« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

今度はまな板か?

買い替えブームに沸いている我が家である。

今度は長年使い続けたまな板(木製)が買い替えられることになりそう。

白いまな板も那須の家には2枚ほどある。しかし那須の家でも日常使っているのは木のまな板なのだ。包丁の当たりが木のまな板と白いまな板では違う。なのに白いまな板が何故2枚もあるのかと言うと外で大人数でバーベキューをする時用なのだ。うちのバーベキューではステーキ肉を網焼きして切り分けて食べるのでまな板が2枚必要である、ということなのだ。でも火のそばで使っていると熱で反ってしまうので2枚とも反っている。

自宅でも木のまな板を長年愛用してきた。しかし木のまな板は使っていると真中が減るのだ。真ん中がへこんでしまって長ネギがつながって切れてしまうようになったので夫にカンナかけを頼んでいた。しかし長い板と違ってまな板にカンナをかけるのは素人には難しいらしい。なんだかんだ言って長いことやってくれなかった。ペーパーかけるのでもいいから、と言うと「その方が面倒だ」と やっぱりやってくれなかった。

なので いよいよ買い換えることにしたのだが木製にするか白いのにするか迷っている。娘は「白いのがいい」と言っているが木製も捨てがたい。ホームセンターのまな板売り場で迷いそうである。

2008年2月28日 (木)

エコバッグ

週刊現代で酒井順子が書いていた。エコバッグが山ほど溜まってしまった と。

もちろんスーパーで手提げポリ袋を断って代わりに使うアレのこと。

その一節に「エコ感とセレブ感とおしゃれ感というものは割と結びつきやすい。お金のない人がエコ活動をしていると それがエコなのだか節約なのだかケチなのだかわかりにくいがお金のある人がエコ活動をしているとそれは優雅で洒落た趣味のように見える。そして普通の人は優雅で洒落た趣味のように見えるエコ、というものに憧れてエコバッグ(特にブランド物 例:紀伊国屋バッグ)を持つようになった。」とあった。フムフム。

私はというとカバンの中に常に一つ入っている。折りたたんでベルクロで留めてコンパクトになるタイプ。しかし めったに、というか まだ2回くらいしか使っていない。

理由は簡単。買ったものが入りきらないからである。私は常にスーパーでは一番大きな袋をもらうことにしている。そしていつもその袋が3枚くらい必要で それがパンパンになるほど買っている。だからエコバッグで代用しようと思ったら相当大きなのを3枚くらい持っていかないと間に合わないのだ。

たまに自転車で買い物に出た時にいつもの調子で買い物してしまって「どうやって持って帰ればいいのだ!」と途方にくれることもあるくらい。アホです。

ふだん持ち歩いているカバン(バッグなんてカワイイものではない)はかなり大きなトート型だから少しだけ(あるいは薬等の小さいもの)買う時はシールを貼ってもらって直にカバンに突っ込んで帰るから必要ないのだな。けっこうな量でもボコボコ投げ込んで それで済んでしまう。

うちにも おしゃれ感のあるハロッズの袋とかもいっぱいあるのだが、かさ張る→持ち歩かない→使わない。

何のためのエコバッグなんだろうね。




2008年2月26日 (火)

大学合格!

私立音大声楽科受験した生徒が今日 合格した。

良かった~~!!
これで浪人はなくなった。
めでたしめでたし である。

明日は藝大一次試験の発表。

2008年2月25日 (月)

特訓!

明日 息子が面積のテストがある。

それで今日は仕事が終わってから面積の問題をたくさん作って特訓した。

出っ張っている四角形を区切って計算する方が早いか全部ふさいで大きな四角形にしてふさいだ分を引いて計算する方が早いか、出ていない寸法を出す必要があるかないか、真中に空いた穴の寸法をどうやって出すか。

何日も前から毎晩教えてきた。なのにまだ間違える。そこまでバカだったのか、とがく然。どうしたらいいんだ、ってやり続けるしかないんだけどさ。

とりあえずやるだけやった。
明日はがんばって考えるように、としか言えない。

2008年2月24日 (日)

兎のダンス

という歌があるのをご存知だろうか?

今日の昼前、昼食を並べていたらTVでやっていたのだ。

娘(高1)が「私この歌初めて聞いた」と言うので夫とふたりで「エ~~」と言ってしまった。

「だって小学校では昔の歌とか教わらなかったもの」と言う。確かに幼稚園では“とんぼのメガネ”くらいは歌っていたが小学校では“ビリーブ”とかだったな~。

以前にもこのブログで書いたがうちの娘は“砂山”も知らなかった。“ふるさと”“たき火”は「知っているが歌ったことはない」“紅葉”は「全員合唱で歌ったから知っている」。“冬の星座”や“冬景色”は「知らない」。なんにも知らない。。。。

って どうよ!
格調高い昔の日本語に触れたことがない、ということじゃないか。古文を勉強したって大昔と今の間にあるものがスッパリ抜けてしまっているぞ。「文語調の歌は難しいから教科書から削る」というのは聞いたことがあったが こういうことだったか!メロディラインの美しさはどうなるんだ!「音楽」の教材だろ!

「狭霧消ゆる港江の~」って何てロマンチックなんだろうと思い、難しい言葉で歌うことで大人になった気分になれて、私はああいう時代の歌は好きであった。

息子の一番好きな歌は「空も飛べるはず」なのだと。

こうやって文科省が文化的な世代間の断絶を作っているのだと実感。これで「愛国心教育」をしよう、なんて無理な話だと思う。

だいたいが100人が100人とも「理解できるものだけ」を教えようという考えがダメの元。1000人のうち1人しか理解できなかったとしても残りの999人も「触れたことがある」ことに意義がある。その時理解できなかったとしても「ふれた」ことが何十年後かに意味のあるものになるかもしれない。それが「教養」になるのではないか。再び言うが「音楽」なのだぞ!「ふれる」機会すら奪っている文科省って何のためにあるのか。実社会で役に立たない実技教科ほど教養の基礎を作り人間性を育てるものではないのか?

って怒ったって無駄なのよね~。
小学唱歌集とか童謡歌集とか買ってしまおうかな?


2008年2月23日 (土)

玄関のカギ

調子悪くなっていたので夫が新しいのを買って今日取り替えた。

折しも北風ピューピューの中、玄関を開けっぱなしで鍵を取り換え、受けを彫り込み、取っ手も替えて。約2時間かけて完了。凍えたようだ。家の中も寒かったよ。

今度のカギは刻みが入っている普通のではなくて平たい所にディンプルがポツポツ入っているタイプ。

家族全員に一つずつ配給。全員キーホルダーのカギを付け替えた。

簡単にスペアが作れないから なくさないように子供たちにうるさく言ってしまった。いや 今までに鍵をなくした子供はいないけどさ。

2008年2月22日 (金)

鼻風邪はつらい

花粉症なのか風邪なのか判断付きかねるような状態だったが今日になって風邪であるとわかった。咳も出始めたから。

鼻風邪はつらい。
洟をかむと①お化粧がはげる②鼻の下や周りが肌荒れしてしまう(というより擦りむけるのだな)③大量にティッシュを持ち歩かなければならない

なのに今日は約半年ぶりに電車に乗ってしまった。

さらに陽気に浮かれて巣鴨から上中里まで歩いてしまった。たいした距離ではないけど途中に坂がある。

たまには歩くのもいいな。と思いながら歩いて、普段は車でスルーしている平塚神社前の平塚亭(和菓子屋)で焼き団子を買った。

帰って来て1時間くらい経ったら足がつった。ふだんの運動不足がたたっているのか。いや 坂道を登ったり下ったりしたせいで負荷が大きかったのだと思いたい。


2008年2月21日 (木)

携帯取り上げ

娘が学校で携帯を取り上げられて帰って来た。

実はこれで3回目である。

持って行くのはいいが校内での携帯の使用は禁止なのだ。

前の2回は中学の時。電源を切り忘れていて授業中にロッカーの中でメール着信音が鳴ってしまって取り上げられた。

今回は帰りに 娘が通学バッグの外ポケットに入れておいた携帯を部活の
友達がふざけてヒョッと引き抜いて開いていたところを先生に見つかって取り上げられたのだ。何て間の悪い!

その場合、開いた友達のではなく開かれてしまった娘の携帯を取り上げる、というのもちょっと納得が行かないが「電源が入っていた」からという理由だったらしい。

取り上げられたら親が担任のところまで行って受取って来なければならないきまりなのだ。娘の場合は毎回鳴っただけで使用している現場を押さえられたわけではないから取りに行けば「ハイ」と簡単に返してくれた。もし使っているところを捕まったりすると親が説教されて大変なことになるらしい。

しか~し!今回は頭に来た。友達がポケットから抜き取らなければ取り上げられることもなかったわけだから担任からの電話で「抜き取って実際に開いていたお友達の親が受け取りに行くのがスジではないですか?」と言ったら「持主の責任ですから」と。まあ そりゃそうだけどね。実際に遊んでいたお友達がおとがめナシというのは納得いかない。

それで 娘にそのお友達に電話させた。「こんな理不尽な話があるものですか。あなたのお母様がこのことをご存知ないというのは納得できません。ご自分でお母様におっしゃってください。あなたのせいで何故私が仕事を休んで時間と交通費を無駄にしなければならないのですか。」ということで。言うだけ言って、相手は子供だし謝っていたし、致し方ないとあきらめることにした。

40分後に そのお母さまから電話。平謝りだった。そうだよね~謝る以外に方法はないもんね~。

電話のあと、娘に「あちらから電話して来たし、ちゃんと自分で白状して まともな家庭の子供らしいからこれからも付きあってもいい」と言ったら「なんで?電話して来なかったら付き合っちゃダメなの?」と聞くので「当たり前です。電話して来ないというのは『謝るほどのことじゃない』という気持ちの表れだから そういう家の子供とは価値観が違うでしょ」という話になった。

で 私は今ひどい鼻風邪の真っ最中なのだ。受け取りになんて行ってられないもんね。土曜日は朝9時から夜9時まで仕事がびっしり詰まっているし。さて いつになったら受け取りに行けるかな?なのだ。あ~また無駄に電話代を1か月分払うことになるのか?


2008年2月20日 (水)

新しいノートPC

今日届いた。

新しいマシンは やはり格別。

今ルンルンで各種設定を進めているところ。

ワ~イ!だ。

2008年2月19日 (火)

大学受験

ピアノの生徒の音大受験が今日から始まった。

きょうは本科の声楽とコールユーブンゲン。

問題はコールユーブンゲンなのだ。実に音程があやしい。声楽科なのにいいのか?というくらいあやしい。いっくらやっても正しい音程で歌えないまま。更に長い曲だと最後の4小節くらい声がヘロヘロになってしまう。ブレス位置まで息が続かない。実に心配だ。

明日は副科ピアノ 明後日が学科。

今日のできを聞きたいが怖くて聞けない。

発表は26日 だったかな?芸大受験の真っ最中なのだ。

芸大はどう考えてもムリだと思う。

頼むから受かってくれ~。

2008年2月18日 (月)

今度はノートブック

ちょっと前からノートの調子がおかしくなっていた。

ノートは使い始めてから丸6年になる。

Excelが開かない。閉じて開きなおしてを繰り返すとやっと開く。ファイルも開かない。入力中にenter入れたらモニタの真ん中の10センチくらいだけ真っ白になってしまう。などなど 今までに見たことのない症状がガンガン出ていた。

ディスククリーンアップもデフラグも定期的にかけているが関係ないようだ。

いらないアプリは買った時に全部アンイストールしている。データを救い出しておいて初期化しようかとも思ったが、ちょっと機械をいじってしまっているので初期化は無理かも。だいたいが6年経ってればHDだってへたってるし。

ということで ノートPCを買ってしまったのだ ウフフ。デスクトップはXPで作ったが、今度のノートは新しいことをお勉強するためにVISTAで作った。

いやなことがあったから ヤケクソみたいな買い物だったかもしれない。毎月PC作ってちゃいけないな~とは思ったんだけどさ。

今週中には届く予定。それまでに今のノートPCのデータを救い出しておかなければ。早く来ないかな~。楽しみだ~。

2008年2月17日 (日)

豆ごはん

莢に入ったグリーンピースがスーパーに出るようになった。

今の時期だけの季節の味覚だから早速お買い上げ。

莢を開けるとお豆がきれいに整列していてかわいい。ので娘を呼んで「お豆がかわいいから見てごらん」と莢を剝かせた。大きい莢には8コくらい入っていて「わー8人兄弟だ~」と言いながら豆を取っていた。「小さい莢には4コしか入ってないけど その代りお豆が大きい」と言うので見たら本当に大きいお豆が入っていた。何にでも発見というものはあるものだな。莢入りのを買ってきて良かった。

で 今日は豆ごはん。
風は冷たかったけど春の味覚を楽しんだ。


2008年2月16日 (土)

L change the world

子供たちで見に行って来た。

娘が学校から帰ってくるのを待っていたので3:40~の回になった。終わったのは6時。

Death Noteとリンクしているお話で息子は「こわいお話だとは思ってなかった」と言って帰って来た。

とにかく長いな。2時間20分。サイドストーリーとしたらめちゃ長いと思う。「3時間もず~~~っと座って映画見ていたら頭がガンガンしてきた」とも息子は言っていた。

娘的には「数学の天才少年とか 面白かった」のだそうだ。つまりお子様向きではない、ということだな。だから「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」にすれば?って言ったのだよ。

映画のついでにDSを持って行ってオモチャ売り場でなんとやら言う最強ポケモンをもらって来られたし古い方のDSを修理に出せたしミスドも買えたし良かったね。

ちなみに今回はMOVIXカードで貯まったポイントを使ってポップコーン付き招待券を2枚、機械で出して見てきたから安上がりであった。

母は子供がいない間に美容院でカットして来られて助かった。

2008年2月15日 (金)

インターナショナルようちえん

毎朝 決まった時間に出るので毎朝同じ車に会う。

多いのはデイケアサービスの送迎車。実にたくさんのデイケアサービスの会社があるものだと感心するほど何軒もの送迎車に会う。どれもちゃんと商売が成り立っているようだからすごいものだと思う。本当に高齢化社会になったのだな、と日々実感させられる。

それに比べて少ないのが幼稚園の送迎バス。見る割合で言ったら3:1くらいだろうか。本当に少子化なのだと日々実感させられる。

その数少ない幼稚園バスの中で毎朝必ず会う幼稚園バスが「インターナショナルようちえん」とおしりに書いてあるミニバンなのだ。お迎えのコースが一部私の通勤ラインと重なっていて、途中にあるマンションで園児をひとり拾って行くから日によって前になったりうしろになったりするのだ。

正式には「Pure English Kindergarten」と言うらしい。Pure Englishなのにドイツ語でKindergartenと書いてあって それをキンダーガーデンと読むらしいのは???なのだが とにかく「インターナショナルようちえん」なのだな。

うしろから見ていると添乗している先生らしい人は確かに外国人。日によって長い金髪の女性だったり海兵隊員みたいなカットの男性だったりする。中で子供たちが手を振り回してたり騒いでいる様子も見える。

で今日はつかぬことを考えてしまった。

あの子供たちはミニバンの中では何語をしゃべっているのだろうか?ね、疑問でしょ?車の中は治外法権になっているのか?乗ったとたんに英語にスイッチ?運転手は日本人だけど どうなってるのかなあ?って思わないかい?ついでに保護者会は英語でやるのか?なんてことも考えてしまった。幼稚園の門をくぐったら"日本語厳禁”とかで英語喫茶みたいだったらすごいなあ、とか くだらないことを想像してニヤニヤしながらくっついて走っていたのだ。

HPを開いてみて驚いた。学費が高い!普通の私立幼稚園の倍以上する。教材費や施設費も年額で払うらしいし。でも英語喫茶みたいな幼稚園だったら親も行くたびに英会話の練習をさせてもらっているようなものだから それを考えたら安いかな~?って思った。

いや 本当に保護者会が英語onlyなのかどうかは知らないが。

肉のハナマサ 改装中

市内の「肉のハナマサ」が全部(3店舗)改装中だ。

ハナマサのオリジナル商品はすべて中国産だから なのだろうか?

まあ冷凍衣付きエビフライはつるかめランドでも買えるし別にいいのだけど、うっかりつるかめをスルーして帰って来てしまったりした時、家までの間にハナマサが2軒あったのは便利だったのだ(中国産を避けて買うのは大変だったけどさ)。

改装するだけでオリジナル商品が変わるわけではないだろうと思うがシンガポール産鶏モモ2キロパックとかはお得だったし 他で同じものを買うとなるとジョイフル本田のジャパンミートでしか売っていない。

改装が済むまではつるかめをスルーしないで帰るように気をつけなくちゃ。

2008年2月14日 (木)

祝!初チョコ

厳密に言えばチョコではなくクッキーなのだが。

息子が生まれて初めて女の子からバレンタインデーにクッキーをもらった。

いつも仲良くDSでポケモンゲームをしている同級生の女の子がくれたのだ。何日か前から「できたらあげるね」と言われて「ぼく バレンタインデーにチョコもらうのって生まれて初めてだよ~」とワクワクしていた。

今日 その子が遊びに来て手作りクッキーをくれた。チョコクッキーという話だったがチョコではなく普通のクッキーだったのがビミョーだな。リボンもラッピングもなかったし。そのクッキーは今なぜか冷蔵庫に入っている。

息子は一切そのクッキーを話題にしない。味見してもばれなそうだ。

全然 全く『初チョコ』じゃないじゃないかという声が聞こえて来そうだが そこはそれ、バレンタインデーということで。 

え~~と、こういう場合 やっぱりホワイトデーにはお返しをするものなのだろうな。ちょっと解釈に苦しむところがあるが「作ってくれた」ということで。

ところで私が今日 夫と息子にチョコを贈ったかというと「NO!」である。

チョコレート好きの夫には普段なんでもない日にチョコレートを買ってやっているし、毎日おいしいごはんを作ってやってるのにその上何の不満があるというのか。十分じゃないか?釣った魚にはエサをやらない、ってちょっと違うかな?

明日スーパーでチョコを買ってきてやるか。

P.S.娘が作って大量に学校に持って行ったブラウニーは大好評だったそうでウハウハで帰ってきた。さらに何人ものお友達からいただいたチョコなどを持って帰って来てひとりで平らげていた。ウ~~m。

2008年2月13日 (水)

甘酒

グルメ クッキングの話題が続いて恐縮ですが。

夫が酒粕を買ってきた。

昨日それを使って自分で小さめの寸胴に半分くらい甘酒を作っていた。

昨日と今日は夜のレッスンに来る生徒さんにカップに入れて持ってきてふるまっていた。

高校生以上は「なんか懐かしい味」とか言って飲んでいたが中学生は「生まれて初めて飲む味」と言っていたのが多かった。ジェネレーションギャップはこんなところにもあるのだな。

今日最後の一杯を夫自身で飲んでなくなった。

私的には酒粕の甘酒より米麹の甘酒の方が好きなのだが売っている米麹の甘酒は甘すぎるから夫は飲まない。夫は自分の好きな甘さにできる酒粕の方が好き、だから時々(年に一回くらいね)買ってきては自分で作っている。料理はできないし酒は飲めないくせに甘酒だけは自分で作らないと気が済まないらしい。変なやつだと思う。

2008年2月12日 (火)

初めてのブラウニー

娘が生まれて初めて自分ひとりで本を見ながらブラウニーを焼いた。

あさってのバレンタインデーのため。と言っても娘は女子高。だから男の子にあげるわけではなく『お友達チョコ』で、一緒にお昼を食べるお友達の分と部活のお友達と部活の後で食べる分 なのだそうだ。

「ブラウニーとかバターケーキ系のケーキは焼き立てよりも3日目くらいの方が生地が落ち着いておいしくなるのよ」と言ったので今日焼くことにしたらしい。

うちにはココアパウダーもチョコレートもキロ単位で買ってあるけど たまたまクルミが切れていたのだな。「クルミ買いに行くからお金ちょうだい」って どうよ。お菓子材料売場の高いクルミを買われてしまった。そういうのはおつまみ売場の豆と一緒に置いてあるのを買うものだよ。

レッスンしている間にゴトゴトやっていたが できあがりは満足のいくものだったらしい。レッスン終わって行ったらキッチン中がチョコレートの匂いでいっぱいになっていた。ガトーショコラを焼いた後よりすごいかも。

夕飯の洗いものもケーキの後片付けも全部やってくれたから よしよし。冷めたら冷蔵庫に入れておいてあげるからね。


2008年2月11日 (月)

キンピラゴボウ

那須から夫と娘より一足先に息子とふたりで帰宅。娘はTBSで1:55からのルノアールの番組が見たい、と残ったのだ。

帰りに買い物して 思いついてゴボウとニンジンの千切りが袋詰めになっているのを二袋買った。鳥のひき肉も買ってマグロの赤身と納豆も買った。

帰り着いてキンピラゴボウを作った。味付けはめんつゆとしょうゆ、砂糖、お酒だけ。子供向けだからトウガラシなどは入れない。鳥のひき肉入り。仕上げにすりゴマをたっぷり混ぜて出来上がり。

7時過ぎに夫と娘が帰ってきて家族そろって夕ごはん。自家製キンピラゴボウ、マグロのお刺身、納豆、だけなら完全和食なのだがお肉がないとうるさい子供たちのために業務用チキンナゲットを15個揚げてやった。

鍋いっぱいにできたキンピラゴボウを大鉢に盛って出したらみんなモリモリ食べた。自宅でキンピラを作ったのは1年ぶりくらいだろうか。夫に「おおこれは珍しい」と言われてしまった。

娘は明日のお弁当に入れていたし、残ったのはほんの一握りになってしまった。二袋じゃ多すぎかな?でも冷蔵庫に入れておけば日持ちするし、毎日お弁当に少しずつ入れていけばなくなるだろう、と思いながら買ってきたのだが そんな心配はいらなかったね。

2008年2月10日 (日)

今日はパン

今日はパン
今日は朝から快晴。雪は15センチくらい積もっていた。さすがにこれだけ積もるとお日さまが出ていても融けないものだな。敷地内は息子が作った天使の跡だらけになった。午前中は息子と外で雪遊び、夫が昼過ぎに到着、夕飯の支度を済ませて6時過ぎ那須山温泉、帰って来てゆっくり夕飯。片付け終わってからパン作り。かなり乱暴と言うか、いい加減と言うかすごい作り方。成形は全部子供たちがやってできあがったのが写真のソーセージパンだ。冷めるのが待てずに何個も食べていた。夕飯だってたくさん食べたはずなのに。「おうちで作ったものっておいしいね」と言われるとやりがいがある。

2008年2月 9日 (土)

黒糖のマドレーヌ

黒糖のマドレーヌ
雪の那須の家。今朝7時半に出発。子供たちと犬を連れてやって来た。夫は仕事で明日の夜来る。3連休だし雪だし普段できないことをさせてやろうと思って、この間いただいた沖縄土産の黒糖と家にあった米粉、マドレーヌ型を6枚、パンミックス2箱などを持って来た。で 今夜は子供たちと一緒に黒糖と米粉でマドレーヌを大量に焼いた。できあがったのがこの写真。黒糖の色がいいね。これで明日明後日のおやつは万全だ。明日の夜はパン生地をコネコネさせて冷蔵庫で低温発酵させる。明後日の朝、成形して焼きたてパンで朝ごはんだ。カンペキ。

2008年2月 8日 (金)

明日にした

何をかって言うと 那須の家に行くのを だ。

3連休 それも前期試験の結果が出る前だからカテキョを1回息抜きで休める貴重な休日(生徒にとってもね)。那須の家で雪に埋もれていたいじゃないか。

明日は東京もまた雪だというから今日の夜出る予定だったが明日の朝早くに出ることにした。だって疲れちゃったんだもん。

今日は忙しかった。
朝から相談室で相談室登校生徒に対応、昼前から1時間ちょっと家庭訪問して、午後には児童委員さんから電話が入って対策を話したりもあったし昼休みには部活顧問に対する不満をぶちまけに来た1年生女子8人の相手をして、買い物して帰って夕飯の用意をして4時から音大受験の生徒のレッスン2時間、ピアノのレッスン、終わってすぐカテキョ1軒。全部終わったのは10時過ぎ。

それから出ると着くのは1時過ぎになるし、そういう時間だと寒いし、ジョイフル本田で安いガソリンを入れて行けないし。

それで明日の朝 いつも通りに起きて早くに出発してジョイフル本田の開店(9:0)と同時に入って買い物してガソリンも入れて行くことにしたのだ。

今日は12時には寝なくちゃ。

2008年2月 7日 (木)

書泉が・・・

なくなってしまった。

駅前にあった大型書店。書泉ブックドームがなくなってしまった。閉店したのは1/27なのだけど知ったのは2/4だった。「エ~~~!!」だった。

駅のデッキにつながっているビルに文教堂の大型店ができたせいか?しかし あの文教堂のところは車を止めておけないから駅前地下駐車場から歩かなければならない。書泉のそばには100円パーキングもあったから便利だったのに。

専門書の数も段違いだし 書泉がなくなってしまったのはものすごく残念だ。

サービスで入れてくれるしおりも楽しみだったし買った本を入れてくれる丈夫な袋だって使い回しがきくから好きだった。

今後は神保町まで行くかアキバに行くかしなければ あの袋としおりは手に入らないのだなあ。いや袋もしおりも大量にストックしてはいるけど。

専門書がほしい時は池袋のジュンク堂まで行かなければならない。痛手だ。

2008年2月 6日 (水)

交換してくれたコンタクトレンズ

今日できてきた。

回収交換の品である。
ちゃんと検眼して度数を確かめて(変わってなかったけど)別のメーカーのコンタクトレンズを作ってくれた。

さらに驚くことに交換品の方が回収品より安い、ということで差額を返してくれて、さらにさらに今日できあがりを受け取りに行ったら「おわびの印に」とJCBのギフト券1000円が付いてきた。こんなにもらっちゃっていいのか。

さらに1年保証もついていて 使ってみて度が合わない場合も交換してくれるし破れた場合も現物を持って行けば交換してくれると至れり尽くせりなのであった。

もしも このブログを読んだ人でお知らせの封書が来ていたのに放ってあったようなら面倒がらずに取り替えてもらった方がいいと思う。

帰ってきて早速装着。
快適である。

2008年2月 5日 (火)

公立前期試験

今日は公立高校の前期試験日。

カテキョの生徒も二人受験しているし、相談室登校の生徒も二人受験した。

今朝 4人の家に電話。ちゃんと間に合う時間に出たことを確認してとりあえず安心した。

総合問題Aの高校と総合問題Bの高校と独自問題の高校と内申と面接だけの高校とあるが みんな無事に終わっただろうか。明日面接の生徒もいるから今日は聞かなかった。

お天気が良くて風もなく穏やかな日で良かった。慣れない道を自転車で行くんだもの。明日は面接。明日からまた冷え込むという予報だがんばって行ってほしいものだ。発表の日も今日みたいな一日だといいな。

2008年2月 4日 (月)

英文法を理解させるには

生徒の好きな芸能人を主語にしてやると定着が早い。イメージが具体化されやすいのだろうか?

たとえば こんな具合。
中2 比較級最上級の英作文に
 ・小島よしおは日本で一番人気がある
 ・にしおかすみこは友近より美しい
 ・柳原かなこは3人のうちで一番かわいい
 ・BreachはNARUTOよりも面白い
 ・幸田くみはアムロより有名だ
 ・リボーンはアニメのうちで一番有名だ
 ・岡田准一は木村拓也より背が高い
 ・香取しんごはSMAPの中で一番背が高い
まだまだ どんどん作れる。一般動詞の文でもBe動詞の文でも3音節の形容詞もas~asの文もbetterもbestも何でも芸能人を主語にして作る。内容は正確でなくてOK。アニメ好きならBreachやリボーンを使う。幸田くみのファンなら幸田くみを徹底的に持ち上げてやるような文にしてやるとFredやYukiやMikeが主語の時と取り組む姿勢が全然違ってくる。Mikeなんかミケって読むもんね。まあミケでもポチでもいいけど それよりは関心が持てるらしい。

最初から英作文が無理な時は単語の並べ替えで文を作らせる。その場合、各単語の上に 主語S 動詞V 比較級 などと入れてやるとわかりやすい。Excelでセルに1単語ずつ入れて文を作って並べ替えすれば簡単に並べ替え問題が作れる。

英作文ができたら主語を代名詞に変えさせる。それをさらに疑問文否定文に変えさせる。さらに過去形に変えてみる。過去形の疑問文否定文を作らせる。慣れてきたら言葉を足して行く(頭に I think を付けるとか)。

この手は現在完了でもto不定詞でもなんでも使える。3単現のSを教える時や代名詞を説明する時なんか特に有効。「速水もこみちは I でも You でもない」ことはすぐに理解できるらしい。

英語がキライでキライでどうしようもない生徒でも主語を生徒の好きな芸能人やアニメキャラ(六道骸とか雲雀恭弥とか日番谷とか・・・・)に変えてやるだけで目の色が変わるから不思議。ただし実力も基礎力もないから5題くらいずつにしておかないとかなりの時間がかかる。

英語ギライに手を焼いている家庭教師の先生方 お試しあれ。かなり有効ですぞ。

2008年2月 3日 (日)

那須高原ハーレー牧場の牛乳

那須高原ハーレー牧場の牛乳
パン屋夢見鳥で売っている高級牛乳。900mlで680円。パンを買いに行って奮発してしまった。確かにおいしい。しかしうちでは毎日1L、時には2Lの牛乳を消費しているからめったに買えないなあ。

一夜明けたら雪景色になった

一夜明けたら雪景色になった
起きたら外は立派な雪景色になっていた。こんなに本格的に降っているのは今年初めて。家の中は薪ストーブで暖かいから半袖でOK。犬はドア開けてやっても散歩に出ようとしなかった。帰る時間までにどれくらい積もるかな?

2008年2月 2日 (土)

見つけた。セツ子のドロップ

見つけた。セツ子のドロップ
見つけた。セツ子のドロップ
復刻版サクマ式ドロップス。
火垂るの墓のセツ子の絵がついている。
前から欲しがっていたのを今日見つけた。
那須の家に来る途中で夕飯を食べたラーメン屋さんで。
で 即お買い上げ。210円也。
写真は缶の表と裏。

ということで今は那須の家にいる。寒いよ~

2008年2月 1日 (金)

コンタクトレンズの回収

もう何年も前にコンタクトレンズを作ったメガネ屋からお知らせの封書が届いていた。

内容は「コンタクトレンズの成分に表示されている以外のものが入っていたので回収します」と。「表示されている以外の成分」が入っていても何ら不具合はない、ということだが それでも回収しなければ何かまずいのだろうか?

①回収して代金を返す
②回収して代わりの品物と交換する
のどちらかを選ぶらしい。

PL法のせいなのか?
これって崎陽軒のシュウマイの原材料の表示順が違っていた、みたいなもんだね。

耐用年数を超えているようなコンタクトレンズなのだが 取り替えてくれると言うなら取り替えてもらおうかな?

中国のギョーザに比べて日本人て本当に正直だと思う。

なんでもない日にお赤飯

買い置きのもち米が1キロあった。
     ↓
つるかめランドで井村屋のお赤飯の元(?)レトルトパック(3合用)を99円で売っていた。のでふたつ買った。
     ↓
で 自動的に今日の夕飯はお赤飯になった。

もち米2カップにうるち米1カップの3合。研いで水を捨てて井村屋のパックを開けてそこに入れて水加減を普通の3合分にして混ぜて炊く、それだけ。ちょびっとだけ塩をいれたけど。

お赤飯好きの息子は大喜び。夫も「ゴマ塩がない」と言ったら買いに行った。

仕事が終わって食べようと思ったら炊飯器の中はカラだった。「とてもおいしく炊けていた」のだそうだ。よかったね。

井村屋のお赤飯の元はまだ1パック残っているし、また作ろう グスッ(T_T)/~~~。

今度つるかめに行ったら99円のお赤飯の元をたくさん買って来ておこうと固く決心したのであった。


« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »