« ネットレの中学英語問題(無料) | トップページ | クリスピークリームドーナツ »

2007年12月11日 (火)

将来の夢

高校に単願で確約をもらった生徒の作文。

その高校の単願推薦の試験は作文と面接だけ。「将来の夢」か「高校生になったら」のどちらかが 年代わりで お題として出るらしい。

「高校生になったら」→「大学に入れるように勉強をがんばる」の一行で終わってしまう子供だ。ついでに言うと「普通科の大学に行く」と言った子供でもある。

その子供に「将来の夢」なんて作文を書かせるのは無謀だ。何もないのだから。追求していっても何も出てこない。職業なんて「サラリーマンになる」しか出てこない。「サラリーマンにもいろいろある。どういう仕事をするサラリーマンか?」と聞いたって「サラリーマンがどういう仕事をしているのか」全く知らないのだから話にならない。「普通のサラリーマン」と言われたら頭をかかえるしかない。

どの中学でも「職業体験」で3日間いろいろな職場に派遣(ジャマしに行く?)されるわけだが そんなものに意味はないね。そんなことに3日間も使うくらいなら その3日間で100マス計算を叩き込んだ方が どれほどマシか と思う。

「高校生になったら」の方だけは作文道場の文例を参考(アレンジ?)にして何とか600字でっちあげられたが「将来の夢」の方はお手上げ。

今年の入試のお題が「高校生になったら」であることを切に願っている。

« ネットレの中学英語問題(無料) | トップページ | クリスピークリームドーナツ »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットレの中学英語問題(無料) | トップページ | クリスピークリームドーナツ »