« 中間試験が終わって | トップページ | 矢板温泉 城の湯 »

2009年5月29日 (金)

パレルモの少女ミイラ ロザリア

カテゴリーは「文化・芸術」か「TV」か迷ったが。

ミイラの番組を途中(ナスカのあたり)から見た。
パレルモのカタコンベに移り「ロザリアのミイラ(と言っていいのか?)」が出て来て息子が興味を示したので昔むかしの芸術新潮(1994.12月号)を引っ張り出して見せた。

カタコンベのミイラ達も出ている。
「おお!」と言いながら見ていて「インカの氷の少女も出ているかな?」と言うので「それはインカ マヤ展のカタログ見てみたら?」と言ったら分厚いのを引っ張り出して来て 今は自分の部屋で読んで(見て?)いる。ミイラよりもナスカの地上絵の方が興味あるようで「デュエルモンスターズに出てきてね」などと言っている。そっちからの知識かい!「中学生くらいになったらナスカの地上絵を見に飛行機で連れてってね」などとのたまう。男だったら「大人になったらお母さんを連れて行ってあげるね」くらい言わんかい。

ところでTVではロザリアの没年齢が「2歳」と言っていたが芸術新潮には「4歳」と書いてある。芸術新潮 間違えたか?ネットで調べてもやはり「2歳」で亡くなっているようだ。まあ15年も前に出版したのの間違いを今更訂正もできないし仕方ないね。

« 中間試験が終わって | トップページ | 矢板温泉 城の湯 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中間試験が終わって | トップページ | 矢板温泉 城の湯 »