« さらば電子ピアノ | トップページ | また病院 »

2009年12月13日 (日)

サンタさん

やぎ座の今日の運勢は「小さな幸せに喜びを見いだせる心穏やかな日」だった。

しか~し!
息子にサンタさんというものはいないのだ、ということがとうとうバレてしまった。まあ6年生だから「薄々は知ってたけど。みんな言ってるし」な感じで「でも信じたい」みたいだったらしいが。

買いもののついでにヤ●ダ電機で息子がサンタさんに頼んだDSソフトを買って帰ろうと思い付き、娘に電話して「ナントカのナントカって言ってたけど何だったっけ?」と聞いたのだがわからないので『ケツアルコアトル付きベイブレードDS』を買って帰って来た。見せないために車のトランクに入れっぱなしにした。

息子はサンタさんには『レイトン教授と悪魔の箱』をもらいたかったらしい。
それで娘が息子に「ムリだよ。お母さんはもう『ケツアルコアトル付きベイブレード』を買っちゃったよ」とバラしてしまったのだ(と息子が言いに来た)。まったくとんでもないヤツだ!娘を呼んで叱りつけたのは言うまでもない。娘にはそんな夢を壊すような余計なことを言うヤツはいなかったのに なんで弟に黙っててやらなかったか と。いや息子がもう信じてないだろうことはわかってはいたけどさ。わざわざバラすことはないだろうangry

その後 息子との間で微妙なやり取りがあり、息子にも≪サンタさんはいないけどいることになっている≫ってことは「公然の秘密」とも言うべき「お約束」だってことは当然わかっていて。でも「お約束」だから彼は彼なりに信じているふりをしていて実は半分くらいは信じたかったらしいが(
幼稚ですsweat01)。。。。。。なんか虚しいな~。面白くないな~。

確かに「公然の秘密」ということは「誰もが知っているが誰も言わない」ということで 大きくなれば自然と悟る という類いのことではあるけど。

うちではサンタさんがプレゼントをくれるのは6年生まで、ということになっている。中学生になったら電車料金が大人になるから 大人の所にはもうサンタさんは来ないのだ、という説明で納得している。

その最後の6年生のクリスマスが過ぎるまでは言わないでおいてほしかったな~。
今まで子供たちに「サンタさんて本当は親なの?」と聞かれても完璧にしらばっくれて来たのに。。。。。。今までの苦労が水の泡なのであった。

« さらば電子ピアノ | トップページ | また病院 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さらば電子ピアノ | トップページ | また病院 »