« 評判良かった(*^^)v | トップページ | ミカンゼリー »

2008年6月 6日 (金)

歌舞伎

今日 娘は模試が終わり、明日は歌舞伎観賞会である。

歌舞伎座ならいいのだけれど国立劇場で鑑賞教室。演目は「神霊矢口渡」。平賀源内作の小芝居、それも一場だけじゃ面白くなかろうと思うが。高校生にこそ近松の名調子を見せたいが なかなか歌舞伎座に連れて行く時間を作るのが大変なので行けない。

イヤホンで解説を聞きながら鑑賞するのだそうだが それってジャマじゃないか?日本語なんだから よく聞いていれば意味はわかるはず。

それはともあれ 娘のクラスは花道から遠く離れているのだそうで それが「残念だ」と言っている。オペラグラスも双眼鏡も那須の家に置いたままだからな~。まあ見えた分だけってことで。

「歌舞伎」と聞いて 息子が「ぼく歌舞伎のポーズできるよ」とやってみせてくれたのは勧進帳の弁慶の見得切り。フ~ム 確かCMでやってたような気もする。「ぼくも行きたい。こうやってやるのの本物見たい」と言われても「神霊矢口渡」には弁慶は出て来ないんだよ。

こんど 子供にもわかりやすい演目の時(勧進帳でなきゃダメ?)に歌舞伎座に子供たちを連れて行かなくてはならない かな?

« 評判良かった(*^^)v | トップページ | ミカンゼリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 評判良かった(*^^)v | トップページ | ミカンゼリー »