« 子供と犬は | トップページ | クール ランニング »

2010年2月19日 (金)

國母が見本

今日は息子が入学する中学の入学説明会だった。

服装規定の話の冒頭に引き合いに出されたのが國母。

言うと思ってたのだ。
というのもうちの子の入学する中学の制服は青のブレザー、ワイシャツ、ネクタイにグレーのズボンだから。

着崩したら そのまんま國母になる。

「國母のかっこうはイキがる中学生がやりたいかっこうそのものなのです」とおっしゃっていたが、実際ああいうかっこうをしている高校生はそこら辺中にいっぱいおる。

ニュースで見た時に「その辺のチンピラ高校生と変わらないじゃん。ハタチ過ぎてバカか」と思った。まあアメリカの不良の遊びから発展した競技だから 競技ウェアだってストリート系そのままなわけで さもありなんと思った。

それにしても思うのは非難されてからどうこう言っていたオリンピック関係者のこと。飛行機の中では楽にしていていいさ。降りる前に注意して服装を直させる役員はいなかったのか?注意されたけど無視したのか?

まあ役員に注意されて服装を直して、なんてのは不良中学生が「服装を直さないと卒業式に出さない」と言われているのと同じなわけで やっぱり「イイ年して何やってんだ」ってことだね。頭の中が中学生の時から成長していない。オリンピック役員だって修学旅行の引率じゃあるまいし オリンピックに出る というのに服装をどうこう言わなきゃならないとも思っていなかったかもしれない。

説明会での話を聞いて きっと日本中の中学校、高校の入学説明会で同じ話がされているのだろうな~と思ったらおかしかった
(*≧m≦*)。で日本中の中学高校に「悪い着方の見本」として國母の写真が貼られていたりしてね。

« 子供と犬は | トップページ | クール ランニング »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供と犬は | トップページ | クール ランニング »