« 那須高原ハーレー牧場の牛乳 | トップページ | 公立前期試験 »

2008年2月 4日 (月)

英文法を理解させるには

生徒の好きな芸能人を主語にしてやると定着が早い。イメージが具体化されやすいのだろうか?

たとえば こんな具合。
中2 比較級最上級の英作文に
 ・小島よしおは日本で一番人気がある
 ・にしおかすみこは友近より美しい
 ・柳原かなこは3人のうちで一番かわいい
 ・BreachはNARUTOよりも面白い
 ・幸田くみはアムロより有名だ
 ・リボーンはアニメのうちで一番有名だ
 ・岡田准一は木村拓也より背が高い
 ・香取しんごはSMAPの中で一番背が高い
まだまだ どんどん作れる。一般動詞の文でもBe動詞の文でも3音節の形容詞もas~asの文もbetterもbestも何でも芸能人を主語にして作る。内容は正確でなくてOK。アニメ好きならBreachやリボーンを使う。幸田くみのファンなら幸田くみを徹底的に持ち上げてやるような文にしてやるとFredやYukiやMikeが主語の時と取り組む姿勢が全然違ってくる。Mikeなんかミケって読むもんね。まあミケでもポチでもいいけど それよりは関心が持てるらしい。

最初から英作文が無理な時は単語の並べ替えで文を作らせる。その場合、各単語の上に 主語S 動詞V 比較級 などと入れてやるとわかりやすい。Excelでセルに1単語ずつ入れて文を作って並べ替えすれば簡単に並べ替え問題が作れる。

英作文ができたら主語を代名詞に変えさせる。それをさらに疑問文否定文に変えさせる。さらに過去形に変えてみる。過去形の疑問文否定文を作らせる。慣れてきたら言葉を足して行く(頭に I think を付けるとか)。

この手は現在完了でもto不定詞でもなんでも使える。3単現のSを教える時や代名詞を説明する時なんか特に有効。「速水もこみちは I でも You でもない」ことはすぐに理解できるらしい。

英語がキライでキライでどうしようもない生徒でも主語を生徒の好きな芸能人やアニメキャラ(六道骸とか雲雀恭弥とか日番谷とか・・・・)に変えてやるだけで目の色が変わるから不思議。ただし実力も基礎力もないから5題くらいずつにしておかないとかなりの時間がかかる。

英語ギライに手を焼いている家庭教師の先生方 お試しあれ。かなり有効ですぞ。

« 那須高原ハーレー牧場の牛乳 | トップページ | 公立前期試験 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須高原ハーレー牧場の牛乳 | トップページ | 公立前期試験 »