« 結局おうちご飯 | トップページ | 夜中でも本が買えるって »

2007年7月 8日 (日)

セミ

何ゼミかわからないが那須から夫がセミを捕ってきた。

使うために朝出して立てかけておいた材を使おうと思ったらゼミが取り付いて羽化しかけていたのだそうだ。2匹いたそうで入れるための箱(クギの空き箱だけど)を探しに行って戻ってきたら1匹は既に飛んで行ってしまっていたそうだ。それで逃げ遅れたのだけ箱に入れて持ち帰ったということで それがこれBlog_001_13。箱の中で羽化したので羽が曲がってしまったみたいだ。薄い緑色をしている。

那須には何年か前までヒグラシしかいなかった。夕暮れが近くなるとすごい大合唱で、あっちの林の方から声が徐々にやってきて今度はこっちの林からあっちへと声が渡っていく。それが夜になるまでずっと続くのだ。雷や夕立の雲が来て暗くなっても鳴く。集団で波状攻撃的にものすごく鳴く。泣き声が頭の上を通り過ぎて行く。こんな書き方でわかってもらえるだろうか?だからこれはヒグラシだと思う。

ミ~~ンミ~~ンと鳴くのを初めて聞いたのは3年くらい前のことだったろうか。まだ数は少ないが昼間に鳴いているのを初めて聞いた時はびっくりした。それ以来毎年何回かは聞くようになった。それまで那須のセミは昼間は鳴かないので昼間は静かだったのだ。

短い命だから放してやろう ということになったが環境の違うところに連れてきちゃったから もっと短命になるかもしれない。ごめんね。

« 結局おうちご飯 | トップページ | 夜中でも本が買えるって »

那須だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局おうちご飯 | トップページ | 夜中でも本が買えるって »