« 大チョンボ! | トップページ | 青虫 »

2007年5月11日 (金)

英語の授業

今日の家庭教師の生徒の学校の英語教師は 今年から新しく来た先生で「今年の3月まで何年間もイギリスにいた」という男性に代わった。

その先生は授業中「英語しか話さないから何をやっているのか全然わからない」と言っていたが とうとう挫折したらしく「この頃は日本語で説明する」ようになったのだそうだ。

でも今日行ったら教科書が全く進んでいない。なぜかというと「先生が忘れていて同じ授業を二回やったから」なのだそうだ。

「同じことを二回聞いて“これが大事だ”とか同じこと言ってて あきた」と。でも何もおぼえていないキミはどうよ。授業以外に家庭教師で同じ説明を二回しているんだから都合4回同じことやっているのに単語はおぼえていないし和訳もでたらめ、並べ替えも「わかんない」と投げ出す。これは怒るよ。「同じ授業二回」なんて言って墓穴を掘ったね。

しかし 同じ授業をしているのに生徒の誰も「先生 それは前回やりました」と言わないって 何なんだろう。教師も生徒もすごく問題だと思う。

« 大チョンボ! | トップページ | 青虫 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大チョンボ! | トップページ | 青虫 »