« 柔道着の洗濯方法 | トップページ | 利平栗ゲット »

2010年10月 2日 (土)

女どうしの付き合い

夫と息子が男同士の付き合いで那須の家に行ったので 私と娘は女同士の付き合いをしようか と思い立った。

夕方デパートに行きロフトでお買いもの。

それから1階の化粧品売り場に行き、資○堂のお姉さんに「買いに来たんじゃなくて悪いんだけど お化粧したことがない娘にお化粧してやってもらえます?」と言って お化粧してもらった。
2年後には就職活動のためにお化粧しなきゃならないだろうから 少しは慣れておいてもらわないと。

ただお化粧するだけでなく機械でお肌の水分量や肌理や張り(あとは忘れたがいろいろ)を調べてくれて それに合った化粧水や乳液等を用意してくれてファウンデーションのタイプを(パウダーとかクリームとか)選び、チークの入れ方とかアイシャドウの入れ方など丁寧に説明しながらお化粧してくれた。

化粧水も乳液もクリームもつけたことがないし お化粧に全く興味を示さないナチュラルな(ダサイとも言うな~)娘である。「目がかゆいけどゴシゴシできない~」とうるさい。「口紅(実はグロス)が気になってしゃべれない~」とも言う。

帰りにポイント10倍セールをやっているマツキヨに寄って 娘用の化粧水やファウンデーションなどなどを買い込んで帰った。

家に帰って来たら「顔洗う」と言ってお風呂をわかし始めた。しかし沸くのが待てずに顔を洗い始めたのでメイククレンジングオイルできれいに洗うように言った。やれやれ。

顔を洗ってサッパリしてからビューラーでまつげをカールする練習とかマスカラを塗る練習をさせた。「なんでまつげが上向いてなきゃいけないの~」などと言う。秘術の限りを尽くしてお化粧しろとは言わないが、こういうのってどうよ
と思う。

母がやってるのを見ているだろうに とも思ったが たぶん興味がないから見てなかったんだろうな(母もたいして熱心にお化粧しないし~)。

母はビューラーの使い方等をレクチャーしながら足裏ピーリングパックのビニール袋に足を突っ込んでおった。1週間後には足裏の角質がボロボロ・・・の予定。

かくして母娘の「女どうしの付き合い:美容バージョン」の夜は更けたのであった。なんとなく「小人閑居して不善を成す」みたいな感じだったな~。ヒマでないとお化粧できないってのもなんだかなあ・・・・

« 柔道着の洗濯方法 | トップページ | 利平栗ゲット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔道着の洗濯方法 | トップページ | 利平栗ゲット »