« カボチャのチーズケーキ | トップページ | 鉄道博物館ー3 »

2007年10月14日 (日)

鉄道博物館ー2

鉄道博物館 本日開館。で 行っちまった。今日。

朝5時起床。娘にごはんを食べさせてカボチャのチーズケーキを持たせて学校に出した。10時半に娘の高校の文化祭に行き、12時からの空手部の演武を見てから息子と昼食を食べて、そのまま鉄道博物館に直行。

071014_001071014_005と言っても着いたら3時近かったけど。自宅から都内の娘の高校までは近いけど、都内から大宮ってけっこう遠いのだな。万世橋の方がよっぽど近い。ニューシャトルの高架下が駐車場になっていて駐車1日500円。一番遠いPに誘導されたので入口までかなり歩いた。建物はニューシャトルの高架わきと地面を走っている線路の間にあって3階の窓の目の前が新幹線の線路。いろいろな列車が見られる。朝はすごい混み方だったのだろうが行った時間が時間だったから駐車場にもすんなり入れたし入場貸し出し券(大人1000円、小中高500円)071014_026も並ばなかった。入口は改札口になっていてそのカードをピッとやるとパタンと開いて入るのだ。「本物の駅みたい~」と息子が大喜びした。そのあとずっと「PASMOかSUICAを買って!」とうるさかった。そんなもの買ってどうしようってんだ。ちなみに中での支払いは全部PASMOとSUICAでできる。入場貸し出し券は出口で返さなければならなくて返したら代わりに転車台の写真のカードをくれた。あの貸し出し券ほしかったのに~。

071014_022_2 071014_023 屋上の様子と屋上から見たミニ列車などが走っているところの景色。1階ヒストリーゾーンにはたくさんの列車が置いてあって真ん中にターンテーブルがあってSLが6分半で1回転する。4時からの回転が見られた。1日に何回か見られるらしい。2階は回廊になっていて上からよく見える。が、暗いので写真を撮るのが難しい。071014_016_2 連続で撮ったがよくわからないものになった。071014_017巨大ジオラマも2階にある。入場貸し出し券で観覧予約ができる。
ミュージアムショップは以前とは比べ物にならないくらい充実していたがものすごい混み方で買うのが大変だった。息子に明日学校に持って行かせる おみやげのクッキーと自宅用の(缶が欲しかった)クッキーとキーホルダーを買った。
お客さんの大半は大人。1人で来ているおじさんが意外なほど多かった。あと高校生くらいの鉄ヲタグループも目に付いた。小学生の子供の割合は低い。ヒストリーゾーンの客車は中に入れるのが多いのだが、その座席で昼寝している高校生鉄ヲタグループもいた。きっと開場と同時に入って一日歩き回って疲れちゃったのね
(^.^)

071014_025071014_0241階にある日本食堂のテーブルトップの模様がダイヤグラムだったり100系ひかりの寸法図だったり鉄ヲタをくすぐる工夫がされていた。芸が細かい。お一人様行動のおじさんたちはみんなテーブルの写真を撮っていたよ。ついでにおじさんたちはたいがい『ビールと唐揚げ』を注文していた。そうだよね~。テツが車に乗ってくるわけがないのだ。だからビール飲んでも大丈夫、と。

071014_028極めつけはこれ。駅から入口までのコンコースの敷石。今日は混雑のため、この通路は駅のところで閉められていたが鉄道博物館側から入ることはできた。わかるかな~。東北新幹線の時刻表なのだ。撮りテツ、乗りテツ、時刻表テツ、と様々なタイプの鉄ヲタに対応するようになっているのだね。

「Teppa倶楽部」に入会(大人3000円小中高1500円)すると年間パスポートがもらえる。3回以上行けば元は取れる計算。息子は「ものすご~~~く楽しかった。来週の日曜日も来たい」と言っているので今真剣に入会を考えている。次回入会したとして来年の10月までに4回行くかな?冬休み春休み夏休みがあるからそれくらい行くかもしれないなあ。ところで『Teppa』って『鉄輪』のことだな と思っているのだけどどうなのだろう。今度行ったら聞いてみよう。誤解されては困るから断言しておくけど私は断固として鉄ヲタではない。車大好き、どこに行くのも車人間なのだ 為念。

とにかく広い。歩く 歩く 歩く。。。。。展示車両が多い。階段を登って客車に入って座席に座ってみてまた階段を下りて。延々その繰り返し。

今朝も早起きした上に車を運転している時以外はほとんど
立ってるか歩いているか階段の上り下りをしているか写真を撮っているか、だったから疲れた。

« カボチャのチーズケーキ | トップページ | 鉄道博物館ー3 »

お出かけ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カボチャのチーズケーキ | トップページ | 鉄道博物館ー3 »