« 明日のために料理料理 | トップページ | 久々の外飲み »

2009年10月22日 (木)

五所川原の「赤〜いりんご御所川原」

五所川原の「赤〜いりんご」
届いた。

青森県五所川原市特産の「赤~いりんご」4キロ。非常に小ぶりなリンゴである。「美味しい食べ方」のコピーも入っていた。

HPによると≪酸味が強いのでジュースやジャムに向いている≫と書いてあったのでお菓子に加工するとちょうど良いかも、とリンゴのケーキ好きな夫が言うので買ったわけだ。

≪果肉まで赤い≫といっても芯まで全部赤いわけではなかった。しかし切るとすごくジューシー。果汁がたっぷりでピンク色なのだ。思っていたより(紅玉より)果肉はずいぶん柔らかい。

まずは生で一切れ。
ム・・・予想以上に甘い。酸味は紅玉ほどではない。しかし渋みとエグ味が感じられる。

≪美味しい食べ方≫を参考にして、切ったものにバターと砂糖を乗せて電子レンジで1分弱。すぐ火が通って透き通ったが ものすごく果汁が出てしまってピンクの海に浮かんでいる感じ。食べてみたら生で感じた渋みとエグ味が表面に出てきてしまっていて それ以上食べられなかった。一晩冷蔵庫で寝かすと違うかもしれないので残りはラップをかけてそのまま冷蔵庫へ。

寝る前に3個くらいケーキ用に刻んで甘煮にして冷蔵庫に入れておくことにした。

渋みとエグ味の問題でケーキに使えないようだったらジュースとジャムにして食べるしかないな。

勝負はこれからだ。


« 明日のために料理料理 | トップページ | 久々の外飲み »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日のために料理料理 | トップページ | 久々の外飲み »