« 卒業式 | トップページ | DEATH NOTE 後編 »

2007年3月17日 (土)

ドラえもん映画魔界大冒険

息子とドラえもん映画を見てきた。うちにビデオで持っている「魔界大冒険」のリメイク版。MOVIXのポイントを招待券に引き換えて見たので無料プラスポップコーン付き。入場者プレゼントも2個ゲット。

脚本 新保裕一 と出たが あの作家の新保裕一なのだろうか?昔の「魔界大冒険」はエピソードてんこ盛りでやたら長かったが今回のはかなり整理されていた。その代わりメデューサが美夜子さんのお母さんだったという設定が付け加えられ魔法界に科学者の「博士」がいるのはおかしいということでか「牧師」に変わっていたりした。それでも「牧師」の研究室は前作とは比べ物にならないくらいハイテクかつ広大なものだったしキイボード使っていたし~。

多少変わっていても筋は同じだから先を知っているし。何で息子が見たがったかわからん。ドラえもん映画も「のびたの恐竜」からリメイクになっているしネタ枯れか?

ケロロ軍曹とか他にも見たい映画があるらしくて春休みは大変である。

帰りにTSUTAYAに寄ってみたが「Death Note後編」も「フラガール」も出払っていた。残念。

« 卒業式 | トップページ | DEATH NOTE 後編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うんうん くれしんは特に「アッパレ戦国大合戦」が息子のお気に入りで年中見て泣いています。「オトナ帝国・・・」も感動物だった。しんちゃんは映画だと感動させてくれます。そういえばのびたも映画だと活躍するなあ。新保裕一がアニメ関係だったとは知りませんでした。

新保裕一は好きで読む作家の1人ですが、彼は元はアニメ関係の方です。アニメだからとバカにできない作品ってありますよね。特にくれしんあたりは不覚にも感動(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業式 | トップページ | DEATH NOTE 後編 »