« マーライオンが | トップページ | マウス »

2009年3月 3日 (火)

海外修学旅行の話

シンガポール マレーシアの修学旅行から娘が帰って来た。機中泊で朝6:50成田着。モーニングライナーに乗って一人で帰って来た。

2つの班に分かれていて娘は1班だったので一日早く出発。なのでマーライオンが落雷で壊れる前日に見られた。2班の人たちは大雷雨に見舞われて大変だったらしい。というわけで在りし日(2/27)のマーライオンである。となりはセントーサ島のマーライオン。(画像をクリックすると大きく見られます)
022 052



ナイトサファリあり水族館あり体験学習あり現地の姉妹校との交流会ありの盛りだくさんな旅行で楽しかったようだ。

料理の写真もたくさん撮って来たが「どれもおいしくなかった」「タイ米はもういやだ」「辛い物はしばらくいらない」なのだそうだ。今日はひな祭りの日だから夕飯はちらし寿司にハマグリの潮汁につくねレンコン(輪切りのレンコンに鳥つくねを張り付けてフライパンで焼く。味付けはテリヤキのたれ) お食後は桜餅だったから和食満載。「あっさりしたものがなかったから」などと年寄りのようなことを言って
喜んで食べていた。シンガポールのイセタンで買ったジュース類も「メチャクチャ甘くてまずかった」と。

ホテルは「すごい豪華版でお風呂にバスバブルがあったから泡風呂して遊んだ」のだそうだ。『バスタオルは持って帰ってはいけません』と先生に言われていたので洗面所に一人分ずつ用意してあったアメニティグッズも全部置いてきたって
(ボケ)。。。。。

「セントラルマーケットで服を買って来た」と着て見せてくれた。シルクの巻きスカート風ロングパンツ。ってあんまりいまどきの高校生っぽくないんじゃないかい?「39.9リンギットだったのを値切って30リンギットで買って来た」そうだ。「何語で値切ったの?」→「英語で」。エ~!ホントかい な話である。

「余ったコインはないの?」と聞いたら「使いきっておいでって言われたから全部使い切って来たからない」って。ずいぶんうまく使ったものだ。元々たいした額を持たせてないから(普段お金を使わない子だから)もしかして足りなかったらどうしようか、と心配していたのだが水は朝ホテルを出る時にもらうボトルで間に合っちゃったそうで「お金が足りなくて困ることはなかった」のだと 良かった良かった。

「シンガポールはきれいな街だったけどマレーシアは日本の田舎みたいな所だった」という印象だったらしい。

家族がいない海外旅行は心配だったけど楽しめたようだし 今まで話をしたことがなかった人とじっくり話をしたりして仲良くなれそうな人もいたようだし実り多かったようだ。

« マーライオンが | トップページ | マウス »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーライオンが | トップページ | マウス »