« 車でホームレス? | トップページ | お盆休み始まり »

2010年8月10日 (火)

終戦文学

と勝手に名付けてしまったが
「終わらざる夏 上下」浅田次郎著 
「永遠の0(ゼロ) 上下」百田尚樹著
を続けて読了。

お盆休み用に買ったはずなのだが読み終わってしまったものは仕方なかろう。

しかしつくづく「終戦記念日に読むんだった」と思ったね。

実は「終戦記念日」という命名にも長年違和感を持っていた。
だって本当は「敗戦記念日」ではないか?
「敗戦」を「終戦」と言いかえるのは「全滅」を「玉砕」と言いかえるのと同じじゃないか と思っていた。

しかし「負けた」と言うならず~~~っと負け続けていたわけで「負けるのをやめた」という意味の「終戦」なのだなあ。

私が子供の時、実家の母は「日本が負け続けてていることは 新聞がどう書こうと みんなが知っていた。誰も言えなかっただけ」だと。「でも知識階級の人たちはアメリカと戦って勝てるわけがないと最初からコソコソと言っていた」のだと。最終的にはアメリカどころじゃない、世界中と戦っていたのだから無謀な話だ。

「終わらざる夏」は千島列島の北の果てに取り残されて 終戦後のソ連の侵攻の矢面に立たされた兵隊たち(2万3千人もいた!)の物語。
「永遠の0(ゼロ)」は終戦直前に特攻で亡くなった祖父のプロフを訪ねる物語。

つづめて書いてしまえば これだけなのだが 両方に共通して描かれているのは召集令状1枚でかり集められて「死ね」と言われた『兵』の物語なのだ。『将』と『兵』の違いが「これでもか」とばかりに描かれていて胸が詰まる。

「東京裁判」に対しても反感を持っていたのだが(戦勝国が裁くということで)この2冊を読んで大本営の作戦行動のひどさが初めて具体的に理解できたように思う。国民をコマとしか考えずに戦争をした責任は やはり問われるべきだったのかと思った。

とにかく泣いた。


« 車でホームレス? | トップページ | お盆休み始まり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車でホームレス? | トップページ | お盆休み始まり »