« ひまわりウィンナー | トップページ | 連休でも »

2008年11月21日 (金)

理解し難きものーその2

大阪弁(関西弁?)の言葉の氾濫。

代表的な言葉=うち(うちら)
これは どうにも受け付けられない。
厳密に言えば関西弁では
ち」なのだろうが これを普通に「う」と発音するではないか?「う」というのは関東では「家」のことだろうが。聞くたびに耳に刺さるのだが あまりにも普通になり過ぎていてイヤなのだ。保育園児だって言っているものなあ。「うちんち」に至っては返す言葉もない。

みたらし団子=昔は「焼き団子」と言っていたはず。
それが今では下町の餅屋(決して和菓子屋ではないのだ)でしか「焼き団子」の表記が見られなくなったのは寂しい。シャトレーゼが「焼き団子」の表記で売っているのを見て思わず買ってしまったくらいだ。だいたいが「みたらし」って語感が悪くないかい?

お造りってなにさ!と思う。
昔の東京では何でも全部「刺身」で通っていたはず。「刺身の盛り合わせ」だったよ。

長ネギだって私が子供の頃は八百屋で「棒ネギ」と書いて売っていた。ネットで「棒ネギ」で検索してみたら ちゃんと「棒ネギ」と書かれた記事がたくさんヒットしたぞ。いつから「棒ネギ」は「長ネギ」になったのか。

今日は保育園児の生徒が「うち」「うち」と連発していたので ついムキになって書いてしまったな。でも本当に「う
(うら)」と言われるのはキライ!!!!

« ひまわりウィンナー | トップページ | 連休でも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひまわりウィンナー | トップページ | 連休でも »

無料ブログはココログ