« 雪が降るかも | トップページ | 余裕だったはずが »

2009年12月27日 (日)

宇宙戦艦ヤマト 復活編

夫も息子も「面白かった」と。

夫は「寝てくる」と言っていたのだが 案外ちゃんと観て来たらしい。息子はヤマトのマーク付きストラップを買って来た。

夫によると「音楽が良かった」そうで「いい音だから オッ!と思ったら音源が新日フィルだった」そうで。。。。。「劇中のピアノも良かった」と。「平面アニメとCGの組み合わせがうまかった」とも言っておった。息子はとにかく気に入ったらしい。延々とあらすじ紹介をしてくれて
(時々夫に「違うだろ それは***のあと!」などと言われつつ(笑))「○○な時に ××な攻撃してないで△△すれば良かったんだよ」と攻撃作戦の下手さかげんを大批評しながら各場面の再現をしてくれた(笑)

それはさ~。一度や二度は絶体絶命な状況に陥って「アブナイ!ドウナルンダ!」と思わせないと~。最初の攻撃で波動砲6連発でやっつけちゃったらお話終わっちゃいますから~。でも最終的には波動砲でやっつけられる、ということは波動砲って天下無敵の最終兵器ってことだな~。すごいな~。危険だな~。

前代未聞の男二人での映画鑑賞も楽しめましたようで。めでたしめでたし。



この先ネタバレになります。
ユキが行方不明になったままで終わるって古代くんかわいそうに。

« 雪が降るかも | トップページ | 余裕だったはずが »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪が降るかも | トップページ | 余裕だったはずが »