« クッキングクッキング | トップページ | 「風が強く吹いている」 »

2009年10月31日 (土)

菊池寛と芥川

ここ何日か北村薫に凝っていた。

本屋で≪円紫さんと私≫シリーズを見つけてしまったからだ。1冊読んで次の日には全部買って来た。他の本は読んでいたが このシリーズは初めてだった。
この作については いろいろ考えたことが多すぎて書ききれないので割愛。

北村薫は女だと思っていた時期があって 母に「男だよ。春日部高校の先生」と聞いて驚いたことがあったっけ
(なんで知ってたんだ?)。

「六の宮の姫君」で全編菊池寛と芥川のことを読んでいて懐かしさがいっぱい。

「恩讐の彼方に」は子供の時に漫画で読んで 親に「すごく感動的なマンガなの」と泣きながらあらすじを説明したら「なんだ菊池寛じゃないか」と言われて愕然としたのをおぼえている
(楳図かずおの猫のたたりのマンガの時は「なんだ鍋島猫騒動じゃないか」と言われた。あの頃は「大人はなんでも知っている」と思っていたな)。

「恩讐の彼方に」は高校の教科書に載っていたし実際に『青の洞門』に行った時には感慨もひとしおであった。文庫を買って「俊寛」にも心を揺さぶられたのをおぼえている。しかし その文庫収録以外の作は読んだことがない。というより売ってなかった。

それに比べると芥川は文庫でまだまだ買える。
「奉教人の死」や「芋粥」は教科書にも載っていたようなおぼえがある(「鼻」だったかな~「蜘蛛の糸」は小学校の道徳で読んだ)。教科書に収録されている数では芥川龍之介の勝ち。だけど菊池寛のうまさって捨てがたいと思うな。

で今日は本屋を3軒回って「恩讐の彼方に」と「地獄変・偸盗(往生絵巻と六の宮の姫君が入っている)」を買って来た。実家に行けばあるんだけど本屋の方が近い。さすがにちくま文庫の芥川全集を置いている本屋はなかったが新潮文庫で何冊かはあった。菊池寛を手に入れられたのは3軒目だった。

新潮文庫偉いぞ。でもなんで菊池寛が新潮社?文春文庫は刊行が遅かったせいか?

今夜は読む本(というか おはなし?)がたくさんあってうれしい。どれから読もうかな。

« クッキングクッキング | トップページ | 「風が強く吹いている」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クッキングクッキング | トップページ | 「風が強く吹いている」 »