« 亀田大毅 | トップページ | 目一杯 »

2007年10月19日 (金)

ペン回し

今朝早くに また中学生の飛び降り自殺がさいたま市であったらしい。

高校受験も今の時期は親子で高校を回ってA推薦やB推薦をもらって一安心、のはずなのだが。どうしてそこまで追い詰められてしまったのだろう。

読売新聞10/6(土)夕刊(だったと思う)に『たったひとつの命だから』という記事があった。読んでほしかったな。

このごろ私の中3生徒は誰しもそれなりに心構えができて受験に向かっていくようになっている。

私の生徒のひとりにペン回しがやめられない男子がいた。問題を読みながら回す、説明を聞きながら回す、計算をしながら回す。注意しても「これがオレの考えるスタイルです」とか「回してても説明はちゃんと聞いてます」とか「学年で2番の男子が一番ペン回しがうまいからオレも練習してるんです」とか へらず口のオンパレードだった。「ペン回し練習に使う時間があるならその時間に単語のひとつもおぼえろ!」「一芸入試でペン回しして合格すれば!」などと言いまくっていた。偏差値は38から やっとこの間の会場テストで47に上がったところである。

その男がペン回しを一切しなくなっていたのだ。気が付いたのは10月になってからだけど。いつから回さなくなっていたのだろう?

そして同時に「偏差値63の高校を単願で受ける」と言い出した。とんでもない話だ!内申だって3科計12、9科計38が基準なのだ。今3科計10、9科計26しかないのに。それにそこの単願は確約じゃなくて1/3は落ちるのだ。親とも話したが全くわかろうとしてくれなくて困り果てている。

しかし ある意味これくらい楽天的に考えられれば成績に悩んで死ぬこともないだろうとも思う。とりあえずペン回しをしなくなった程度には真剣になっているらしいし。でも 頼むから別の高校にしてくれ。


« 亀田大毅 | トップページ | 目一杯 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀田大毅 | トップページ | 目一杯 »