« 1日遅れの誕生日プレゼント | トップページ | 蕁麻疹 »

2008年1月15日 (火)

私立入試まであと1週間

なのに生徒がだらけきっている。

私立単願推薦(要するに確約ってこと)の男子は「入試は作文と面接だけで、推薦もらってるから勉強しなくても大丈夫」と うちに来た時しか勉強しなくなった。作文だって書けないくせに!

私立併願推薦で公立第1志望だったはずの女子は母親に「公立前期試験で落ちたら私立に行っていいから」と言われたとのことで もうすっかり私立に行く気になっている。そんなことは試験が全部終わってから言ってくれ!楽な方に流れるのは人の常だろうが。あとから「公立に受かったら2万円やる」って言ったってもう遅いよ。受験勉強をお金で釣るってのもどうかと思う。

私立単願(推薦なし 1/3落ちる)第一志望で他の私立の併願推薦をもらっている男子は「単願落ちたら併願の私立に行けばいいや~」と思っていたら、親に「単願落ちたら確実な公立受けて公立に行け」と言われて体調がガタガタになって毎日半病人状態。下痢と微熱が治らないって。。。。。

まともに努力している生徒はひとりだけ。でも その子も「もう どこの高校を選べばいいのかわからない」と言っているが。

子供も親もガタガタしている時期。せめて親だけでも指標を明らかにしてやらないと子供が迷走するだけだ。今の時期は親に対するケアもあるから頭が痛い。

« 1日遅れの誕生日プレゼント | トップページ | 蕁麻疹 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日遅れの誕生日プレゼント | トップページ | 蕁麻疹 »