« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

地吹雪

朝起きたら真っ白な雪景色。枝が全部雪で真っ白になっていてクリスマスカードのようだった。時おり薄日が差すくらいで雪はたいして降らなかったが午後から強い北風で地吹雪がひどかった。今も轟々と風が吹いている。

4時過ぎ 夕飯のしたくをしておいてから那須山温泉に行きお風呂。すいていてゆっくりできた。洗い場に置いてあったお茶のピーリングジェルというのがなかなか良さそうだったのでひとつ買って帰った(2100円也)。回数券を買っておいたので年が明けたらもう一度行く予定。

夕飯後おせちの用意。
今年は栗きんとんと黒豆と煮しめを作ったので 買ったのは田作りと昆布巻きだけ。あとは伊達巻とかまぼくらいしかないが子供たちは甘露煮なんかは食べないからこれで十分。

外の方が冷蔵庫の中より寒いからジュース ビール ワインなどは外に出してある。毎年のことだが ジュースを取りに外に出るって ちょっと変な感じだね。

e-mobileの感度が悪かったのがアルミ缶の上に乗せたらバシバシにつながるようになったのがうれしい。

今夜は息子がジルベスターコンサートを楽しみにしている。年越し蕎麦を食べながら聞くかな。

静かな大晦日である。


2010年12月30日 (木)

雪景色

今日は朝から義姉の家の餅つきの手伝いをして昼過ぎに出発。運転はもちろん娘である。

MEGAドンキでお正月分まで買い物をしてから那須の家に来た。娘はMEGAドンキでパーキングをしたら力尽きてしまい買い物の間 車中で寝ていた
┐( ̄ヘ ̄)┌ 。夫と息子は一足先に着いて薪ストーブを焚いて待っていた。

途中 宇都宮近辺から細かい雨、矢板からは雪になった。

周囲は真っ白の雪景色でも道路は濡れている状態だったのが 別荘地の中は道路も真っ白。

この冬 初めて見る雪景色である。

娘は初めて雪の中を走ったわけだ。MEGAドンキでくたばってしまったので そこから先は私が運転したのだが 明日は雪道を走らせてみよう。

もう 車は真っ白に雪をかぶってしまっている。明日からは防寒長靴の日々である。

2010年12月28日 (火)

宥恕

海老蔵の記者会見が始まったので本を読みながら聞いていたら引っかかる言葉が・・・・

「宥恕(ゆうじょ)」である。意味は[寛大な心で罪を許すこと]=要は許してやるってこと

実生活でこの言葉が使われるのを聞いたのは もしかしたら生まれて初めてかもしれない。こんな言葉を実際に使うことなんかあるもんか と思っていたのだがなあ。法曹界では生きている言葉だったとは知らなかった。

これってずいぶん上から目線の言葉じゃないか?

実際にケガをしている(らしい)元暴走族リーダーに対しては「一切やっていない」と言い続けているわけだから海老蔵は謝っていないだろうし これからも謝らないだろう。自分のことは棚に上げておいて伊藤リオン容疑者のことは「宥恕してやる」ってのも どうよねえ と思ったわけだ。

「寛大な心で罪を許す」というより ずっと許さずにいて、すごくまずいことが後から
法廷でばれたら困るから示談したってだけなのはみえみえじゃないか。

だから「宥恕」と聞こえた途端に その違和感に引っかかってしまったのだ。

そうか~伊藤リオン容疑者は「宥恕」してもらったわけね~。良かったね~ってな感じ。

2010年12月27日 (月)

栗きんとん

栗きんとん

娘と一緒に栗きんとんを作った。クチナシの実の袋に作り方が書いてあって親切なことだと思った。娘が裏ごし器を使うのは初めてのこと。かなり疲れたらしいが色よくなめらかに出来上がった。ジップロックコンテナに移して このまま那須の家に持って行く予定。
栗きんとん

サツマイモの量が多すぎたので半分くらいしか使わなかった。残ったサツマイモはつぶしてスイートポテトにした。

今は黒豆をうるかしているところ。黒豆の袋にも作り方が書いてあった。この頃は親切にできているね。黒豆はうまく煮られるかな?

2010年12月26日 (日)

築地場外市場

築地場外市場

夫とふたりで築地場外市場に行って来た。

着いたのは11時過ぎ。
人はいっぱいいたけど第一駐車場も たいして待たずに入れた。

ブラブラと というかギューギューに人が歩いているので はぐれないように歩き回った。

お昼は「すしざんまい 本店」でマグロ中心に11皿。

写ってないけど画面右奥にテリー伊藤の兄がやっている玉子焼き屋「丸武」がある。お昼食べてから行ったので売り切れになっていた。テリーさんの似顔絵が出ている。

買ったものは
3サク分以上ある大きな中トロ3000円也。大きな真ダコ半身1400円也。シラス干し200g500円也。小松菜3把126円也。豚ロースブロック1kg990円也。紅白カマボコと伊達巻きセット1000円也。玉子焼き600円也。

スーパーと比べて 特別感動するほど安いわけではないが(分量が多いからやっぱり安い?)アメ横やスーパーと比べたら品物は良いと思う。

中トロお刺身半分と真ダコ半分、玉子焼き、シラス干しは今日のおかずにした。豚ロースは厚く切って 明日トンカツにする予定。中トロと真ダコの残りとカマボコ伊達巻き 小松菜はお正月用。

場外はコロッケ メンチカツ シュウマイ 串焼き類各種 練り物各種 1個ずつ買って立ち食いできるものがたくさんあるから 何も買わなくても お祭りの屋台気分で そういうのを楽しむこともできる。海鮮丼 鮨屋 鰻屋は数え切れないほどあるし 天丼屋や親子丼やなど 他の丼ものの店やラーメン カレーの店もある。

将来の跡取りらしき中学生の男の子がつまらなそうな顔をしながら「安いですよ~」「ありがとうございました」なんてやっているのを見ると「冬休みなのにお手伝いしてて偉いね。寒いけどがんばってお手伝いするのよ」と言ってやりたくなってしまうね。

今度 子供たちを連れて行ってやると喜ぶかもしれない。娘に運転させて行ってみようかな?

2010年12月25日 (土)

プラグ

高校生の生徒の家のネットが「突然つながらなくなった。何をしてもダメ」で もう1か月くらい使えないでいる ということで。

今日は少し時間が取れるから「出かけるついでに ちょっと寄って見てみよう」ということになった。

行ってみたらモデムのランプが全部消えている。うしろの電源プラグを抜いて刺し直してみてもダメ。モデムが壊れたか?

そこで重くて大きいTV台をふたりでズルズルと引っ張り出して うしろに隠れていたコンセントを見てみたら。

抜けて床に寝ているプラグが一個あるではないか。

からまりまくっているのをほぐしてたどってみたら ピンポ~ンflair 果たしてモデムのコードであった。

プラグをコンセントに刺してランプが点灯。当然ネットにつながった。

「手間かけんじゃないよ。今度から人を呼ぶならプラグを確認してからね。」ということで 約5分で問題は解決。

なんなんだろうね 全く
┐(´д`)┌

2010年12月24日 (金)

クリスマスだから

クリスマスだから

骨付き鶏モモをオーブンで焼いた。
丸ごとの鶏焼きは もう何年もやっていない。

あとはオニオンやレタス、ブロッコリーのサラダとコーンたっぷりのポタージュスープ。

ケーキはカロリーオーバーになるから却下。

グラスも子供たちが小さい時に「お金持ちのコップ」と呼んでいたワイングラスやゴブレットを用意した。

大人用にはハーフボトルのスパークリングワイン(ロゼ)を買って来た。息子はシャンメリーが好きだったのだが 今年は「ポケモンが描いてあって子供っぽいからいらない」のだそうだ。娘にはちびっとワインをついでやろうかな。

今日は仕事も早くに終わるから少しゆっくり楽しもう。

2010年12月23日 (木)

大掃除モード

この間から なんとなく家全体が大掃除モードになっている。年末だから?

昨日も環境センターに段ボールのゴミ捨てに行って来たし。

今日は娘が大掃除モード。
昼過ぎまで寝てたくせに 起きたらバシバシとお風呂掃除を始めた。良いことである が ふだんやらないからやり方がヘタ。いろいろ口と手を出して教えることになった。

お風呂やトイレの掃除のしかたって そういえば教えたことがないような気がする。仕込んでおかないといけないな。

2010年12月22日 (水)

アイコンBOX

マックで出しているチキンを全部集めたみたいなBOXである。

ナゲットとジューシーチキンと骨なしチキンがふたつずつとメガポテトが入っていて つまり2人分で1200円。

昨日「アイコンBOX食べたい」と息子がうるさかった。おやつに食べさせるには量が多すぎるから 今日の夕飯はアイコンBOXをふたつ買って来て済ませることになった。

夕方 私は仕事なので息子にお金を持たせて買いに行かせた。なんだか すごく立派な箱を持って帰って来た。

仕事が終わって食堂をのぞいてみたら 夫と息子がお皿にも出さずに箱のまま手掴みでチキンだけ食べている
sign03ごはんもお味噌汁も作ってあったのにsign03 

チキンだけワシワシと手掴みで食べておなかいっぱいになってしまったと。それって食事と言えるか?原始人じゃあるまいし。

要は あれはチキンではあるけれども おかずにはならない、ということなのだろう。どれも手で食べるようにできているから スナックとかおやつの位置づけにしかならないかも。でもそれにしてはカロリー高すぎだ。

それにしても うちの男どもは何を考えているのやら。お皿ぐらい出せよ。

2010年12月21日 (火)

くせっ毛だから

親の癖っ毛が遺伝して うちの子供たちは二人ともくせっ毛である。

天然パーマというほどチリチリではなくてウェーブ程度だが生え際は特にカールがきつい。小さい時はふたりとも もっとクリリンクリリンしていてかわいかった。娘なんかポニーテールにすると縦ロールになったし。

息子は夫の髪型に憧れていて「おとうさんと同じくしたい」と この頃は前髪を上げてオールバックにしている。カールしているから上に梳かすだけでオールバックになってしまうからドライヤーもスタイリング剤も使っていない。

しかし それが生活委員のチェックに引っかかってしまった。

昨日 床屋に行ってオールバックにできるようにカットしてもらったのだが 今日 生活委員に「ストレートに直して来い」としつこく詰め寄られたのだと言う。

前髪をおろしていた時だって全体がクルンクルンしていたのに 案外そんなのは意識されていなかったのだな。生まれつきだから直せないよ~。短く切ったってストレートの子みたいにツンツン立ったりしないし。

「くせっ毛だって言ったのに聞いてくれなかったから明日行ったらまた言われる」とグズグズ言っていたので担任に電話して「生まれた時から天然ウェーブで、オールバックにしているけどドライヤーもムースも使ってなくて上向きになでつけているだけです。長さも昨日床屋に行ったので大丈夫なはずです。生活委員にそう言ってください」とお願いした。

そういえば娘の場合も「小さい時からカールしてるとわかるような写真を持って来て天然カールの証明書をもらうように」と言われたな。

娘は今は髪が長いから ゆるいパーマをかけた程度のうねりで「パーマかける必要なくていいね」なのだが 息子みたいに短いとカールが目立つようだ。困ったね。

2010年12月20日 (月)

ゴミ捨て

燃えるゴミと資源ごみを受け入れてくれる環境センターが うちから1キロくらいのところにある。粗大ゴミは別の環境センターだが。

なので便利に利用させてもらっている。
家庭ゴミの自己搬入は1日に100㎏まで無料。

昨日のガーデニングのゴミと家の中から出て来た
ゴミ(ポリ袋で7つ)と雑誌などを積んで出かけた。下ろすのは自分でやるので 大学の授業が午後からで時間がある娘を人足代わりに連れて行った。

娘は環境センターの中を見るのは初めて。
「へ~こうなってるんだ~」とキョロキョロ。

最初に台貫所で住所氏名を書いてスロープを上がり 大きな自動ドアが開いたら8番にバックでつけてゴミを捨てる。終わったら別の出口から下りて 一回りして資源ゴミの所で雑誌と書いてあるカゴに雑誌を入れて また台貫所で量って終わり である。

衣類の山をブルドーザーで掬っている様子とか雑誌や新聞が四角く固められている様子を見た娘は「あそこで働いている人たちは何か資格とかいるの?」と聞いて来た。よくは知らないが たぶん市役所の職員だと思う と話したら「ああいうお仕事をしてくれる人がいるって ありがたいことよねえ」と。もうじき成人するというのに何を幼稚なことを言っておるかと思ったが 実際にゴミ処理の現場を見たことがなかった というのが問題だったわけだな。連れて行って良かった。次回捨てに行く時は 免許もあることだし 母の代わりに捨てに行ってくれるかな?

帰りに裏のホームセンターに寄ってパンジーとビオラを買い足し ノースポールも4つ買って来た。庭のすっきりしたところに大きなプランターを置き、塀のラティスにもノースポールを付け足した。

すごく働き者の主婦になった気がする。年末だから?

2010年12月19日 (日)

すっごく働いたぞ~

息子は大会でお弁当持ち。
朝早くからお弁当とジャグを用意して 朝ごはんもしっかり食べさせて出した。息子は剝離骨折だから試合には出ないで応援だけ。

しばらく夫婦でゆっくりコーヒー飲んでから 日が出て来た所でガーデニング開始。

買っておいたビオラとパンジーを植えかえて塀に掛けたのだが 途中で土が足りなくなったり掛け方を変えるためのフックが必要だったりで 裏のホームセンターまで買いに行ったりもした。

キンモクセイとランタナの剪定を大量にしてゴミ袋に詰めたり 使わない植木鉢をみんなまとめてゴミ袋に入れたり 大鉢のアジサイとランタナを移動させて狭い庭だけどレイアウトを変えたり。地植えにしちゃおうかとも思ったのだが そうすると ガンガン育ってすごいことになるので それは却下された。

それから洗面所の床のパンチカーペットの張り替え。パンチカーペットは2週間前に
買ってあった。敷き込みは夫がやったが切れ端などのゴミ集めと古いパンチカーペットをゴミ袋に詰めるのは私がやった。今度は明るいグレーにしたので洗面所が明るくなった。

大掃除モードに入ってしまったので、次は息子の箪笥の整理。去年まで(今年の春まで)着ていたのは全部つんつるてんになってしまったから ほぼ総ざらえで全部ゴミ袋へ。

腰が痛くなってしまった。。。。。

さらにみんなで靴屋に行き、娘の靴と夫の靴と息子の通学靴を買う。新年に向けて何かと新調するものが多くなる。

夕飯は会社が
取引先からお歳暮でもらった自然薯を刻んだりすり下ろしたり。あとは昨日の残りのビーフシチューと鳥の甘酢あんかけという適当なメニューになった。だって自然薯って手間がかかるんだもん。でも 真っ白ですごく粘りが強くておいしい自然薯だった。まだ半分残っている。

植木関係のゴミ袋が3つ。服の袋やカーペットの袋、息子の部屋から出たゴミや雑誌などなど捨てるもの多数。

燃えるゴミの日は火曜日で、雑誌や段ボールなど紙ゴミは金曜日。朝ゴミ集積所(ほんの20m先だけど)まで何往復もするのはいやだし 何日も置いておきたくないから 明日全部車に積んで環境センターに自己搬入して捨てて来ようと思っている。

明日また もうひと頑張りである。
今日はすご~くよく働いた。


2010年12月18日 (土)

バラ売りの方が安い

ということに気付いた。

何がか というとジャガイモやタマネギの値段なのである。

ジャガイモ4個入りの袋が198円。しかしバラ売りジャガイモは1個49円なのである。バラで4個買うと2円安い。

タマネギはもっとひどい。3個入り1袋198円だが 1個ずつだと59円なのだ。3個で177円だから21円も安い。

産地は両方とも北海道である。
大きさ的に若干小さいかなって程度の差である。

なので このごろは 必要な数だけ その都度バラで買うことにしている。

なんか すごく賢い消費者になったような気分。だが 浮いた2円や3円は貯まっていくのかというと 全然そんなことはないのだ。どこに消えているんだろう。

2010年12月17日 (金)

保護者会

息子の中学の保護者会だった。

車では行けないので自転車を出したら めったに乗らないからタイヤがペチャンコになっていて あわてて空気入れを出して空気を入れてから出た。

出席率は半分くらいだった。

冬休みの宿題表や休み明けテストの範囲表、冬休み中の部活一覧表など 子供が出さなかったらアウトなあれこれが いろいろな資料と一緒にもらえるのがありがたい。

1月には朝のあいさつ運動の当番があることもわかった。
息子の中学のPTAは あんまりめんどうくさくないので助かる。

2010年12月16日 (木)

原付で

今朝ガストでモーニングしていた時のこと

隣の席で相撲取りのように大きい若いのとその先輩らしいのが話していた。

若いのが「原チャリで鎌倉に行って横浜に行ってお台場に行って帰って来た」と言い、先輩が「原チャリで~
sign01鎌倉まで行ったの~sign02当然下道だろう。何時間かかった?信じらんねぇ~」と大騒ぎしていた。

「3時間くらいかな~?」
「何人で行ったの?」
「4人で 30~40の法定速度で行ったから」

聞こえてきちゃったんだからしかたないよね。

お相撲さんみたいな体型の彼が お友達と4人で原付でテケテケと30キロで走って鎌倉まで行く姿を想像して なんだかホンワカしてしまった。楽しかっただろうね~。

もうず~~っと前、30年近く前の夏に谷川岳 一の倉沢雪渓の下で原付に乗った男の子二人と会ったことを思い出した。その子たちは17歳で 大宮から来た、と言うのでビックリしてしまった。150キロ近くあるだろうに 原付でよく来たものだと感心してしまった。彼らは目的地を決めずに ただ走っていたら「ここに着いた」と言う。そりゃ走り続けていればどこまでだって行けるけどさ。「これからどうしよう」などと言っておったな。彼らも もういい年になっているわけだが あの経験はおぼえているかな?

冒険したい年頃ってあるよね~。
そういう時に 一緒に冒険に出てくれる仲間がいるっていいよね。まんまStand By Me だね。

2010年12月15日 (水)

巻き爪手術

巻き爪の手術日であった。

前回は診察室で問答無用でバチバチ切られたので今日の手術というのも大したものではないだろうと思っていたら大間違いだった。

まず手術着に着替えて金属類は全部はずし、看護婦さんに連れられて2階の手術室へ行き、入口でサンダルに履き替えて頭に紙のカバーをかけて。手術台に寝かされて腕には血圧計と心拍計をつながれて。手術をする先生と計器をみる人と二人掛かりである。いったいどんな大手術をするのかっていうような大がかりなことになった。

右足親指に麻酔注射を3本打って 何度も「気分悪くないですか」「痛かったら麻酔まだ足せますから言ってください」と言われた。あちこち針を刺して(!)全然痛くないのを確かめてから手術開始。

両サイドを根っこまで切る。
途中「こりゃひどいな~。どうしてこんなになるまで放っといたの」と言われ、前回あっという間に拷問のようなことになったから よほど覚悟を決めて大決心してからでないと来られなかった というような話をした。

麻酔を打ってから手術が終わるまで 約45分。
先生に言って切った爪を見せてもらった。「これがタテに食い込んでいたんですよ」とのこと。さすがに切った爪をもらって来ようとは思わなかったが。

足をグルグル巻きにされて 看護婦さんが迎えに来て 戻って着替えて会計して薬をもらって帰って来た。

全く痛くなかったから とてもうれしかった。

なんとなく 靴下を脱いで腰かけたまま足を台に上げて麻酔されて切る というイメージで行ったので すごい重病人的な扱いをされてビックリしたが 大事に扱ってもらった感は不快なものではない。ついでにストレッチャーで運ばれるのもアリかも、なんて考えたりして フフフ・・・

明日は消毒と経過観察のために診察に行く。
しばらくは通院が続きそうだ。


2010年12月14日 (火)

寒波だっていうから

天気予報で「明日から冷え込む」と言うので今日は働いてしまった。

まずは塀に掛けてあるベゴニアを全部切り戻して、塀から下ろして、ベランダ下のラティスに掛け替えた。今年は暖かかったから冬越しの準備が遅くなっていたけど全然霜げたりしなかったから油断していたのだ。とてもドロナワなのである。

ものすごい量の切ったベゴニアのゴミを片付けてから裏のホームセンターに行ってビオラやパンジーを大量に買って来た。

ホームセンターではTVのジャパネットたかたでやっていたアイリスオーヤマの回転モップを見て買ってしまった。だってジャパネットではパッド6枚付きで4980円だったのがパット2枚だけど2980円だったんだもん。

パピヨンがいまだに尻癖が悪くてね~。ペットシーツからはみ出してオシッコするし 時々考えられない所にひっかけていたりするから お掃除が大変なのだ。雑巾で水拭きしてゆすいで絞って戻ったらまたやっていたり・・・・・一日に何度雑巾をゆすいでいることか・・・・・這いつくばってフロア全体を水拭きして きれいにしてヤレヤレってしたすぐ後にしてくれちゃうし・・・・・だからカーペットは敷けない。なんで男犬って あんなにチョビチョビ一日に何度もひっかけるかな~。だからバケツの中で回転させて洗えて回転させるだけで脱水できるってのは すごく魅力的だったのだ。

で 植え替えはあとでにして早速回転モップの試運転。
組み立ててバケツをお風呂場に持って行って水を入れて足でペダルを踏んでモップを洗い、足でペダルを踏んで脱水して犬共をハウスしておいてフロア全体ガシガシと拭きまくり、またグルグル洗ってグルグル脱水。ついでに階段や2階も拭きまくり。な~~~んて手軽で快適なんざましょ。すごくうれしい。

今日はフロアがすごくきれいになったような気がする。

2010年12月13日 (月)

巻き爪

足の親指が巻き爪で しばらく前から痛いのをガマンしていた。

3年くらい前にも痛くなって総合病院の形成外科に行き、切ってもらったことがあるので今回も その病院に行った。痛かったのだけど そこしか知らないし~ってことで。

前回は診察室で足を見せた途端に「あ~こりゃ切らなきゃだめだ。切っちゃおう」と特大ニッパーみたいのを出して来て 即切られた。

「麻酔は~
sweat01?」と言ったら「麻酔の注射の方が痛いよ。ちょっと我慢してね~」で爪の端のところを縦に1/3くらいバチンバチン根元まで切られた。ギャーギャー叫んでしまったよ。ありゃ拷問ですぜ。全くsign03他人の足だと思ってsign03気軽にやってくれたもんだ。

だから今回も痛いのを我慢する覚悟を決めて行ったのだった。

しかし 今日は女医さん。
「手術はすぐにはできないから」と。
「指のこことここに麻酔打って こういう風に切りましょう」と。

それで「麻酔してくれるんですか?前回はこうこうで・・・」と話したら「痛かったでしょう~?」と言われ「あんまり叫んじゃったから待合室に出て行くのが恥ずかしかった」と言ったら「麻酔の注射は痛いけど切るのは痛くないから」と言われてホッ
heart

今日は血圧測って採血して水曜日の午後に手術の予約をして同意書や注意書きのプリントをもらって帰って来た。

今回は痛くなさそうだけど それじゃあ前回は何だったんだ
annoypunch。非常に???である。

2010年12月12日 (日)

快晴

朝焼けがきれいだった。

6時起床 今日は快晴 やや風強し。

犬たちは早朝から喜んで牧草地を走り回っていた。

午前中 夫の別荘友達のおじさんが来てお茶。

お昼は温かい山菜そばを作ってアッサリと。

午後は林の中を歩いてたくさん実をつけているサンキライを採ったり。

3時過ぎて陽が陰ってくると たちまち冷え込む。お日さまの力は偉大さを再確認。

帰りにガーデンアウトレットに寄ってGAPで娘と息子のトレーナーを購入。

途中で夕飯の材料を買って帰って家でゆっくりお夕飯。

リードなしで放してやれるので、犬達も久しぶりにたっぷり走りまわれたし 何をするでもなく気の向くままに散歩したし 薪ストーブの火も見たし やっぱりいいね。

2010年12月11日 (土)

家族で那須

家族全員で那須に来るのは約2か月ぶりである。
もちろん犬たちも一緒。

8時過ぎに着いて ゆっくり夕飯。

薪ストーブは温まるまで時間がかかるが 12時過ぎにはロフトまでポカポカになった。

曇っていて星が見えなかったのは残念だった。

2010年12月10日 (金)

剝離骨折だって

息子が11月の中旬に柔道の部活中に右手小指をねじって傷めていた。

グルグル巻きにテーピングされて帰って来た。

となりの整形外科で診てもらったら「骨には異常なし」とのことでシーネで固定していた。

しかし今日になっても「痛い」。
おまけに昨日の乱取でシーネが折れてしまった。

3週間経っても痛いのはヘンなので、マラソン大会も終わったことだし 朝一でスポーツ整形で有名な総合病院に連れて行った。

「スポーツ整形は水曜日の午後だけで、
今日は手が専門の先生が休みをとっていて、足が専門の先生しかいません」と言われたが当然診てもらうしかない。

リウマチ科と一緒の所なので、非常に混んでいて(あらかたは年寄り)約2時間待った。

診てもらってからレントゲンを撮って また診察→で「剝離骨折」していたことが判明した。となりの整形外科医院はヤブだったのか?

息子が言っても部活を休ませてもらえないので診断書を書いてもらった。なにしろシーネで固定しているのに乱取までさせるんだから無茶なのである。

診断書を持たせて学校に遅刻して行かせた。診断書を見た顧問は「親とよく話をしてどれくらいまで練習するか決めるように」と言ったとのことだが診断書には『12月中は手を安静にする必要があるので部活は休むように』と書いてあるのだ。だから親的にはランニングと筋トレだけにしてもらえると思っていたのだがなあ。なんなんだろう。剝離骨折が治ってなくても部活をやれってか?

2010年12月 9日 (木)

マラソン大会

3キロ走る。
朝 運動公園に現地集合 終了後中学校に戻って給食 授業 部活。

息子の結果は・・・・・
完走はした。

授業での練習で いつも途中リタイアして完走できなかった子は 当日欠席したのだそうだ。

だからうちの息子は順位はどうでもちゃんと完走しただけでヨシとしてやろう。

2010年12月 8日 (水)

海老蔵

今日は どこのTVも朝から海老蔵の記者会見をやっていた。眉毛が下がっていると人相が変わるものだとつくづく思った。

ヒマな時間だったから8:30まで見ちゃったけど「自分の方は何もしていない」って断言しちゃっていいのか?と思った。相手方も診断書取っているし血痕があったって話だから本当に「何もしていない」のか?と誰だって思うと思う。

歌舞伎界では「大成田屋の御曹司」でいばっていられるのだろうけど 今回はいばる相手と場所を間違えてしまってボコられた という事件だ。

酒乱だろうが何だろうが良い舞台をちゃんと勤めているなら それでいいじゃないか、という人もいるらしい。たぶん 今まで周りの人たちが そう考えていたから そのまま大人になってしまったのだろう。

「無期限謹慎」というのは記者会見をキャンセルして(つまり本業をおろそかにして)飲みに出てケガをするようなことをした(つまり本業に差しさわりがあるようなことになった)という観点から出されたペナルティのように思える。

本業が疎かにならなければ あとは何をしてもいい という生活をして来たのだという話も出ている。しかし それは彼が本業を大事に思っていない、言いかえれば彼にとって歌舞伎の舞台に上がることがルーティンワークでしかなかったってことじゃないだろうか。二日酔いでひどい舞台になったところで失職する心配は全くないわけだし。

他の職業を選ぶことができない立場の人だから 葛藤も大きいのだろうが もう33歳なんだからね~。

同情は全然できないが ただ1点だけ、海老蔵ひとりに対して目撃者や相手方は多数いるわけで その人たちが26歳男の報復怖さに口裏合わせをしていたら どういうことになるのか とは考える。たとえ海老蔵が本当のことを言っても通らなくなるんじゃないか。ある意味イジメ発覚後の生徒指導と似たところがあるように思える。

話は変わるが、外郎売の代役に立った片岡愛之助って色気があって なかなか良いね。上方歌舞伎に ああいう役者がいたって知らなかった。

明日発売の週刊文春と週刊新潮が楽しみである。


2010年12月 7日 (火)

ねぎま

那須から野菜をたくさん買って来てくれたので今日はねぎまにした。ネギは太い下仁田ネギ。「ネギが甘い」と言いながら子供達も良く食べた。

小さいサトイモ2袋は煮っ転がしに。

小松菜は豆腐と味噌汁に。

和食メニューである。

オレンジ白菜は明日 八方菜に大量に使おう。

那須の産直所は安くておいしい野菜が買えていい。

2010年12月 6日 (月)

海の向こうで戦争が始まる?

「海の向こうで戦争が始まる」という小説があった←村上龍

「気分はもう戦争」というのもあったな←大友克洋

冗談じゃ済まなくなって来たような気がする。

昨日 那須の夫から電話があり「北朝鮮がまた何かやったか?」と聞かれた。TVをつけてなかったからわからなかったけどネットでも何も流れてなかったから そう言うと「頭の上を茨城方面から新潟方面に向けてジェット戦闘機がすっ飛んで行った」のだと言う。

「ホンモノのジェット戦闘機でマッハで飛んでたから音が後から来た」と。

確かに百里基地から新潟方面だと あのあたりを飛ぶかもしれない。新潟方面といえば日本海。その向こうには北朝鮮。

電話を切った5分後位に 今度は自宅の頭の上をヘリコプターが飛んで行った。

うちの上は自衛隊のヘリコプターの通路になっているらしくて たまに輸送ヘリが編隊を組んで飛んでいる。来た方角と行く方角からすると あれは朝霞駐屯地から百里へ飛んでいるのだと思うが。

そうなると やはり何かあったのか と思ってしまう。

日米での演習があったから そのせいかもしれないが 韓国が砲撃されたり このごろかなりきな臭くなってきたと思う。
 

2010年12月 5日 (日)

紅葉も終わり

夫が那須で撮って来た写真では 林がもう全部葉が落ちてしまっていた。紅葉は終わりらしい。

わずかに残っていたブルーベリーの紅葉した葉
Dscf4021

林の中で見つけたサンキライの実
Dscf4019

秋を感じさせるものは もうこれくらいだったようだ。

2010年12月 4日 (土)

懐かしのクッキー

懐かしのクッキー

お歳暮でいただいた。

三越の包装紙を破って これが出て来た時にはタイムスリップしたような気分になった。

昔なつかし「泉屋のクッキー」である。

子供の頃(昭和30年代)の「クッキーのいただきもの」と言ったら必ずこれだった。

中学生になった頃には他にも「高級クッキー」は「ヨックモック」やら「東京會舘」やら いろいろあったから 「泉屋のクッキー」はいつの間にか「ご贈答品」の定番アイテムではなくなっていたのだな。差し上げることもない代わりにいただくこともなくなっていた。

昔と同じデザインの缶で、入っているクッキーも昔と同じ。なんだかしみじみしてしまった。

うちの子供たちは見るのも食べるのも初めて。
私も何十年ぶりだろうか。

食べた娘が「おかあさん 子供のころ これ食べておいしいと思ったの?」と言っていたが 懐かしい味だ。

2010年12月 3日 (金)

雨に弱い松葉杖

今朝は豪雨であった。

夫は松葉杖生活になってからは毎日自転車で会社に行っていた(普通なら徒歩である)。だから一度は自転車で傘をさして行こうとしたのだが 集中豪雨で とても家から出られる状態ではなかった。

かといって松葉杖をついていたら傘はさせない。

で 私が車で会社まで送って行った。
両脇松葉杖だと まことに不便である。

9時過ぎたら晴れてしまったので お昼に帰り用の自転車を配達しに行った。前カゴにパピヨンを乗せてスニーカーをはいて会社まで。

帰りはパピヨンをお散歩させながら歩いて帰って来た。

夕方から南風の強風。
昼間は暑かったし今日はヘンな天気だった。


2010年12月 2日 (木)

トイレットペーパー

買い置きがなくなっていたのに気付かず、今朝なくなってしまった。

朝ではスーパーも開いていないのでセブンに買いに行った。

4ロールで198円。

高くてもなくては困るものだから買った。

なんだか昨日の得した分を全部放出してしまった ような気がする。

2010年12月 1日 (水)

ラッキーな日

アサリのお味噌汁がいい、という息子のリクエストでアサリだけ買いにスーパーに行ったら。

マグロのサクが100g99円で売っていて 普通のサクの2倍以上ある大きな塊で500円だった→1ラッキー

活アサリが特売品で1パック296円だった→2ラッキー

冷凍食品が「本日のみ全品半額」だった→3ラッキー

冷凍食品はたいがいチキンライスしか買わないが普段は504円なのである。だから4袋も買ってしまった。冷凍庫にチキンライスを見つけた息子に、明日の朝ごはんは「オムライスがいい」と言われた。

全く何の期待もしないで行って こういうことがあると「運が良かった」と思う。のだが「運」をこういうことで使い果たしてしまっているような気もする。

ラッキーなことがあると毎回そう思っている ような気もする。

マグロやチキンライスを買わずに宝くじでも買えば良かったかな~。でも そう思うのって いつもウホウホとお買い物しちゃった後なんだよ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »