« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

長野とんぼ返り

長野のお友達のところの用事でとんぼ返りして来た。片道約200キロ強。

朝5時に出てガソリン入れて朝マック買って高速で東部湯の丸まで一直線。7:30過ぎに到着。用事を済ませて9:30出発。ちょっと寄り道して茂田井宿の中を通り、佐久から高速に乗って12:30着。

息子がお昼ご飯を食べていた。

娘は大学祭で出かけていて 息子を2時からの部活に出して 夕飯のしたくをしてから一休み。

夕飯は横川のPAで買って来たマイタケをたくさん入れたけんちん汁にした。お食後にはお友達にたくさんいただいた甘いリンゴ。

関越も上越道もすいている時間帯に走れたし、雨だったけど事故もなかったからスイスイで快適であった。あれだけすいていたら長野までトンボ返りでも楽である。観光で行ったんじゃないから本当に行って用事を済ませて帰ってきただけだけど「関越はいつも混んでいる」と思っていたのは間違いだったね。

2010年10月29日 (金)

デパートのサンマ

明日あさってが大学祭で娘は今日から休み。

いただき物の商品券を使うために娘に運転させて駅前のデパートに行った。駐車場でもちょうど良い所が空いたので両側に車が停まっているところだったが なんとか駐車させられた。

Loftで買い物して あとは地下へ。

たまたまサンマを1匹50円で売っていたので8匹購入。

お肉売り場を見たら9の付く日は「クイックの日」だそうで、トンカツ1枚199円 メンチカツ1枚99円 から揚げ1パック199円などなど どれもすごく安くてビックリした。大きさも普通の大きさである。今回は買わないが覚えておいて9の付く日に買いに行こうと思った。

その他にはポンパドールで焼き立てのチーズバタールを2本購入。

デパートでサンマを買ったのも初めてだが50円というのも初めて。「クイックの日」ならスーパーよりもうんと安い。盲点だったな~。

お夕飯にサンマを4匹焼いて 残りの4匹は冷凍にした。大きかったし、すごく脂が乗っていて おいしいサンマだった。

デパートもあなどれないな。商品券はまだあるし 次は「クイックの日」に行こう。


2010年10月28日 (木)

ファンヒーター

おとといからファンヒーターを使い始めた。

今朝キッチンのファンヒーターがエラーが出て止まってしまった。子どもたちが出て行ってからエラー№を調べたら「内部加熱」。それで裏側のファンのカバーをはずし掃除機でお掃除。めでたく止まらずに運転するようになった。

しかし9時過ぎに今度は燃料補給で止まってしまった。給油しようとしたらポンプが動かない。ランプは点くがモーターが動かないのだ。電池が消耗しているのか、と となりのセブンに行き電池を買って来て交換したが動かない。ヒーターがないと寒いからポリタンクを持ち上げて直接ドボドボと給油。

ポンプが使えないと困るので、10時になるのを待って 裏のホームセンターに行って新しいポンプを購入。エレベーターで一緒になったおじいさんはファンヒーターを買って来てた。寒いから急遽買いに来たのかな?

新しいポンプをポリタンクにセットして古い方の電池を入れたらちゃんと動いたから これにて終了。

朝から働いてしまったし、なんだか寒いと洗濯もしたくないので 本日は沈澱日と決めてファンヒーターでぬくぬくしながら読書三昧。以後一歩も外に出ないで過ごした。とても贅沢をした気分。

昨日は那須岳に雪が積もったそうだし、那須の家も今度行ったら水抜きをして帰らなければならない。灯油も買っておかなきゃならない季節になった。

2010年10月27日 (水)

ハンドシャイ

パピヨンが家に来て1年が経ち、1歳5か月になった。

売れ残ったせいか、売り場では上が開いているサークルに入れられていた。お客さんが自由に手を突っ込んでナゼナゼしたりできていたわけだが そのせいか強度のハンドシャイになっていた。性格もビビリだし。

「おいで」と手を出すとピピっと2m以上下がるのだ。ハウスから出す時も隅っこに縮こまってしまうから苦労する。

1年経ってようやく 自分から寄って来るようになり、そういう時は手を出しても大丈夫で、手を出すと自分からコロンと腹を出してなぜてもらいたがるようになった。膝に飛び乗って来たりもする。一日中トコトコ後をついて歩きまわるし。名前を呼べばシッポをフリフリする。

しかし「おいで」は全然ダメ。手を出すと相変わらずピピっと後ずさりする。

今までにもいろいろやったのだが、食い意地が張ってない犬なのでおやつに釣られたりしない。
命令を覚えさせたりしつけをするにも寄って来ないし 困りものだった。というより半分あきらめていたのだな。だって1年経っておぼえたのは「ハウス」だけだもん。

今日初めて犬ビスに興味を示したので試しに手から食べさせてみた。おお
sign03食べるではないかsign03

それで膝から下ろして「おいで」はやめて「come on」と言いながら手に犬ビスを乗せて出してみた。こわごわ寄って来て首を伸ばして犬ビスを食べるではないか。

まずはここから だな。
もうひとがんばりしてみよう という気になったぞ~。

2010年10月26日 (火)

今日のお料理

夫が那須でとなりの家からもらって来た“葉っぱを食べるダイコン”の葉っぱとカボチャを全部使い切った。

葉っぱダイコンはヒョロヒョロの小松菜みたいなもの。ひと抱えも新聞紙に包んであったのを流しで洗って泥を落とし黄色くなった葉っぱを取り、傷んでとろけて茶色くなった茎や落ち葉などのゴミを取って、根っ子の部分を落として3等分。なにしろ量が多いからすごくたいへんな作業で指がふやけてしまった。こういうことを毎日やっているお百姓さんはたいへんだなあ。

どうやって食べるのがいいかわからなかったから とりあえず大鍋にお湯を沸かしてゆがいた。半分はそのままおひたしに、残りはロースハムを切ったのと一緒にバター炒めにして四つに区切り それぞれの真ん中に卵を落として巣ごもり卵にした。おひたしはちょっと固かったけどバター炒めは柔らかくておいしく食べられた。味噌汁に入れても良かったかもしれない。

ゆがいてしまうと あれだけあった菜っぱが一握り(いや三握りくらいはあったけど)になってしまうから 洗ったりゴミ取ったりにものすごい時間がかかったのがウソのようである。

カボチャは覚悟して包丁を入れたらサクッと切れて「あれ?」と思って見たら肉厚が1cmくらいしかなくて中身はほとんど種だった。切りやすいわけだ。今年は暑かったから、子孫を残すために種を作る方にエネルギーを使ってしまったカボチャなのだな。

半分は娘の好きな甘しょっぱく煮たのにして 残り半分は息子の好きなテンプラにした。やはり肉厚なのより甘味が少なかった。果肉が柔らかいので煮るのも揚げるのも短い時間で済んだのは怪我の功名か。

もらった物と家にあるものだけで4品作れたけど お野菜の料理は手間がかかる と改めて思った。今日みたいに夜の生徒が休みの時でなけりゃできないことだ。

2010年10月25日 (月)

独身男性の買い物

さっきスーパーに買い物に行き、30代後半くらいに見える独身男性(たぶん)の買い物をかいま見てしまった。

レジで前に並んでいた男性なのだが カゴの中が500mlの缶ビール3本と寄せ鍋野菜セットのパックと唐揚げ用鶏肉1パックだった。

なんとなく納得できてしまう品揃えである。
これから鍋をつつきながらビール飲むのね。

寒くなって来たから温かい物を食べたい→鍋が手軽でいいけど野菜も摂らなきゃ という思考回路が見えるような感じと言ったらいいか。

順番を待ちながら「一人用の土鍋持ってるのかな?」とか「ごはんはいらないの?」「家にサトウのごはんを常備してるんだろうか?」「いや冷凍さぬきうどんかも」「一日に500ml3本は飲まないよね」などなど考えてしまった。おばさんてヤーね~
coldsweats01

いや おせっかいなおばさんはとても感心していたのだよ。
たぶん独身なんだろうけど冷凍チャーハンや弁当でなく、自分で鍋して食べようという姿勢が好ましいではないか。

あのポリ袋にパックになった「○○野菜セット」ってうちでは買ったことがない。理由は単純に「それだけでは足りないから」なのだが ちゃんと需要はあるわけだな。

よけいなお世話だとは思うが なんか ああいう人を見てしまうと「もっと単身者がいろいろな料理を気軽にできるようなセットを作ってやってくれ」という気になった。

2010年10月24日 (日)

犬・犬・・・花

仕事が入っていない日曜日だから いろいろできると思っていたが 案外できないものであった。

朝ゆっくり起きて9時からミニシュナのお風呂。
犬用シャンプーを切らしていたのでメリットでワシワシとしっかり洗ってやり、コンディショナーもしてやった。ツヤツヤ。いい匂い。ついでに眉毛もカット。

11時にパピヨンのシャンプーカットの予約を入れておいたのでアリオに連れて行き、お手入れしている間はスペリオールカフェで本を読みながらゆっくりお茶。しまったなあ、お茶してないで買い物しとけば良かった。犬連れでは食材の買い物ができんのだった。

帰って来て子供たちに昼食を食べさせ、息子を2時からの部活に行かせた。

それからホームセンターでビオラを8株買って来て 枯れてしまったペチュニアの代わりに植え替え。ちょっと奮発して「モコ」という名前の新種のビオラ(298円也)も2株買ってみた。直径1㎝くらいの小さなビオラがモコモコになるそうなので楽しみである。

夕飯の買い物をして 夕飯のしたく。

部活から帰って来た息子を連れて床屋に行き、カット。今回はサンキューカットではなく近所の床屋にしたのでシャンプーも顔剃りもやってもらえて気持ち良かったらしい。

終わったら7時になってしまったので私の本日の営業はここまで。あとは夕飯を食べてダラダラ。

那須から夫が“葉っぱを食べるダイコンの葉っぱ”(見た目はヒョロヒョロの小松菜っぽい)をゴッソリとカボチャを1個、となりの家からもらってきたので明日のおかずはそれで決まり。

なんだか犬と花の世話しかしなかった一日 だったような気がする。


2010年10月23日 (土)

子供の言葉

っておもしろい。

TVで言っていたのだが コンデンスミルクが欲しいけど名前がわからなかった子供が「イチゴのおしょうゆ」と言ったと。言い得て妙である。

うちの子供たちは もう大きくなってしまったから面白いことを言わなくなってしまった。

昔は日本ガイシのCMに出ている黒衣の足袋を見て「ブタの足のお靴」なんてかわいいことを言ってくれたものなのだがなあ。

まあ 大きくなってもそのままじゃ困るし
happy01

しかし 小さい時にこんなこと言っていた あんなこと言ってたっていうのは不思議とおぼえているものだね。

「イチゴのおしょうゆ」も そこの家の永久保存版になるだろうな きっと。

2010年10月22日 (金)

本屋で美顔ローラー

美容ネタ 2連発

美顔ローラーって けっこう昔からある。
ゲルマニウムやらチタンやらなんやら。

少し前から本屋に美顔ローラーの本(?)というより ちょっとしたパンフレットが付いている
美顔ローラーが置いてあった。

値段が安いからお試しに買ってみるのにちょうどいいな~と そそられるものがあったのだが買わずにいた。

それが先日新聞広告を出したと思ったら たちまち本屋に山積みになっていて とうとう買ってしまったよ。

LOFTやドラッグストアで買うとしたら7、8000円以上する。高い物は2万も3万もする。そんなの買わないよね~。でもそれが2980円なんだもん。

こういうのって 今までの経験から言うと、やってみたいだけでじきに飽きるものだから いつまでコロコロやるかわからないものに何万も出したくないからね~。

娘が早速コロコロやっておる。
もしかしたら取られてしまうかも。

宝島社 ヒット作だね。
「安ければ ちょっとやってみたい」隠れ需要を掘り起こしたわけで あれはかなり売れるだろうな。

でも あれは本 なのか?

2010年10月21日 (木)

足裏ピーリングパックの結果は

大満足である。

私が買ったのは浸け置き時間30分~1時間で 5日~1週間で角質がボロボロ取れる という商品。以前ネットで見て買おうかと思ったのは足底がベロっと足の形にはがれる というのだったから生々しすぎて買えなかった。それでソフトなタイプのを選んだ。

浸け置き時間は中をとって45分にした。

次の日から なんとなく足裏やサイドのあたりがかゆいようなミリミリするような感じがあった。

3日目にはお風呂で足裏がボロボロはがれて 4日目にはもっとボロボロボロボロはがれてきれいになった。なかなかのものである。

普通に生活している中で、スリッパに取れた角質がボロボロ付いてしまう とか靴下の中がはがれた角質でボロボロする なんてことは全くなくて お風呂に入ってふやけた時に一気に落ちるのが 良かった。

冬場 かかとが固くなったりしたら(私はならないのだが)やるといいと思った。かかとが割れてしまうくらい乾燥がひどい人などにはお勧めだろう。

けっこうクセになりそうな商品。

2010年10月20日 (水)

相棒 ついでに・・・

「相棒」の新シリーズが始まった。

しかし明日は息子の中間試験。
ただでさえ勉強していないのに試験前日にTVなど見せている時間はない。

「残念だったね」で終わらせようと思ったのだが、息子のたっての希望で(あまりにもうるさいので・・・)本当に久しぶりにDVD録画をした。

ビデオもDVDも録画できるのだが うちではほとんど使わない。ほぼ再生オンリーである。録画したのはいつ以来のことか。とにかく忘れるくらい前のことである。

うちでは基本的に「見られなければ ハイそれまでよ」なのだ。そのうち再放送もあるかもしれないし。見る時間がなかったものを録画しておいても いつ見られるかわからないし。そんなのが溜まってしまっても時間が経つほど「見たい」と思わなくなると思うから。

今回は「明日 試験が終わったら(一日で5教科全部やってしまうのだ)夜みんなで見よう」と息子が言うので とりあえず録画した。家中だれもTVを見ていなかったから たまにはそういうのもいいかもしれない。

ついでに日付をまたいでしまったが。
12時過ぎにTVをつけたら「AD堀くんの父親の校長先生の24時間」というのをやっていた。フムフム「とってもおいしいです」のAD堀くんの父は中学の校長先生だったのね~。校内巡視や登校指導で一日中動いている 中学校の校長らしい人。
堀くんのコメントを真似したりするところを見ると息子の番組はちゃんと見ているし、学校でも生徒をかまうのが好きな人なんだろうな と思えた。

さて うちの中学生は明日の試験 ちゃんとできるのだろうか?

2010年10月19日 (火)

中原の虹3.4

10/15発売だったのに あれやこれや慌ただしくて やっと昨日購入。

本屋で「ごくせん」のコミック文庫1~6を見つけて買ってしまい、「百鬼夜行抄19」が出ていたので それも購入。ついでに息子に頼まれていた「キノの旅8~10」も買ったので大金を払うことになってしまった。

ゆうべは「ごくせん」読了。
ドラマより数倍面白い。
今日は娘が電車の中で読むために3冊まとめて持って行った。

今日の昼過ぎから「中原の虹3」を読み始め、9時で仕事が終わったあと「百鬼夜行抄19」を読んだ。

「中原の虹」はじっくり読む予定。

2010年10月18日 (月)

鳥鍋

昨日夫がリンゴ園のおじさんに おまけで大きな白菜をもらって来たから今日は鍋。

鳥鍋にした。
半分入れたが おいしいので食べ切ってしまった。普段は1/4カットのを買って来て それで充分なんだが。

残り半分は 明日八宝菜にする予定。

余談だが
娘が今日帰りが遅かった。
「友達とケーキ食べてお茶して来た」というので どこかおいしいお店でケーキセットでも食べたのかと思ったら「友達が作ったけど失敗してしまったチョコレートケーキを食べた」のだと。「だから胸やけしている。ごはんはいらない」のだそうだ。。。。。

2010年10月17日 (日)

赤城山の紅葉

夫が沼田の材木屋の秋市に行った。

朝早くに出たので途中 赤城山に寄って撮った写真。
023
赤城山の小沼 という所の紅葉である。曇っていて色が鮮やかに出ていないのが残念だ。

029
8時前に寄ったら まだ収穫前で売る分がなかったので おやじさんと一緒に畑に行って収穫して紅玉をたくさん買って来たのだと。1キロ510円だったそうだ。2キロちょっと買ったら おまけで収穫したばかりの大きな白菜を一個くれたのだそうだ。明日は鍋。観光リンゴ農園だそうで 今生っているのは全部観光客用であって出荷はしないそうだ。リンゴ狩りって こういう風にリンゴが生っているものなのだね。

私が行ったわけではないのだが。

2010年10月15日 (金)

玄米

学校の仕事を辞めて 時間に余裕ができたので お米をまた玄米で買った。

この間ジャパンミートで買ったのは30キロ7890円だった。玄米で買うと安い。

しばらくぶりに家庭用精米機(4合まで精米できる)の出番である。

その日の分だけ精米機にかけて精米。
味ごはんの時は白米より少しだけ浅く精米したり、焼きおにぎりの時は7分搗きにして香ばしくて歯ごたえのあるお米にしたりできるのがいい。

毎日出る糠は冷蔵庫に貯めておいて 適当に小麦粉とバターと砂糖を混ぜて捏ねてクッキーを作る。食物繊維はお通じに良いようだ。

糠床も作ろうと思えば自前で作れるのだが 私が漬物キライだから どういうのがおいしいのかわからないので まだ手を出す気にはなれない。

30キロで今年いっぱい間に合うかな?

2010年10月14日 (木)

サンマのバジルオイル焼き

開きサンマをバジルオイルで焼いてみた。

けっこういける。

2010年10月13日 (水)

生還おめでとう!

ず~っと気にしていたニュース
それはもちろんチリの落盤事故のニュースである。

今日 やっと地上に出られるようになった。
本当に良かった。
このまま順調に全員がでられますように。

おどろいたこと>
・地下700mのところにシェルターが作ってあって保存食料なども完備してあった
・33人もいて ちゃんと公平に保存食料を分けて生き延びていた
・争いもなく 秩序立った生活を続けてきた
・自分が一番最後に上がる という人たちがたくさんいた
などなど 感動ものである。

日本にも稼働中の鉱山はいくつもあるが やはりシェルターは作ってあるのだろうか?パニックになることもなく ここまで頑張れたということは よほど強力なリーダーシップを持った人がいたということだろう。

なんとなく「チリ・南米・スペイン語」のキーワードから「ラテン」が連想されて、血の気が多くて緻密な計算とかとは無縁な(正直言って どうにかなるさ~みたいな)イメージがあっただけに 最初は意外感を持った。

それだけでなく「鉱山労働者」=ガテンな仕事=教養は必要なさそう なイメージもあったせいである
(鉱山労働者のみなさん ごめんなさい。とんでもない偏見を持っていました)

だから「いつ救出されるか」よりも「救出されるまでパニックを起こさずに持ちこたえられるか」の方に関心があった。

生存が確認されてからは物資のやり取りや食料の供給も順調にできていてTV電話で話をしたりもできたわけだが 長期間拘禁状態でいたら精神面でおかしくなっても不思議はない。ラテンの血はそういう面で役に立ったかもしれないね。

物資の供給も大事だが 一番生還につながったのは通信できたことだと思う。人間は希望がなければ生きていけない。気力が萎えずにがんばれたのはテクノロジーの進歩のおかげだろう。

予想より早く生還できて本当に良かった。

2010年10月12日 (火)

リンゴのお菓子

昨日 夫が那須から帰って来る時に「紅玉を売ってるの見つけた」と電話してきた。

夫はリンゴのケーキが大好きである。
「紅玉を見つけた」=「リンゴのケーキが食べたい」
だから買って来るように言った。

小さな紅玉が8個入っていた。

今日は夕飯後 リンゴのチーズケーキを焼いた。
小さいから3個使った。
とても硬くて皮むきがたいへんだった。

新鮮なうちに次はアップルパイを作ろう。

2010年10月11日 (月)

今度は掃除機が壊れて・・・

ここんところ 次々と家電品が壊れていく。

ガス台→炊飯器→洗濯機→今度は掃除機である。どれもこれも耐用年数をはるかに超えていたから当たり前と言えば当たり前なのだが。

実は掃除機は以前から普通の基準で言えば壊れていた。

ホースが切れたところにガムテープ巻いていたし、4つついているキャスターがひとつ壊れてはずれたので3本足だった。吸い込む能力は元気だったから買い替える気になれず、そんな状態でずっと使っていたのだ。

しかし今回は頭のT字型のノズルの根元が割れて取れてしまった。ノズルの部分の延長管をはずせば ちゃんと使えるのだが とうとう「いくらなんでもあんまりなんじゃないか」という気になり、買い替えることにしたのだ。

思い起こせば18年前、まだ赤ちゃんの娘を抱いてロヂャースで買った掃除機である。吸い込み仕事率で買ったので とても大きくて重かった。18年間よくがんばって働いてくれたものだ。掃除機って壊れないものなんだよね~。

今日買ったのはサイクロン型。
すごく軽いし持ちやすいから階段掃除も楽々である。感動的でさえある。これなら毎日せっせとお掃除しようという気にもなるな~。

買っただけではきれいにはならないのは ちと残念であるが(バカなこと言ってるな~)これから長い付き合いになるので ちゃんとお手入れしてビシバシ使おう。

 

2010年10月10日 (日)

臨時の生徒

知り合いのお嬢さんが合唱コンクールの伴奏をやることになり、ひとりで練習していたが弾けない ということで臨時に合唱コンクールまでの間レッスンをみることになった。

ピアノをやめて しばらく経っているし、譜読みもひとりでやっていると間違いに気付かなかったり苦戦していたらしい。

なかなか弾けるようにならなくて音楽の先生にイヤミを言われて悲しい思いをしていたという。

イヤミを言うっていうのもどうかと思う。
運動部の部活をやっている中学生がピアノの練習時間を確保するのは難儀なことなのに。なのでお手伝いをすることにしたのだ。

とりあえずリズムと音を
しっかりさせるために この3連休は毎日来てもらうことにした。毎回1時間半のレッスンによく食いついてきてくれているので曲になってきた。

イヤミを言った音楽の先生を見返してやってほしいな。

2010年10月 7日 (木)

新人戦とお弁当

昨日と今日は 息子の部活が新人戦で お弁当を持って行った。

昨日は唐揚げにした。帰って来て「明日は先輩たちの分のお肉を別のお弁当箱に入れて持って行くから」と言うので聞いたら「先輩たちが『肉くれ』って言って食べちゃうんだ」と。

1年生は一人きりだから集中攻撃になる。それで先輩たちに取られちゃうと食べる分がなくなってしまうらしい。

しかしバッグの中は柔道着だけでパンパンになり、かろうじてお弁当箱を詰め込んでいるのだからお弁当箱もうひとつはムリ。

それで生姜焼きをたくさん作り、息子のお弁当箱に8枚ギチギチに詰めてご飯の上にも3枚乗せた(おかず箱の方のお肉を全部取られちゃってもご飯がたべられるように)。

フルーツもほしいと言うので別のタッパーに巨峰をばらして詰めて持たせたのでバッグはギューギューである。

肉を召し上げる先輩たちのうちのひとりは お弁当の時はいつもコンビニ弁当なのだそうだ。昨日はごはんの弁当だったけど今日はサンドイッチだったそうだ。そういうのを聞いてしまうと お肉を分けてあげてもいいかな という気にもなる。

要は『量が足りない』とか『コンビニ弁当で不満足』とかいう問題ではなくて先輩の後輩いじりなのだろうから 取られてもいいくらいの量を持たせれば済むのだろうが なんだかなあ~。

これから先 お弁当の時はどうしたらいいんだろう と考えてしまった。

2010年10月 3日 (日)

利平栗ゲット

利平栗ゲット

ツヤツヤでかなり大粒の利平栗 1.2kgで950円で夫が買って来た。利平栗は甘味が強くて大粒なのが特徴。

買ったところは矢板市の城の湯。産直コーナーにあったそうで「買っとく?」と電話して来たので「買って!」と即答した。

利平栗との初めての出会いは12.3年前 那須の普通の八百屋さんでのことであった。あまりの粒の大きさに惹かれて購入。その時に名前も知った。

それ以来、あったら絶対買うようにしていた。

それが その八百屋さんによると「栽培量がすくないから」とのことで ここ何年か入荷がなく 買えなくなっていた。

ネット通販で調べると1kg1500円くらい。そこまでして買わなくてもなあ と思っていたところに 思いがけない所で買えたわけだ。矢板でも栽培していたなんて知らなかった。

持って帰って来たのをすぐに茹でて 夕飯後は栗くり坊主で皮むき。量が多いのと栗くり坊主の刃が古くなっているのとで時間もかかり、指に豆ができそうになったところで皮むき終了。

みんなでつまんで「甘いね~」と言いながら食べた。そのまま食べるのが何よりおいしい。


2010年10月 2日 (土)

女どうしの付き合い

夫と息子が男同士の付き合いで那須の家に行ったので 私と娘は女同士の付き合いをしようか と思い立った。

夕方デパートに行きロフトでお買いもの。

それから1階の化粧品売り場に行き、資○堂のお姉さんに「買いに来たんじゃなくて悪いんだけど お化粧したことがない娘にお化粧してやってもらえます?」と言って お化粧してもらった。
2年後には就職活動のためにお化粧しなきゃならないだろうから 少しは慣れておいてもらわないと。

ただお化粧するだけでなく機械でお肌の水分量や肌理や張り(あとは忘れたがいろいろ)を調べてくれて それに合った化粧水や乳液等を用意してくれてファウンデーションのタイプを(パウダーとかクリームとか)選び、チークの入れ方とかアイシャドウの入れ方など丁寧に説明しながらお化粧してくれた。

化粧水も乳液もクリームもつけたことがないし お化粧に全く興味を示さないナチュラルな(ダサイとも言うな~)娘である。「目がかゆいけどゴシゴシできない~」とうるさい。「口紅(実はグロス)が気になってしゃべれない~」とも言う。

帰りにポイント10倍セールをやっているマツキヨに寄って 娘用の化粧水やファウンデーションなどなどを買い込んで帰った。

家に帰って来たら「顔洗う」と言ってお風呂をわかし始めた。しかし沸くのが待てずに顔を洗い始めたのでメイククレンジングオイルできれいに洗うように言った。やれやれ。

顔を洗ってサッパリしてからビューラーでまつげをカールする練習とかマスカラを塗る練習をさせた。「なんでまつげが上向いてなきゃいけないの~」などと言う。秘術の限りを尽くしてお化粧しろとは言わないが、こういうのってどうよ
annoyと思う。

母がやってるのを見ているだろうに とも思ったが たぶん興味がないから見てなかったんだろうな(母もたいして熱心にお化粧しないし~)。

母はビューラーの使い方等をレクチャーしながら足裏ピーリングパックのビニール袋に足を突っ込んでおった。1週間後には足裏の角質がボロボロ・・・の予定。

かくして母娘の「女どうしの付き合い:美容バージョン」の夜は更けたのであった。なんとなく「小人閑居して不善を成す」みたいな感じだったな~。ヒマでないとお化粧できないってのもなんだかなあ・・・・

2010年10月 1日 (金)

柔道着の洗濯方法

久しぶりに気合い入れて柔道着の洗濯。

用意するもの:たらい バケツ 洗濯用ブラシとスポンジ ナノックス ハイドロハイター ブルーキー ゴム手袋 

1回標準コースで普通にお洗濯→お風呂場でタライとバケツにお湯を張り、ナノックスを濃い目に入れて押し洗い→浸け置き→袖口裾口背中の裏側など汚れたところにブルーキーをゴシゴシやって洗濯用スポンジでガシガシ→よくすすぐ→洗濯機に入れて水を張りハイドロハイターを入れて5分間回し、2時間浸け置き→すすいだあと念入りコースでお洗濯

かなりきれいになったが 朝からやって、干したのが午後になったので襟が乾かなかった。夜 仕事が終わってからコインランドリーに行って乾燥機16分。

たまにやるんでも相当な手間と時間がかかる。ガンガン漂白剤を使っているしブラシやスポンジでこするから生地も傷むだろう。

と思ってネットで「柔道着 黒ずみ 汚れ 洗濯」などのキーワードで検索してみた。

一番役に立ちそうなのが「eJudo掲示板」のスレッドだった。

いや~目からウロコ
みなさん なかなか大胆な洗濯をしていらっしゃるようで。

「襟の黒ずみがカビの場合はお風呂用カビキラーで退治する」とか「血液汚れは食器用洗剤を使う」とか。

そういえばトイレ掃除に髪を洗うシャンプーが一番いい という話を聞いたこともあるから内側の皮脂汚れに今度シャンプーを使ってみようか と思った。それで落ちれば漂白剤より良さそうだし。

一番気に入ったのは「汚れのひどいところに液体洗剤を染み込ませて100度の熱湯をかけて15分浸け置き」というやつ。「冷めたら手でもみ洗いして洗濯機へ」だそうだ。

今度いろいろやってみよう。調べてみるもんだね。
近所にサンレモンクリーニングの店がないのが残念だ。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »