« 11歳おめでとう | トップページ | 2000円 »

2008年6月27日 (金)

100円屋さん

息子が「ぼくは100円屋さんをはじめようと思う」と言った。
なんのことかと思うでしょ?私も「なんじゃら?」と思った。

ゲームステーションに100円玉握りしめてデュエルターミナルをやりに行ったら土曜日に息子のナンダカのカードとナンダカを交換してくれた「大人のおじさん」がいてデュエルターミナルをやっていたのだそうだ。

「ぼくは1回しかできないから いいカードが出なかったけど そのおじさんはいいカードを何枚も取っていていいな~と思った」のだそうだ。

それで「そのおじさんは100円玉をた~~~くさん持っていてず~~~っと何回も何回もやってたから いいカードが取れるんだよ」と。

それで「ぼくは100円屋さんをはじめようと思う」という冒頭の宣言になったのだ。

「100円屋さん」というのは「頼まれたお手伝いを何でもやるから お手伝い一回につき100円もらう」というものだそうだ。ふざけろよ
punch!家のお手伝いはタダに決まっておろうが。

それで「家のお手伝いをするのは当り前のことだから1円もあげません。100円ほしかったら家の前で『100円くれれば何でもやります』という札を首から下げて立ってなさい。通りかかった人の中にはお手伝いを頼んで100円くれる人もいるかもしれないよ」と言ったら 即座に挫折していた(爆!)

まあ労働の対価としてお金を得る という考え方は間違ってはいないとは思うがアルバイトをするのは10年(もう5年くらいになったかな)早いと思うぞ。

« 11歳おめでとう | トップページ | 2000円 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11歳おめでとう | トップページ | 2000円 »