« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

お料理三昧

今日はやることもなかったし出かけたくもなかったので家の中でお料理三昧。

その1>ゆずケーキ
Blog_025 ゆずの搾り汁と皮の黄色い所のスリ卸しを混ぜたバターケーキ。バターの香りがゆずの香りをジャマしないようにバターの代わりにサラダオイルを使うことが多いが、うちではバターを使う。それでもちゃんと香りも味もゆずなのだ。
その2>リンゴのケーキ
Blog_026 本当は焦げ目がつくくらいリンゴを炒めてキャラメル味にするのだが、うちではリンゴにそこまで火は通さない。生地は小麦粉とアーモンドプードルを1:1にして風味を出した。型の底にリンゴを敷き詰めて その上から生地を流して焼くのだが焼きあがったら真ん中が膨れてしまったので型から抜いたら傾いてしまっている。
その3>サトイモの煮っ転がし
大量のサトイモの皮をむいて甘辛く煮ただけ。なのだが これが毎回売れ行きが良くて。お湯で少し煮て皮をむけやすくしてからむくのだがツルっとむけるのばかりじゃないし皮むきに時間がかかる。なのに食卓に出したらあっという間になくなる。お弁当用にも確保された。本当に和食は手間がかかる。
その4>天婦羅
大きなエビは買えないから1パック12尾くらいの大きさのエビを使う。3パック買ったエビの殻むきをして(うちではシッポまで取ってしまう)背ワタを取り切れ目を入れて真っすぐにして。下ごしらえには手間がかかる。他にモンゴウイカとマイタケとサツマイモを揚げた。

ちょうど最後のサツマイモを揚げている時に夫が帰宅。那須は雪が降ったと。

ゆずケーキがオーブンに入っている間にサトイモむいてエビの下ごしらえして。サトイモを煮ている間にリンゴをむいて生地を作ってオーブンに入れて。すごく働いたようなことを書いてしまったが 実際には3:30から6:00までしか動いていないのだよ
( ´艸`)プププ

2008年11月29日 (土)

ゆず

夫が仕事の途中でゆずを見つけて買って来た。

ということは「ゆずケーキ」を焼けということなんだな。

本人はさっさと那須の家に行ってしまったが、出る前にちゃ~んと冷凍室からバターを出して冷蔵庫から卵も出して行った。明日帰って来るまでに「ゆずケーキ」を焼いておかなければならない。

なんで こういうことばかりマメなのかな~。自分じゃ料理なんてお米を炊くことすらもできないくせにね。

2008年11月28日 (金)

一段落

中学生の期末も一段落。

今日は相談室の仕事は休みを取っているのでゆっくり。

朝は豪雨だった。

仕事がないから 娘に「駅まで送って行ってやる」と言ったら「帰りはどうするの?」と聞かれ「帰りは晴れだそうだから歩いて帰って来るの」と言ったら「それじゃいい」と言ったのに玄関を開けたらすごい雨だったから「帰り歩いて帰るんでもいいから送ってって」と言う
o(*^▽^*)。送って行く途中で財布からバス代を出して渡し「帰りはバスで帰って来ていいから」ということにした。

息子は「一緒に送ってってやる」と言ったが「いい」と言って歩いて行った。まあ小学生は嵐だって歩いて行くのが普通だし。

帰って来てお風呂をわかして朝風呂。
買い物に行って あとは読書三昧。
パンドラTVでちょっとZipangを見たりした。

そうか、こういう日には念入りに掃除をするものなんだな、と思ったのはレッスンを始める直前であった。どうも掃除とは相性が悪いのか掃除のDNAが欠如しているのか発想もしないってのは問題かも。

ま いいか(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

2008年11月27日 (木)

朝からチャーハン

夕飯の残りごはんを 朝、子供たちが食べたがらない。

娘は汁かけごはんが好きだけど息子はキライ。
おにぎりにすると息子は食べるが娘は食べない。

ごはんがいっぱい残っているのに「バタートーストがいい」だの「バターなしのジャムトースト」だの「飲み物はコクミルにして」だの「ミロがいい」だの何だの言う。うるさい。

それでゆうべは夜中に残りごはんをチャーハンにしておいた。卵とベーコンとネギだけのチャーハン。

そうしたら今朝はふたりとも そのチャーハンをモリモリ食べた。マギーブイヨンで簡単に作ったスープと一緒にたくさん食べて出て行った。

なんなんだろう。。。。。

2008年11月26日 (水)

低レベルの戦いだけど


コネタマ参加中: 今日のクライマックス

息子の長距離走大会だった。

自慢じゃないがうちの息子は足が遅い。体が大きいから幼稚園の時はビリではなかったが小学校に上がってからはずっとビリだった。

転校して初めての長距離走大会。
試走の日に興奮して帰って来た。
「おかあさん!僕はビリじゃなかったんだよ!ビリツーだったの!」おお そりゃ良かったね。人数が多い学校に転校したから うちの息子よりも遅い子がいたらしい。世の中広いもんだよ。転校して良かったね
( ^ω^ )。

それで今朝ははりきって出かけて行った。勝手に「ビリツーになったらごほうびにガンダムのプラモ付きの本を買ってもらうんだ」と決めて。。。。。

「ビリツーでゴールするところちゃんと見に来てね」と言うので「もう少しがんばってビリスリーをねらえば?」と言ったら「その前の子は抜けないんだ」と。

結果はめでたくビリツーであった。
ビリの子は先生と一緒に歩いていたから かなりな大差をつけてゴール。前の子には差をつけられていたけどさ。でもとりあえず歩かないで最後までがんばって走り通したからパチパチ。

私なんか「1500m走り通せ」と言われたってムリだよ。完走することに意義があると思えば ほめてやれるね。

帰って来たら「ガンダムのプラモ付きの本買いに行く」と言うんだろうな~。

2008年11月25日 (火)

週明けから

例によって忙しかった。朝からバタバタと。
相談室が忙しいって すごく良くないことだ。
それだけ問題のある子供が多いってことで。




2008年11月24日 (月)

静かな日々は終わり・・・

3人と1匹が帰って来た。
たちまち家に音が蘇った。

もちろん おいしいご飯を作って待ってたよ。

おさんどん係の娘はけっこう大変だったようだ。たまにはこうやって母親のありがたみを思い知ってもらうのもいいかもしれないね。

私は3日間 二つ以上の家事を並行してやらなくて済んで なんだかゆとりだった。ひとつずつ片付ければいいって楽だ。

それに一人暮らしだったらワンルームでいいなあ などと思った。



2008年11月23日 (日)

静かなのだ

家族が誰も(犬も)いない家で目覚めて ひとりでご飯を食べて仕事して。

気が付いたら今日は一度もTVをつけていなかった。

静かなのだ。

洗濯も何かをやりながら回すんじゃなくて洗濯機が回っている間はコーヒーブレイク。

ひとりっていうのはシンプルな生活だね。

2008年11月22日 (土)

連休でも

お仕事。
3日間毎日お仕事。

夫と子供たちと犬は那須の家。

期末試験前だから連休も休まずに勉強特訓するから、と残ることに決めたら それからドンドン仕事が増えてしまった。

だから今日は朝からずっと仕事。今日も明日も夜はPC教えに行くことになっちゃったから夜まで詰まっている。今日はPC講習が終わって帰って来たら11:30であった。明日はもう少し早く終わる予定。

来週期末試験の生徒たちは まだ勉強しているはずだから 私もがんばろう。

那須は寒いんだってさ。

2008年11月21日 (金)

理解し難きものーその2

大阪弁(関西弁?)の言葉の氾濫。

代表的な言葉=うち(うちら)
これは どうにも受け付けられない。
厳密に言えば関西弁では
ち」なのだろうが これを普通に「う」と発音するではないか?「う」というのは関東では「家」のことだろうが。聞くたびに耳に刺さるのだが あまりにも普通になり過ぎていてイヤなのだ。保育園児だって言っているものなあ。「うちんち」に至っては返す言葉もない。

みたらし団子=昔は「焼き団子」と言っていたはず。
それが今では下町の餅屋(決して和菓子屋ではないのだ)でしか「焼き団子」の表記が見られなくなったのは寂しい。シャトレーゼが「焼き団子」の表記で売っているのを見て思わず買ってしまったくらいだ。だいたいが「みたらし」って語感が悪くないかい?

お造りってなにさ!と思う。
昔の東京では何でも全部「刺身」で通っていたはず。「刺身の盛り合わせ」だったよ。

長ネギだって私が子供の頃は八百屋で「棒ネギ」と書いて売っていた。ネットで「棒ネギ」で検索してみたら ちゃんと「棒ネギ」と書かれた記事がたくさんヒットしたぞ。いつから「棒ネギ」は「長ネギ」になったのか。

今日は保育園児の生徒が「うち」「うち」と連発していたので ついムキになって書いてしまったな。でも本当に「う
(うら)」と言われるのはキライ!!!!

2008年11月20日 (木)

ひまわりウィンナー

今日は息子が社会科見学だったのでお弁当用にひまわりウィンナーを作った。たくさん作って娘のお弁当にも2個入れてやった。

お友達に褒められたとかで「今日は自分でひまわりウィンナーを作る」と宣言。

でも昨日私が作る所を見ていたくせにできない。作りながら口でも説明してやったし爪楊枝を刺すところだって見ていたのにできない。ヨレヨレのわけわかんないウィンナーを量産しているのを見て怒ってしまった。「眺めているだけで見てないからできないんだ!見てたのにできないヤツは自分の頭を使って考えていないんだから そういうヤツは教えたってできない!いちいち教えてもらえなかったらできないヤツなんか社会に出たって使い物にならない!」と。

怒られて私に対して反抗的な言動をしているのを夫が見て 夫にも怒られてしまった娘。ついでに私も「見ただけで何でもできるんなら学校はいらないんだ!世の中見ただけでできるヤツばかりじゃない!」と怒られた。でもさ~、たいていのことって見ただけでできるもんじゃないか?特に料理なんか作る所を見てなくてもちゃんと見て食べてれば切り方だって火の通し方だってわかるしさ、味だって再現できるし。今日お弁当に入っていたひまわりウィンナーを食べてるくせに(作るところも見ていたくせに)作れないことの方が私にとっては理解の外だ。

仕方ないから一緒に作って切り方と楊枝の刺し方まで教えてやった。ちゃんとできた
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。

たかがひまわりウィンナーで険悪になるって。家中が疲れているのか?

2008年11月19日 (水)

その割に元気

今日はヒマ、になる予定だったのに保護者から面談申し込みの電話があって、11時から1時まで2時間たっぷり面談してしまって終わったら「ウッハー!」だった。

その代り 夜6時からあとの生徒が欠席だったので普通の時間に家族と夕飯を食べて 明日のお弁当の準備もできた。明日は息子が社会科見学なのだ。

夫がギンナンを拾って来た。生徒が休みなのでお勉強用のデスクいっぱいに種を広げてエアコンの風で乾燥させているのでくさい。

私は明日は合唱コンクール。教職員合唱のための伴奏の練習もちゃんとやった。

仕事がないと夜が長い。
いつもだと仕事が終わってからゴチャゴチャやっていると あっという間に朝(は大げさか?3:30くらいだから)になってしまうのだが。

そのせいか実に元気である。よし!明日もがんばるぞ!!

2008年11月18日 (火)

つ・か・れ・た~~~

この頃は週末だけでなく 週明けもメチャクチャ忙しくなっている。

昨日に続き今日も朝から忙しかった。

9:30にカテキョが終わったら動けなくなった。年か?

いやいや夕飯のおかずにポテトグラタンなんか作っちゃって手間かけちゃったしな~。直径32センチの一番大きなパイ皿に山盛り作っちゃったし~。ちなみに今日の夕飯はお赤飯とイワシの焼いたの3尾とポテトグラタンとサラダにお味噌汁。息子の好物と夫の好物と娘の好物を並べたら こんな変なメニューになった。大量のホワイトソース作りで疲れたのかもしれないね。

明日は少しは平穏でありますように。

今日は肩に温感湿布を貼って早寝するのだ。

2008年11月17日 (月)

理解し難きものーその1

それはネイルアート

何がいいのか どこがきれいなのか どうしても理解できない。
見ても「きれいねえ 素敵ねえ」とは思ったことがない。
「スゲエ(ひどい)」とは思う。
だって爪だけ別の生き物みたいじゃないか。

ある程度の年齢の女性の場合→「この人はお米を研がないのか」と思う。子供連れの場合→「かわいそうに手料理なんか食べさせてもらえなそう」と思う。OLみたいな場合→「ペンも握れずキーボードも打てず仕事になるのか」と思う。「お茶くみだって水仕事するだろうに」とか「この爪でお茶を出された来客は身を引きそう」とか「あのストッキングはどうやってはいたのか」などと想像してしまう。高校生とか学生の場合→「私は勉強しませんと宣言しているわけね」と思う。

ピアノを弾くから爪を伸ばしたことがない。どころか 常に普通の人の言う深爪状態かな?爪切りとヤスリはお友達さ。だから理解できないだけなのか?

ずっと以前(15年くらい前か?)に旅番組で秋野暢子がそば打ち体験をすることがあって、指導のおじさんに「その爪じゃちょっと」と言われて憤然として「私はこの爪で料理ができる女優ということで有名だから大丈夫なんです!」と言って猛然とそば粉をこねていたことがあった。正直言って「ウハ~~!!」だった。本当にそうなのかもしれないがTVであんな態度を見せちゃっていいのか?と思った。だし、あの爪に一度詰まったそばを食べるわけね と思ったらイメージ悪すぎだった。

あとコスメ関係の仕事をしている人がピアノを習いに来て爪を注意したら次のレッスンに切って来たが「仕事柄 この長さがギリギリなんです」と。それが想定外の長さであった。年中鍵盤の隙間に爪を引っ掛けては「イテー!ハガレル!」と騒いでいた。よくあれで10年続いたものだと思う。

コスメ関係と言えば 先日TVでIKKOが誰かにお化粧してやっていたのを見たが あの人もすごい爪をしていた。あの指で顔をペタペタやられるって怖そう。

コスメ関係の人って「仕事柄」自分もキレイキレイにしていなければならないのだろうが お客さんの顔をいじるのは「仕事柄」のうちに入ってないのだろうか?だってピアノを弾くのと同じに「働く手」でもあるわけでしょ。と これもナゾなのである。

機能を犠牲にして見た目に走るのが理解できないだけなのかもしれないな。究極の美は機能美にあると思うのだが。F14なんか美しいじゃないか。爪と戦闘機を一緒に語ってはいけない?でも顕微鏡だってなんだってデザインはあるけど
トゲが生えてたり3Dの花が付いていたり 余計な物は付いてない。実験器具のフォルムの美しさって独特の洗練の形だと思う。偏っているかな?

2008年11月16日 (日)

マッサージ

コネタマ参加中: 内緒で買ったもの

厳密に言えば内緒で「買ったもの」ではないのかな~?

夫はひとりで那須に行ってしまったし、今日はフリーだったので子供たちはふたりで映画館に放り込んだ。
終わるまでの2時間15分の「ひとりの時間」を二人分の映画チケットで買ったことになる。
本屋でゆっくり選んでマッサージを予約してカフェでゆっくり本を読みながらお茶。ササっと買い物を済ませて車に荷物を積んでから1時間マッサージしてもらった。

「映画の間 おかあさんは何してたの?」と聞かれたが「おうちのためのお買いものして あとは待ってた」と言っておいた。マッサージはナイショ。

子供らは「容疑者Xの献身」を楽しんだわけだし めでたしめでたし。

2008年11月15日 (土)

海外修学旅行

娘の修学旅行が来年2月にある。

海外コースと国内コースのどちらかを選ぶのだが費用的には2万円くらいしか違わない。だからうちは海外コースを選ばせた。

行先はシンガポール マレーシア。マレーシアでは姉妹校の人たちと交流会をするので事前に何ヶ月かあちらの生徒と手紙のやり取りをするのだ。その相手と交流会でご対面になる ということで英語がちゃんと話せるのか心配だ。

今日は保護者向けの修学旅行説明会に行って来た。
シンガポールはシンガポールドルでマレーシアはリンギットだということを初めて知った。それで行く前にJTBを通して両替して あちらの通貨に換えて それを持って行くのだと。必要なのは自由行動時の昼食代と飲み物代とお土産代。シンガポールドル≒70円、マレーシアリンギット≒29円、ファストフードの相場がこれくらい、高級レストランでこれくらい、ジュース1本がこれくらい、という換算表をくれて 両替の申込書をもらった。

問題は残った現地通貨は帰国時に円に両替できない というところなのだ。おこづかいの制限は20000円なのだが それを10000円ずつ現地通貨に両替してしまって 物価が安くて使いきれなかった場合、残りが無駄になってしまうということだ。

説明会後の茶話会で お母さん方の関心はその1点に集中していた。いくらずつ両替を申し込めば無駄にしないで済むか。これは難しいよね。だいたいシンガポールとマレーシアで通貨が違っているからシンガポールで余った分をマレーシアで使えないんだもん。へたしたら円に両替できないコインがジャラジャラになってしまうわけだ。

申込〆切までに娘と一緒にちゃんと計算して予算の計画を立てなくては。

補足>ちょっと調べました。
○マレーシアでもジョホールバルのようにシンガポールに近いところではシンガポールドルも使えるとか。だとするとシンガポールドルの両替を多くしておいた方がいいかな?
○コイン以外は日本橋の香港上海銀行で円に両替できるらしい。でもきっとお札で払いまくって残るのは全部コインだよね。

2008年11月14日 (金)

ザ・プライス

例によって忙しい。

今日は県民の日で学校はお休みだったけど、ということは息子も休みということで。

駅前に「ザ・プライス」開店。
チラシが入っていたので行ってみた。

レイアウトは変わっていない。お砂糖とバターとタマゴが安かったのでケーキ用にいっぱい買って来た。裏の駐車場は臨時駐輪場になっていて3日間は車が止められないが その路地をはさんで向こう側の地下駐車場は契約駐車場になっていた。3000円以上で1時間分のサービス券をくれたので実質無料になった。

日替わりサービス品でほしい物があった時には かなりお得だと思うが その他の物は他のスーパーより少し安いかな?って程度のように思った。あまり一所懸命リサーチして来なかったから実はよくわかってないだけかもしれない。

昨日は駅の向こう側にLaLaガーデンがオープンして その中にもヨーカ堂が入っているらしい。駅の向こう側には大型店舗がなかったから きっとあっち側の人たちは喜んでいることだろう。

明日は朝9時から仕事で午後は娘の高校で夕方から高校生ふたりカテキョがあるから夕飯を作らなくてもいいようにカレーを大量に作っておいた。なんかザ・プライスにせっかく行っても意味なかったな。

2008年11月13日 (木)

献血

献血

今日は早帰りができたので献血センターに寄って成分献血をしてきた。記念品でもらったボールペン。献血はしばらくぶりだったので行かなかった間にボールペンがグレードアップしていた。しかし軸の色が赤って ちょっと生々しくないかい?

2008年11月12日 (水)

自転車の走り方

いったい交通法規というものを何だと思っているのか、というくらい今の自転車の走り方はメチャクチャである。

自転車で学校に行くにはいつもより15分早く出なければならないので高校生の登校時間に走ることになる。やつらの命知らずな走り方は見ているだけで怖い。のに それに混ざって走らなければならないからもっと怖い。右側逆走は当たり前、右側を3列で並走もよくあること、信号の赤渡りは常識、後方確認せずにヒョ~~っと道路横断。パートに行くおばさん達も同じ。まず信号は守らない、後方確認は絶対しない。私が信号で止まっているとジャマにされるもんね。舌打ちして追い越して行って車にクラクション鳴らされているぞ。

だから距離は全然平気だけど神経使い過ぎて疲れる。腹も立つし。

朝は車で走っていても あまりのひどさに事故を起こさないように本当に気をつけなければならないから自転車マナーの悪さは知っていたつもりだったが、混ざって走るのはもっと疲れる。

先日 幹線道路を渡るのに信号待ちしていた時のこと。
おばさん二人並んで信号待ちしているののうしろについた。見て驚いた。自分の体が歩道の端ギリギリにいてハンドルから先は全部車道に出ている。路肩が狭いから大型トラックが来たらはねられる。それで親切にも「歩道に入ってないと危ないですよ」と声をかけたら「ちゃんと歩道にいるじゃない!!」とすごい勢いで怒られてしまった。確かに自分の体だけは歩道にいたけどね。その10秒後くらいに大型トラックが来て バカバカとものすごい勢いでクラクションを鳴らされて それでもわけわかってなくてトラックを止めちゃって さらにクラクション鳴らされまくってやっと気が付いて あわてて自転車ごと後ずさりしていたけどさ。バカだよね~。
その話を夫にしたら「そういう時は声なんかかけないでそいつらがはねられても巻き添えにならない所まで逃げてればいいんだ」と言われた。本当にそうだな、と思った。

車の取り締まりより自転車をどうにかしてほしいと思う。

2008年11月11日 (火)

年齢を一日の時間に換算したら

夜中の12時に生まれたとして 自分の人生は今一日の中のどの辺か?と思って式を立ててみた。寿命はアバウトに85歳として設定。

(年齢)/85=X/24 これで出る。
わかりやすく式を変えれば
(年齢)×24÷85=(時間)
小数点以下の数に60をかければ分まで出る。

例えば50歳の場合
50×24÷85=14.11764705
小数点以下を適当に四捨五入して0.12とすると
0.12×60=7.2 ということで
50歳 ≒ 14時7分 になる。

さすがに50歳だと日は傾き始めているわけだ と妙に納得。
いや別に私が50歳なわけではないのだが。

ならば12時ジャストは何歳か と思って逆算してみた。
答えは 42.5歳。
そうか~42歳と半年までは上り調子なわけだ。
よく「40過ぎたら無理がきかなくなって」などというのを聞くが あながち根拠のない話ではなかったのだな と これも妙に納得してしまった。

寿命の数を女性なら女性の平均寿命に変えて計算すると より正確な時間が出るから興味のある方はやってみて。けっこう面白いよ。

2008年11月10日 (月)

見た目で不合格はいけないことか?

もう古い話題になるが神奈川県の神田高校の校長が更迭された事件(?)

普通 中学校の受験前指導で「髪の毛、服装、持ち物」の注意は かなりしつこくされているはず。それでも「指導しにくそう」に見えたのなら それは相当だったのだろうと思う。

まだ公立高校で面接試験がなかった頃、というより何十年も前から私立では面接でチェックしていたし 公立だって試験監督が各教室で机間巡視しながらチェックしていた。のは公然の秘密 というより常識だと思っていたのだが 違ったのか?もしかして朝日新聞の記者だけが知らなかったとか?

きちんと自分を評価してほしいなら それなりのきちんとした服装、態度があるわけで 「ありのままの自分を受け入れてくれ」と言われて『これじゃ受け入れられません 不合格』と評価した ということのどこが悪いのか。

高校は義務教育ではない。公立といえども各校が理念を持って経営されているわけで その理念を踏みにじる まではいかなくとも受け入れる態度ではない者を合格させる必要があるのかと思う。

カテキョの生徒で爪を伸ばしてツヤツヤに磨き上げている子がいる。中3である。受験生である。常々「まともに鉛筆も握れないほど伸ばした爪で受験したら それだけで落ちる」と言っているのだが ちょっと切ってはすぐ伸びる の繰り返し。この間「爪と引き換えに自分の将来を捨てるつもりなら止めないよ」と言ったら今日は短く切って来た。爪切りがいつまで続くか しばらく何も言わないで見ていようと思う。受験直前になっても伸ばしているようなら直前に放り出してやろうか などと意地悪く考えてしまう。服装 態度 髪の毛 爪 持ち物に受験の心構えが表われるのだということを軽く考えてはいけないと思う。

2008年11月 9日 (日)

図書館の本が

26万冊も行方不明なのだそうだ。今日の読売新聞1面に出ていた。

私自身は図書館の本は読めない。心理的にストッパーがかかっているらしくて「借りに行こう」という気になれないのだ。読みたい本は全部買う。だから家に本がどんどん増殖している。

そういう人間なので「へ~」と思って読んだのだが『借りる人』のマナーの悪さは知っている。

生徒たちが私の本や楽譜を借りて行くのだが中には信じられないくらいひどいのもいるのだ。

例1>小学生が借りて行って4か月経っても返さないので聞いたら「学校の読書の時間に読んでいるから学校に置いてある」と。「読み終わったら返してね」と言ってさらに2か月後に持って来たのを見たらカバーがなくなっていて本体だけだった。それで「借りたものは元の姿のままで返すもの」だと言わなければならなかった。

例2>大人の生徒にポピュラーの楽譜を貸したら紙がブヨブヨになって戻って来た。「すみません。布の袋だったので雨に濡れてしまって。乾かしたのですが」と言う。絶句してしまった。ポピュラーの楽譜だからいいけど(輸入版なんか貸さない)「普通 借りた物をこういう風にしてしまったら新しいのを買って返す、とかしないと常識が疑われるよ。友達なくしたりするから借りた物には注意しなくちゃ」と言わなければならなかった。

例3>幼稚園教諭の生徒が図書館で楽譜を借りて来た(図書館に楽譜まであるなんて知らなかった)。「園で使うのに良さそうな曲をチェックして来たんです」と出された楽譜を見て目をむいてしまった。いくつもの「チェックした曲」のページの角が三角に折られていたから。それで「これは図書館で借りたものなんでしょ?不特定多数の人が借りて利用するものでしょ?あなたが返した後でも誰かが借りるものなんでしょ?一度折り目が付いたら紙は元にはもどらないのよ。自分の物なら楽譜の角に折り目が付いていてもいいけど借りた物をこういう風にするのは良くないことだ」と言ったら初めて気が付いたようでにわかにあわてだして折り目を広げて「どうしよう」となぜていた。「ポストイットはこういう時のためにあるんじゃないの?」と言ったら「はい 本当にそうですね。次から気をつけます」と。24歳になるまで本当にそういうことを知らなかったのか?と思った。

今では貸す時に「元の姿で返してね」と一言言ってしまうし、ポピュラーの楽譜を貸す時は、
取っておいた楽器屋のポリ袋に入れて貸して「このままこの袋に入れて返してね」と念を押す。

今の子は他人から借りた物に対するマナーとかについて たぶんハナから教えられていないのだと思う。私がうるさすぎる?そうは思わないけど。

図書館の本がなくなるのから話がずれてしまったが 借りる側の意識改革をしていかないといけないのではないかと思う。


2008年11月 8日 (土)

クリスマスペーパークラフト

相談室の飾り付けをするためにクリスマス用のペーパークラフトをやっている。といってもネットでダウンロードしたPDFをPOしてハサミで切るだけ。あとはノリや両面テープを使って組み立てるのだ。

ゆうべたくさんPOしておいたのを今日 夜になってからチョキチョキ始めたら子供たちが「やりたい!」と参加した。3人でチョキチョキやると さすがに早い。いや~助かったな~。

ここんところ相談室も忙しくてチョキチョキやっているヒマもなかったのだ。一挙に出来上がってしまってうれしい。やっぱり1か月くらいは飾っておきたいもんね。

組み立てたり立体に作ったりしてしまうとかさ張るから それは学校に持って行ってからやることにして 部品ごとにポリ袋に仕分けして終り。

興味のある方はキャノンサンワサプライTEPIA、キッズ@niftyやYahooきっずをのぞいてみてください。いっぱいあります。

2008年11月 7日 (金)

しゃぶしゃぶ

近所にしゃぶしゃぶ食べ放題の店が2軒並んである。そしてそこから300mも離れていない所にもう1軒しゃぶしゃぶ屋を作っている。半径300mにしゃぶしゃぶ屋が3軒で商売になるのだろうか?

並んでいる2軒は「かごの屋」と「どん亭」。少し離れて今建築中なのは「木曽路」。歩いて行ける範囲に3軒もしゃぶしゃぶ屋があることになる。

「かごの屋」と「どん亭」は食べ放題で一番安いのが2780円。「木曽路」は食べ放題ではないのに一番安いコースが4300円。

2780円の一番安い食べ放題だって二の足を踏んでしまう値段じゃないか?

だって「今日は忙しくて夕飯を作れなかったから ちょっと外食しましょ」と家族4人で行ったらドリンク別だから一人3000円越える。4人で12000円以上になる。たかがデイリーな夕飯に12000円以上も支出する気にはなれない。

となると何か祝い事とかの特別な日に行こう、ということになる。

毎日けっこう賑わっているようだが みなさんデイリーなお食事に何万も出しているのか。それとも何かお祝いごとのある人たちが日替わりでちゃんといるからなのか けっこうナゾなお店なのである。

そこに更に高いお店が出現するわけで どういう人たちが行くのだろうかと考えてしまった。世間では「不景気だ」と騒いでいるはずなんだけどなあ。

確かにフレンチのコース お一人様15000円から、に比べたら4人で15000円でおつりが来るのは安いかもしれないけどさ。

2008年11月 6日 (木)

週末はなんで忙しいか

先週も(金)は大わらわだった。

今週は今日ものすごく忙しかった。
この上 明日も忙しかったりしたら。。。。。

なぜに週末はいつも忙しいのかなあ。
相談室なんて毎日ヒマなのが 正しい姿のように思うのだが。
無理だな。
必要ないって言われるより必要とされている方がやりがいもあるしね。
でも忙しくなくてもいいんだけどなあ。

2008年11月 5日 (水)

カレー鍋

今日は寒かった。
レッスン室に初めて暖房でエアコンをかけた。

よって本日の夕飯はカレー鍋。

本当は 朝ズームインで「カレー鍋が流行っている」と言ってたから やってみようかと思っただけなんだけどね。

TVによると今年は何社もの製品が出ているということだったが何がおいしいのかわからないからモランボンと永谷園を買って混ぜた。

お米は少ししか炊かないで 鍋にうどんを入れてカレーうどん鍋。

家族の評価はというと・・・わからない。。。。。夫は黙々と食べて最後にごはんに汁をかけて食べておしまい。娘はたいして食べなかったけど「おいしかった」。息子は「口が辛くなった」。

家族4人で うどん3玉。お米は夫しか食べず具は全部なくなった から一応まずくはなかったのだろう と思う が 気に入ったかというとビミョー であった。

残ったお米は娘のお弁当用と朝ごはん用のおにぎりにでもしておくか。

2008年11月 4日 (火)

今日起こったもろもろのこと

朝早くから家庭訪問しなければならなかった。

息子が振休なので相談室を早帰りした。

買い物に出て息子に冬用コート等を衝動買い。

遅いお昼ごはんに高い天せいろを息子とふたりで食べた。

生徒に柿をもらった。今年の初物。お食後にいただいた。

クビにした高校生の生徒が残りの月謝を持って来た。
そしたら母親も付いて来て平謝りで「なんとかお時間をいただけませんか」と。もう彼の後釜は埋まってしまっているので別の時間を考えなければならないし面倒だったが母親に免じて11月から再出発 ということになってしまった。どうしてこうなるかなあ。不真面目なヤツをクビにして時間に余裕ができたと思ったのだが 前より忙しくなってしまったではないか。
私もバカだね~

夜 不登校生徒宅2軒に電話して母親のケア。1時間半かかった。

明日は少しはゆっくりしたいが朝から忙しくなりそうじゃ。

2008年11月 3日 (月)

寒い日に蕎麦

朝はそんなに寒くなかったが そのまま一日曇っていたので気温が上がらず。

だけど昨日 骨董市で買って来た蕎麦猪口を使いたくて お昼ごはんは盛り蕎麦。なんとなく寒くなったので、薪ストーブを焚いた。家の中の温度が上がり過ぎてしまうから ゆうべ燃え尽きるままにして寝てしまって そのまま焚いていなかったのだ。

ツリーハウスの中に作りつけベンチができ、テーブルも作って置いてもらったので息子は大喜びであった。午後はずっとツリーハウスに上ったり下りたり。

おやつにパリジャンサンドを作って食べて4時に那須を出発。

家に着いてから急いで夕飯のしたくをして遅い夕飯。

明日は息子だけ土曜日の振休でお休み。車の中で寝てしまったから まだ元気に起きている。

2008年11月 2日 (日)

江戸時代の蕎麦猪口

江戸時代の蕎麦猪口

夫が気に入って買った。江戸時代の蕎麦猪口。本当に江戸時代のものかどうかはともかく確かに古い。傷が多いから5個で2500円になった。高いか安いかわからないが こういうものはたぶん気に入ればいくらでもいいのだろうな。なかなか味のある蕎麦猪口だから これでお蕎麦を食べたらおいしくいただけそうである。

骨董市

骨董市
那須街道沿い フウリンカフェとパストタイムの奥、パストタイム広場の骨董市にいる。第1 第3(第5も)土日に開催されているのだそうだ。初めて来てみたが、電動工具や鑿、鉋まで古い箪笥やお皿と一緒に並んでいる。

2008年11月 1日 (土)

那須は天然プラネタリウム

夫はいつも通り仕事。娘は普通に学校に行って授業。息子は学校公開日でピカチュウのキャラ弁を持って学校へ。

私は朝風呂に入って息子の学校に行き、校内音楽会を鑑賞してきた。

全員家に帰ってきたのが3:30。4時には車に乗って那須の家に向かって出発した。

途中ジョイフル本田で2x1の材木を買ってジャパンミートで2日分の食料を買い出しして来た。ジョイフル本田のガソリンスタンドは123円/Lだった。うちの近所で一番安いところが134円だからリッター11円も安い!宇都宮の人たちっていいなあ。

那須に着いたら寒いのなんの。車から下りた息子の第一声は「わあ!天然プラネタリウムだあ」だった。良く晴れているから ものすごい星空だった。荷物を運び終わったら 即薪ストーブを焚いた。家の中が13度、外は6度だった。

夕飯を作ってゆっくり食べて秋の夜長を楽しんでいる。

もうじき水抜きが必要な季節になる。明日も寒いかな?

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »