« Qさま!SP | トップページ | 大入りジューシー肉まん »

2008年10月14日 (火)

モーツアルト 2台のピアノのためのソナタ Ddur

のだめカンタービレにはまっている生徒がいて「先生!これを弾いてください!」と楽譜のコピーを持ってきた。

「2台のピアノ」のための曲をどうやって弾けというのだ。
  ↓
Ⅰの方だけ弾いてくれればいいです
  ↓
そんなのだけ弾いたって何も面白くないよ
  ↓
高校の音楽の先生が授業の前とか後とかに頼むとそこだけ弾いてくれるんです
  ↓
なんじゃ そりゃ~!
  ↓
携帯のムービーで撮りたいのでお願いします

ということで弾いた。全然楽しくない。26小節から4小節Ⅱに移るから25小節まで。ユニゾンとスケールとブロークンアコードばっかし。だけど途中で音をはずしちゃったから今日のムービーはナシにさせた。やれやれ。

帰り際に音楽の先生がどうやって弾くのか詳しく聞いたら「最初のここら辺(12小節あたり)までしか弾いてくれない。でも先生(私のことね)の方がうんと上手」なのだそうだ。いや そんなのはどうでもいいけど「のだめに出てくる曲を弾いてほしい」と言われて よりによって何で「2台のピアノのためのソナタ」を選ぶかな?それも12小節だけってなんだかな~。なぞである。

次回のレッスンでも「ムービー撮りたいから弾いてください」って言われるんだろうな~。

« Qさま!SP | トップページ | 大入りジューシー肉まん »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Qさま!SP | トップページ | 大入りジューシー肉まん »