« 菊池寛と芥川 | トップページ | 品川 »

2009年11月 1日 (日)

「風が強く吹いている」

息子と観て来た。

娘は部活の先輩の大学の学園祭に行っちゃったし、夫は那須だし。

MOVIXの「おさきにNet」で席を予約してから行ったのだが 日曜朝11時はサーバーが混み混みで途中でシステムエラーが出てしまい、何十回も入り直さなければならず すごく苦労してチケットを取った。ファーストデイサービスで1000円均一だったから文句は言うまい。

12:30からの回。
入りは1/4くらいでガラガラ。

映画は感動だった。
が えらくセリフが少ない映画だな~。
走っている姿は確かに美しい。

ハイジ役の人は声がいい。
箱根駅伝がもちろんクライマックスだから エピソードは端折らなくてはならないし、他のところに時間が取れないのはわかるが人物の描き方が浅くて あれでは原作を読んでいなくてはわからないだろうと思った。

できればカケルの親との確執とか入れてほしかった。ハイジの親の方は解決したし榊とも最後で雪解けムードになっちゃったけど。

出会い方からして万引きではまずかったのか説明不足な始まり方してたし、いろいろ設定が違っていて アオタケのみんなの成長の度合いの説明もないままにアッという間に大会に出てあれよあれよという間に箱根出場が決まってしまってた。

それでも 箱根駅伝の場面では泣けて泣けて・・・・・あの撮影ってすごいな~と思った。

息子は「箱根駅伝に出ている人たちって ああやって電車で行くの?」などと言ってて ちょっとわけがわかってないようだったので後で説明した。大きくなったら自分で原作を読めばいいよね。

「シャカリキ!」「Dive」もそうだったけど こういうスポーツ青春映画って原作があると難しい。「ウォーターボーイズ」みたいにオリジナルなら素直に楽しめるんだけど。ちょっと消化不良になる。

泣いたくせにって言われちゃうね。
今夜は原作を読みながら寝よう
(そのために文庫も買ったのだ)。

蛇足ですが:最初のところに出て来た桜土手を走る場面。あれって絶対越谷市の元荒川の土手だと思うのだけど。知ってる人がいたら教えて。

« 菊池寛と芥川 | トップページ | 品川 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊池寛と芥川 | トップページ | 品川 »