« 那須は花盛り | トップページ | タラコ »

2008年4月21日 (月)

カードゲーム大会

ちょっと古い話。

先週の土曜日12時から近所のゲーム屋で「遊戯王デュエルマスターズカード」のゲーム大会があった。息子が楽しみにしていて自分のカードを洗いざらい持って行って参加した。

もちろん勝てるわけもなく参加賞のカードをもらって帰って来たのだが。

息子によると「大人の人がたくさん来ていた」と。「その人たちのショルダーバッグやリュックの中はすごい量のカードでいっぱいだった」と。「ぼくにも『トレードしませんか?』って言って来た人がいてぼくのカードを見せたんだけど『やっぱりいいです』って言われちゃったの」と。

大会に参加する『オトナ』のゲーマーは子供相手でも丁寧語を使うらしい。息子の相手に当たったのは大人の人で あっけなく2回負けて終りになったそうだが それでも「大人の人とやった」ことが「すごく楽しかった」のだそうで、大人の人にカード交換を申し込まれたことで大人の人とお話したから少し大人になった気分にもひたれたらしい。

夜になってもしつこく「ぼくは本当に楽しかったんだよ」と言っていた。生まれて初めてそういう大会に参加したものだからかなり新鮮な経験だったようだ。

先週アキバに行った時にもオタッキーな大人をたくさん見たわけだがオタクは『大会』と聞けばどこにでも出没するみたいだね。

« 那須は花盛り | トップページ | タラコ »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須は花盛り | トップページ | タラコ »