« 東京書籍の教科書の誤記述 | トップページ | 久しぶりの独り歩き »

2008年10月 8日 (水)

新潟 中3男子 5人 事件

いや 平らに言ってしまえば集団強姦事件なのだが。タイトルにその言葉を使いたくないので検索キーワードのようなものになってしまった。

世の中怖いな~と思うのは既に2ちゃんねるでは事件の加害者の中学校の名前も住所電話番号も公開されちゃっているし、加害者5人の本名もフルネームで出ている。被害者の女の子も特定されてしまっている。

スレッドを読んだが大方は実に常識的なレス。「性教育なんかいらない」「親が職を失う」「なんで親じゃなく教委が謝るんだ」「なんで知った時に親が警察に引きずって行かないんだ」「親の子育てが失敗だったって話じゃん」そうなんだよ。

ゆうべネットニュースで校長が「性教育と人権教育が足りなかった」などと言っていたと読んだ時も思ったのだが やるべきは性教育や人権教育じゃないね。

被害者がどんな思いをするか想像できずに「興味があったから」だけでやってしまうようなやつらには『他人の人権について考えさせる』人権教育はムダだと思う。そういうやつは「自分の気持ち」しか理解できないのだから『自分の人権』を守るための話なら理解できるだろうと思う。

だから2ちゃんねらー達の言っていることの方が理解できそう。
事件を起こすとすぐにネット上でネークが加害者の住所、氏名、電話番号だけじゃなく親の名前、兄弟姉妹の名前や通っている学校、親の職業、時には本人の顔写真まで出すから全国的に知られるんだぞ」とか
「親は職場にいられなくなって」
「生活できなくなって」
「世間の目が冷たくなって」
「ワイドショーがガンガン来て」
「家を売って引っ越して」
「家族は離散して」
「兄弟姉妹は施設で育ち」
「兄弟姉妹も そういう兄弟がいることを知られたら結婚もできず」
「自分も鑑別や少年刑務所から戻っても それがバレたら仕事もできず」
「一生ビクビクして暮らさなきゃならない」
と教えた方が効果はあるんじゃないか?

真保裕一の「繋がれた明日」と東野圭吾の「さまよう刃」を読ませるのもいいかもしれない。

「親は土下座して謝った」「家で反省させたいと10/3からは欠席」というのも何だかイヤな感じがした。裏にこの程度のことだから「土下座して泣いて謝って許してもらおう」とか「高校進学を犠牲にしても家にいさせるのだから その辺で手を打ってくれないか」って考えがあるのが透けて見える。

そんなことで被害者とその親の気持ちがおさまるわけがないじゃないか。

うちにも年頃の娘と思春期に近付いている息子がいるから「もしも」と考えると止まらなくなる。

その他にずっと昔のことだが「コンクリート詰め女子高生殺人事件」(正式名称は知らないが)というのがあった。あの被害者の女子高生は 中学生の時に私は現職で、自分のクラスではなかったが教科で教えていた子だったのだ。あそこまでひどいことをした犯人たちが何年かで出て来て綾瀬駅前のスナックで事件の話を得々としている、というのもネットで見たし 犯人の一人が再犯して捕まったが「未成年の時の加害者だから」という理由で成人してからの事件でも実名報道がされなかった というのも引っかかっている。

今回の犯人たち5人は学校に行きたくても行けないね。鑑別に送られて 殺人じゃないからだいたい6か月で 卒業式までには戻してくれるだろう。卒業はさせてくれるかもしれないが卒業式にも出られないだろう。出られたとしたら大したもんだ。今からだと卒業式までに30日以上の欠席になるから不登校扱い。卒業認定会議でもめるだろうな。高校なんて夢のまた夢になる。それで自暴自棄になって転落の一途。

自分の人生を捨てただけでなく被害者の人生もズタズタにしたんだということを どうやったらわからせられるんだろうか?

ああ いやだいやだ。

« 東京書籍の教科書の誤記述 | トップページ | 久しぶりの独り歩き »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京書籍の教科書の誤記述 | トップページ | 久しぶりの独り歩き »