ナシ化粧あり)帰りに悪いのに誘われて行方不明になられても困ると思っているのだろうと思っていた。

それが今日は自転車で来た理由は「渡る世間は鬼ばかりの最終回だから」。

「何時から始まるの それ?」「9時から」
なるほど9時半に迎えに来られないわけだ。

しかし それって『娘よりドラマの方が大事』と言っているわけだね。
普段の送り迎えはなんだったのだろう?

2007年3月28日 (水)

ひどすぎない?

なんか この頃のココログってひど過ぎ!

この何日か保存ボタンを押すと勝手に字の大きさを変えてしまったり記事が消えてしまってタイトルだけアップしてたり、htmlの編集ができなかったりで「何なんだ!」の世界だった。

ゆうべから今日の午後3時までメンテで記事更新できなかったから また連続記事記録がストップしてしまった。

もっといいサーバ使え と言いたい。

2007年3月26日 (月)

インフルエンザ

息子の学校では先週3クラスが学級閉鎖になっていたのだが、とうとううちにもやって来た。てんてこ舞いの一日になった。

1:30過ぎに寝たら3時前に「熱くて寝られない」と息子が起き出した。熱を計ったら40.3度。体温計の電池も切れてしまったので着替えてとなりのセブンイレブンまで電池を買いに行き、冷凍庫にアイスノンをふたつ入れて冷えピタを探しまくって貼り付け、3年前にもらって使わないで残っていたカロナールを飲ませて寝かせた。

5時まで様子を見ていて熱が下がったので2時間ほど私も寝た。7時に起きて学校に欠席の連絡をして、保険証と診察券を出し、医者に見せるために病状を紙に書いて 娘を起こして8:30に息子と一緒に病院に送り届けてから仕事に行った。その時点では37.1度。

息子は「タミフルを飲むと死んじゃうから僕はいりませんて言うの」と言っていたが心配するまでもなく解熱剤3回分しか薬は出なかった。

仕事は早帰り。お昼の時点で38.35度。もらって来た解熱剤を飲ます。娘の高校の教科書販売(副教材費込みで2万円以上!)の日だったが「ひとりで持って帰れる」と言ってくれて助かった。大金を持たせるのは心配だったがひとりで行って貰った。重かったら宅配受付に行って宅急便で送ってきちゃってもいいよ、と言っておいたのだが通学バッグと補助バッグと紙袋にいっぱいに入れて持って帰った。重かったね。

夜は納会があったので家庭教師の仕事も振り替えて時間を空けておいたのだが結局キャンセル。

水分補給用スポーツドリンクやら熱さましに効くからとリンゴジュースやらを買い、熱があっても食べられるようにノド越しの良いヨーグルトやイチゴのゼリーを作り、エネルギー補給にレアチーズケーキを作り、夕飯は消化の良いお刺身にした。

やれやれだったが熱を出すなんて何年かに一回だからしかたないね。

それにしても今日医者からもらった解熱剤が全く効かないってどういうことだろう。ずっと39度以上あったぞ。カロナールでもいいと言われたそうなので夕飯後に飲ませたら もう下がっている。

2007年3月25日 (日)

ガラス窓

この頃 息子は言葉にうるさい。

今日、朝能登半島で大きな地震があった。
お昼ごはんを食べながら家族でニュースを見ていたら「ガラス窓が壊れるなどの被害が・・・・」とアナウンサーが言った途端に「ガラス窓が壊れるってヘンじゃない?壊れるなら窓ガラスでしょ」とツッコミを入れる息子。

それで「窓ガラスと言ったら壊れたのはガラスだけ。ガラス窓と言ったらガラスが入っている窓自体が壊れたってことじゃないの?」と言ってやったら「う~~ん」としばらく考えていた。

おやつにガトーショコラを焼いてやったら娘が「全然おいしい!」と言った途端に「全然 のあとにはダメとかおいしくないとかが付かなくちゃいけないんだよ」と鋭いツッコミ。うん キミは正しい。

その調子で日本語が壊れるのを阻止して欲しいものだ。

2007年3月24日 (土)

桜はまだかいな

生徒の家のそばにある公園は まだ桜は咲いていない。

今日行ったら桜祭りが始まっていて夜桜を楽しめるように提灯が設営されていた。風が寒いのに かなりな人数がシートを敷いてお花見をしていた。提灯があるのは3/31までだそうだ。

咲きそうでいて急に冷え込みが来たから咲かない桜。入学式まではもたないだろうなあ。

今日は月曜の夜飲み会があるので月曜の生徒を今日に振り替えたので忙しかった。

2007年3月23日 (金)

深夜スーパーのお兄さん

金曜は家庭教師の帰りに24時間営業のスーパーで次の日の買い物をしてくることにしている。特に品揃えがいいわけでも安いわけでもないが、生徒の家がマンションで駐車場がなくて、そのスーパーの駐車場を利用しているから、義理を果たしているつもり。

今日のレジのお兄さんはプロだった。品物の読み上げがよどみなくツルツルで合間に「アイスクリームのスプーンはご利用になりますか?」などとはさみ、その間もポス打つ手は止めず一度も噛んだりしないでレジ終了。普通お会計をしている間に品物を半分以上袋詰めできる私だが今日は負けた。袋を広げてひとつ入れたところでおつりが出てきてしまった。おつりを握りしめてスゴスゴと袋詰め台に退却。

金髪のどう見ても大学生くらいのお兄さん。きっと夜間のレジ係りのバイトを長年やっているのだろう。金髪だろうと若かろうと真面目に仕事に取り組んでいる姿勢が感じられて好感を持てた。仏頂面もしていなかったし なかなかいいよ キミ。

卒業する頃には髪も黒くなっているのだろうけど(いやフリーターかもしれないけどさ)その姿勢さえ忘れなければ どんな職種だってやっていける。おばさんはタイコバン押してやるよ。仕事に対しては誠実が一番。

フリーターでもアルバイトでもパートでも プロの域に達している人は多いと思う。若い人はそれを認められて「正社員に」と言われると辞めてしまう人が多いという話も聞く。私は日本人は基本的に真面目な人種だと思っているから そういう埋もれた人材が本気で働いてくれたら将来の日本も変わってくるだろう と思う。

問題はどうやって本気にさせるか だな。 

2007年3月22日 (木)

フラガール

フラガール やっと借りられた。

涙涙で見た。が ちょっと待て。昭和40年のいわき市って本当にあんなだったんだろうか?私は9歳になってたわけだが あんなツギの当たったモンペをはいている若い子(いや年寄りでも)なんて見たことがなかったと思う。なんかいわき市の人たちに失礼じゃないかと思うくらい すごい生活をしていたように描かれていた。

「常磐ハワイアンセンター」ができてすぐに実家の若い衆(わかいし と読んでください 要するに今でいう従業員のこと)たちがみんなで行って来ていろいろ言っていたのを聞いているから初期のフラダンスが決してあんなに洗練されたものだったとは思わないが 東京オリンピックの後だぞ 本当にああいう生活をしていたのか?やはり疑問に思う。

しかし お話自体は実に真面目で感動的であった。

2007年3月21日 (水)

クロッカスの花だけではなくカタクリまでつぼみがふくらんでいる。本当に今年は暖冬だったのだなあ と再確認。Blog_001_4 Blog_002_3 Blog_003_6

携帯で撮ったから写りは悪いが 那須の春の花たち。開いたらデジカメでじっくり写して また載せます。

2007年3月20日 (火)

とうとう手に入れた

コクヨのセクションパッド A4 100枚綴 100円也。

何となく今日行けばあるような気がしていた。ので仕事帰りに寄ってみたら あった!通常500円くらいするのが100円!

例の安い文房具屋さん。「ないものはない」所なので「ある」時に行かないと買えない。だからほしい物があっても足しげく覗きに行って たまたまあったらラッキーというお店(倉庫?)なのだ。

記憶違いで5ミリ方眼はグレーじゃなくて薄いブルーだったが 10冊買ってきた。
帰ってすぐ娘に「1冊あげる」と言ったらすごく喜んで持っていった。家庭教師の生徒ファイルに1冊ずつはさんで お友達に1冊おすそ分けして残りはキープ。しばらくは間に合うと思う。

なんとなくウハウハな気分。とても安上がりな人間だと思う。

2007年3月19日 (月)

ミニチュアダックス

生徒の家に行ったらミニチュアダックスの赤ちゃんがいた。

ビバホームで買ったそうで6日目くらいになるそうだ。
お値段は15万でおつりが来るくらい だそうだ。いまだに犬を「買う」ということには違和感あるんだけどそういうものらしい。うちの犬もブリーダーさんから買ったわけだしなあ。

いや~~~かわいいっす!
うちの犬は今年の4/15で7歳になってしまうから小さい時のことなんか忘れ去っていた。赤ちゃん犬があんなにかわいかったなんてすっかり忘れていたからかわいさ100万倍だった。

「まだワンタンメンが済んでないから あまり触っちゃダメだって」と小学生の子が言うのでわかっていたけどしばらくかまってしまった。「何?アンポンタン?」「ちがくって何だっけ?ワンタンみたいな え~とワソコンだっけ?」いや全然違いますけど。『ワクチン』は結局出てこなかったので教えてやった。『ワ』しか合ってなかったというのはご愛嬌だね。

ケージの中から訴えかけるような目で見られたら もう勉強なんかどうでもよくなるね。いやいや いけないいけない。あれが毎週見られるかと思うと楽しみなのだが犬はすぐオトナになってしまうのが残念だ。

2007年3月18日 (日)

DEATH NOTE 後編

借りてきた。12時過ぎに戻って来るのをカウンター脇で待って。。。。。

一緒に「西遊記 2」(1がなかった)を借りてきたので午後はDVD鑑賞。息子は慎吾ちゃんの西遊記が正月にまとめて見て以来大好きになったらしい。

「Death Note The Last Name」は 前編に比べて夜神月の作戦が入り組んでいるので真面目に見ていないとわからなくなる。途中で洗い物などしていたらわからなくなった。おバカなミサミサはジャマ。あくまでLとキラの対決にしてほしかったな。戻してよく見たらLはウェッジウッドのターコイズのセットで紅茶を飲んでいた。松山ケンイチは撮影の間あんなにお菓子を食べなきゃならなかったとしたら他のまともな食事は摂れなかっただろうなあ。松山ケンイチよく作っていたと思う、うまかったよ。藤原くんもがんばっていたけどやっぱり顔が丸過ぎ。冷酷な雰囲気を作るにはムリがあったと思う。それに日本で一番の大学の新入生代表にしては知的な雰囲気がちょっと足りないか。誰だったらよかったんだろうなあ。妻夫木くんじゃ少し年がいっちゃってるし。

と瑣末なことばかり書いたけど結末は?というと 言わないΨ(`∀´)Ψ。

2007年3月17日 (土)

ドラえもん映画魔界大冒険

息子とドラえもん映画を見てきた。うちにビデオで持っている「魔界大冒険」のリメイク版。MOVIXのポイントを招待券に引き換えて見たので無料プラスポップコーン付き。入場者プレゼントも2個ゲット。

脚本 新保裕一 と出たが あの作家の新保裕一なのだろうか?昔の「魔界大冒険」はエピソードてんこ盛りでやたら長かったが今回のはかなり整理されていた。その代わりメデューサが美夜子さんのお母さんだったという設定が付け加えられ魔法界に科学者の「博士」がいるのはおかしいということでか「牧師」に変わっていたりした。それでも「牧師」の研究室は前作とは比べ物にならないくらいハイテクかつ広大なものだったしキイボード使っていたし~。

多少変わっていても筋は同じだから先を知っているし。何で息子が見たがったかわからん。ドラえもん映画も「のびたの恐竜」からリメイクになっているしネタ枯れか?

ケロロ軍曹とか他にも見たい映画があるらしくて春休みは大変である。

帰りにTSUTAYAに寄ってみたが「Death Note後編」も「フラガール」も出払っていた。残念。

2007年3月16日 (金)

卒業式

娘の卒業式だった。

東京は記録的に遅い初雪の日で寒かった。式典は大学のホールだから劇場イスに暖房完備で暖かかったのだがクラス毎に最後のお別れをして出て来るのを待つ間に冷えてしまったらしくて帰って来たら足がつった。

夕飯は炊飯器でお赤飯を炊いた。分量通りに炊くと5合もできてしまうのでレッスンに来た生徒たちにも少しずつおすそ分けして家庭教師先にも持って行った。

しかし お赤飯の時のおかずって困るな。お祝いの折り詰めみたいに野菜の煮物と出汁巻きタマゴとブリの照り焼きとか鯛の塩焼きとかだと塩分摂り過ぎになってしまいそうだし。悩んだあげく子供のリクエストで牛の薄切り肉とモヤシの炒め物とサラダになった。なんか変な取り合わせだったがモリモリとよく食べてくれた。

それにしても何でうちの人たちはお赤飯が好きなんだろう?いや私も好きだけどさ。よその家もお赤飯好きなのかな?毎日スーパーで売っているくらいだから きっとみんな好きなんだね。

2007年3月15日 (木)

栄養ドリンク

インフルエンザが流行っている。息子の学校でも1年と2年が学級閉鎖になっている。

そのせいか あるいは試験が終わって春休みが近くなって弛んでいるのか生徒の欠席が多い。昨日今日と連続で最後の生徒が具合悪くて欠席だったので早仕舞いになった。

で この頃生徒のところで栄養ドリンクを出してくれるところが増えた。毎日リアルゴールドやユンケルAやレッドブルを飲むことになる。今日はおみやげにアスパラドリンクを箱で持たされた。

うちではオロナミンC以外ほとんど買ったことがないが けっこうみんなそういうものを買って呑んでいるのだなあ と再認識した。

栄養ドリンクは本当に体にいいのだろうか?

2007年3月14日 (水)

卒業式近し

明日は公立中学の卒業式でうちの娘の学校は終了式と卒業式予行。あさってが卒業式。

息子の小学校は23日が卒業式だから歌の練習が始まったらしい。おふろで「仰げば尊し」を歌っているが歌詞があやしい。1.2年生は卒業式に出ないので3年生で初めて卒業式に出席するのだ。きちんとできるかな?

卒業式が終わったら施設設備費を払い込まなければならないし現金を持って教科書類を買いに行く日もあるし高校の制服が届けば代引きで支払わなければならない。いくら出て行くのかは考えないようにしよう。

2007年3月13日 (火)

だから女は・・・・・

と言われてしまうような話を聞いた。

幼稚園教諭をやっているピアノの生徒の幼稚園での話。

そこはA、Bの2園経営している。生徒(Aさん)の勤めている幼稚園をA園、同期の子(Bさんとする)が勤めているのをB園として話を進めることにしよう。A、B間での転勤がある。

A園で主任をやっていた50代の女性が かなり問題の多い人だったらしい。またB園で主任をやっていた女性もキツくてうるさい人だったらしい。今年B園の主任が辞めることになった。そうしたらA園に転勤を言い渡された4人が全員 転勤拒否をしたのだそうだ。Bさんも そのひとり。理由は「おっかない主任がせっかく辞めて楽になるのにうるさい主任のいるA園に行きたくない」というもの。それで転勤拒否した4人は全員補助に落とされたのだそうだ。

そうしたら 辞めたB主任の代わりにA主任がB園に転勤していくことになった。A園の主任にはうるさくない人がなった。素直に転勤に応じていれば良かったのに。それでBさんがAさんに「貧乏くじを引いた」と訴えたのだそうだ。

それで同情しているAさんも情けないと思ったので諄々と世間の道理を説いてしまった。

☆普通の会社では転勤を拒否するなら辞める覚悟が必要なこと
☆補助に落とされただけで雇っていてもらえるだけマシなこと
☆そういう行動をすると「だから女は」と言われてしまうこと
☆自分で選んだ事態だからグチは聞く必要がないこと
☆幼稚園は女社会だからそれで済んでいること
☆世間一般の会社は男社会だからそんなのは通らないこと
☆反面教師にしておかないと自分もそのうち同じことをしてしまう
☆あるいは同じレベルの人間になってしまうこと
☆一般企業人と結婚した時にそんな認識では困ること

などなど いちいち「ハ~~ッ ヘ~~ッ」と言って目を丸くして聞いていた。思ってもみなかったことらしい。Aさんは今年3年目に突入するので「三日三月三年」の話もしておいた。さらにA主任の困ったところをよくおぼえておかないと自分がその立場に立つようになった時に困るのだから しっかりおぼえておいて良き反面教師として役立てるべきであること などの話をした。

親からも そんな話は聞いたことがない、と言われて え~~~と だった。うちは娘が先行き就職する時には前に座らせてじ~~~っくり“社会人の心得”として言い聞かせようと手ぐすねひいて待っておるのだがなあ。

うちが古すぎるんだろうか?

何はともあれ「お付き合いを続けるなら表面上同情して見せても 腹の中では『自業自得』『身から出たサビ』と思っていないとあなた自身が身を誤るからね」ということで終わった。その程度の裏表を使いこなせなかったらこの先やっていけないぞ。

2007年3月12日 (月)

空き地から5000万

あるところにはあるものだなあ というのがまず第一の印象。2番目には「日本人て何て正直な人種なのだろう」と思った。

だって掘り出したのを知っている作業員だけで山分けしたってけっこうな金額になるわけだし中国やアメリカで そんなものが出てきたら絶対にニュースになんかならないで闇に葬られるだろう。

根拠のない話ではない。ずいぶん前にニューヨークで何万ドルかをばら撒いた人がいて すごい勢いで歩行者が群がって拾っていて警官が回収できたのは何百ドルかだけだった というトピックを見たことがある。また日本で同じように何千万だかをばら撒いちゃった時は戻って来なかったのが何十万だかだったという話も聞いたことがあって その時にも「日本人は正直だ」と思ったものだ。

何年かに一回くらい民家の郵便受けに何十万だかの封筒の投げ込みがあったりするけど それだって正直に届け出るからニュースにもなるんだろう。

そう考えてみて不思議に思うのは娘が8歳の時に細かいのがなくて1万円を持たせてお使いに行かせたら途中で落としてしまって見つからなかった あの1万円の行方なのだ。そう思うと 何十万かを投げ入れられてもそのままありがたくいただいてしまう人も案外たくさんいるのかもしれないね。

言い換えよう。日本人は大金を見ると正直になるらしい。

2007年3月11日 (日)

紅玉リンゴ

リンゴのお菓子を焼くのに欠かせない紅玉リンゴ。出回る時期は短く量も少ない上値段も高いので木を植えたいと思っていた。

今日 夫がドイトで紅玉の苗を見つけて買ってきた。実がなるのは何年先だろう。他に椿の苗も買って来た。

次回那須に行く時に持って行って植えてくる予定。ブルーベリーにハーブ類に紅玉リンゴが加わることになる。あとは紫芋でも植えるか?

今日の夕飯は完全和食。インドまぐろのお刺身とびんちょうのお刺身、ほうれん草のゴマあえ、具が11種類入ったごちそうトン汁、デザートは缶ミカン入りの牛乳ゼリー。夕方普通の夕飯時に作れるのって いいね。

2007年3月10日 (土)

お友達と初めてのお出かけ

娘にとって初めての「お友達とのお出かけ」でディズニーシーに行って来た。

総勢8人(補習の子も行けた)で舞浜駅8:00集合。前日 自分で路線を調べて東京駅乗換え京葉線ルートで行くことにしたので朝早くに夫が駅まで車で送った。もちろん前日にはとなりのセブンイレブンでキャンパスデーパスポートも購入。学生証も定期も携帯も持って万全。ルンルンで出かけた。

私は家でレッスンして 残りの時間は何となく落ち着かないのでPCのキイボードのお掃除をしてしまった。かんたんマイペットと綿棒を使ってキイの法面までピカピカにした。エアダストかけて中のホコリも飛ばした。何やってるんだろうね 全く。あとは管理しているHPの更新をして過ごした。

6時過ぎには「9時ごろ出る」とメールが入り、10時前に東京駅から「これから乗り換える」と電話が入った。時間を見計らって駅まで全員で車で迎えに行き「おなかすいた」娘のためにラーメン屋に寄って みんなでお夜食して帰って来た。

「すごく楽しかった」そうで話が止まらない。時系列に沿って全部話さないと終わらないらしい。家に着くなりおみやげに買ってきたチョコレートとクッキーを缶から出して缶だけ部屋に持っていった おいおい。

生まれて初めてのお友達とのお出かけだったけど楽しく一日を過ごせてよかったね。

2007年3月 9日 (金)

鋳物工場見学

息子のクラスが(1学年1クラス)鋳物工場見学に行って来た。

コークスとベントナイトと「できそこないの何かの部品」という面白い形をした鋳物製品をもらって来た。「どこの何という工場に行って来たの?」という問いには答えられなかったが『鋳物工場に行って来た』ということはわかっていて宿題の絵日記には ちゃんと溶けた鉄を「砂型に流しこんで」などと書いていたから まあいいか。

以前聞いた、夫の友達の話を思い出してしまった。

夫の友達(便宜上Aさんとする)はアルミダイキャストの工場をやっていて 息子さんのクラスの工場見学に協力したことがあるのだそうだ。工程を説明しながら見せて おみやげに出来上がったプラスチック製品をあげて全員にジュースをふるまってやったと。後日クラス全員分の感想を綴った文集が届いたのだが読んでみてひっくり返りそうになったそうだ。というのは半分くらいが「ジュースがおいしかったです。おじさんの工場はジュースを作っているのですか?」というものだったと。Aさんは「半日工場止めて説明してやって覚えているのはジュースだけかい」と思ったそうだ。「学校で何を教えているんだ。来る前と来た後に説明もしないのか」と怒っていた。それ以降 頼まれても工場見学は断っているそうだ。

むべなるかな。そんな作文を書かせてそのまま届ける無神経さは信じられないと思った。事前学習も事後指導もやってないね それは。その話を聞いた時は現職だったから担任の顔を見てみたいとつくづく思ったぞ。

それに比べればうちの息子はかなりマシだな。溶かした鉄を流し込む機械の絵も上手に描けていたし「溶けた鉄はオレンジ色なんだよ。働いている人は冬でも半袖なんだ。ものすごく危ない仕事で熱いんだよ」と一生懸命話して もらってきたコークスや「できそこないの部品」は宝物になるらしいからね。

そういうのって私も見たかったよ。工場って心躍るものがある。この年になってもトヨタの組立て工場とビール工場とお菓子の城の工場くらいしか見たことのない身としては鋳物工場って引かれる。うらやましい。

2007年3月 8日 (木)

TB

ひどいTBがジャンスカ付くので TBの設定を「受け付けない」にした。

ベーシックでやってたココログが手違いで解除されてしまって、作り直す時に間違ってフリーで作ってしまったので細かい設定ができないのだ。困ったものだ。

そのうち またベーシックで作り直すしかないだろう。

ということでTB付けられません スパム以外の方 ごめんなさい。代わりにコメント入れてね。

2007年3月 7日 (水)

明るい話題

何か明るい話題を と思ってタイトルだけ書いたが“明るい話題”ねえ。。。。。

娘が今日から15日まで学校が休みだ。花の水遣りと洗濯と掃除機かけと夕飯のご飯炊きはまかせた!って これは私にとっての明るい話題 だな。。。。。

息子がポケモンダイヤモンドを買ってもらって以来、毎日お友達が自分のDSとダイヤモンドを持って遊びに来てくれるのでうれしくてウハウハ言っている。と これは息子にとっての明るい話題ね。

補習の子を除いた全員で土曜日にディズニーシーに行くことになってうれしい娘は今日から朝寝し放題できてシーにも行くからお手伝いを断れない という明るい話題もある。

夫は昨日床屋に行ってサッパリして来て今日は私にヘアカラーをやってもらってうれしい かなかな?

明日も良い一日でありますように。
プリンタがいやな音を立てていることは とりあえず忘れよう。

2007年3月 6日 (火)

思いがけないゆとりの時間

昨日の生徒は休み、今日の生徒は1人は風邪っぽいとのことで時間短縮、もう1人は休み。

試験が終わってしまうと途端に気がゆるむようだ。しかし風邪の生徒は数学47点取った。半年前に始めるまでは16点が最高点だったのだから かなりの進歩だ。8点しか取れてなかった理科も39点だったし全科目30点台に乗った。それに免じて時短にしてやったのだ。

思いがけずゆとりの時間ができたので 夕飯にはゆっくり揚げ物をした。なんか悲しいかも。もっと実のある時間の過ごし方をしたいものだ。

2007年3月 5日 (月)

荒れ模様

春の嵐の一日、生活も荒れ模様だった。

大風の中今年度最後の授業参観に行き、雨混じりの風の中帰宅。夜の家庭教師は「休んでいいですか?」という電話でナシになり(韓国から親戚が来ているとか)せっかくできた時間だからと腕時計を買うために近所のホームセンターに行った。10気圧防水だと電池交換に日にちがかかる上にものすごく高いのだ。それで電池が切れたら使い捨てにしている。今日は10気圧防水のソーラー時計を買った。

目に付いたので鍋をひとつ ついでに買ったのだが家で箱を開けてみたらキズキズだった。縁の部分にぶつけた跡が8箇所もあってへこんでいたり外回りの塗装にタテの線が入っていたり。電話したら取り替えると言うので大雨大風の中車を出して取替えに行った。代わりに出してきた鍋を点検したら やっぱり縁がキズキズで底の部分にもヘコミがあった。B級品だから安かったのかもしれないが あんな縁がへこんでゆがみが出ているような鍋はいくら安くても買えないだろう。結局返品でお金を返してもらって帰って来た。

あっちもこっちも荒れ模様の日だったらしい。

2007年3月 4日 (日)

日曜日満喫

ゆうべは記録的な早寝をしたので朝5時に目が覚めた。このまま早寝早起きのサイクルになるかというと そうはいかないのだが何だか気分の良い一日になった。

息子は10時から お友達の家で練習、と出かけて行き10分も経たないうちにゾロゾロ引き連れて帰って来て「うちで練習することになった」と。ひとしきり練習して あとはみんなで12時まで遊んで帰った。

それから2人で自転車でポタリング(=自転車でユルユルお散歩すること)に出かけ、大型ショッピングセンターに行った。6月の誕生日の先渡しでDSソフトのポケモンダイヤモンドを買ってしまった。娘には「英語漬け」を買った。卒業式と入学式があるので私の礼服を買ったら2割分の商品券をくれたので得した気分になった。

催し物をする広場で松尾伴内(鑑定団に出てるのしか知らないが)が司会をしていた。携帯で写真を撮ろうとしたが、動くわ動くわ、撮れるものじゃなかった。

夕飯にチラシ寿司とハマグリと菜の花の潮汁を作り 那須から帰って来た夫と娘と4人で一日遅い桃の節句をやった。

暖かかったので半袖Tシャツの人がいたり 道端の桜が満開になっているのがあったり ほとんど3月じゃないような一日だった。

2007年3月 3日 (土)

ひな祭り

今年はお雛様を出せなかった。2月は忙しかったんだもん。毎年何割くらいの人がきちんきちんとお雛様を出しているものなのだろうか。

今日の夕飯は娘と夫が那須に行ったので息子とふたりだから簡単に済ませてしまった。息子は明日お友達の家に集まって6年生を送る会の演し物の練習をするので行けなかったのだ。

でも夕飯の買い物に行ってハマグリ 菜の花 チラシ壽司の材料などは買い揃えて来たので明日の夕飯は ひな祭りバージョンにできる予定。

3月3日が平日だとそんなこともやってられない場合があるから1日遅れでもやってやれてラッキーだったと思おう。

今年は暖冬で『桃の節句』どころか桜まで咲いているようだ。明日は18度の予報。午前中で送る会の練習が終わったら息子とふたりでポタリングにでも出かけようか。

2007年3月 2日 (金)

危うし!ディズニーシー

娘の中学校は もう進級試験も学年末試験も終わり、高校説明会も終わり、授業も給食も終わり、自主研究発表会も終わった。あとは明日答案返却で行き、何回か学校に行くだけで卒業式練習もなく卒業式である。公立と違って卒業記念旅行(要はディズニーランドね)も卒業生を送る会もない。

それで仲のよい人たち8人で集まってディズニーシーに行く計画を立てていた。しかし今日 そのうちの1人が『補習授業出席命令』(本当は何と言うかは知らない)の封筒をもらってしまったのだ。

「たとえ行く日に補習授業がなくても これじゃ行かせてもらえない」ということでメンバーが欠けることになってしまった。計画を卒業式後の日程に変えるか 行くのをやめるかという事態になってしまった。

メンバーのほとんどが親ナシでお出かけするのは初めての子達だ。せっかくの機会だから行かせてやりたいが どうなることか。

それとは別に うちの娘が『補習授業勧告書』をもらわずに済んだ、ということがわかって胸をなでおろしている母である。

2007年3月 1日 (木)

鉄子の旅とキャリアこぎつねきんのもり

またマンガにはまってしまっている。周期的に こういうことがあるのだ。「下流志向」とか読みたい本も積んであるのに それは読まずにマンガばかり読んでいる。

今日は10時過ぎに仕事が終わってから駅前の11時までやっている大きな書店に行って「鉄子の旅 6」と「キャリアこぎつねきんのもり 1」を買ってきた。「キャリア・・・・」の方は1巻と4巻しかなくてしかたなく1だけ買ったのだが帰りに2時までやっている書店に寄って2巻3巻をゲット。続けて12時閉店の書店に行って4巻5巻をゲット  できなかった・・・・・なので今日は3巻まで。しまった!4巻も買っておけば良かったと思ったが後の祭りだった。明日仕事の帰りに駅前のもうひとつの大型書店に行って4と5が買えなかったらネットで注文だ。

車ですぐのところに大型書店が4軒あるというのは大変にうれしい環境である。お財布にはやさしくないが。。。。。。

今日(もう明日か?)は これからTVで「のだめ」と「コマ大」見てから寝る。な~~~んて忙しいんざましょ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »