« 13歳 | トップページ | 排水管が!!! »

2010年6月27日 (日)

タンブリング

大会の場面の演技を見ながら娘が言った。
「カルピスソーダ学園男子新体操部みたい」
そりゃ失礼かもしれないよ(どちらに とは言わないが)。

うちで見るようになったのは6回目から。
それで7回目は見るのを忘れて8回目からは全部見た。

娘いわく
「ルーキーズより面白い。あれは先生が暑苦しかった」そんなのいつの間に見ていたんだ?

「こういう流れってウォーターボーイズからだね」いやいや昔むかしからスポ根ドラマというのはありましたぞ。ラグビーとかサッカーとか(「青春とはなんだ」や「赤き血のイレブン」etc.etc....)

「ウォーターボーイズ」は「普通の高校生」が集団で(先生主導でなく)スポーツをやるドラマ というところが昔のスポ根ものとは違っていたから新鮮だった。それがルーキーズやタンブリングで また「不良がスポーツを通して更生してしまった物語」に戻ったわけだ。

「タンブリング」と「ウォーターボーイズ」は好きである。
体ひとつで勝負している 肉体美の勝利 みたいなところが私的にはツボのようだ。特撮を使ってなさそうなところもいい。

それにしてもケンカし過ぎでしょ「タンブリング」とは思ったよ。

« 13歳 | トップページ | 排水管が!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 13歳 | トップページ | 排水管が!!! »