« 合格した | トップページ | 合格祝いに »

2008年1月24日 (木)

入試にまつわる面白い話

今日の生徒の私立併願推薦の試験は今日、発表は郵送で27日着。だから結果はまだわからない。

しかし今日の入試でカンニングをした生徒がいて途中で出されたのだそうだ。

うちの生徒のとなりのとなりの席の子がプリントみたいなものを持っていて しばらく先生と話していて「じゃ これは預かるからね」とプリントを取り上げられて退出させられたのだそうだ。

「そういう時ってどうなるんですか?」と聞くので「当然不合格。ついでにその子の学校にも連絡が行って『今後 おたくの学校の生徒は取りません』と言われるかもしれない。もしかしたら その子と同じ学校の子は全員不合格にされるかも」と言ったらものすごく驚いていた。今は昔と違って子供の数が少ないからそこまではやらないかもしれないけどね。昔はそうだったよ。

推薦(確約)もらってるんだから落ちないのに何でカンニングなんかしたかな~?推薦入試でカンニングなんて話を聞いたのは初めてだ。どこの学校の生徒だったのか知りたいなあ。

もうひとつ、これも併願推薦の入試の話。当日合格発表の学校で発表の時間に入試を受けた部屋で待っていたら先生が来て「今から名前を呼ばれた人は部屋から出てください」と6人名前が呼ばれたそうだ。その人たちが出て行ったあとで「ここに残っている人たちは全員合格です」と言われて書類をもらって帰ってきたのだと。

考えてみたらこれも変な話だ。併願推薦で確約していたはずじゃないか?本来なら全員が合格するはずじゃないのか?1教室から6人もの不合格者が出るって どうして?何か1教科でも0点を取ったのか?その学校はマークシートじゃないからコンピュータが読み取れなくてウンヌンの話ではないだろう。ナゾである。

推薦入試は もうほとんど終わっちゃってるし、今から併願推薦を受け付ける私立なんてないから上記の7人は何の保証もない一般入試で合格できそうな他の私立を受けるか公立のランクを下げて確実に受かりそうなところを受けるしかない。大丈夫なのか?

他人事ながら心配な人たちだ。

« 合格した | トップページ | 合格祝いに »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合格した | トップページ | 合格祝いに »