« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

プチ大掃除

レッスン室の片付けをした。こういう部分的な大掃除をうちでは『プチ大掃除』と称している。

積み込みになっていたものを全部出して(出してみるとすごい物量だ)。シュレッダーにかけるものとそのまま捨てるものと取っておくものに分けてキチンと整理して入れ直し。実にスッキリした。ホワイトボードや写真の額も全部下ろしてマイペットで拭いたら ア~~ラ キレイ!部屋が明るくなった。

シュレッダーのゴミも含めてゴミ袋ひとつ一杯になった。

夏休み中に順次 一部屋ずつ大掃除する予定。

2007年7月30日 (月)

土用の丑の日

スーパーはうなぎ売り場と化していた。

愛知産鹿児島産宮崎産など国産ウナギの蒲焼がたくさん。中国産の倍以上の値段で売られていたが中国産は食べる気になれないから高いけど国産のを奮発。子供たちはこの間ウナギを出したら不平タラタラで「今日はウナギの日」と言ったら「え~またあ?」と言ったから子供たちは豚肉のしょうが焼きを作ってやることにしてウナギは夫婦2人分しか買わなかった。

うなぎの特産地は今は静岡ではないらしいね。鹿児島 愛知 宮崎 静岡の順だ。鹿児島と宮崎だけで全国シェア50%以上だそうだ。

夕飯の準備を始めたら娘が「私も食べたい」と言うではないか。「『え~またあ?』って言ったからいらないんじゃないの?」と言ったら「言ってみただけじゃない」と言うのでもう一人分自分で買いに行かせた。

いざ夕飯になってみたら皮がイヤで骨がイヤでグチャグチャやっているので「皮ごと骨ごと食べるんでなかったら『食べたい』などと言うな」と怒った。決死の形相で時間をかけて何とか全部食べたが。。。。。

だいたいがうちの子供たちはウナギは嫌いなのだ。理由は「皮の色が気持ち悪い」。だから上野池之端の伊豆栄でうなぎを奮発してやろうと言ってもノーサンキューな人たちだ。安上がりでいいけどさ。

毎年1回ずつでも少しでも食べさせておかないと。大人になっても食べられないようでは困ることもあるかもしれないし。好き嫌いを作らせないって結構大変だ。

2007年7月29日 (日)

雷雨の日曜日

那須は朝からものすごい雷雨。2時近くには小雨になったそうだ。

自宅は2時前からすごい雷雨。あわててモデムとルータの電源を抜いた。4時近くになって晴れたので傷んだ植木の手入れと買ってきたまま置いてあった苗の植え替えをした。

Blog_011_1 6時近くに那須から夫が帰宅。バナナトラップで捕まえたカブトムシをたくさん釘の空き箱に入れて持ち帰ったので外に置いてあるカブトムシの飼育箱(熱帯魚の60cm水槽だけど)に移して虫ゼリーとバナナをあげた。交尾しているのもいたので来年も繁殖しそうだ。

Blog_012_1 バナナが安かったとかで大量に買ってきたので夕飯後 娘がバナナケーキを焼いた(というか焼かせた)。ケーキ本を並べて検討して良さそうなレシピを選んで大変な騒ぎの末焼きあがった。それがこれ。 初めて焼いたにしてはなかなか上手にできたと思う。15cmの紙型2個できた。これで3日くらいはおやつの心配はなさそう。

2007年7月28日 (土)

ディズニーシー

娘が部活の仲間と4人で行って来た。

4人のうちに浦安の子がいて その家にお泊まりさせてもらって、朝7時半出発で10時の閉園まで歩き続けたそうだ。

お友達の家にお泊りするのも初めてのことだ。最初の予定だとディズニーシーから帰ってもう一晩お泊りして明日の朝帰って来るのだったが今日の夜になったらみんなおうちに帰りたくなったようでお泊りしないで帰ってくることになったとメールが来た。

10時半過ぎにあちらの家を出てこちらの駅に着いたのが11:30過ぎ。メールが来て迎えに行ったら「3時ごろキャンディバーを食べたきりでお腹すいた」と言うのでごはんを食べに行き、家に帰ってきたら1時過ぎていた。

みんな疲れてヘロヘロになりながら帰ったそうだ。そりゃ疲れるよね~。でも平日のせいか開園を待ってすぐ入ったせいか どれも10分待ち15分待ちで乗れたそうで、気に入ったアトラクションには2度も3度も乗ったのだとか。「今までにないくらいすごくいっぱい乗れた」と。

楽しかったようでよかったね。

2007年7月26日 (木)

メルツェデス

もちろん あのベンツのこと。

幼稚園の時 少女フレンドを読んでいてマンガの中に「メルツェデス」という車の名前が出てきて その響きに魅了された。「なんてロマンチックですてきな名前の車なんだろう」と思ったのだな。

お金持ちにもらわれた少女が実家の親が死にそうになって見舞いに行くのに運転手付きのメルツェデスで行くわけだ。田舎のゴロタ道で車が腹を打ってしまい「お嬢様 これ以上進めません」と運転手が言い、お嬢様はそこから歩いて行くのだが その後姿を見ながら運転手が「全く見栄をはってメルツェデスなんて車高の低い車で来るからこういうことになるんだ」と言うのだった。

それで『メルツェデスというのは高級な車で車高が低くてかっこいい車なんだ』というのが刷り込まれてしまったのだな。

感動のあまり、お店の若い衆に「あたし大人になったらメルツェデスって車に乗ることに決めたわ!」と言ったらみんなで「メルツェデスってなんだ?」「ベンツのことだよ」なんてワイワイ言うものだから「ベンツなんてかっこ悪い名前じゃないの!メルツェデスよ!」とがんばったら「はいはい どうぞ乗ってください」と言われてブンむくれたのだった。父は「メルツェデスというのは車を作った人の娘の名前なんだよ。女の子の名前の車だから女の子が乗るのには似合ってるね」と言ってくれた。

大人になってみてメルツェデスは高級で高価ではあるが若い子に似合うような車高の低いかっこいい車というわけではなく、それどころかかなりのオヤジ車だということはわかった。が、相変わらず乗りたい車には変わりなく、オヤジ車に乗るのが似つかわしいような年になってしまったが乗れないことにも変わりはないのだった。いつになったら買えるんだ メルツェデス。

ワールドビジネスサテライトを見ていてスーパーカーやトミカのことをやっていたので思い出してしまった。ちなみに今時の子供たちが大人になったら乗りたい車ってエルグランドやらのファミリーカーなのだそうだ。夢がないなあ。

2007年7月24日 (火)

浅草 新世界 花やしき

「ガイアの夜明け」で花やしきのローラーコースターのことをやっていて『新世界』のことを思い出した。

実は浅草で育ちながら花やしきには行ったことがないのだ。その代わり新世界には年中父に連れられて歩いて行っていた。思いついて検索してみたらウィキペディアにちゃんと出ていた。五重塔再建の資金作りのために瓢箪池を埋め立てて売り出された土地に東急グループの楽天地が立てた室内型遊戯施設だったらしい。今は場外馬券売り場になっているそうだ。

なぜ花やしきには連れて行ってもらえず新世界だったかというと たぶんお店をやっていたからなのだな。昼間行かないと遊べない花やしきには連れて行けないと。その代わり夜遅くまでやっていた新世界にはお店の閉店近くになれば、あとはお店を若い衆にまかせて連れて行けたということなんだろうと思う。思い出はいつも夜だもん。それも確か8歳くらいの時に閉店してしまったのだ。

更に検索で東京下町貼雑帳というブログをめっけ。コメントに内部の案内図の写真があった。「へえ~」だった。宴会場や大食堂やバイキングレストランや温泉大浴場からプラネタリウム、中華飯店、ローラースケート場、キャバレーまであの中にあったのだね~。私が知っているのは1階のお土産屋とその端にあったおにぎり屋と3階のアメリカンゲームセンターだけ。思えば『型抜きしたおにぎり』というものを生まれて初めて食べたのは あのおにぎり屋でだった。家でも型抜きおにぎりを食べたくて母にねだってカッパ橋のお店で木のおにぎり型を買ってもらった。

シューティングゲームやミニボウリング(実際に小さい玉を投げる)やドライヴィングゲームなどなど好きなだけやりまくって楽しかった。というのもすいていたからなのだな。最後ごろなど電気が半分も点いていなくてお客さんは誰もいなくて薄暗かった。閉店はおにぎり屋さんの大将が「ここもあと1週間で閉まるんですよ」と父と話していたのを聞いたことで知った。子供心に「それでこんなに人がいなくて暗いのか」と思ったことをおぼえている。実際に閉館したのはいつだったのだろう。

アメリカンゲームセンターは今のゲーセンのハシリで、もっと大規模なものだったと思う。子供だったせいで広く感じたのかな?屋上に五重塔があって電飾でピカピカしていて非日常空間に入っていく感じが好きだった。

昭和30年代の初めにあんな大規模な室内型レジャーセンター(だよね)があったことに改めて驚いた。調べてみるもんだね。

暑かった~

暑かった!ナツナツナツナツ常~夏~と歌ってしまいたくなった(古いね どうも)。

お昼前 生徒の家にいる時に地震が!家には息子が1人で留守番している。大丈夫かと心配になったが一揺れしただけでおさまったので大丈夫なことにした。今日は娘も午前中だけで帰ってくるし。

昼過ぎ学校でスクールカウンセラーと事例報告。

4時からのレッスン目がけて急いで帰って来たが来ない!聴音もあるので2時間とってあるのだがメールを送っても返信がない。ので終わってから行く予定だった楽譜買いに出かけた。結局夜8時近くになってメールが来て「寝ちゃいました。すみません。」と。普通こういう時は代替レッスンはしないのだが夏休みだし時間は取れるので木曜夜に入れてやった。

9時過ぎ明日の夜の生徒からメールで「明日のレッスン午前中で空いている時間はないですか」と。10時からは入っているので「9時から」と返信したら「それでお願いします」

みんな夏休みなんだな やっぱり。

2007年7月23日 (月)

早寝遅起き

「先生、早寝した方がたくさん記憶できるって書いてあったんでオレはこの頃早寝するようにしてるんです」
はいはい「それで朝は5時から起きてるというわけ?」
「いや起きるのは昼の12:30ごろ」

笑い話ではない。今日の生徒の話。

どうりで夏休み中は1時から3時、というのに難色を示したわけだ。12:30に起きるんじゃご飯食べているヒマも目を覚ますヒマもないよね。

早寝したって夜中まで勉強している時と同じ時間に起きるんじゃ意味ないじゃん!勉強する時間が減るだけで意味ないですから~~。

「朝9:30に家を出て10時から先生の家に来て勉強している生徒もいるのだから」という話をして「寝たら寝たっきりになるのなら勉強なんかしないでずっと寝てれば!」ということになった。

それじゃ困るらしくて12時には起きるようにするって言ってたけど。。。。。。

2007年7月22日 (日)

一日中 霧

結局一日中霧だった。

湿気がすごいので窓を開けずにいたので家の中はさっぱりしていたが外でちょっと動くと汗をかく。気温は低いのですぐ汗が冷える。地面が濡れているので犬を散歩に出すとドロドロになって帰って来るのが困るね。

散歩に出てカブトムシの♂を一匹捕まえて帰って来た。かなり大きい。うちの在来種カブトムシは全滅してしまったから昆虫マットと♀を買ってきてやらなければならないな。

天気が悪かったせいで人出は少なかったらしく道路がすいていた。5:30過ぎに出発して新4号で帰って来た。途中ケンタッキーのドライブスルーででクリスピーなどを買い、安いガソリンスタンドでガソリンを入れ、道の駅でトイレして、それでも3時間で着いてしまった。

それにしても茨城と栃木の境目辺りのガソリンは安い。リッター120円。プリペで買えば118円。うちの近所の安いセルフでも134円しているのと比べたら16円も安い。なので行きに満タンにして帰りにも満タンにして帰って来た。行きに56リッター帰りに17リッター入れたからかなり得した気分。

夏休みで明日の心配をしなくて済むのがうれしい。娘のお弁当は作らなければならないけどさ。

植物いろいろ

朝は濃霧 視界20mくらい。雨も降っているからこれは雲の中と思った方がよいのだろう。

9時過ぎ雨がやんだので敷地内の植物の視察に出た。
Blog_003_13 ツルウメモドキ
この緑の実が熟すと黄色になり はじけて中の赤い実が出る。熟す前に枝を切ってリースを作っておいて乾くと皮がはじけて赤い実でゴージャスなのができる。本当に一晩ではじけるから面白い

Blog_004_6 切って立てておいた丸太に生えたキノコ
レイシの仲間らしいのだがよくわからない。日数が経つとサルのコシカケみたいにカチカチになる。今はまださわると柔らかい。左側に見える白いのもキノコ。

Blog_005_1 ヘビイチゴの群生
毎年本当に広範囲にヘビイチゴが咲く(生る?かな)。黄色い花が実を結んで真っ赤で丸いかわいい実がびっしりになる。今はまだ実になる途中。

Blog_006_1 スズランの実
スズランに実がなるのを発見したのは去年のことでそれまで何年もの間知らなかった。花のあとで赤い実がいっぱい生っていたのだ。雨で落ちてしまったらしく二つしか残っていなかった。

Blog_008_2 ブルーベリー
収穫期は7月らしいのだが うちではいつも採れるようになるのは8月だ。今年もまだ全然熟していない。今年はいっぱい実が付いているので収穫がたいへんだ。

写真はクリックすると大きく見られます。ピン甘で下手な写真だけど。

2007年7月21日 (土)

濃霧

久しぶりに家族全員で那須の家に来た。

出たのは5時過ぎ、途中で夕飯を食べてイオンで買い物をしてから来たので着いたら10時近くになっていた。

宇都宮辺りから霧、着いたら濃霧。でもログハウスは湿気を吸ってくれるので家の中はサッパリしている。

明日は晴れるといいな。ゆっくり散歩したい。1ヶ月来なかった間に雑草がいっぱい伸びていて完璧に田舎の雰囲気になっているのが楽しそうだ。

2007年7月20日 (金)

久しぶりの飲み会

今日は終業式、なので納会があった。

夜の仕事をかたすのは大変だったが何とか時間を空けて参加。○○商事の名前で予約してあって社長、専務と呼ぶはずがすぐに「校長先生」「○○先生」になってしまったのはご愛嬌?盛り上がって楽しかった。

一次会は中華料理屋で二次会はカラオケ屋。私は二次会にミスドを差し入れだけして会場の近所に住んでいるお友達とファミレスで2時間ほど駄弁ってからサウナの無料送迎バスに乗って帰って来た。

昨日(今日?)の問題の答えは『76』
何の反響もなかったのが寂しいけど。。。。。。
十の位の数をm、一の位の数をnとしてAは(10m+n)としBを(10n+m)として計算してみてください。

コマ大ー3

何ヶ月ぶりかのコマ大。

今回は『算額コンクール優勝作品を解く』だった。

算額=和算の学者が自分で考えた問題を額にして神社に奉納したもの
というくらいしか知識がなかったのでウィキペディアで調べてみた。詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。日能研の電車の中吊り問題は現代の算額だね。

驚いたのは今でも「算額コンクール」が開かれていて優勝者が高1で、その問題を作ったのは中3の時だったということ。やっぱり日本人て計数に強い民族なんだろうか?

結果はというと東大生チームだけが正解を出した。

6月ごろ見た時はマス北野(要するに北野たけしね)が連続して正解を出していてコマネチフィールズ賞を取っていたような気がする。たけし 侮れないな。

触発されたので今日生徒が「わからない」と持ってきた問題をひとつ。
「二桁の整数Aがある。その十の位と一の位の数字を入れ替えた整数をBとする。A²-B²=1287の時のAを求めよ」
どうでしょう?乗法公式と因数分解で解けます。やってみてください。答えはまた明日。

コマ大 来週は小学生と対決だそうで楽しみだ。

2007年7月19日 (木)

青海川駅

先日、上中越沖地震の土砂崩れで埋まってしまった駅。

確か『鉄子の旅』に出ていたはずだと調べてみた。
1巻の107ページに出ていた。「海に一番近い駅」と。駅から階段で海岸に下りると「海に一番近いブランコ」というのがあったらしい。地図で見ると駅だけ外に出ていて両側はトンネルになっている場所だった。

『鉄子の旅』は6巻で完結した。興味のある方(鉄分の多い人?)はこちらを見てください。

「海に一番近い駅」早く復旧ができるといいな。

2007年7月18日 (水)

夏休みだけど

娘の高校は今日終業日。前期後期制なので普通に授業をやって終わり。

明日から夏休みなのだが学校でやる夏季特別授業を全部申し込んだので明日からもお弁当持ちで行く。土曜もあるので休みは日曜とお盆の1週間だけ。8月末には3泊4日の勉強合宿にも行かせる。

夏休みなのに毎日お弁当作りはやらなければならない。

「夏休みなのに休みがない!」と言っているが、母もそんなすごいことになっていたとは知らなかった。でもエアコン完備の電車で行って全館エアコン完備の校舎で勉強するんだからモンクは言わないように。朝寝のクセが付かなくていいと思う。がんばってもらおう。

2007年7月17日 (火)

本格的に蚊が出始めた。今年は遅いと思う。

一昨日の夜中に夫が8箇所も刺されて大騒ぎしたので夜中なのに電子香取の機械を探し出して去年の買い置きの使い残しを探してセットして玄関先で毎日焚いておく蚊取り線香のケースを持ってきて蚊取り線香をつけた。

雨戸を開け閉めする時に網戸を開けたから昼間のうちに入っていたのだと思う。確かに昨日は花に水遣りしている間に足を何箇所か刺された。

毎年夏になると玄関内のたたきで電子香取をつけっ放しにして、玄関の外は夕方から蚊取り線香を焚いている。そうしていてもいつの間にか家の中に蚊が入ってしまうのだ。たぶん生徒の服にくっついて入って来るのだと思う。

マンションの高層階に住んでいる生徒は蚊一匹で大騒ぎする。うちの子供たちは「いっぱい食われた~」と言ってムヒを塗っている。生活環境っていろいろだね。

2007年7月16日 (月)

男同士のつきあい

今朝ははよから夫と息子で出かけて行った。

チャレンジ4年生の夏休み号の付録が月観察用望遠鏡だった。那須の家にはちゃんとした天体望遠鏡が置いてあるのだが「自分の」というのがうれしかったのだな。月観察用だから近くのものを見てもダメで「遠くのものを見たい」と。

どこへ行ったかというとまずは東京タワーのてっぺんを下から見た(朝早くてまだ開いてない)。次には竹芝桟橋に行ってレインボーブリッジやらなにやらを見たと。それがこの写真Blog_002_10

夫は竹芝桟橋の売店でトビウオのくさや(真空パック入り)を買ってきた。そんなもの 到底自宅では焼けないから那須の家で焚き火で網焼きしてもらおう。

今日は男同士のつきあいをしてきた親子であった。

2007年7月15日 (日)

甘~~い!ゴールドラッシュ

超巨大台風だったはずが特に大雨にも暴風雨にもならずに去っていった。

夫も補強だけして午後には帰って来た。
帰りに宇都宮のジョイフル本田に寄ってジャパンミートで大量のトウモロコシなどを買ってきたので早速ゆでた(珍しいことに夫が)。

ゴールドラッシュという種類なのだが『とうもろこしの美味しい湯がき方(1本あたり)』という小さな紙が入っていた。それによると生でも食べられます沸騰したお湯に入れ2~3分湯がいてくださいラップをして電子レンジで2~3分温めてください ということだった。“味来”“サニーショコラ”という種類も同じ湯がき方をするようにと書いてあった。

『2~3分』てすごく短いと思った。水からでなく沸騰したお湯に入れて、というのも今までの茹で方とは違う。若干不安だったが確かに生で食べてもすごく甘かったので夫に任せた。

結果は・・・「あま~~い!ツブツブの皮が柔らか~い」だった。本当に驚きの甘さ柔らかさだった。あんなに柔らかくては確かに長時間茹でたら煮崩れしそうだ。

トウモロコシなのにお菓子を食べている感覚だった。

2007年7月14日 (土)

これ何?

って 雨戸なんですけどね。

大型台風が来ている。夫は那須の家で建築途中の作業小屋が飛ばされないか心配だからと補強しに出かけて行った。

関東地方に台風が来て風雨が強くなるのは明日の午後からということだったが夜中に来る心配もあるので家中の雨戸を閉めた。

「これ何?」と息子に聞かれて脱力した。
あまり大きな声で言うのもどうかと思うが、うちはめったに雨戸を閉めない。家族で那須に行く時も閉めない。それどころか道路から見える部屋はブラインドも閉めずにレースカーテンだけにして行く。泥棒が入ったとしても懐中電灯の光が道路から見える方がいいのではないか、ということで。

普段は夜遅くまでレッスンしていたりするから閉めない。だってレッスンに来た人だって雨戸が全部閉まって真っ暗な家に来るのはいやだろうし。

ということで息子は自分の家の雨戸がしまっている状態を見るのは もしかしたら初めてだったかもしれない。

めったに閉めないからレールの上に砂ボコリやら何やらが溜まっていて動きが悪いわ雨戸の裏側はゴミだらけだわ雨戸に引きずられたゴミのせいで隙間があくわ、で真っ当に閉められたわけではないが取りあえず何か飛んできてガラスが割れる心配だけはなくなった。

閉め切ってしまうと家中のエアコンをつけないといられない。良し悪しだね。

ポケットモンスター ダイヤモンドパール ディアルガvsパルキアvsダークライ

どうにも長いね 題名が。

本日封切り。11:30からの2回目の上映で見てきた。映画館限定発売のプレミアムシート(カード11枚入り1000円)も買った。12枚目はダークライなのだが そこにはカードは入ってなくて、シアター入口でダークライのカードを全員がもらえるので それを入れるようになっている。

前売り券はあきらめて“おさきにNet”で買ったチケットで見てきた。前売り券はチケット売り場に長蛇の列を作っている親子にあげてしまおうと思って何人かに声をかけたが全員ディオキシス引換券付き前売り券を持っていたのだ。なのでまだ手元にある。子供は前売り券持っていても親は持ってないから並ぶわけね。

Arioのオモチャ売り場には「ディオキシス引き換え場」が特設されていて そこも長蛇の列だった。どれだけ売れたんだ?前売り券。

シアターの中は佃煮にできるほど子供だらけ。ほぼ満席。その全員が(たぶん)DSを持っていて赤外線通信でダークライを受け取っていた。もちろんうちの息子も受け取った。

映画はというと。。。。うるさかった。。。。。めちゃくちゃうるさかった。。。。。難聴になりそうだった。。。。子供が多いから「あ!ナントカだ!」とか「ナントカがどうとかすると何だかになるんだよ!」なんて声も聞こえたが それすらもかき消されるほどの大音量だった。

CGは前回よりは進歩。しかしCGIの背景でセル画を動かすって、ものすごくセル画が浮いている場面があったぞ。セル画って縁取りクッキリで色がベタなせいか、3次元背景の中で2次元的平らな人物のせいか。ストーリーは時間を支配するポケモンと空間を支配するポケモンが時空の狭間で際限なく戦っていて その戦いが現実世界を侵食して飲み込んでしまうのをダークライが身を挺して守る、というものだった。実際にはダークライはアリス(の祖母のアリシア)を守ろうとしているだけなんだけど。

しかし時空の狭間での戦いが現実を侵食する過程で現れた現象をズームアップするとパルキアの姿が見える、ってのもどうかな~。わかり易過ぎないかい?

最後のタイトルロールでダークライの声がナントあの石坂へーちゃんだったのには驚いた。トニオは山本耕史、アルベルト男爵は山寺宏一。アニメの声優ってけっこう豪華版だ。

映画が終わって下に下りたがフードコートも長蛇の列ですごい混みようだったので何も買い物せずに帰って来た。台風が来ているからすいているかと思ったが、かえってこういう日には大規模店に入ってしまった方が平和だから混むものなのかもしれない。

2007年7月13日 (金)

すっかり夏休みモード

明日はポケモン映画の封切り日。

映画に行くとダークライがもらえるとかで子供たちはDSを持って映画に行かなければならないらしい。

で うちのバカ息子も「明日映画見に行きたい!」とうるさかったのでMOVIXで席を取った。夏休みになってから連れて行こうと思っていたのに バカ息子の頭の中は もうすっかり夏休みモードに入っているらしい。

夜になって気が付いた。ディオキシス引換券付き前売り券を買ってあったじゃないか!なんてこったい!

明日MOVIXに行って「前売り券を買ったのに“おさきにNET”で席を取ってしまった。何とかならないか」と言ってみようと思い息子に「前売り券を持ってきなさい」と言ったら「探したけどない」と。な~~んてこったい!

ディオキシスを引き換えに行ってゲットできたのでルンルンしてしまって一緒にしまっておいたはずの前売り券は意識から吹っ飛んでしまったのだな きっと。

ダークライをもらったあとでナントカをナントカしてドウトカするとアルセウスとやらがゲットできるらしくて昨日はネットで手に入れ方を一生懸命検索していた。その熱心さを勉強に向けてくれたらいいのに。。。。。。

「せっかく買った前売り券をなくしたのなら映画には行けません。明日取った席はムダにお金を払っただけになります。自分の責任で管理する約束だったのだから何がなんでも探しなさい。」ということで何が何でも映画に行ってダークライをゲットしたいバカ息子はさっきまで必死に探していた。

やっと見つけた前売り券。とりあえず持って行ってみようと思う。ダメ元で係のおねえさんに聞いてみようと思う。ダメだろうな きっと。

2007年7月12日 (木)

安い買い物

昨日はココログがメンテで使えなかった。

今日家庭教師先に行く途中のコナカですごく安い買い物をしてしまった。信号を待っていたらコナカの入口に趣味の良いボーダーのポロシャツを発見。信号を渡ってそのままコナカに直行した。そのコナカは今改装閉店セール中で9割~5割引なのだ。ポロの値札を見てビックリ!590円!2枚選んでキャッシャーに持って行ったら「3まいだと1500円になります」と言われ、3枚買ってしまった。

レジ脇に吊るしてあったTシャツは「肩のところが日焼けしてしまったので105円です」と。よく見ると日焼けで黄色くなったのとそうでないのとがある。いいのを選んで3枚くらい買いたかったがカテキョの時間が・・・・・

今週いっぱいくらいやっているそうだから また行ってみよう。

2007年7月 9日 (月)

夜中でも本が買えるって

なんか今日 改めてすごいことだな~と思った。

11時まで家庭教師して帰りにTSUTAYAにDVDを返しに寄ってついでに併設(?)されている本屋で本を選んで買ってきた。

11時過ぎのTSUTAYAも本屋も混んでいた。レジに列を作っている。両方とも夜中の2時過ぎまで営業しているのだ。行った時は11時過ぎにもかかわらず第1駐車場は満車で第2駐車場も半分以上うまっていた。

12時過ぎまでは行ったことがあるがその時も混んでいた。閉店間際の2時には行ったことがない。そんな時間に本を買う人っているのだろうか?

夜中に本が買えてDVDを借りられるって。。。。。やっぱりいいこと、なんだろう きっと。

2007年7月 8日 (日)

セミ

何ゼミかわからないが那須から夫がセミを捕ってきた。

使うために朝出して立てかけておいた材を使おうと思ったらゼミが取り付いて羽化しかけていたのだそうだ。2匹いたそうで入れるための箱(クギの空き箱だけど)を探しに行って戻ってきたら1匹は既に飛んで行ってしまっていたそうだ。それで逃げ遅れたのだけ箱に入れて持ち帰ったということで それがこれBlog_001_13。箱の中で羽化したので羽が曲がってしまったみたいだ。薄い緑色をしている。

那須には何年か前までヒグラシしかいなかった。夕暮れが近くなるとすごい大合唱で、あっちの林の方から声が徐々にやってきて今度はこっちの林からあっちへと声が渡っていく。それが夜になるまでずっと続くのだ。雷や夕立の雲が来て暗くなっても鳴く。集団で波状攻撃的にものすごく鳴く。泣き声が頭の上を通り過ぎて行く。こんな書き方でわかってもらえるだろうか?だからこれはヒグラシだと思う。

ミ~~ンミ~~ンと鳴くのを初めて聞いたのは3年くらい前のことだったろうか。まだ数は少ないが昼間に鳴いているのを初めて聞いた時はびっくりした。それ以来毎年何回かは聞くようになった。それまで那須のセミは昼間は鳴かないので昼間は静かだったのだ。

短い命だから放してやろう ということになったが環境の違うところに連れてきちゃったから もっと短命になるかもしれない。ごめんね。

2007年7月 6日 (金)

結局おうちご飯

今日は夕飯を作っている時間がないから外食 の予定だった。

でも結局おうちご飯になった。
7時で終わってどこに食べに行くかという話をしていて「やっぱりおうちで食べたい」という息子の一言でごはんを作ることになってしまった。

それから買い物に行き、出来合いのローストビーフサラダと焼き鳥を買い、おかずが少なくても済むように山菜釜飯を作った。早くに炊き上がるように電気釜の内釜をガス直火にかけて炊いたので15分で炊き上がり。あとはネギ入り卵焼き、それだけ。

それでも おうちごはんが好きだっていうのは喜ぶべきか悲しむべきか。。。。

2007年7月 5日 (木)

林間学校なので

明日の夜の生徒はいないから休み。明日は夜7時に仕事が終わる。

でも明日は息子の学校の授業参観と懇談会であさっては娘の学校の懇談会。懇談会に出ていると夕飯を作っている時間が取れないから明日は7時までガマンしてもらって外食かな?たまにはいいかも。

土曜日は朝レッスンしてから懇談会にすっ飛んで行って(でも遅刻だけど)午後は3時までで仕事が終わる。期末試験が全部終わってくれて助かった。

この頃 体の骨がずれているような感じだから今週末はマッサージにでも行って来ようかと思う。

2007年7月 4日 (水)

リユースカップヌードル

というのをご存知だろうか?

セブンイレブンで売っている。プラスチック製のリユースカップに麺のリフィル2個セットが箱に入って598円(だったかな?)

だいぶ前に「カップヌードル食べたい食べたい」とうるさい息子に1000円持たせてセブンに買いに行かせたらそれを買ってきてしまったのでうちにはそのカップが1個あった。

今日 月謝を万札で持ってきた生徒に渡すお釣りがなくて仕方なく息子に万札持たせて「カップヌードルのリフィルを1個買ってきていいから細かくしてきて」と頼んだら またカップ付きスターターセット(というらしい)の箱を買ってきてしまった。これでリユースカップが2個もあることになった。

なぜかというと「リフィルだけのは売ってなかった」からなのだ。

そんなはずはない。リユースだろ。とレッスンが終わってからTSUTAYAに行ったついでにセブンイレブンを3軒のぞいてみた。夜10時過ぎに何やってんだろうね。

結果は「どこにもない!」だった。どこの店にも「箱入り カップ+リフィル2個入り」は置いてあるのに中身だけのリフィルは「取り扱っておりません」てどうよ!と思った(○`ε´○) !!

『エコなリユースカップ』のはずが使い道がないじゃないか!

リフィルは普通のスーパーじゃ売っていない。コンビニでしか売ってないのにそのコンビニにさえも置いてないってなんなんだ!

帰って来てネット検索してみたらセブンイレブンの通販でリフィル8コ入りが買えることはわかった。でも あんなもの8個もいらない。どうしても食べたい時に1個ずつ買えなくてどうするのだ。24時間営業だろ!

日清食品が何を考えて売り出したのかわからない。何考えているんだセブンイレブン!

ということで怒っている。年に何個かしか買わないユーザーが何言うかと言われてしまえばそれまでだけどさ。

2007年7月 3日 (火)

十勝のアイスキャンディー

お中元に十勝甘納豆本舗のアイスキャンディーをいただいた。

Blog_10 写真の青い保冷ボックスにギッシリ8種類何本かずつののアイスキャンディが詰まっていた。総本数は数えていない。すでに何本か消費されてしまっているのでわからないのだ。
「蜂乳」とか「豆乳ペプチド」とか「黒豆ココア」とか「むらさき芋」「青りんご」など変わったキャンディがいっぱい。「豆乳ペプチド」なんて消化酵素が入っているのだろうからいかにもお腹によさそうだ。

「2時間もつ」分のドライアイスが大量に入っていたのを見て子供たちはたちまちボールを出して箸でつまんで移して遊び始めた。キッチンでキャーキャーやっているので「お風呂場でやりなさい!」とレッスンの合間に怒鳴ってしまった。しばらく遊べたようだ。小4の息子はともかく高1の娘まで一緒に遊ぶって。。。。。

こういうのもいいね。来年のお中元の参考におぼえておこう。

2007年7月 2日 (月)

ひどい話

9:30 家庭教師の最中に生徒の携帯が鳴った。

メールだったので見てもいいと言ってやったら「明日の数学と英語の期末試験範囲教えて」だと。なんなんだ!!

すぐにメールで教えてやっていた。

しばらくして10時過ぎに電話がかかってきた。声がもれ聞こえて「お前の英語のノート貸して」。向かい側で私は力いっぱい両腕で×生徒は「やだよ。だっておれも勉強するもん」向かい側で私は「ウンウン」。「死ね バカ」と言われて「お前こそ死ねよ」と言い返して切っていた。笑って言っていたがちょっとそのやり取りはなあ。。。。軽々しく言って欲しくない言葉だ。

サッカー部の主将だった子だという。今まで試験の範囲も知らないまま定期試験を受けていたらしい。校内順位は限りなくビリに近いのだそうだ。中間の時は5教科合計点数が25点だった(今まで19点が最高だった)と言って喜んでいたそうだ。親はいったい今まで何をしていたのだろう?

生徒には帰りに「友達は選ぶように」と言ってしまった。夏休みに一緒になって遊んでられたんじゃ目も当てられない。

2007年7月 1日 (日)

コロッケ

本日のメインエベント。コロッケ。

午前中ガーデニング。バコパもミリオンベルも切り戻して二周り大きいプランタに植え替えして花の終わったアジサイも切ってベゴニアも切って娘がこの間作ってきた苔玉リースに付いていた日々草も植え替えて塀の周りの雑草退治もして いよいよコロッケ作りに取り掛かったのは3時過ぎ。

『手のかかる料理』はコロッケにした。じゃがいもを箱で買ってきてあるので今じゃがいもには恵まれているのだ。娘と一緒に作った。

①牛ひき肉とタマネギのみじん切りを炒める。
②じゃがいもをゆでて皮を剥いて芽を取って粉ふき芋を作る。
③それをマッシャーでつぶして①で作っておいた肉タマネギを混ぜる
④昨日のおやつに茹でたトウモロコシの残りの身を削いで混ぜる
⑤スキムミルクの粉も混ぜる 全部熱いうちにやる
⑥バットにひろげてならし冷蔵庫で1時間冷やす
⑦20個(小さい)に分けて俵型や小判型にして小麦粉→溶き卵→パン粉の順に付けて高温で揚げる。

全部揚げ終わったら6時過ぎていた。できあがった写真がこれBlog_9。形も大きさもまちまちだが“目の細かいパン粉”というのを使った。衣が薄くて外はカリカリで中はホクホク。お肉もトウモロコシもたっぷり。付け合せはキャベツの千切り。子供たちは揚げたてをハフハフ言いながらバクバク食べた。ごはんとお味噌汁(大根 葉っぱ入り)は後回し。小さいけど20個は多すぎたかと思ったが、心配なかった。 実に売れ行きが良くて張り合いがあった。コロッケの中のひき肉以外は全部野菜のメニューになった。

娘は明日のお弁当に持って行くのだと1個ゲット。お友達にジャガイモから作ったのだと自慢するらしい。

新ジャガだったから味が足りない感じだった。下味は濃い目に付けたつもりだったがもっと塩コショウしても良かったようだ。でも「最初からおうちで作ったコロッケはおいしいね~」と言う子供たち。それにしても買ってきたコロッケってどうしてあんなに衣が厚いのだろう。お肉の量も少ないし。久しぶりに夕飯のしたくに30分以上(3時間かかった)かけられた。専業主婦だったら毎日こういう料理を食べさせてやれるんだけどね。

明日はポテトサラダを作ろうか。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »