« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

医療費

今までうちの子供達も親達も健康で 病院なんて年に一回とか2年に一回とかしか行かずに生活して来た。だから子供の医療費が無料とか言っても ほとんど病院に行かないので申請もしないまま。たいした金額でもないから自腹で払っていた。

それが今年は医療費がかかりまくっている。

4月から夫が毎週一回内科に通院を続けていて時々大きな検査がある。その上 この間はかかとを骨折したから そっちの通院もある。

息子は中学生になってから(というより柔道を始めてから)毎日のようにあっちを傷め、こっちをひねり。傷めたまま毎日部活をやるのでなかなか治らず 整形外科に連れて行きたくても部活から帰って来るのが7時過ぎだから病院も終わっていて。いつも家でシップするだけで、何日も「痛い痛い」と言ったあげく 土曜や日曜に病院に行くわけだ。
今も右手の小指を畳に手を付いた時にひねって傷めていて固定されている。となりの整形外科医院が土日もやっているので助かる。部活をやっている中学生は病院に行くのも一苦労なのだが それでも今までにないくらい年中行っている。

私も歯医者に通っているし、娘は歯列矯正に行っているし。

病院の領収書を全部一か所にまとめてあるが 今年はものすごい量である。家族で天中殺なんだろうか。

初めて医療費控除が受けられるかもしれない。


2010年11月29日 (月)

期末試験の季節

うちのボンクラ息子にも勉強させておる。
娘に教えさせているが まだ人間ができていないのでキーキー言っている。

それで「おかあさんの所に来る子たちはもっとずっとすごいのよ。中3になっても 約分も通分もできなくて(言葉も意味も忘れていて通じない)プラスマイナスもわからなくて二桁の引き算の暗算も15-8=だってできないんだよ。キーキー言ってもできるようにはならない。キーキー言わずにちゃんとできるようにするのが腕ってものだ」と助言してからはだいぶ静かになったけど。ちゃんとできるようにさせられるかな~。

生徒たちの学校によって試験問題のレベルがすごく違う。

中2の生徒が中間で数学92点だったから安心してたら 92点なのに学年順位は47番。ということは100点もたくさんいるわけだろう。問題を持って来させたら基本問題しかなくて問題数も実に少ない。なので期末では100点を取らせないと評定が5にならない ということだ。それはそれで由々しきことである。絶対試験問題の作り方に問題があると思う。

どんな問題にしても とにかく点数を上げないことには・・・・・

全員の期末が終わるまで 私にとっても過酷な日々が続く。

2010年11月28日 (日)

うちのイケメンわんこ

「連れて帰りた~い」と言われてしまった うちのイケメンわんこ。

写真を撮ってみた。もうすぐ1歳7か月になる。
いつもより凛々しい顔で写った。
Dscf4015
床に寝そべっている所
ズームで撮ったらピン甘になったが
いつも こういう顔で見上げてくるのだ
Dscf4016
連れて帰りたくなる顔してる?

2010年11月27日 (土)

連れて帰りた~い!

毎晩 駐車場の門を閉めてから少しの時間だけ犬たちを外に出す。

ほんの10分くらいである。
ミニシュナは大人しく遊んでいるのだがパピヨンがすぐキャンキャン吠えて家に入りたがるので本当に短い間だけ。パピヨンは人間がいないとダメなようだ。

その短い時間に道を通りかかった女の人が
「このパピヨン連れて帰りた~い」と叫んだわけだ。

駐車場で犬が歩くとセンサーライトが点くので 明るくて良く見えたのだな。

あわてて玄関を開けて家に入れてしまった。

今度から外に出している間は一緒に外にいてやらなくては。
本当に持って行かれそう。

2010年11月26日 (金)

職業体験終了

本日で3日間の職業体験が無事(かどうかわからないが)終わった。

なんだか とてもヒマなガソリンスタンドだったようで それでも店長と副店長とバイトがいたのだそうで。

今日は「あまりにもやることがないから お母さん洗車しに来て」と言っていた。

しかし 親が顔を出したら学校に怒られるだろう。

車で店の前を何度か通っただけで洗車には入らなかった。

いや たまたま今日はPCの仕事があって 仕事先がガソリンスタンドの先の方だったから通っただけなのだよ。わざわざ通ったわけではない。

学校ジャージの上からガソリン会社のジャンパーを着て何かやっておった。

終わっての感想が
「ヒマ過ぎて退屈だった」とか。
かと言って すごく忙しいお店の方が良かったかというと「う~~ん」と言う。

所詮はガキ。

2010年11月25日 (木)

「日本鬼子」?アニオタやるじゃないか

今日発売の週刊新潮の記事で知って 早速You Tubeで検索。

なにをかというと「日本鬼子」である。

記事を読んで まず思ったのは「2ちゃんの住人たち なかなかやるじゃないか」であった。

サイトを見た方が面白いから あんまり詳しく書きたくないのだが かいつまんで言えば『中国の反日活動に頭に来たオタクたちが2ちゃんで呼びかけて罵倒語である[日本鬼子リーベングイヅ]を日本語読み[ひのもとおにこ]に変えて萌えキャラを作ってしまった』ということなのだ。

「グーグルで日本鬼子を検索したらTopに萌えキャラの『日本鬼子』が出てくるようにしよう」と企んで 2ちゃんの住人たちが立ち上がったわけだ。

テーマソングもできて[小日本シャオリーベン]ならぬ[こにぽん]ちゃんという妹まで作ってしまったと。

中国の一般人の罵倒に対して この日本の一般人(ネット住民だけど)のひねりの利いた切り返しは ちょっとすごいと思った。

ネット住民たちにも愛国心(?)があって政治に無関心なわけではないということもわかった。

自分たちの得意分野に引きずりこんで料理してしまう頭の柔らかさや発想の自由さがあることもわかった(たとえ面白がっているだけにしてもね)。おばさん達は腹立てるしかできんよ。

ネット住民たちもある意味「健全に」育っていたのだなあ と思った。

投稿画像の絵が みんなうまい。伊達に遊んでいたわけじゃなかったのね~。

これが自由主義社会の力というものなのだ と見せつけたれ~。

日本を救うのは○総理じゃなくオタクかも。 

2010年11月24日 (水)

職業体験

今日から三日間 息子は職業体験。

お世話になるのはガソリンスタンド。
お弁当はお昼に学校に戻って教室で食べる。

どんな仕事をさせてもらったのかというと
「窓ふきと窓ふきと車拭き」だったそうで、「すごくヒマなガソリンスタンドで お客さんはその3台しか来なかった
。一日中立ってるだけで疲れた」のだそうだ。

どんななのかガソリンを入れに行ってみたいような気もするがガマンである。

そんなにやることがなくて職業体験になるのか、という疑問も湧くが 知らない大人の間で過ごすだけでも経験になるのだろう(ということにしておこう)。

ヒマでもダラダラした態度をしないでがんばってほしいものだ。

2010年11月23日 (火)

休日だ・・・

朝からお昼まで生徒一人。

お昼ご飯を作って食べさせて 息子は午後部活。

夫は足が付けずに松葉杖生活だから寝っ転がって脇に「capetaカペタ」を積んで読んでいる。ついでにグーグー寝ているし。

日曜と今日と 夫が那須に行けずに家にいるので 珍しく家族4人揃っての休日が続いている。

明日から3日間 息子がお弁当なのでメニューを検討したり。

「チェーザレ」面白い
ダ ヴィンチやマキャベッリやサボナローラやルネサンス期の混沌としたイタリア情勢の権謀術数。

元々ルネサンス期のイタリアは好きだったし「レオナルド ダ ヴィンチの生涯」のDVDで見て知っていたことやその裏側が描かれていて興味は尽きない。

講談社って やっぱり大会社なのだな。モーニングに『不定期連載』があんなにいっぱいあるなんて知らなかった。ジャンプみたいなのとは対極だね。週刊連載にこだわって作家を疲弊させずに作家の納得のいくものを不定期連載させることで作品の質を保つ ということなのだろう。読者層の問題もあるだろうが大会社の余裕みたいなものを感じる。

ネットで調べながら しばらく楽しめそうである。


2010年11月22日 (月)

なんでこんなに買ったのか

「ピアノの森 19」の発売日である。

それだけ買いに行ったはずなのに・・・・・

昨日 カノッサの屈辱を調べていてリンクしていた「チェーザレ 1~8巻」を読んでみたいな、と思っていたために それも8巻まとめてお買い上げ。

さらにそのそばに「capeta カペタ」が19巻までならんでいるではないか。10巻まではbook offで買えたのだが その先の在庫がなくてずっと買えずにいた。それで11~19まで総浚え。

なんてえこったい。
コミックの山をかかえてレジで1万円以上払っているおばさんてどうよ。なんかストレスが溜まっていたのだろうか?

ということで「capeta」の山は夫の席の脇に。
「チェーザレ」の山は私の席の脇に。
子供らが読みたがっているが うちでは「親が先」が原則。非常に教育的に悪い環境を作ってしまったな~。期末試験も近いのにな~。

「ピアノの森」続きが早く出ないかな。

2010年11月21日 (日)

アルバイト

娘が近所の外食産業のお店にアルバイトの申し込みをしてあった。

今日 夜7時過ぎに電話があり「社長が来ているから今から面接に来られないか」と言われたのだと。

「夜なので親に聞いて 出かける許可もらえたら行きます」と答えた娘。とんでもないことを言ってくれるな~。もしかしたら それだけでダメかもしれない。

で「行ってもいい?」と言うので許可(?)した。

8:30に行くことになり、30分ほどで帰って来た 簡単。

「結果は木曜までに連絡する。不採用の場合は連絡しない」と言われたそうだ。

なんだか不誠実なような気がするのだが。不採用の場合も「残念ですが」みたいな連絡くれるものだと思っていた。

アルバイトなんて そんなものなんだろうか?

2010年11月20日 (土)

試し撮り

新しいカメラを使ってみた。
そばに寄ると自動でマクロになるのが便利。024
今 うちではベゴニアがすごくゴージャスに咲いているので きれいどころをアップにしてみた。
017
これは下取りに出したカメラで 先週夫が撮って来た。
那須の家の庭で紅葉しているモミジである。

新しいカメラで撮って比較できると面白いのだが 今週は夫がかかとを骨折しているので行けない。来月になって行ったら もう紅葉は終わってしまっているだろうな。

2010年11月19日 (金)

コンパクトデジカメ

うちには良いコンパクトデジカメがなかった。
コンパクトデジカメ自体は古いのから何台もあるんだけど。

チラシで「どんなデジカメでも引き取りがあれば5000円引き」に釣られて 今日新しいのを買った。

1410万画素10倍ズームその他いろいろ機能付きで2万円弱。

液晶が大きくてきれいだし AFのピント合わせが早い。シャッターも早くてタイムラグがない。自動でマクロや夜景に切り替わるし 新しいのはやっぱりいい。

「どんなデジカメでも」に偽りはなく、間に合わせに倉庫市で4000円で買って3年くらい使ったのを持って行ったら本当に5000円引きになった。なんとなく詐欺を働いたような気分。

引き取ったデジカメや携帯を「都市鉱山」と言うのだそうだ。分解してレアメタルなどを取って再利用するらしい。あの安いデジカメも役に立つわけだ。

デジカメプリント10枚分無料のサービス券(期限なし)もくれた。お店でデジカメプリントしたことがなかったが こういうのをもらうと試しにやってみようかという気になるものだ。

紅葉の時期に那須に行けないのは残念だけど 家の花でも撮ってうまい使い方を練習しておこう。

2010年11月18日 (木)

かかと骨折

夫が昨日の雨で足を滑らせて高い所から落ち、左足かかとの骨を骨折した。

その骨折した足で車で帰って来て(ちなみにギヤ付き)「車の運転は大丈夫だったけど歩けない」と電話して来たので会社まで迎えに行き、近所(ほとんど隣)の整形外科に運び込んだ。

レントゲンの結果「このスジの入っているところがヒビ入っている」とのことでギブス等で固定はしないが松葉杖生活になった。

「松葉杖で歩いていると手の平にマメができる」
「片足だけに重心をかけているから背中が痛い」
「松葉杖をついているとカバンが持てない」

などなど ものすごい骨折ではなかったが、生活はやはり不便である。私自身は骨折したことがないのでよくわからないが。

痛みは薬のおかげか良くなったそうだが足首周りや土踏まずのあたりが腫れて痣がいっぱい出ている。

明日はゴミの日だが「荷物が持てない」から松葉杖がなくなるまでゴミ出しは私がやることになった。

早く治るといいな。いや ゴミ出しをさせようっていうんじゃなく ね。

2010年11月17日 (水)

ハーバード白熱教室(上・下)

今日はおからを煮た。
具の方が多いくらいのを鍋一杯。
まだ「新ニッポン人の食卓」に捉われているようだ。わたしゃ一体誰と張り合っているのか?

閑話休題
朝から本屋。
9時に開店するのを待って。
今日は18日だと思っていて「ごくせん」コミック文庫7.8巻を買いに行ったのだが今日は17日だったのだな。一日間違えた。

それで目についたのが「ハーバード白熱教室(上・下)」
先日NHKで東大特別講義をやっていたのだが深く考えるためには やはり字で読む方がいい。うちにも哲学をやっている大学生がひとりいるし 娘にも読ませたいと思って買って来た。世界最高峰の知性を持った学生たちが どう考えるかを読むだけでも同年代の娘に刺激になるだろう。もちろん娘に渡すのは私が読んでから だけど。

2010年11月16日 (火)

自家製とんかつ

今日は7:30で仕事が終わるから自家製とんかつ定食にした。

家で揚げたてをたっぷりのキャベツの千切りといっしょに。あとは白米ごはんと豆腐と小松菜の味噌汁。デザートは柿。

「家で揚げるとんかつは衣が薄いけどお店で買ったのは厚いのはなぜ?」と言われた。なぜでしょう?少しでも大きく厚く見せるため?

よくわからないが 家で作るとんかつはやはり揚げたてサクサクでおいしいね。

2010年11月15日 (月)

肉じゃが

なんとなく肉じゃがを作った。
「新ニッポン人の食卓」の影響だな。
もちろん鍋いっぱいに。
セブンのおかずみたいに小鉢に一杯分の肉じゃがなんて作れない。
売れ行き良好 久しぶりだったからみんなお代わりしてよく食べた。

あとは鰤カマの塩焼きと白米ごはんと茄子のお味噌汁とサラダ少し。

本日は和食である。

小鉢に一杯分のヒジキの煮物とかキンピラゴボウとか そんなちょっとだけ作る方が大変だってことを知らない夫、っているもんなんだね~。今頃はTV見てバレているだろうけどね。

2010年11月14日 (日)

新ニッポン人の食卓

本日のうちの夕飯は=おからコンニャクの唐揚げ、和風ダイコンサラダ、豆腐とワカメのみそ汁、七分搗きごはん であった。

おからコンニャクの唐揚げは以前に製品でもらったものとは食感が少し違い、やはり素人が作ったのではダメか?と思うようなものだったがカロリー的にはOKだし みんな文句も言わずに食べていたから良しとしよう。

夫の好きな「モヤさま」を見た後「新ニッポン人の食卓」というSPが始まり、続けて見てしまった。

1週間分の食事を記録するって かなり大変なことだと思う。特に働いている母は朝忙しいからね。

うちは夕飯は毎日ちゃんと作っているし、お菓子類は買わないから大丈夫だけど朝と昼はグチャグチャだからとてもじゃないができない。

夫の朝食は6枚切り食パン2枚とコーヒーだけ と決まっているし、息子はその日に食べたい物でないと食べないから朝から残りご飯でチャーハンとかカレーとかすごいのを食べている。娘は日によって授業がいろいろだから昼まで起きて来ないこともあるし、お昼は自分で卵おじやを作ってたり学食で食べたり・・・・・家に誰もいなけりゃ私は適当なブランチで済ませちゃうし・・・・・まともに朝昼作っているのは家族で那須の家に行った時だけである。子供が大きくなって生活時間がいろいろになって来たから仕方ないと思うのだが。

番組では 結婚して8年間 毎日コンビニのおかずを並べるだけ、の食事とか すごい人がいるものだと思った。「お代わりほしい」とか「肉じゃがもっと食べたい」って言われたらどうするんだろう?子供が食べ盛りになったら そういうこともあるぞ~なんて意地悪く思ってしまった。まあ以前にも知り合いから「ごはんを炊いたことがない(毎日サトウのごはん)人がいる」とか「朝お弁当を作ると疲れちゃって何もできないから夕飯は毎日外食している」人の話を聞いたこともある。ごはんは炊いてるみたいだし、それらよりはマシなのかもしれないが。

少なくともうちの子供たちは「おふくろの味とは」の質問に「レトルトカレー」とか「カップヌードル」とは答えないだろう と思う(だいたいが そんなもの年に1回くらいしか食べさせてないし~)。

これって よその家の食事を見て「うちよりひどい家がある」と「安心」するための番組だったのか?

2010年11月13日 (土)

自家製おからコンニャク

自家製おからコンニャク

練り上がったもの。
もう半分は茹でてしまっているので残り半分。

自家製おからコンニャク

大鍋で茹でている様子。

アクがたくさん出る。

昨日届いた「おからコンニャクお試しセット」で娘と早速作ってみた。

材料が余分について来るので説明書の分量通り、コンニャク粉を5g減らし、凝固剤は半分に減らした。

お湯を入れたコンニャク粉は泡立て器で混ぜた。なかなか滑らかにはならず少しプツプツしていたが そのまま進行。

おからに水を入れて戻した物に溶かしたコンニャク粉を混ぜてビニール手袋をしてワシワシと混ぜる。手触りはハンバーグを捏ねるのとおなじくらい。けっこうすぐ混ざった。その間に大鍋にお湯を沸かしておく。

そこに凝固剤を水で溶かして卵を1個溶き入れたものを混ぜて行く。ワシワシワシワシとひたすら混ぜる。

ナゲット型に作って、などと思っていたのだが甘かった。凝固剤を混ぜるとたちまち固まってしまう。しかたなくちぎっては投げちぎっては投げすることになった。

アク抜きをするために茹でる。茹で時間は30分。それはそれはたくさん白い泡(アク)が出る。30分はけっこう長い。アクが出なくなってからもしばらく茹でた。

茹であがったらザルにあげて水切り。

出来立てを唐揚げにしてみた。
前にもらって作ったのより鶏肉っぽくないような気がする。

ネットで見ると「凍らせて水分を抜いた方が鶏肉っぽい」という意見があったから水分量の問題かもしれない。

息子が「もっと食べたい」と言ったが今日は少しだけで終り。あとは明日唐揚げにすることにしよう。

2010年11月12日 (金)

おからコンニャクお試しセット

おからコンニャクお試しセット

おからコンニャクお試しセット(777円也)がメール便で届いた。
作り方の説明書も入っていたのでネットから印刷しなくてもOK。
おから100gはドライだから5倍にして使う。ということは生のおからで作る時は500g必要ということか。

さてさて いつ作ろうか 楽しみである。

2010年11月11日 (木)

間の悪い息子

昨日は息子の中学の文化祭だった。

息子は文化祭実行委員になっている。

月曜に県体に行って風邪をもらって来たらしくて火曜の朝から喉を腫らして「痛い 水も飲めない」と大騒ぎしていたが実行委員なので休むわけにもいかない。

準備があるので帰りも7時過ぎになるから病院も閉まってしまい医者にかかれないから家にある風邪薬でしのいだ。

昨日は朝7時登校で会場への荷物の搬入から始まり、片付けまでやって遅くに帰って来た。

間の悪いヤツなのである。
運動会の時は足の爪の脇が膿んでしまって靴も履けない状態だったし、今回は合唱コンクールがあるのに文化祭前日に喉を腫らしているし(声は出たけどさ)。

とりあえず文化祭が終わるまでは実行委員だからがんばったが 今日は心が折れてしまったらしく微熱と鼻水とのどの痛みでダウンした。

今日は朝から病院に連れて行き、薬をもらって来た。学校には遅れても行かせようと思ったが微熱で「頭がクラクラする」と。朝ごはんも「のどを通る物にして」と言うので柔らかく作ったスクランブルエッグとヨーグルトとプリン。結局今日は欠席してしまった。

なんで行事のたびに具合が悪くなるかなあ。

とばっちりで私も夕方からのどが痛くなって来たので薬を飲みまくっている。寝込んではいられないものね。

2010年11月10日 (水)

ディズニーシーのお土産

ディズニーシーのお土産

社員旅行で昨日ディスにーシーに行った人からいただいた。
ディズニーシーのお土産

アップ。食べるのが惜しい。けど子供たちはきっと平気で食べちゃうから全員揃っているうちに写真を撮っておいた。

箱がツリー型でクリスマスツリーの絵が描いてある。袋もクリスマスバージョンであった。

世間はいつの間にやらクリスマスモードに入っているようだ。

2010年11月 9日 (火)

おからコンニャク再び

以前に「おからコンニャク」をいただいたことがあり、唐揚げにしたら本当に鶏のから揚げになってビックリしたのだった。

何週間か前の「家族に乾杯」でコンニャク農家がコンニャクの唐揚げを作っていて「普通のコンニャクを唐揚げにすると鳥の唐揚げになる」と言っていたようなのをチラ見して「え~普通のコンニャクなのに本当かしら」と思っていた(違ってたらごめんなさい)。

で今日鳥の唐揚げを作るのにコンニャクも買って来てちぎって唐揚げにしてみた。

結果は・・・・
コンニャクだった・・・・・
当たり前だな。タンパク質を含んでいないものを揚げたって鳥の唐揚げにはならんだろう。

なので甘辛のタレを作って揚げたコンニャクを煮て一品にした。

そこで「おからコンニャク」で検索。

製品だけでなく自作できるキットも売っているのだ。そうであったら買うのは自作用「お試しセット」(送料無料777円)しかないわ。

お試しセットなのだが ほぼ2キロのおからコンニャクができるらしい。丸めたりして冷凍保存しておけるのでチキンナゲット型や肉団子型など いろいろ作っておけばいいね。2キロできて777円は安いと思う。

明日メール便で発送だから明後日には届く。楽しみである。

夫曰く
「作ったけどまずいのができちゃったら2キロもどうするんだ」
いや それはその時のことさ。


2010年11月 8日 (月)

格闘技なんだなあ・・・

息子は今日 県体の応援と試合前の練習要員として行って来た。

朝早くに 駅まで送って行ったら他校の生徒達もたくさんいてジャージ姿の中学生でモリモリになっていた。

帰って来たのは6時過ぎ。

「怪我人続出」で「投げられて泡吹いてたり、全身痙攣した人がAEDみたいのをやって担架で運ばれて行った」り すごかったらしい。その子たちは大丈夫だったのだろうか?

そういうことで中断が多くて時間がかかり、終わりが予定より遅くなったのだそうだ。

改めて 柔道は格闘技なんだ、と思った。
強くなればなるほど危険も増すのだなあ。


2010年11月 7日 (日)

子供にカード

息子が部活の後で 午後「友達の買い物の付き合い」に出かけた。

行った先は高田馬場。

電車賃等を持たせて行かせたのだが お友達ふたりはカード(suicaかpasmoかは不明)を持っていて「ピってやるだけで入っちゃうからぼくだけ時間がかかった」と。

さらにお買い物は「自分のクレジットカードで払ってた。『クレジットカードもらってないの?』って言われた」と。中1の子供にクレジットカード
sign01それも自分名義のsign03衝撃的であった。おそろしくってそんなもの持たせられないよ。うちでは大学生の娘にだってクレジットカードは作ってやっていない。

さらにさらに コンビニでお菓子を買う時はデビットカードで なんだってさ。

スイカやパスモやデビットカードは まだわかる。
現金をあまりたくさん持たせると危ないこともあるから現金の代わりにそういう時だけ親のカードを持たせるというのはアリだと思う。

しかし子供名義のクレジットカード(家族カードだろうが)というのは・・・・・・欲しい物がカードを出すだけで手に入る、なんて状況になったら うちの息子はたちまちカード破産することだろう。うう オソロシイ。

それはまあ 家それぞれだからいいとしても「携帯持ってないと友達と連絡できないから携帯を買って」とうるさくなった。ふたりとも携帯を持っているんだと。

おりしも明日は県体の応援で遠くの会場まで行くことになっているから すごくうるさかった~。父に一喝されて黙ったけど。

携帯 スイカ(パスモ) デビットカード クレジットカード・・・・・・いったいこういう物って子供に持たせるようなものだろうか?

2010年11月 6日 (土)

442部隊

今日の「99年の愛」は二世部隊の話。

忠誠登録って踏み絵を踏ませて 心が引き裂かれないわけがない。

442部隊については昔むかし望月三起也の漫画で知っていた。漫画ではあったが アメリカ人として生きて行きたい日本人の辛さしっかり描かれていたのをおぼえている。

「日本は戦争をしないからノーベル平和賞をもらってもいいくらいだよね」という息子。まだまだ浅いぞ。尖閣諸島問題や北方領土問題の話になり、ケンカの話になり、相手が絶対に折れない場合はどうなるか、という話になった。

「でも そのためにアメリカが安保条約で守ってくれることになってるでしょ」いやいや、所詮はよその国。日本がテポドンで壊滅しても中国に占領されてもアメリカにとって大切なのはアメリカだからね~。

まだまだドラマは続いている。
やっといい人が出て来た。

明日も朝から部活なのに終りが11:30。
明後日も県体(の応援)で遠くまで行くから朝がめちゃ早い、のに終りが11:30。
ヒョエ~である。起きられるのか?

2010年11月 5日 (金)

99年の愛

今日が3回目 途中から見た。

こういうのは夏休み中、終戦記念日のあたりで もっと早い時間にやってくれればいいのに。

息子がとなりで宿題や家庭学習ノートをやりながら「どうして~なの?」「なんで~なの?」と聞くのに答えつつ見た。

敵国人であってもドイツ人やイタリア人は隔離収容されていない。日系人だけ収容されたのだ という話をしたら「アメリカ人てひどいね 完全に差別だ」という。

肌の色が違う(見た目が違う)ということが差別の最初の理由になってしまうのはいかんともし難いのだなあ。

知ってはいたことだったが、収容所での日本人の健気なこと勤勉なこと。日本人て善良で穏やかだったから 穏便に収容できたわけで これが血の気の多い肉食人種だったらこうはいかなかっただろう。逆に言えば日本人こそ収容しなくてもOKな人種だったと思う。

真珠湾の恨みはわかるが 手の平を返して 今まで親しくして来た日本人に誰もが憎しみをぶつけるってところがアメリカ人だな。日本人だって関東大震災後に朝鮮人に対する迫害があったけど それをやめさせた人たちだっていたわけで。アメリカ人にはそういう人はいなかったのだろうか というような話をした。

こんな風に子供とじっくり話をしながら見るには時間が遅すぎるし、それが毎日っていうのも困りものなのだ。


2010年11月 4日 (木)

息子の寝ボケ

今朝
ボケボケと朝ごはんのサンドイッチを食べて「ハムサンドがいいって言ったのに なんでチーズサンドなんだ~」とのたもう。それはね、ハムが足りなくなって残りをチーズにしたわけで よりにもよってそのチーズを取ったのはあなたなのよ、ってだけのことなんだが。

夕飯後
9時に仕事が終わってみたら寝てしまっていた。
体育着のまま寝ていたので 起こして着替えさせようとして、いくら「着替えて」と言っても「もうちゃんと着替えてる」と言い張る。これは朝と間違えておるな。寝間着に着替えさせるのにスッタモンダした。なんとか着替えさせたら またストンと寝てしまった。よほど今日は疲れているのだろうから家庭学習も宿題もな~んにもやってないが寝かせておくことにした。困るのは私ではないのだ。

こんなことは初めてなのだが 寝ぼける人だったのね~。なんかヘンに面白かった。

2010年11月 3日 (水)

純粉石鹸サンダーレッド

無添加せっけんのCMを見て「そうだ うちにもいいのがあったじゃないか」と引っ張り出した。それが「純粉石鹸サンダーレッド5キロ袋」、何年前のだ?

初めてサンダーレッドを知ったのは 確か通販生活のカタログで、であった。その後、直接本宮さんに注文するようになり、最後に買ったのは5キロ袋×3(その頃は小売してなくて販売単位が大きかったから)。その最後の1袋が開けないまま残っていた。

ちょっと一手間かかるから 生活が忙しくなって洗濯を簡単にしたくなり、使わなくなってしまったのだ。

「サンダーレッド」の名前の由来は「雷は“落ちる”。レッドは「赤(垢)」つまり「垢が落ちる」というシャレでつけたということだったが HPでは「赤は石鹸の色が赤いから」ということになっている。どっちでもいいけど本当に襟や袖口の汚れはよく落ちた。だから「垢が落ちる」の方が端的に言い表しているわけで、その方がアピールするんじゃないかと思うのだが 今どき「垢」はイメージが悪すぎなのだろうね。

でもその「垢が落ちる」を思い出して「そうだ
sign01柔道着の汚れに効くんじゃないか」と思い 引っ張り出したわけだ。

使う分量は 水1リットルに1g、だから30リットルだったら30gなわけで 量ってみたらアタックのプラスチック計量スプーンに山盛り1杯くらいだった。それだけおぼえておけば あとは目分量で
happy01

別のカップやボウルに入れてお湯でよ~く溶かしてから入れる。この辺が一手間なわけである。うちではこの間まで洗濯機の所にサンダーレッドを溶かすためのプラスチックカップ(元は子供のオモチャだった)が置いてあった(使わないのにね)。

つまり純粉石鹸でも使う時は液体洗剤と同じ、になるわけである。

2.3回洗濯すると襟汚れがきれいに消えてなくなったおぼえがあるので これから柔道着とワイシャツと靴下は必ずサンダーレッドで洗うようにしてみよう、と固く固く決意したのであった。

使うのに一手間かかったって、風呂場でゴム手袋で手洗いして浸け置きして の手間よりはずっと楽である。

柔道着がきれいになるようだったら 同じく柔道着の洗濯に悩んでいるお友達にも教えてあげようと思う。

2010年11月 2日 (火)

一時退院

足の手術で入院していたババちゃんが一時退院することになり、退院の世話をしに行った。

荷物は全部まとめてあったが、同室の患者さんたちや看護師さんやリハビリ室の人たちへのお礼の品を買いに行ったり それを配って回ったり。

お昼を食べたり、買い物の途中で娘に良さそうなブルゾンを見つけたので買ったり、タオルの安売りをしていたのでバスタオルを4枚買ったり、ババちゃんが家に買って帰りたい大学芋の店に寄ったり、で なんだかんだ2時間かかった。

実家まで送り届けて終了。

今日はこれがあるから夕飯が作れなかったら大変なので ゆうべは夜中にカレーを作ったり 大変だったのだ。

帰ってみたらメールが届いていて 臨時でレッスンした生徒さんが合唱コンクールの伴奏を「間違えずに最後までちゃんと弾けた」とのこと。めでたしめでたしである。なんとなく気分がウキウキしてしまった。


2010年11月 1日 (月)

日曜みたいな月曜日

息子は開校記念日で休み。

娘は大学祭の次の日で2コマあったのに二つとも休講。

私は朝からお友達とモーニング。もちろん朝6:30に起きて洗濯してから行ったけど。

帰って来てお昼ごはんを作って食べさせて。

息子も部活はないし、なんだか3人でまったりと午後を過ごした。

夫はいつも通り朝から仕事だし、私も夜仕事をしたけど なんとなく日曜みたいな月曜日であった。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »