« 大学合格! | トップページ | 今度はまな板か? »

2008年2月28日 (木)

エコバッグ

週刊現代で酒井順子が書いていた。エコバッグが山ほど溜まってしまった と。

もちろんスーパーで手提げポリ袋を断って代わりに使うアレのこと。

その一節に「エコ感とセレブ感とおしゃれ感というものは割と結びつきやすい。お金のない人がエコ活動をしていると それがエコなのだか節約なのだかケチなのだかわかりにくいがお金のある人がエコ活動をしているとそれは優雅で洒落た趣味のように見える。そして普通の人は優雅で洒落た趣味のように見えるエコ、というものに憧れてエコバッグ(特にブランド物 例:紀伊国屋バッグ)を持つようになった。」とあった。フムフム。

私はというとカバンの中に常に一つ入っている。折りたたんでベルクロで留めてコンパクトになるタイプ。しかし めったに、というか まだ2回くらいしか使っていない。

理由は簡単。買ったものが入りきらないからである。私は常にスーパーでは一番大きな袋をもらうことにしている。そしていつもその袋が3枚くらい必要で それがパンパンになるほど買っている。だからエコバッグで代用しようと思ったら相当大きなのを3枚くらい持っていかないと間に合わないのだ。

たまに自転車で買い物に出た時にいつもの調子で買い物してしまって「どうやって持って帰ればいいのだ!」と途方にくれることもあるくらい。アホです。

ふだん持ち歩いているカバン(バッグなんてカワイイものではない)はかなり大きなトート型だから少しだけ(あるいは薬等の小さいもの)買う時はシールを貼ってもらって直にカバンに突っ込んで帰るから必要ないのだな。けっこうな量でもボコボコ投げ込んで それで済んでしまう。

うちにも おしゃれ感のあるハロッズの袋とかもいっぱいあるのだが、かさ張る→持ち歩かない→使わない。

何のためのエコバッグなんだろうね。




« 大学合格! | トップページ | 今度はまな板か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学合格! | トップページ | 今度はまな板か? »