« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

菊池寛と芥川

ここ何日か北村薫に凝っていた。

本屋で≪円紫さんと私≫シリーズを見つけてしまったからだ。1冊読んで次の日には全部買って来た。他の本は読んでいたが このシリーズは初めてだった。
この作については いろいろ考えたことが多すぎて書ききれないので割愛。

北村薫は女だと思っていた時期があって 母に「男だよ。春日部高校の先生」と聞いて驚いたことがあったっけ
(なんで知ってたんだ?)。

「六の宮の姫君」で全編菊池寛と芥川のことを読んでいて懐かしさがいっぱい。

「恩讐の彼方に」は子供の時に漫画で読んで 親に「すごく感動的なマンガなの」と泣きながらあらすじを説明したら「なんだ菊池寛じゃないか」と言われて愕然としたのをおぼえている
(楳図かずおの猫のたたりのマンガの時は「なんだ鍋島猫騒動じゃないか」と言われた。あの頃は「大人はなんでも知っている」と思っていたな)。

「恩讐の彼方に」は高校の教科書に載っていたし実際に『青の洞門』に行った時には感慨もひとしおであった。文庫を買って「俊寛」にも心を揺さぶられたのをおぼえている。しかし その文庫収録以外の作は読んだことがない。というより売ってなかった。

それに比べると芥川は文庫でまだまだ買える。
「奉教人の死」や「芋粥」は教科書にも載っていたようなおぼえがある(「鼻」だったかな~「蜘蛛の糸」は小学校の道徳で読んだ)。教科書に収録されている数では芥川龍之介の勝ち。だけど菊池寛のうまさって捨てがたいと思うな。

で今日は本屋を3軒回って「恩讐の彼方に」と「地獄変・偸盗(往生絵巻と六の宮の姫君が入っている)」を買って来た。実家に行けばあるんだけど本屋の方が近い。さすがにちくま文庫の芥川全集を置いている本屋はなかったが新潮文庫で何冊かはあった。菊池寛を手に入れられたのは3軒目だった。

新潮文庫偉いぞ。でもなんで菊池寛が新潮社?文春文庫は刊行が遅かったせいか?

今夜は読む本(というか おはなし?)がたくさんあってうれしい。どれから読もうかな。

2009年10月30日 (金)

クッキングクッキング

娘がゆうべ「このリンゴのチーズケーキ食べていいの?」と聞くので「それは注文品だからダメ」と言ったら「おうち用のケーキは焼かないの?」と言う。もうひとつ作る分のリンゴの甘煮は作ってある。

それで夕飯後に「後片付けをしてくれたら焼いてやる」と言ったらせっせと洗い物をしてくれた。

ついでに材料を計らせて次々指示したら素直にやるので そのまま続行。
型を出してやったりオーブン予熱をしてやったりはしたが、私は寝っ転がって本を読んでいるだけで1時間後にはリンゴのチーズケーキが出来上がった。

見ていた息子も「チンしてチップスを作りたい」と言いだしてじゃがいもを出してスライス。今度は塩を振ってチップスにした。

母はカニご飯の残りを明日のためにチャーハンにした。

夜になってから親子でクッキングの巻 であった。

2009年10月29日 (木)

感動のカニしゃぶ

5週目で塾の仕事が休みなので代わりにカテキョを入れたが7時で終了。

なので今日届くようにネット通販でカニ足むき身1.5キロ(おまけで肩肉500g付き)を注文しておいた
(ネット通販はもう、しばらくやらないぞ)

昼間のうちにご飯を予約してしゃぶしゃぶのだし汁を作っておいて準備万端。

仕事が終わってすぐに夕飯にした。

カニ好きの子供たちの喜んだことと言ったら筆舌に尽くしがたい
(大げさかな?)。ろくにお米を食べずにカニだけでおなかいっぱいになるほど食べられることってめったにないからね。それでも一人頭1000円弱というのがうれしいじゃないか。

本当は火曜日に結果が届いた大学の入試結果によっては「おめでとう会」になる予定だったのだが世の中そんなに簡単じゃない。「残念会」兼「出直し会」になった。

残った殻をだし汁に入れて煮てさらにカニのだしを取り、味付けをして漉して冷蔵庫へ。これは明日 肩肉をほぐして作るカニ釜飯と春雨とかき玉と小松菜のカニスープを作る時に使う予定。

「宇宙戦艦ヤマト」は永遠かな?

今日から息子はインフルエンザで学級閉鎖である。

で 私が仕事に行っている間「宇宙戦艦ヤマト」のDVDを見ていたらしい
(勉強はどうしたんんだ!)。

帰って来たら
「すごく古臭い平面アニメだけど面白いんだよ。一緒に見よう」と また再生して見るわけだ。

お昼ごはんを食べながら曰く
「この音楽カッコいいね~」
はいはい佐々木功さんはクラシック発声勉強したらしいっすよ。

「硫化水素って何?」
おおっとそう来たか。
「水素と硫黄の化合物で気体である」
「それじゃHとSだね
(ウムさすがHNKの『エレメントハンター』を見ているだけのことはあるな)
「通常火山ガスなどとして一般に認識されているものであって化学式はH2Sである。近年 家庭用洗浄剤などを使っての硫化水素自殺が問題になっているように人体にとって有害な物質である」などと偉そうに説明する
(間違ってたとしたっていいんだ~い。「親は偉い」と思わせる方が大事だも~ん)。内心「ヒエ~~!」である。

「濃硫酸の海だって。濃硫酸て何?」
「硫酸の濃いものを濃硫酸という。化学式はH2SO4である。金属等を酸化させる力が強い液体なのでヤマトだってそんなところに入ったら溶けてしまうのである。」

さあ次は何だ?と頭の中の化学の知識をかき回しながら待ち構えていたら
「デスラー総統って味方をどんどん殺しちゃうから それじゃ結局ひとりぼっちになっても当り前だよね」
うんうん 鋭い意見である。真のリーダーについて考える良い機会じゃ。

さらに
「なんで軍人は死ぬ時にみんな『デスラー総統バンザイ』って言って死んでいくの?」
う~~答えにくいことをサラっと言ってくれるじゃないか。
『天皇陛下万歳』のことを知っていたら それはパロディか強烈な皮肉か屈折した反戦思想か、と考えるところだなあ。いったいどういうつもりなのだろう。わからん。

極めつけ
「ヤマトって本当にあるの?」
おいおい本当に知らなかったのか?
「太平洋戦争末期に出陣したけど九州沖で沈められてしまった戦艦なのだ。うちに『男たちの大和』があるから見るように」と言ったら「何で沈められちゃったの?」と。「アメリカの大きな爆撃機に爆弾ガンガン落とされたの。船は空から攻撃されたら逃げようがないでしょ。船体が大きければそれだけ的が大きくなるわけで」という話になった。

今 息子はヤマトの歌を歌いながらチャレンジをやっている。あの歌って耳に付くもんな~。思わず一緒に歌いそうになってしまうのであった。

≪古臭い平面アニメ≫と言いつつもこれだけ楽しめれば充分だろう。大人が見ると別のところに?が付くのだが(訓練生だった古代進がなぜ唐突に艦長代理?とか 機械類のデザインが年代物だ とか)子供はまた違う見方をするものだ。案外次世代まで残る作品なのかもしれないと思った。

2009年10月28日 (水)

夏休みの陶芸体験で

息子が作ったお皿。焼きあがったのが今日届いた。

7/19に長野県東御市の
芸術むら明神館やきもの道場で作ったものである。

「焼きあがって届くまで2.3か月かかる」と言われて夏休みの自由工作で提出するのはあきらめたのだが本当に3か月以上かかったな。

グレーの釉薬を選んでおいたら とても渋くていい色のお皿になっていた。

夕飯のあとでカボチャを煮たので早速盛り付けてみた。フムフムお皿の渋い色にカボチャの黄色が映えてなかなか良いではないか。

写真を撮ろうと思っていたのに子供たちがつまんで食べてしまって
(明日のおかずの1品にしようと思っていたのに・・・)4切れくらいしか残らなかったので写真はナシsweat02。足りなくなっちゃったからサツマイモも煮てしまったよ。

常備菜用(すぐなくなっちゃうけど)に使えるお皿がひとつ増えたし 実際に使ってやると息子もうれしい。せっせと使うことにしよう
scissors

2009年10月27日 (火)

迷惑コメント

なぜだか去年の2月の記事「しゃもじ」にばかり迷惑コメントが集中して送られて来るので記事自体を削除してしまった。記事の「コメントを受け付けない」にしても良かったのだが なんだか気持ち悪くなって(文字通り、不快の意味で)しまったからね。

こんどは違う記事にコメント送って来るのかな。

いやらしい、というより ハッキリ「薄汚い」と言った方が良いコメントを付けられて迷惑である。

やめてほしいよね~。

2009年10月26日 (月)

初ヒーターとネット通販と

寒かったので。

自宅でも初ヒーターになった。

今朝は息子にトレーナーを着せてウィンドブレーカーも着て行かせた。正解であった。

今 記事を書きながらヒーターも点けて「お試しかっ!帰れま10バーミヤン編」を見ている。食べたくなってしまうではないか。困ったね~。

話は
通販のことに変わる。

今日は犬エサが届いた。これはネット通販ではないが電話注文で次の日に届く。それがド~~ンと18キロ代引きで届いた。2頭飼いになったから以前よりも注文サイクルが早くなるだろうな。

昨日は那須の家から帰ったらネットで注文しておいたIHマットがメール便で届いていた。

先週は五所川原の赤いリンゴが届いて その前の週は巨峰と夫の砥石が届いた。

で今週は木曜にカニが届くのだ。

この生活はやめなければならないな
┐(´(エ)`)┌クマッタネ。

何かストレスが溜まっているのだろうか、いけないいけない。

2009年10月25日 (日)

那須ガーデンアウトレットなどなど

寒いので。

お昼の用意をしておいて那須ガーデンアウトレットに行った。

お目当てはGAPで、子供たちの秋冬物のお買い物。昨日からバーゲンが始まっていたので安く買えたが数が多ければ大散財なのである。

さらに割引になっていたので息子が欲しがってうるさかった「チンしてチップス」なるものまで買ってしまった。売っている油で揚げたものよりはヘルシーかも、と思ったので。かくしてまたうちには不要不急のものがひとつ増えたわけだ。

あとはロコマーケットで、「ケンミンショー」でやっていた栃木県限定だという≪レモン牛乳≫なるものを購入。

帰って来てレモン牛乳をみんなで分けて飲みながらお昼ごはん。

一日中曇っていて寒かったが家の中は薪ストーブで暖まってしまったから半袖。外に出る時はフリースやベンチコートが必要、ということになる。

おやつに早速じゃがいもをスライスして(スライサーも付いている)スリットに立てて電子レンジでチップスを作ってみた。電子レンジ加熱で薄いじゃがいもが捩れるので割らないようにスリットからはずすのがけっこう手間だった。できあがったものに上から塩をかけても全部落ちてしまうからスライスに塩をかけてから電子レンジにかけた方が良さそう。500~700Wまでしか使えないのでワット数を600Wに落としてかけなければならない。子どもたちに電子レンジのワット数を指定する使い方を教えなければならないな。

まあでも 作ったチップスは売れ行きが良かった。ロコマーケットで買って来たじゃがいも一袋完食。

2009年10月24日 (土)

那須で薪ストーブ

那須で薪ストーブ
1ヶ月ぶりに那須の家。
薪ストーブの季節である。

那須に着いてすぐ「那須山」まで行って温泉に入り、温まって帰って来て薪ストーブを焚いた。ガンガン燃えているので写真に炎が写らない。

さすがに寒い。

2009年10月23日 (金)

久々の外飲み

夜遊びに行って来た。

外で飲むのは久々である。

といっても場所はグラッチェガーデンズ。

ワインのハーフボトルとってつまみをちょびちょび取ってジョッキ生も一杯。たまたま今日10%割引クーポンが届いたのでふたりで2900円で済んでしまった。

3時間なんてあっという間だね。

週末に楽しい時間を過ごせてリフレッシュできた。

たまにはこういうこともなきゃ ね。

2009年10月22日 (木)

五所川原の「赤〜いりんご御所川原」

五所川原の「赤〜いりんご」
届いた。

青森県五所川原市特産の「赤~いりんご」4キロ。非常に小ぶりなリンゴである。「美味しい食べ方」のコピーも入っていた。

HPによると≪酸味が強いのでジュースやジャムに向いている≫と書いてあったのでお菓子に加工するとちょうど良いかも、とリンゴのケーキ好きな夫が言うので買ったわけだ。

≪果肉まで赤い≫といっても芯まで全部赤いわけではなかった。しかし切るとすごくジューシー。果汁がたっぷりでピンク色なのだ。思っていたより(紅玉より)果肉はずいぶん柔らかい。

まずは生で一切れ。
ム・・・予想以上に甘い。酸味は紅玉ほどではない。しかし渋みとエグ味が感じられる。

≪美味しい食べ方≫を参考にして、切ったものにバターと砂糖を乗せて電子レンジで1分弱。すぐ火が通って透き通ったが ものすごく果汁が出てしまってピンクの海に浮かんでいる感じ。食べてみたら生で感じた渋みとエグ味が表面に出てきてしまっていて それ以上食べられなかった。一晩冷蔵庫で寝かすと違うかもしれないので残りはラップをかけてそのまま冷蔵庫へ。

寝る前に3個くらいケーキ用に刻んで甘煮にして冷蔵庫に入れておくことにした。

渋みとエグ味の問題でケーキに使えないようだったらジュースとジャムにして食べるしかないな。

勝負はこれからだ。


2009年10月21日 (水)

明日のために料理料理

明日は忙しいので。

夕飯の残りご飯を明日の朝ごはんのためにチャーハンにして(変かな?でもチャーハンだといっぱい食べるのだ)。

明日の夕飯のためには①サツマイモを煮て②コンニャクとゴボウとニンジンも煮て③ルッコラとキュウリとタマネギのサラダも作って。

明日は鳥の炊き込みご飯を作って卵焼きでも作るだけでOKだ。

ちなみに今日のメニューは「肉巻きトマト」と「アジの開き」「ブロッコリーとレタスのサラダ」であった。

「肉巻きトマト」というのは深夜食堂のメニュー。ヘタを取ったプチトマトにしゃぶしゃぶ用豚肉を巻きつけて爪楊枝で留めてフライパンでクレイジーソルトをかけて焼くだけ。プチトマト2パックにしゃぶしゃぶ肉の大きいパックでお肉が5枚くらい余る勘定。

昨日ブロッコリーもプチトマトも98円だったし、しゃぶしゃぶ肉が半額になっていたから子どもの好きなメニューが作れて お弁当のおかずにもできるし助かった。昨日のチーズフォンデュは不評だったもんな~
sad

歴史秘話ヒストリア「南の島の先生の密航」

信託統治下の島の戦後教育が どんなに困難だったことか・・・・・知らなかった・・・・・

アメリカという国が 教育に重きを置いていない国だ、というより島の人(日本人)のことなど どうでもよかったということなのだな。

返還前の沖縄、小笠原の中学生はグアム島の
高校に行ったという話は知っていた。だからなんとなく義務教育は確保されていたように思っていた(英語でアメリカの教育をされていたとしても)。

間違いだったのだな。

決死の覚悟で密航した先生たちの場面では涙が出そうになった。米軍統治下でも日本人としてのアイデンティティを大切に思っていたわけで その熱意には本当に頭が下がる。

情報遮断 連絡不能 物資の流通がない、というのは恐ろしいことだ。今の社会が崩壊したらどうなるんだろう。PCもネットもプリンタも使えなくなったらガリ版刷りができる教員なんて今どきいないよね。マルチが現職の時だって輪転機だったもの。ガリ版自体 もう学校にも残ってないだろうし。

PCのお客さん(70代)のお友達に奄美大島の中学で校長をしていたという人(奄美在住)がいて「今度一緒に奄美に行こう」と誘われたことがあったのだが(いや怪しい意図はなかった と思う きっと)この話を知っていたらきっと行っていただろう、と今更ながらに惜しい気もしている。行ったからって どうなるってことでもないのだけど。

真面目に番組を見たあとで不謹慎かもしれないが素朴な疑問。その時代のそういう状況下の先生たちの給料ってどこから出ていたんだ?給料だけは鹿児島県が払っていたんだろうか?

2009年10月20日 (火)

チーズフォンデュ

夏日だったけど夕飯はチーズフォンデュにした。
ブロッコリが98円だったから・・・

息子が「もう秋だからチーズフォンデュ食べたい」と この間からうるさかったのだ。

今日はフォンデュ鍋セットを出したりチーズ何種類かにワインに、とやるのはめんどうだからスーパーで売っている電子レンジで温めればできる簡単なのを買って来た。

それでも「ワーイ チーズフォンデュだ~」と喜んでおったのだが、仕事が終わって「どうだった?」と聞いたら「おうちで混ぜて作るチーズの方がおいしい。今日のチーズはまずかった」と
┐(´д`)┌ヤレヤレ そりゃあ悪うござんしたね。せっかくチーズフォンデュにしてやったのに・・・

「今度 時間がある時に おうちで最初から作ってね」
はいはい 今度は冬になったら作ってやろうね。

2009年10月19日 (月)

IHマット

IHクッキングヒーター用。
天板のガラスに焦げ付きをさせないためのグッズ。
友達の家で使っていたのを見て以来欲しかった。

以前カッパ橋の鍋屋さんで外国製の紙でできているのを見たことがあって そういうものの存在自体は知っていた。確か10枚入りで15000円くらいしたような気がする(高い!と思ったもの)。一枚当たり300回以上使えるということだったから高くはないのかもしれないが。

存在は知っていたが名称がわからなかった。

デパートなら売っているだろう、と 何日か前に行って聞いたら店員さんはそういうものの存在自体を知らなかった。ダメじゃん そ○うさん。

ハンズなら売っているだろうと思ったが行ってられないのでネットで検索。

「IH 天板 カバー」などで検索したらディ○ス通販ですぐ出た。花柄模様つき2枚組で3900円。さらに検索してグレー無地2枚組3600円(税 送料込 コンビニ後払い)というのがあったので注文してしまった。

ちなみにIHマットという名称は東洋アルミの製品名であって、他に「IH天板焼け焦げ防止カバー」とかいろいろな名前で出ている。まだ統一名称はないらしい。

2009年10月18日 (日)

紅玉リンゴ

娘が大学受験だというのに(いや別に親はどうにもできないが・・・)那須の家に行っていた夫が紅玉リンゴを買って帰って来た。ついでに大量の卵も。

そのココロは一目瞭然
「リンゴのケーキを焼いてくれ」
ってことだ。

何が食べたいとか普段言わない人なのだが年に何回か自分で何か買ってくるときはそれが食べたいのだ。主に栗と紅玉リンゴなのだが。

栗を買って来た時は栗ごはんが食べたい、と。紅玉リンゴを買って帰った時は紅玉のある時期しか作れないリンゴのケーキを食べたい、というわけだ。

おそろしくわかりやすい人間である。
「クリームチーズと生クリームが切れている」と言ったら珍しいことにいそいそと買い物にも行ってくれた。

明日リンゴのチーズケーキを焼くために皮と一緒に煮てピンク色のリンゴを作った。一晩冷やして色を定着させるのだ。

明日は今年初めてのリンゴのケーキである。


2009年10月17日 (土)

受験前の食事

明日娘が大学入試。
“テキにカツ”は禁物なのだそうだ。

だからステーキもカツ丼もNG。

おくればせながらカルシウムとタンパク質 亜鉛を摂らせることを考えて 今日のおやつはチーズケーキとココア。夕飯は納豆と鶏肉、タケノコやキノコと小松菜のおすましにかき玉を入れて、エビシュウマイ、飲み物は野菜ジュース。

明日の朝ごはんは消化がいいように おすましにお餅を入れてお雑煮にするかご飯を入れておじやにする予定。亜鉛摂取のためにチョコレートも食べさせなきゃ。

と気を使っているのは親だけで 本人は至って気楽。
なぜならば明日の試験は自己推薦入試だから小論文と面接だけなのだ。ほとんど入試を受けに行く高校生の態度ではない。

こういう形式の入試も問題だと思う。
受験で楽させちゃいかんと思うのだ。でも受けさせちゃうんだよね~。最後の最後まで決まらないのも困るし、何より行きたい大学に受からせてやりたいもの。

この頃の大学のサービスの良さといったら 私たちの頃とは全然違う。オープンキャンパスで個別面談すると大学から願書一式を郵送して来る。昔みたいに買わないで済むのだ。出願もコンビニで振り込んで領収書を貼り付けて郵送で済むし、返信用のハガキや封筒も同封する必要はない。昔みたいに願書を買いに大学に行き、病院で健康診断を受けて(昔はレントゲン結果が出るのに何日もかかった)所定の診断書に書いてもらい、役所に戸籍謄本を取りに行き、願書に記入し、書類を全部揃えてから受験料を持って大学に行って提出し、窓口で支払って受験票をもらって来る なんてことはしなくていいのだ。簡単だな~。いや地方の人たちは昔から郵送だったのかもしれないし、健康診断書や戸籍謄本が必要なのは音大だけだったのかもしれないが(普通の大学を受けてないから知らない)。

進学率が上がるにつれて受験者が多くなったせいで手続きが簡単になっていったのだろうか?

閑話休題 とにかく明日の試験はがんばってほしいものだ。

2009年10月16日 (金)

今週のごはん

カレー→カレーの残り→カレーの残り少しと夜遅くなってから生ラーメン→カレー鍋。

毎日サラダも付けていたけど 昨日のカレー鍋は失敗だったな。毎日カレーになってしまった。子供たちは喜んでいたが、カレー嫌いの夫は面白くなかっただろう。

だって忙しかったんだも~ん。

と開き直っている場合ではない、と心を入れ替えて今日はまともなおかずを作ることにした。野菜を摂らなきゃと考えた結果 野菜室に大量にあった茄子でマーボ茄子にした。

本当は買い物に行ってアジでも買って来て焼くかお刺身にでもした方が良かったのだろうが そんな余裕もなかったのだよ。

いや~改めて こうやって書いてみるとひどい一週間だったなあ
(しみじみ・・・)。来週はお魚メニューを入れなければ。

まあ こんなひどいメニューが続くってめったにないことだからね
(ホントよ~)

2009年10月15日 (木)

マスクの効用

毎日 学校にいる間はマスクをしている。

夜 塾がある日は夜もマスクをしている。

別に買っているわけではない。塾で配ってくれるので それをしているわけだ。

はっきり言って気休めである。

マスクを通れないウィルスなどないし。うがい、マスク、手洗いのうち 効果があるのは手洗いだけなのだそうだ。

でも ノドスプレーも持ち歩いている。。。。。スーパーの入口にあるアルコール消毒薬は必ず使ってからカートやカゴを持つ。。。。。家での手洗いには必ずミューズを使う。。。。。

それでマスクをしていたら頬の乾燥が違うんだな これが。保湿クリームやら美容液を使うより潤う。一日中スチーマー(自前のだけど)に当たっているようなものだもん、当たり前だね。

それで この頃はファンデーションを塗らず(マスクの内側に付くから)眉だけ描いてマスクをしている。どうせ目しか見えないし~。

思わぬ効用であった。
うっとおしいけど癖になりそうである。

2009年10月14日 (水)

学級閉鎖で

曜日感覚が狂ったらしい。

生徒がレッスンに来なかったので電話したら お母さんが「すみませ~ん!今週は金曜まで学級閉鎖でのんびりしちゃってて~」と。

生徒自身は先々週 熱を出して はっきりインフルエンザとはわからなかったのだけど「疑わしきは出停」ということで1週間欠席したのだ。

うちの学校も学級閉鎖が多いしインフルエンザウィルスがウヨウヨいる(たぶん)環境で毎日過ごしている。
息子の学校は何クラスか学級閉鎖がでているらしいが うちの人たちは今のところ全員無事。

2009年10月13日 (火)

クロネコ ゲット

クロネコ ゲット
クロネコぬいぐるみをゲットした。

「クロネコさんもらいに来ました」と言ったら「次はシロネコですね」と言われたhappy01

一人で立っていられない人なのでリモコンに寄りかかっている。大きさは隣のライターで想像してほしい。

2009年10月12日 (月)

クロネコヤマトのポイントカード

クロネコヤマトのポイントカード
今 営業所に荷物の持ち込みをすると こういうポイントカードをくれる。

年末まで有効でスタンプ3個でA~Dまでの中から一つ必ずもらえる、というハードルの低さがうれしい。

今日3個目のスタンプがついたのでAのクロネコぬいぐるみをもらおうと思ったのだがC(ミニカー)D(フェイスタオル)しかない、と。

明日 入荷予定だというので 明日もう一度ポイントカードを持って行ってAをもらうことにした。

クロネコヤマトでもらうなら やっぱクロネコぬいぐるみでしょ。

2009年10月11日 (日)

最後の演武

娘の高校生活最後の文化祭。

空手道部 最後の演武だった。
実は高3が3人しかいないので今年で終りになるのだ。

本当に少ない部員でよくがんばったと思う。

板割りなどで人手が必要なのだが それは卒業生の先輩たちが来て手伝ってくれた。文化祭前は差し入れを持って毎日来て練習に付きあってくれたらしい。

最後の演武だったが あろうことか、娘は文化祭前(金曜日)の瓦割の練習でヒジを傷めてしまって触るだけでも痛い状態。顧問の先生に「ひびが入ってるかもしれないから無理してやらなくていい」と言われた。昨日の演武ではがんばってやってはみたものの痛くて思い切り振りおろせず割れなかった。練習でケガして本番がダメなんて本末転倒を絵に描いたような娘である。

「くやしくてあとで泣いた」と言っていたが親的にも来週日曜には大学受験があるのにムリしてやって肘が粉砕骨折 なんてことにはなってほしくないし「最後で残念だけど再起不能になられても困るからやめておいてほしい」と言ってしまった。本当は医者に行かせたかったが帰って来るのが遅いし土曜の夜では整形外科も終わってしまっている。

ゆうべも今朝も湿布してサポーターをしておいたが痛みは治らなかったらしく、今日の瓦割は断念した。他の部員が瓦割をして「オー!」と言われているのを見て複雑だったろうな。でも その他の写真をたくさん撮ってやった。

ヌンチャクや棒術、十手、板割り、型、はちゃんとできていたから肘にヒビということもないだろうが明日も休みだから医者はやってない。火曜日が代休だからやっと医者に行ける(~_~;)。

今日は部員の3人で打ち上げをしてから帰って来ると言っていたが 各親からの差し入れだけでおなかいっぱいになってしまったので延期にして7時過ぎには帰って来た。どこに打ち上げに行くかというと3人とも吉野家の牛丼を食べたことがなくて「あこがれの吉野家で一度でいいから牛丼を食べてみたい」から吉野屋に行くのだとさ。なんだか笑ってしまうね。


2009年10月10日 (土)

Yonda?CLUBの時計

Yonda?CLUBの時計
賞品発送まで4ヶ月とあったが今日届いた。

約1ヶ月、思っていたより早かった。

シチズン製 電池式。

娘は今日は文化祭でいないが帰って来たら すごく喜ぶだろうな。

2009年10月 9日 (金)

オバマがノーベル平和賞って?

いまいち納得がいかないなあ。

だって あの方は大統領になったばかりでまだ何もしていないではないか?演説で言っただけ じゃないか?
実現した暁にもらうのなら納得もするが。

よっぽど人材がなかったのか?

他にもアフリカで何十年も植林に力をそそいでいる人とか井戸を掘っている人とかいるではないか。確かに以前ワンガリ・マータイさんというケニア人女性が受賞している(高校の英語教科書にも載っている)が そういう人たちが受賞するなら素直に「おめでとう がんばって偉かったね」と言えるし 世の中にはこんなにすごい人がいるんだ、という気にもなる。

でも大統領という立場を利用して「これから世界を平和にします」って演説ぶっただけで平和賞?なんだかなあ。

2009年10月 8日 (木)

台風で保護者判断

大型台風が直撃するという予報で 今日の登校は“保護者判断”になった。

“保護者判断”というのは『学校は普通にやっているけど 遅刻しても欠席してもOK。出席扱いになります』というもの。

息子は「休みたいなあ」と言っていた。
そりゃ すごい台風の真っ盛りに登校させようとは思わないが 今朝7時時点では雨もやんで風もなく晴れていた。

それで「これで休む子なんていないと思うよ」といつも通りの時間に(雨が降っているのは知っていたが)出したのだが、その5分後に外に出てみたら ものすごい風とドシャ降りではないか。「ウヒャ~こんな中に出してしまった~」と思ったが戻って来るでもなく行ってしまったのだな。

学校に着くまでに 風で傘があおられて標識にぶち当たって壊れたのだとか。

結局 クラスで今日休んだのは二人だけだったということだった。

娘の高校は昨日の時点で休校が決まっていたので朝起きなかったから「起きてみたら晴れてたからビックリした」のだと。

電車が軒並み止まってしまって、JRで通っている先生によると「駅のホームが人であふれていて入りきれないから改札口で入場制限していた」ということだったから学校に行かずに済んで助かったわけだ。

他の地方では大変だったようだが こちらでは大騒ぎの割にたいしたことなく台風は去って行ったのだった。

2009年10月 7日 (水)

上れるようになって

上れるようになって
ゆうべ パピヨンがとうとうソファーに上れるようになった。

それで こういう状態である。

なんとも言えないかわいらしさ としか言えない。

2009年10月 6日 (火)

クリームシチュー

寒くなったので今日はクリームシチューにした。

ハウスとグリコとS&Bとトップバリューをブレンドして生クリームを入れてナチュラルチーズを溶かしてコクのあるおいしいのができた。「今日のは特においしい」という評判であった。

寒くなるとクリームシチューとビーフシチューとキャベツスープとおでんと鍋で夕飯が作れるのでちょっと楽になるな
(o^-^o)

前日の夜中のうちに作っておけるのってうれしいし、鍋は材料入れて置いておけば勝手に煮て食べてくれるし。

先日煮豚を黒焦げにした大鍋もキレイになった。あんまり信じてなかったけど洗剤革命を溶かして一晩浸け置きして翌日火にかけて煮立たせたらほとんどはがれた。残った焦げは夫が割りばしのおしりでガリガリやってはがしてくれた。

ということで今年も鍋ができる\(^o^)/

2009年10月 5日 (月)

新型インフルエンザ

10月に大流行、という報道があったが本当になった。

昨日の運動会に15人欠席した学年があって そこは代休明けから学年閉鎖が決まっている。

息子の学年は「みんな元気」で休んでいる人はいないと言っているが今のうちに予防接種をしておいた方がいいだろうか。娘も自己推薦入試などが始まっているし入試を受けに行ってうつって来るかもしれない。

予防接種ができるかどうか調べてみないと。

2009年10月 4日 (日)

運動会連チャン

昨日は息子の、今日は勤務先の学校の運動会だった。

朝からずっと外で動きっぱなしで移動は駆け足だし疲れた。

夫も那須に行かずに家にいて子供達も休みだから 昨日のうちに今日の昼ごはんの準備をしておいた。

夫は子供の相手をする人間じゃないのでゆうべのうちに子供たちに希望を聞いてMOVIXの「おさきにNet」で「20世紀少年 最終章」の
10:00~の回のチケットを買って会員カードと予約No.のPOとポップコーン代1000円を娘に渡しておいた。

休みの日に仕事が入ると負担が大きい。

夕方クタクタになって帰っても 
娘は昼寝していて起きないし、夕飯を作るのは私。こういう日くらい「外食でもいいよ」というだけのやさしさもない夫。。。。。。

くたびれたよ~。

2009年10月 3日 (土)

小学校最後の運動会

朝は晴れ、時々雨。

プログラムのPTA種目や低学年の学年種目などは 大幅に端折って最後のリレーまでやって2時前に終わった。

組体操の3段タワーもちゃんと立ってパチパチ(息子は一番下だけどさ)。雨で校庭が湿っていたから「ひざが痛くなくて良かった」と言っていた。その代り背中や肩はドロドロだったけど。

とりあえず予定通り終わって良かった良かった。

明日はうちの学校の運動会である。

2009年10月 2日 (金)

お土産

お土産
塾の生徒のお土産。

運動会の代休にハロウィン真っ盛りのディズニーランドに行って来たらしい。

ミニーゴーストと言うかゴーストミニーと言うか とにかくかわいいのをお土産に買って来てくれたのだ。

なぜ私にだけお土産をくれたのか はナゾなのだが 他の先生たちの間では「いじめられないためのワイロ」じゃないか という説が有力であった。失礼なangry

中身はミッキーのクッキー。だったらしい。
というのは息子が食べつくしてしまったから私は見てもいないのだ。もらったのは私なのに・・・・・

残ったかわいいケースを何に使おうか。
いろいろ考えているところである。

とりあえず玄関のお香立てに使っているジャック オー ランタンのとなりに飾ってある。

2009年10月 1日 (木)

WiFiルータ

Eモバイルの契約をしてもらった。

でも肝心のデータ通信カードはPCと一緒に学校。

セットアップは明日持って帰ってから。

一番喜ぶのはWiFiでゲームをやりたい息子だな。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »