« 春風 | トップページ | 宮崎地鶏ラーメン »

2010年3月14日 (日)

龍馬伝

今日初めてまともに最初から最後まで見た。

岩崎弥太郎が汚すぎる とかいろいろ聞いていたが 今日見た限りでは「身なりが汚い」よりも「立ちまわり方が小汚い」方が問題なのではないかと思った。

知り合いに岡田以蔵に入れあげている漫画家(=伊藤結花理)がいて龍馬と以蔵と武市半平太の関わりに興味を持った ということもあって今日見てみたわけだ。

以蔵はいかにも足軽の息子 といったなりをした前髪立ちの若者がやっていて「フム」と思った。土佐時代の武市についての知識はないので「そういうことか」と思った。

土佐勤皇党も出て来たし このあと公武合体で武市が失脚するまで どう動いて行くのか 人斬り以蔵と龍馬の関わり等 けっこう興味深い。以蔵については はるか昔に大河ドラマ「勝海舟」で萩原健一がやった以蔵が忘れられない。今回の以蔵にはショーケンのイメージを壊してほしくないな。

これから龍馬と関わりができてくる西郷隆盛とか勝海舟とか 幕末の人たちって考えてみたら150年前くらいには本当に生きていたわけなんだよな~と改めて考えてしまった。まあ そういう意味で言ったら篤姫だって和宮だってそうなんだけどさ。土佐藩主 山内家だって内助の功で有名な山内一豊の子孫なわけだよな~などと思うと「歴史は続く」を実感。

初めて見て
「映像がテレビじゃなかった」
のが一番の驚きだった。映画を見ているような画質 と言ったらいいだろうか。吉田東洋の家に龍馬が乗り込んで行った場面で上士の構えた刀が白く光って「おお レフ板が効いておるな」などと思った。


« 春風 | トップページ | 宮崎地鶏ラーメン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

showken-fun さん いらっしゃいませ~
アメブロ拝見しました。
本当にショーケンの大ファンなんですね。
「勝海舟」はNHKでもVTRが残っていないそうなんですよ。だからスキップシティのアーカイブでも見られないんです。
ショーケン(じゃない以蔵)が捕まって唐丸カゴに乗せられて行くシーンはよ~くおぼえています。私の母なんか「以蔵がかわいそうでいじらしくて」泣いてましたもん。
詳しくお話したいですね。
良かったらメールくださいませ。

はじめまして。
ショーケンのファンです。

「勝海舟」のときのショーケン以蔵をおぼえていらっしゃるのですね。
あたしは当時まだ小学校の低学年、一生懸命見ていましたが、あまり覚えていません。
ぜひ覚えていることを教えていただけましたらありがたく思います。
不躾なお願い申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春風 | トップページ | 宮崎地鶏ラーメン »