« 馬車道のマンゴー | トップページ | 書けるだろうね! »

2007年9月 2日 (日)

自宅の住所 電話番号

家庭教師の生徒の母から電話があった。泣いている。何があったんだ!

「高校の見学に行って校長先生とお話して帰りに『住所と電話を書いて』と言われて紙に向かったまま書けなかった」ということで「郵便番号の時は『郵便番号なんて僕も忘れちゃうから無理ないよ』とフォローしてくださったのだけど住所のところで○○市から先が書けなくて止まったままになっちゃったら絶句されて・・・・・電話番号のところも市外局番からして書けなくて・・・・・・小学校1年生じゃあるまいに自分の住所も電話番号も知らない中学3年生だなんてばれちゃったから推薦なんかもらえない」と泣いて泣いて泣いて。。。。。。泣かれても困るんだけどな。そういう風に育ててしまったのはあなたよ。

と思ったがとりあえず「携帯持ってて直にお母さんとつながるから家電なんておぼえてなくて当たり前ですよ」とか苦しいフォローをしたが 長年住んでいる(生まれた時からね)家の住所もおぼえていない、というのはフォローのしようがなくて困った。特に難しい漢字を使う住所でもないし。

うちの息子は小4だけど小学生になった時からコロコロの懸賞ハガキを書くのが趣味だったから住所も電話番号もおぼえていて漢字で書ける。当たり前のことだと思っていた。しかし そうでない子供の場合、自分の住所や電話番号を書く必要に迫られることってないのだろうか?年賀状も差出人情報をPCからPOしてしまえば書く必要ないし だいたいが年賀状自体書かないのかもしれない。中3の場合 公立の出願書類などは自分で書くように学校で指導されるはずだけど それまでに自分の住所 電話を書く必要があることってないのだろうか?図書館の貸し出しカードを作るのだって書くだろう。しかし図書館なんか行ったことないのは断言できる。今の世の中ってそこまで親任せ他人任せで生きてこれるもんなのだろうか?そこまで受身でやってこられる社会だったのか?

だいたい勉強ができない子供は押しなべて受身で生きているから町中に氾濫している英語(in out push pullなど)だって「そんなの見たことない」と平気で言ってしまうのだ。その辺で目にする漢字だって読めない書けない。周りの社会を何も見ないで生活しているな と思う。どこに目ェ付けてんだ と言いたいことは山のようにある。

その生徒の家だって門扉のところの郵便受けに住所は書いてあるし、その隣にはお母さん手作りのトールペインティングの表札があって そこにも住所が書いてある。やっぱり何も見ていないってことだね。

今の中3て住所も家電も知らなくて普通なのか?
だれか 教えてほしい。

« 馬車道のマンゴー | トップページ | 書けるだろうね! »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬車道のマンゴー | トップページ | 書けるだろうね! »