« あせってないからよ | トップページ | てりやきのタレ »

2007年6月12日 (火)

天才エレクトーン少女ー2

生徒がお休みだったのでごはんを食べながらとうとう見てしまった『天才エレクトーン少女』。。。。。

大爆笑につぐ大爆笑。スタジオの声が笑い声だけ。完全に笑いものにされているな。わかっているのか?本人と先生が喜んでいるからいいのか?親は笑いものにされていてもTVに出られてうれしいのか?コスプレとおゆうぎは上手になるかもしれないが あれを見て「うちの子もあそこで習わせたい」と思う親って本当にいるのか?コスプレとおゆうぎがうまくなればエレクトーンがまともに弾けなくてもプログ゙ラムできなくても『天才』なのか?

と言ったら夫が「世の中広いからこれ見て習いに行くのもいるんじゃないのか」とのたまった。そうか~~~。そういうものなのか~~。

しかし間違ってもジョニーデップやオーランドブルームやプロデューサーの社交辞令を真に受けてハリウッドやラスベガス進出なんて考えない方がいいと思うぞ。大きなお世話か?だってあの先生なら夏休みに「全世界公演ツアー」とか考えそうじゃないか?

そのあとやった箕面自由学園のチアリーディングはすごかった。笑う余地など皆無。「おお!」「オオ~!!」と言いながら見た。鍛錬の賜物の演技と「天才エレクトーン少女」を並べて出すのは酷ではないかと思った。これも余計なお世話か?「コスプレとおゆうぎの練習はいっぱいしています!」と怒られそうだな。

« あせってないからよ | トップページ | てりやきのタレ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あせってないからよ | トップページ | てりやきのタレ »