« シブヤに行く | トップページ | 心のふるさと »

2008年5月18日 (日)

自家製コロッケ進化型

午前中TVをつけたら「男子ゴハン」をやっていてケンタロウがコロッケを作っていた。「ものすごくおいしい!」と言っていたので最後まで見てレシピを点検。

うちはスキムミルクを入れるのだがケンタロウ家では練乳を入れるらしい。

にわかに作りたくなったので子供たちにひき肉を買いに行かせた。

4時に仕事が終わるまでに娘がじゃがいもをゆでて皮をむいてマッシャーでつぶしてタマネギをみじん切りにして肉と炒めていた。息子はパン粉の代わりに玄米フレークを使いたいと一生懸命 麺棒を使ってシリアルを粉にしていた。

マッシュポテトに練乳を控えめに入れて肉タマネギと混ぜて下味をつけて あとの丸めて衣を付けるのは全部子供たちがやった。今回はとき卵ではなくバッター粉を作って手順を省略。衣つけの完成品はこちら。色黒のは玄米フレーク、色白のが普通のパン粉。お皿の写真が全部ではないが 揚げあがったもの。 001_2 002_2



娘は明日のお弁当用にひとつずつゲット。
玄米フレークの衣もカリカリでなかなかのものであった。
練乳を控えめにしすぎたせいかTVで言っていたような「ほのかな甘み」はなかったがおいしくできた。子どもたちの衣付けも上手になって、はじけてしまうようなこともなく外はカリカリ中はホコホコ。

家で作ると肉の量がすごく多いせいか 本日も「おいしい おいしい」とバクバク食べた。

« シブヤに行く | トップページ | 心のふるさと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シブヤに行く | トップページ | 心のふるさと »