« 長野にいる | トップページ | ズッキーニ »

2009年7月19日 (日)

竹紙すき体験と焼き物体験

Img_0092 Img_0096長野県東御市の「芸術むら」で息子に竹紙すき体験をさせてきた。
1枚目が竹の繊維。2枚目が出来上がった竹紙。

竹紙ってすごく大変な工程を経ていることがよ~くわかった。
①竹の落ちた皮や細い枝等を大鍋で煮る。②煮上がったのをタンクに入れて1年間寝かす。③寝かしておいたのを出して何度も洗って繊維だけにする(写真1)④それを臼で搗いて粉々にする⑤それを水に溶いて紙すきをする 以上一年以上かかった最後の工程(それも“紙すきをする”だけ)をやらせてもらっただけだということなのだ。

乾かすために外に干して帰った。
明日帰りに寄って出来上がったのを受け取ることになっている。

B5サイズ=1000円 ハガキサイズ=500円 である。

連休中日だというのに午後行ったら誰も体験をやっていなかった。芸術むら公園の中も閑散(というより人けがない というべきか)としていた。温泉の明神館は もしかしたらはやっていたのかもしれないが。

もうひとつ「焼き物体験」の予約もしておいたのでやってきたが こちらも誰もいなくて先生がひとりでガス窯の番をしていた。広~いところでうちの息子ひとりで先生がつきっきりで教えてくれるのが申し訳ないくらいだった。

なんか せっかくの施設なのにもったいないなあ と思った。

« 長野にいる | トップページ | ズッキーニ »

お出かけ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野にいる | トップページ | ズッキーニ »