« 女性のハゲ | トップページ | 運動会 »

2008年10月 3日 (金)

話が聞けない子供

5歳の生徒。集中が3秒しか続かない子。ついでに たぶん音痴。

最初にピアノを始めた時に ドドドド と4つ弾かせるのも大変だった。3つ目を弾く時には既に目がよそを向いているのだ。

1年以上経ったこの頃は何とか8小節の曲を弾き終わるまでは楽譜と手を目が往復するけどもつようになった。でも最後の音を弾いたら その音を押さえたままで目がよそを向いているが。

家で練習もしないし当然 全然進まない。いつまでたっても次の音が用意できるまで音符の長さを無視してのばしているから曲にならない。それで別の音を弾いてしまっても気づかずに先に行く。ソなのにファを弾いしまっても「ソ」と言いながら先に行ってしまうから全部ずれている。知っている曲でもなんでも それは同じ。「メリーさんのひつじ」も「かえるのうた」もおぼえられないから暗譜で弾けない。歌わせても音程は取れないから すごい。

それより何より本当に目を合わせていられない。注意している時も顔はこっちを向いているが目はあっちを向いている。「こっち向いて」と言っても2秒も経つと目が横目になる。

今日は同じことを3回繰り返して注意したが目はそっぽを向いたまま。それで「先生は何に気をつけましょう と言ったかな?」と聞いたら答えられなかった。本当に何も聞いていなかったのだな。

迎えに来たお母さんに「今日はまっすぐ向いてお話を聞けなくて注意しました」と伝えたが「さようなら」の挨拶の時も目が横を向いていた。

音痴はしかたないとしても それ以上に何かすごく重大なことが起こっているような気がするのだが保育所の先生とか毎日顔を合わせている大人で気付いている人はいないのだろうか。

来年小学生になるのに このままで大丈夫か?と心配である。

« 女性のハゲ | トップページ | 運動会 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性のハゲ | トップページ | 運動会 »