« リトル ミス サンシャイン | トップページ | ツィゴイネルワイゼン »

2007年9月10日 (月)

町の中の英語

車でお出かけの時に子供たちが町にあふれている英語表記を拾い出し始めた。

book stationery daily family mart restaurant cafe cake stop mini central shop parking school store building pocket moving transporter cargo bicycle motors times mode hair shoes push pull out in auto self・・・・・まだまだあったが忘れた。

コリドールやコワフュールなどというカタカナ表記も「英語だ」と言うので「あれはフランス語である。コリドールは回廊とか廊下という意味でコワフュールは見てわかるとおり美容院のことである」などという話をしながら走っていた。

すると娘に「お母さんが 英語ができない生徒にそういう興味を引くような面白いことを教えてやると『ああ そうだったのか』ってなって興味を持つようになるの?」と聞かれた。んなはずあるかい。『見たことない』ものを教えたってフ~~ンてなもんで何の興味も示さないよ。出かけた時にそれをおぼえていて町でキョロキョロするってこともないんじゃないか?普段まわりのものに何の興味も持たずに生活している子に興味を持たせるのは大変なの。

「うちは家族で車に乗っている時に、小さい時から看板を読んだり道標読んだり前の車のナンバープレートを読んだりトラックの横っ腹の漢字を読んだりしてたけど そういうことをしなくても平気でいられるくらい好奇心のない人間もいるんだよ」そうしたら「ああ そういう子ってクラスの○○ちゃんみたいだ」と。どこにでもいるんだな そういう子って。

うちの子供たちには世の中のことはタテヨコにつながっているんだということは理解していてほしい。

それにしても改めて思った。これだけ英語表記がいっぱいあるのに『見たことない』ってやっぱりすごいよ。

 

« リトル ミス サンシャイン | トップページ | ツィゴイネルワイゼン »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リトル ミス サンシャイン | トップページ | ツィゴイネルワイゼン »