« 利平栗ゲット | トップページ | 臨時の生徒 »

2010年10月 7日 (木)

新人戦とお弁当

昨日と今日は 息子の部活が新人戦で お弁当を持って行った。

昨日は唐揚げにした。帰って来て「明日は先輩たちの分のお肉を別のお弁当箱に入れて持って行くから」と言うので聞いたら「先輩たちが『肉くれ』って言って食べちゃうんだ」と。

1年生は一人きりだから集中攻撃になる。それで先輩たちに取られちゃうと食べる分がなくなってしまうらしい。

しかしバッグの中は柔道着だけでパンパンになり、かろうじてお弁当箱を詰め込んでいるのだからお弁当箱もうひとつはムリ。

それで生姜焼きをたくさん作り、息子のお弁当箱に8枚ギチギチに詰めてご飯の上にも3枚乗せた(おかず箱の方のお肉を全部取られちゃってもご飯がたべられるように)。

フルーツもほしいと言うので別のタッパーに巨峰をばらして詰めて持たせたのでバッグはギューギューである。

肉を召し上げる先輩たちのうちのひとりは お弁当の時はいつもコンビニ弁当なのだそうだ。昨日はごはんの弁当だったけど今日はサンドイッチだったそうだ。そういうのを聞いてしまうと お肉を分けてあげてもいいかな という気にもなる。

要は『量が足りない』とか『コンビニ弁当で不満足』とかいう問題ではなくて先輩の後輩いじりなのだろうから 取られてもいいくらいの量を持たせれば済むのだろうが なんだかなあ~。

これから先 お弁当の時はどうしたらいいんだろう と考えてしまった。

« 利平栗ゲット | トップページ | 臨時の生徒 »

子供 教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 利平栗ゲット | トップページ | 臨時の生徒 »